start.way-nifty.com > 観葉・カラーリーフ・その他

万両
黄実の万両
ミニ葉牡丹
葉牡丹
ミニミニ葉牡丹
モクビャッコウ(木百香)
シロタエギク
千両
黄実の千両
伊予柑
観賞用唐辛子
斑入りヤブランの花
コムラサキシキブの実
ホンコンシュスラン・ジェルオーキッド
アンスリウム
観賞用唐辛子
ヒぺリカムの実
ドクダミの花
ヒューケラの花
黄味の万両
万両
フェイジョアの実
黄実の千両
千両
葉牡丹
葉牡丹
コムラサキシキブの実
シルクジャスミン
ジャカランダ
ドラセナ
ハツユキカズラ
ワイヤープランツ
クワズイモ
ペンジャミン・ロトゴールドMix
オリズルラン
ギボウシ
ギボウシ・文鳥香
スパティフィラム
コリウス
コリウス
ゴールデンサン
ヒューケラの花
ヒューケラの寄せ植え
シルクジャスミン(アイの実)
キミノマンリョウ
マンリョウ
黄花千両
千両
パイナップルミント
葉牡丹
葉牡丹
観賞用トウガラシ
ジャカランダ
スパティフィラム(Spathiphyllum)
ミニ葉牡丹とう立ち
葉牡丹
ミニ葉牡丹
観賞用唐辛子
ハツユキカズラ
カルーナブルガリス
斑入りヤブラン
コリウス
ユーリクレス・アンボイネンシス
アセロラ・ルージュイワタ
リシマキア・ミッドナイトサン
ジャカランダ
ヒューケラ・ライムリッキー 
オリズルラン
ヒベリカム
アイビー(ヘデラ)
ヒメツルニチソウ
ゴールデンサン
ギボウシ(コバギボウシ・文鳥香)
ギボウシ
ハツユキカズラ
アイビー(ヘデラ)
フィカス・プミラ
ワイヤープランツ
クワズイモ
サンセベリア・ローレンティー
ゴールデンポトス
シルクジャスミン(ゲッキツ)(アイの実)
観音竹
ベンジャミン・ゴールドプリンセス
ブライダルベール
ユキノシタ
オレガナム・ロタンダフォーリア
 ヒューケラ・シナバーシルバーの花
ヒューケラ・オブシディアンの花
ヒューケラ・ストップライトの花
ヒューケラ・ストロベリースワールの花
ティアレラ・ピンクスカイロケットの花
Dsc04214
カロケファリス・プラチーナ
クリプタンサス
クリプタンサス
クリプタンサス
クローバー
クローバー
シルクジャスミンの実(アイの実)
万両(黄)
万両(赤)
万年青(おもと)
千両(赤)
トラデスカンチア・胡蝶の舞
アイビーと千両のリース
テーブルフラワー
プーミラ
ウツボカズラ
コルジリネ・レッドスター
ギボウシ
ヒューケラ・ストップライト
ヒューケラ・ビーチフランバ
ヒューケラ・ライムリッキー
ヒューケラ・オプシディアン
サンセベリア・ローレンティー
ティアレラ・ピンクスカイロケット
ヒューケラ・シナバーシルバー
ヒューケラ・ストロベリースワール
シロタエギク
オレガノ・ロタンダフォーリア
グレコマ・バリエガータ
シルクジャスミン
カラーリーフセージ・ゴールデン
サントリナ

<< 前 | トップページ | 次 >>

ヒベリカム

ヒベリカム

科名:オトギリソウ科 属名:オトギリソウ属 耐寒性亜低木 原産 中央アジア~地中海沿岸
花期:6~7月その後赤い実がつく
育て方:真夏以外は日向に置く。真夏の直射日光に弱いため、この時期に木陰になる場所に植えるか、半日陰の場所に移動させる。土が乾いていたら水をしっかりとあげる。
植替え:植え付け:3月下旬~4月または、9月下旬~10月 堆肥と腐葉土をすき込む。
追肥:2月と8月に油カスか、速効性化成肥料を与える。
害虫:風通しが悪いとアブラムシヤカイガラムシが発生する。
剪定:3月に枯れ枝や込み合った部分の古枝を切り除く程度。
挿し木:時期は、3月および7月と比べて10月が適している。挿し木部位は根元部分を用いるのが良い。

固定リンク