旅行

2013年2月27日 (水)

伊豆・河津町の河津桜を見てきました

2月26日、バスツアーで河津桜を見に行きました。

場所は伊豆半島の河津町。出発は10時とゆっくりでした。

ツアー名が「河津桜と菜の花&雛のつるし飾り 握り寿司・ステーキ

などの約30種バイキング」となっていたので、雛のつるし飾りは当然

「稲取の吊るし雛」だと思っていたのですが、ランチをした「みんなの

ハワイアンズ」のイベント会場に飾られた吊るし雛でしたdownちょっとガッカリ

Sdsc02949
昼食後1時間ほど走るbusdashと河津に到着。満開の菜の花が出迎えて

くれました

Sdsc02950

河津桜は毎年2月上旬から3月上旬にかけて満開になる早咲きの桜で、

オオシマザクラとカンヒザクラの自然交配種と言われています。花は

ソメイヨシノに比べ濃く、開花期の長いのが特徴。河津町には偶然発見

された1本の原木から増やされた河津桜が町中に植えられています。

Sdsc02974

Sdsc02961

Sdsc02959

Sdsc02971_3

花がよく咲いているイベント会場付近の川沿いの道を歩きました。

5分咲き位の桜もありましたが、全体的には2分咲きから3分咲きの

ようでした。花は蕾の時は濃紅色、満開時は薄紅色になるそうなの

で、満開になると川の両岸がピンク一色に染まるのでしょうね。

Sdsc02978_3

Sdsc02956_5

Sdsc02964

2012年3月12日 (月)

宮古5島めぐりの旅⑤来間島~砂山ビーチ

いよいよ今日が旅行最終日。初めて朝から小雨に降られました。

この旅行で、バスガイドさんから最初に聞いたのが、沖縄や宮古の

方言でしたが、英語より難しく、ほとんど頭の中に残っていません。

次に説明を受けたのが、車窓から見た人頭税石の話。

今日は窓側に座ったので、写りは悪いのですが、写真が撮れた

ので、そのお話を御紹介をさせていただきます。

Sdsc04201

人頭税石(にんとうぜいせき)、別名「ぶばかり石(賦測石)」

手前の高い石が143cmの人頭税石、隣(右後)は役人が座る石

1637年から1903年・明治36年の約266年間、宮古・八重山では15歳に

なり、身長がこの石の高さ(143cm)になると税を賦課されていたそうです。

この石で本当に身長チェックしていたかどうかは、定かではありませんが、

その税がとても過酷で、今の貨幣価値に換算すると、収入10万円に対して

税が8万円。男性は粟、女性は上布で納めていたそうです。

今の私たちなら、そんなに高い税金を黙って納めることはしませんが、

当時の方たちはずっと耐えてきたのですね。ガイドさんの説明がなければ、

見過ごしてしまいそうな石。400年近くもの間、この地に住む人々の

暮らしを、どのような思いで見つめてきたのでしょうか。

Sdsc04196

今日、最初に訪れたのは東急リゾート前の前浜ビーチからも

見えた来間島。橋を渡り小高い展望台から写真を撮りました。

Sdsc04198

来間大橋は宮古島と来間島を結ぶ全長1690mの橋で、1995年

に開通したそうです。農道としては最長の長さを誇る橋だそうです。

池間大橋を通った時、海の色が濃い場所が珊瑚礁だとガイドさんが

教えて下さいましたが、ここもそうなのでしょうね。小雨が降っても

こんなに海の色が綺麗なのは珊瑚のなせる技だと思いました。

Sdsc04214

次に訪れたのが砂山ビーチ。駐車場にからしばらく歩くと、舗装

された道路はなくなり、砂山の小道を下っていくことになります。

足元が悪かったので、一部の方はバスの中で待機されていました。

砂山の中腹から見た砂山ビーチと美しい海。来て良かった!!!

