start.way-nifty.com > 椿

絵姿
白乙女(ハクオトメ)
三浦乙女
都鳥
黒椿・ナイトライダー
藪椿
月の輪
卜半(ボクハン)
香り椿・春風
岩根絞
羽衣
洋種椿・タマビーノ
春の台(ハルノウテナ)
玉之浦
光源氏
名前不明
名前不明
紅乙女(コウオトメ)

<< 前 | トップページ | 次 >>

藪椿

藪椿

ツバキ科の常緑樹で、本州から沖縄の海岸近い丘陵や野山に自生する。
日本最古の観賞用花木あるいは代表的な茶花として知られ、
江戸時代には数多くの品種が作られたが、単にツバキという場合は本種を示す。
2月から4月にかけて赤又は白の五弁花を咲かせる。
花は一つの枝先に一輪だけ、やや筒状に開く。
花にはヒヨドリやメジロが集まり、花粉を運ぶ。
咲き終わった花は丸ごと落下するのもサザンカとの違い。

家を建てた時、造園業者さんが植えたものでその時点でかなり大きな木だった。

固定リンク