Sdsc04202_2

隆起珊瑚礁で出来た洞窟です。上部の浸食が進んでいるようで

ネットが張られていました。こちらの砂浜もサラサラと粒が細かく、

裸足で歩いても気持ちが良さそうでした。

Sdsc04206

洞窟越しの海。

思わず中を覗き込んでみたくなるような、造形の美しさ。

大きくな波が押し寄せて、靴を濡らしてしまいましたwave

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

楽しい2泊3日の宮古5島めぐりの旅は終わりました。

宮古11:40発のJTA558便で那覇へ。那覇からは12:50発

羽田15:00着のJAL910便で戻る予定でしたが、2月29日の

東京は大雪だったため、那覇空港で1時間の足止めになりました。

ゆっくり出発、早めの帰宅が売りのツアーだったので、

6時過ぎには無事、家に着くことができました。

長~~~い旅日記にお付き合い下さった皆様。

タンディガータンディ ~ ありがとうございました。

2012年3月 9日 (金)

宮古5島めぐりの旅④伊良部島・下地島

Sdsc04102 Sdsc04101

宮古島・平良港

平良港からバスごとフェリーに乗り、約30分、ゆっくりクルージング

を楽しみながら、伊良部島の佐良浜港に向かいました。

Miyako_map1_2

伊良部島は宮古島の北西約5キロに位置し、下地島と隣り

あっています。二つの島は幅が40~100mの入江で隔てられ、

入り江には6本の橋が架けられ、繋がっています。

Ssdsc03685_2

建設中の伊良部大橋

宮古島と伊良部島を結ぶ全長3,540mの橋で、2014年開通

予定だそうです。完成すると日本最長の無料の海上大橋となり、

宮古4島はすべて宮古島と橋で繋がることになるそうです。

Sdsc04107

伊良部島・佐和田の浜

遠浅の静かな海に沢山の岩石が点在し、独特の美しい風景を見せ

てくれます。大小の岩石は1771年の明和の大津波で打ち上げられ

たものと言われ、島には過去2000年の間に大津波が3回来たと

言われているそうです。

Sdsc04108

平成8年に「日本の渚百選」に選ばれています。女子十二楽坊の

『輝煌』のプロモーションビデオはここで撮影されました。

Sdsc04112

下地島・パイロット訓練場

Sdsc04113

タッチ&ゴーの訓練をしていました。

Sdsc04116

誘導灯

468852996_2423336_24104011

下地島・通り池

Sdsc04130

通り池の石碑

通り池は雨水による石灰岩の浸食で自然に出来た池だそうです。

Sdsc04117 Sdsc04121

神秘的な群青色をした二つの池は下部で互いに繋がり、池の底

は約10mの洞窟で外海と繋がり、そこを通って海面にも出ること

ができるそうです。淡水、海水の魚がたくさん住みつき、ダイバー

たちにも人気のスポットだそうです。

通り池は1974年3月に沖縄県天然記念物に指定されています。

Sdsc04124

遊歩道の先にはあと一つの池・なべ底があるそうですが、

途中で壊れていて、先には進めませんでした。

Sdsc04135

通り池付近でも珍しい草木に出会えました。

アダン:タコノキ科の常緑小高木

熟すると黄色くなり、パイナップルとよく似ていますが、

繊維質が多く、まずいので今は食べられていないそうです。

海岸近辺に茂り、防風林として大切な役目をしているそうです。

Panelimg

島のあちこちで目にしたハイビスカス。

白い可憐な木花、シャリンバイ。

(kuraさん、お花の名前を教えていただき、ありがとうございました)

黄水引によく似た花

可愛いゆうなの花。

季節によって色々な花が咲くのでしょうね。

Sdsc04144_2

伊良部島・渡口の浜

Sdsc04139

弧を描く、長さ800m、幅50mに渡る真っ白な砂浜は、

宮古本島の与那覇前浜と並ぶ宮古地方の有数のビーチだそうです。

粒の細かい白砂はうっとりするほど美しく、これぞ離島のビーチと

いった感じでした。

Sdsc04149

これで二日目の旅が終わりました。帰り、カーフェリーに乗って

しばらくすると、突然スコールのような雨が降ってきました。

雨に濡れることなく、バスに乗り込み、ぼんやりと窓の外を眺め、

ウトウトとしていると、バスはホテルに到着し、激しい雨は

嘘のように止んでいました。

2012年3月 7日 (水)

宮古5島めぐりの旅③東平安名崎

昼食を宮古島海宝館で頂き、館長自らが集めたという「世界の

貝資料館」を見学し、お土産を見て、宮古島のお酒・泡盛を試飲し、

(黒砂糖を舐めながら、オンザロックで飲むと美味しいのです)

バスに揺られて東平安名崎(ひがしへんなざき)に向かいました。

Sdsc04077_2

東平安名崎は宮古島の南東部に伸びた岬で、東シナ海と太平洋

一望に見渡すことができる景勝地です。岬にはあちらこちらに

綺麗なお花が咲いていました。ここはテッポウユリの自生地として

も有名で、4月~5月にかけて、沿道2キロにわたり、白い絨毯を

敷き詰めたように美しく咲き誇るそうです。早くもチラホラと咲き

始めていましたが、風当たりが強いこともあり、我が家のテッポウ

ユリに比べ、草丈は大分低かったです。

Sdsc04096

                 ハマボッス

Sdsc04090_2 Sdsc04092_2

       ムラサキカタバミ           イリオモテアザミ

Sdsc04087_2 Sdsc04088

        ハマウド               テッポウユリ

Sdsc04100_2

                 テンニンギク

Sdsc04081 Sdsc04080_2

マムヤの墓 (興味のある方は画像を大きくして読んでくださいね)

Sdsc04084_2

お天気は曇ってきましたが、晴れていたらまた違った海の色を、

楽しませてくれたのでしょうね。

Sdsc03682_2

灯台は残念ながら改修中のようでした。

2012年3月 5日 (月)

宮古5島めぐりの旅②池間島~宮古島海中公園

沖縄や宮古島のような南の島というと、冬でも暖かく、太陽

が燦々と降り注ぐイメージがありますが、快晴日数は全国で

最下位。降雨量は全国で2番目に多いそうです。冬は曇り

雨の日が多いそうですが、この日は珍しく晴れ間見え、

バスガイドさんにとてもラッキーだと言われました。

Sdsc04027_2

池間島の土産店の展望台から見た池間大橋と宮古島

池間大橋は宮古島と池間島を結ぶ全長1,425mの橋で、総工費

100億円をかけて、1992年2月に開通したそうです。橋の上から

見た海の色は申し分のないエメラルドグリーンでした。色の濃い部

分は珊瑚礁だそうです。橋を渡る車は少なく、釣りざおを抱えた

イケメン青年二人が印象的でした。海亀が海面にプカプカ浮かん

でいるのも見えました。海亀は肺呼吸をする爬虫類なので、たまに

海面に上がって息継ぎをするのだそうです。

Sdsc04030_2

白砂の綺麗なビーチ・お浜から見た池間大橋

池間島は宮古島の北に浮かぶ小さな島で、昔はカツオ漁が盛んだ

ったそうです。橋のたもとにはお土産屋さんがあり、カツオの加工品

や海ぶどう、貝のコレクション等が売られていました。橋の中央部が

盛り上がっていますが、船の航行のために橋脚を高くしてあるのだ

そうです。

Sdsc04035_4

次は楽しみにしていた宮古産の雪塩製塩工場見学でした。

しかし工場見学はなく、製品の説明・宣伝・販売のみに終わりました。

勿論雪塩はお土産に沢山買いましたが、ちょっと残念でした。

Sdsc04048_3

宮古島海中公園

Photo7s1_2

地下階段           (写真はHPよりお借りしました)

かなり急です。お年寄りや脚の不自由な方のためには

昇降ゴンドラが用意されているそうです。

Sdsc04040_2

海中観察施設

大きな水槽。窓は24個あります。

Sdsc04043

やっとお魚に会えました。シマタレクチベラのようです。

Sdsc04052

展望台

海中公園には30分しかいられなかったので、海中観察施設を

見学するのみで、展望台には行けませんでした。道路が整備

され、歩き良さそうだったので、公園を一周してみたかったです。

Sdsc04053

宮古島の砂浜は白く、とても美しいですが、それはサンゴの骨格や

貝殻などがくだけて細かくなり、海岸に打ちよせられるからだそう

です。また川がないので、海に泥が流れ込まず、海水の透明度が

高く、綺麗なのだそうです。では水はどうしているかというと、島全体

がサンゴ礁の隆起によって出来ているため、降水は直ちに土壌面

から浸透して地下水となるので、地下ダムに貯蔵し、満水になると

自然に海に流れるようになっているのだそうです。道路の下はほと

んどダムになっているとか。。。

宮古島の美しさは天の恵み。いつまでも守っていきたいものです。

2012年3月 2日 (金)

宮古5島めぐりの旅①東急リゾート

2月27日から29日までの3日間、

宮古5島めぐりの旅をしました。

寒い時には暖かさを求めたいのでしょうね。

JALの沖縄便は満席でした。羽田から那覇まで2時間50分、

那覇でJTAに乗り換え、宮古空港まで50分。

距離にして沖縄本島から南に300kmもあるそうです。

日本列島が南北に長いことを、今更ながら実感しました。

空港では大きなシーサーがお出迎え。。。

よく見ると貝がらで出来ていました。

精悍な中にもどこか愛嬌がありますね。

Sdsc03995_2

ゆっくり出発だったのでホテルに着いたのは7時40分。

宿泊先は東急リゾートに2連泊です。荷物とキーを受け取り、

8時からホテル内のレストラン・シャングリラで夕食。

とても慌ただしかったです。

Sdsc03999

お食事はブッフェスタイル。

和洋中、沖縄料理等のメニューが盛りだくさん。お味も美味しい

ので大満足でした。本当はもっともっと食べているのですよcoldsweats01

Sdsc04002

デザートもバリエーションが豊富。

この他にもプチケーキやわらび餅等の和菓子が沢山並んで

いましたが、もうこれが限界でしたdelicious

Sdsc03996_2 Sdsc03997_2

お部屋は6畳の和室のついたファミリー向けのお部屋で

広々としていました。翌朝が8時出発なので、早く休みたい

ところでしたが、なかなか寝付けません。

ガラス戸を開けると、雨の降る音がザァザァと聞こえましたshock

Panelimg_3

空港もそうでしたが、ホテルも南国らしく沢山の蘭が

ディスプレイされていました。

お花はコチョウランとデンファレが多かったです。

Sdsc04004

朝食は7時から・・・

主食はお粥に梅干しを入れて。ちょっと食べ過ぎですかしらhappy02

Sdsc04170

夜中に降っていた雨もすっかり上がっていました\(^ー^)/

短時間でしたが、ルンルン気分でホテル近辺を散策しましたshoeshoe

赤煉瓦の屋根の建物がレストランです。

Sdsc04156 Sdsc04010

プールやダイビングの練習用プールもありました。

もう少し若かったらダイビングに挑戦してみたかったです。

Panelimg

ガーデンにはランタナ、ハイビスカス、ブーゲンビレア、

ハマユウ、インパチェンスなどの夏のお花で彩られていました。

Sdsc04154_2

基部がトックリのような膨らみがあるトックリヤシ。

金運がアップすると言われているそうですね。

Sdsc04180 Sdsc04181_2

マニラヤシの実が赤くなっています。

Sdsc04162

別名幸福の木と呼ばれ、観葉植物として育てられているガジュマル

こちらでは大木です。木の本体から木根がたくさん出て幹に絡み

ついています。ガジュマルの名の由来も「絡まる」姿が訛ったと

いう説さえあるそうです。

Sdsc04179_2

島唄で覚えたデイゴ、沖縄県の県花だそうです。

春から夏にかけて大きな赤い花を咲かせるそうです。

見てみたかったな~・・・

その他モンパ(紋羽)の木、コバノナンヨウスギなど、

珍しい樹木も見ることができました。

Sdsc04169

しかしなんといっても素晴らしいのが、ホテルの前にある

与那覇前浜ビーチ。海岸沿いに7キロもの砂浜が続いています。

砂は白くサラサラ。歩いても靴が砂の中にズボッと入りません。

海の色もブルーから沖に行くに従い濃くなってとても素敵。

前畑ビーチからは来間大橋や来間島が見えます。

ここは「全日本トライアスロン宮古島大会」のスイム、スタート、

ゴール地点にもなっているそうです。

8時から5島めぐりツアーに出発です。急がなくちゃ・・・

2010年9月 9日 (木)

比叡山・延暦寺

最後に訪ねたのが世界遺産の比叡山延暦寺です。

歴史は好きでしたが、比叡山・延暦寺・最澄。

高野山・金剛峯寺・空海とセットで覚えたくらいで

特に詳しいことは知りませんでした。

ツアーで訪れるのは広い延暦寺の東塔エリア。

ここには比叡山延暦寺の総本堂国宝根本中堂がある。

                   (参拝時間70分)

Dsc00529

緩やかな上り坂の参道の左右にはここで修学された

多くの僧侶の祖師御行績[そしごぎょうせき]絵看板が

展示されていた。

Dsc00530

その中でも我が家と関わりのある、日蓮宗(夫の実家)

日蓮聖人と曹洞宗(私の実家)の道元禅師の看板を

撮影してきた。

Dsc00528

日蓮聖人が、房総の霊峰「旭の森」に登り、朝日に向って

「南無妙法蓮華経」の題目を唱えている場面のようです。

日蓮聖人はここで10年もの求道修業を続けたようです。

Dsc00527

中国に渡った道元が、中国の僧に「日常の中での

修行の大切さ」を教えられた場面のようです。

Dsc00517

根本中堂(国宝)

撮影はここまで・・・

お堂の中でお坊さんから説法を聞く。

根本中堂は総欅造りだが、比叡山には1本の欅も植えられて

おらず、すべて外から運ばれたこと。しかもその頃は女人と

牛馬は入ることができず、すべて人の手で運び上げられた

ということ。1200年守り継がれているという「不滅の法灯」は

信長の軍勢により焼き討ちにあった時、山形の立石寺に

分灯されていた「法灯」があり、この灯により「不滅の法灯」

を絶やさずにすんだこと。「油断大敵」のお話も・・・

仏様は通常見上げる位置にあるが、「誰でも仏に成りえる」と

言う事で、延暦寺では参拝者と同じ高さに置かれていること等々。

説法を聞いた後、お参りをしてお堂を出た。

Dsc00518

根本中堂の正面にある急な階段を上りきったところに

「文殊楼」があるという。階段の途中から根本中堂を写せば

建物の全体像が写せそうだった。上ってみたかったが、

同行者が時間がないというので、しぶしぶ諦めた。

Dsc00523 

帰る途中に見た牛の石像

Dsc00525

「開運の鐘」と呼ばれ総本山の大鐘楼の役目をしているらしい。

一回ついて50円。何をお願いしたかは内緒ですhappy01

Dsc00514_2

大講堂(重要文化財)

僧侶の学問修行のための道場だそうです。

ここは一番最初に通り過ぎた場所、帰りにゆっくり

見るつもりでしたが、かないませんでした。

Dsc00534

阿弥陀堂、東塔、大書院、文殊楼、国宝殿、

東塔のエリアで見学できなかった場所です。

このほか西塔、横川のエリアがあります。

もし全部見るとなると、どれくらいの時間がかかるのでしょう。

もう一度ゆっくり訪ねてみたいと思いました。

写真は比叡山ドライブウェイからの眺めです。

       (歩いた日:8月26日 本日の歩行は15,151歩)

2010年9月 7日 (火)

近江八幡を歩く

近江商人発祥の地として知られている近江八幡市は

豊臣秀吉の姉の子であり、秀吉の養子となった

豊臣秀次が開いた城下町です。

僅か18歳で、近江43万石の領主となった秀次は、

楽市楽座の施行、各地から有力な商人や職人を

呼び寄せるなどして、5年の在城の間に、商いのまち

としての繁栄の基盤を築いたそうです。

後に秀頼が生まれ、後継者を巡る争いにより、

自害させられるという、悲運の最期を遂げましたが、

今も近江八幡開町の祖として、市民に親しまれているそうです。

ツアーは秀頼が築いた八幡城の城跡のある八幡山に、

ロープウェイで登るコースと、自由散策コースに

分かれましたが、私は75分の自由散策コースを選びました。

まず駐車場近くの日牟禮八幡宮を訪れました。 

                     (クリックすると拡大します)

Dsc00483_2 Dsc00484_3

楼門と拝殿

Dsc00491_3 Dsc00487_3

本殿と能舞台

Dsc00492_2 Dsc00488_2

奉納された鳩と馬の像

日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)は古くから八幡商人の

信仰を集め、左義長、八幡祭りは全国的に有名だそうです。

社宝にはベトナムまでその活躍場を求めた

八幡商人の代表格・西村太郎右衛門が奉納した

「安南渡海船額」をはじめ、重要文化財が多数あるそうです。

Dsc00494 Dsc00570_2

お土産はたねやさんで ・・・

日牟禮八幡宮近くの山上(やまじょう)さんの

近江つけものも美味しかったです。

Dsc00496

白雲館(現在・観光案内所)旧八幡東学校

明治10年に八幡東学校として建築された白雲館は、

当時のお金6千円で設立された貴重な擬洋風建造物。

近江商人が子どもの教育充実を図るため

その費用の殆どが寄付で賄われたそうです。

Dsc00497

Dsc00504

八幡堀

豊臣秀次が当時の交通幹線であった琵琶湖を

往来する荷船をすべて八幡に寄港させるために

設けられた運河が八幡堀で、時代劇のロケ地として、

年間30本以上も撮影されているそうです。

Dsc00505

Dsc00509

近江商人の町並み(新町通り)

近江商人とは近江で商いを行う商人ではなく、近江を

本宅・本店とし、他国へ行商した商人の総称だそうです。

秀次没後まもなく天領となった近江八幡の町から、

天秤棒を肩に全国に活動を広げたそうです。

Dsc00513 

少しでも観光の時間をとりたいということで、

お昼はお弁当を注文(1050円)してバスの中でいただきました。

この後バスは最終訪問地、比叡山・延暦寺へと向かいます。

 (歩いた日:8月26日)

2010年9月 5日 (日)

彦根城

ツアー2日目は彦根城からです。

ホテル出発は7時55分。

のんびりしていられないのがツアーの宿命です。

彦根城には9時45分に到着。

これから75分の自由散策です。

ブログには渡された案内図を見ながら、見学した順番に、

写真を載せてありますが、ここでも時間を

気にしながらの撮影だったので、重要文化財など、

写真の写し忘れがたくさんありました。

Dsc00444

表門橋からの馬屋(重要文化財)

さっそく重要文化財の二の丸佐和口多門櫓(やぐら)の写真を

撮るのを忘れていました。佐和口多門櫓を過ぎると重要文化財

の馬屋がありますが、時間がないのでここは素通りです。

Dsc00445 Dsc00448

表門橋と彦根城博物館

ひこにゃんが出迎えてくれました。

Dsc00451

表坂から見上げる、廊下橋と天秤櫓 

橋は非常時には落とされるそうです。

Dsc00452

大手参道

古い石垣に昔が偲ばれます。

Dsc00453

天秤櫓(重要文化財)

Dsc00454

廊下橋を中央として左右対称に建てられているのが、

天秤櫓でこの櫓は、豊臣秀吉が創築した長浜城大手門を

移築したといわれています。

Dsc00455

太鼓門櫓に向かいます。

Dsc00457

時報鐘

城内と城下に時を知らせた時報の鐘。

現在も現役で使われているそうです。

Dsc00458 Dsc00459

太鼓門と太鼓門櫓(重要文化財)

本丸の表口をかためる最後の関門である櫓門で、東側の壁が

なく、柱の間に高欄をつけ廊下にしている。築城後、ここに太鼓

をおいて城中に合図したところから、この名が付いたという。

Dsc00460

天守(国宝)

いくつもの屋根様式を巧みに組み合わせた美しい曲線の

調和をみせ、どっしりとした牛蒡積と呼ばれる石垣の上に、

三階三重の天守がそびえている。

京極高次が築いた大津城から移築されたといわれ、

慶長12年(1607年)頃に完成した。

昭和27年(1952年)に国宝に指定。現存する国宝の天守は、

彦根城以外には姫路・松本・犬山城だけです。

            (彦根城観光御案内パンフレットより)

彦根城の歴史についてはこちらをどうぞ。

Panelimg

天守・内部

Dsc00480

Dsc00481

玄宮楽々園

井伊家旧下屋敷の大名庭園で、第4代藩主直興が

1677年(延宝5)に造営した。

唐の玄宗皇帝の離宮をなぞらえて造ったので、

この名がついたと言われているそうです。

                                                (歩いた日:8月26日)

2010年9月 3日 (金)

長浜・黒壁スクエアを歩く

伊吹山のあと、長浜市の古い町並み・黒壁スクエアを散策した。

長浜は羽柴(豊臣)秀吉が初めて自分の城を築いた城下町。

地名も今浜から「信長」の「長」をとって長浜と改めたそうです。

1911_2

黒壁ガラス館

百三十銀行長浜支店として建てられ、外観に黒漆喰を施して

いるところから、「黒壁銀行」として親しまれてきたそうです。

取り壊しが決まった時、長浜の人々による保存運動で蘇り

この建物を中心に黒壁スクエアが誕生したそうです

(画像は黒壁スクエアHPよりお借りしました

Dsc00369

1階では可愛いガラス製品が売られていました。

Dsc00374

北国街道

北国街道は近江と北陸を結ぶ街道。

趣のある古い商家や民家が軒をつらねていました。

明治5年の大火で江戸時代の家の多くは失われ

現在残る建物は明治期のものだそうです。

Dsc00376

開智学校

明治4年、学制がしかれる前に県下初の小学校

「滋賀県第一小学校」が建てられ、この小学校が、

明治7年には洋風の校舎となり、「開智学校」と

改名されたそうです。建築費用は地元の住民の

寄付によるものだそうです。

Dsc00371

商店街入り口

観光客向けの商店街のようです。

閉店時間が5時と聞いて驚きました。

時間がないのでお店は見ずに、表参道に向かいました。

Dsc00383

大通寺・参道

両脇にお土産屋さんが立ち並び、いかにも参道といった町並み。

ここも5時閉店、早々と店じまいをしているお店もありました。

Dsc00390

江戸時代に造られたという、総欅造りの見事な山門。

Dsc00389

大通寺・本堂

真宗大谷派(東本願寺)の別院ですが

長浜御坊と呼ばれ親しまれているそうです。

本堂は伏見城の遺構と伝えられている。

Panelimg

巨大万華鏡・天の華

高さが8mもある日本一大きな万華鏡

下からハンドルでくるくる回します。

Dsc00398

北国街道に戻ってきました。

約1時間の長浜自由散策は終わりました。

地図を片手に、見知らぬ町を歩いたので、落ち着いて

写真を撮る時間がなかったのが残念でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dsc00440

Dsc00401 Photo

宿泊したホテルは眺めの良い部屋でした。

朝食は和洋華のビュッフェスタイル。食べすぎました。

Dsc00426

夜の長浜城

羽柴秀吉によって天生3年(1575)に築城され、

数年間居城された長浜城ですが、秀吉の家臣である

山内一豊も天正13年(1585)から5年間、

在城したことがあるそうです。内藤信成・信正が城主に

なるが、江戸時代廃城(元和元年・1615)となり、

建物及び石垣の大半は彦根城の築城に流用されたそうです。

現在の長浜城は、昭和58年に再興され、

市立長浜城歴史博物館として開館されている。

                         (歩いた日:8月25日 本日の歩行は11,067歩)

 

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