書籍・雑誌

2013年11月18日 (月)

医者に殺されない47の心得

「長生きしたけりゃデブがいい」とか「夫は犬だと思えばいい」といっ

た極論本が流行っているそうです。本屋さんで目次だけを立ち読みし

て衝動買いした「医者に殺されない47の心得」も、そんな極論本の

一冊だと思っていましたが、なんのなんの・・・

半年以上積んどく状態でしたが、やっと読み終えることが出来ました。

Sdsc09983


著者は慶応大学医学部講師・近藤誠先生。第60回・菊池寛賞受賞。

現在は100万部を突破するベストセラーになったそうです。副題の通

り、医療と薬を遠ざけて、元気に長生きする方法が書かれています。

私が高血圧になった頃は、高血圧のことを成人病と呼んでました。

父の姉弟は5人で全員高血圧祖父が短命だったこともあり、若くして

(40歳頃)高血圧になるのは、人より老化が早いのだと、漠然と考え

ていました。その頃は老いや老後に関する本ばかり読んでいました。

もし当時この本を読んでいたとしても、1年で急激に血圧が上昇し、

食事や運動に気を付けても血圧は下がらなかったので、不安になり、

多分薬に頼っていたと思いますが、先生の言われる今の日本で大人が

かかる病気はたいてい「老化現象」で、医者にかかったり、薬を飲んだ

りして治せるものではない、という考 えは納得が出来、今のように生活

習慣病といわれよりは、ずっと気が楽だと思いました。

Sdsc09938
小瓶に挿しただけのポトス(根が出ています)とブラサボラ・リトルスターズ

”夜香”(10月8日からずっと咲いています)とホンコンシュスラン・ジェルオ

ーキッドの鉢植えを1つの籠にまとめてみました。


父の弟(叔父)はいま85歳。血圧が高く、ずっと薬を飲んでいました

が、70歳の頃、薬を飲んでも、飲まなくても数値が変わらないので

(上が160位)、薬を止めたという事を、父の法事の時、聞きました。

叔父は現在、呆けもせず元気です。 フィンランドでは 最高血圧180

以上の80歳を超える高齢者に、降圧剤を飲ませなかったところ 飲ま

せて140以下に抑えるより 延命率が高かっ という実証データがあ

ると、この本の中に書かれていました。今私の血圧は薬で抑えられて

いるので、上は120前後、下は70前後 です。叔父ほど高くありませ

んが、25年間も薬頼みの生活をしていると、叔父のように、きっぱり

と薬を断つ自信も勇気もありません。

Sdsc09969_2

 
今年は伊予柑が豊作です。風で10個ぐらい落ちましたが、50個ぐらいなって

います。夏ミカンが2つしかなっていないので、喜びもひとしおです。

先生は癌の放射線治療を専門とし、乳癌の乳房温存療法のパイオ

ニアとして知られているそうです。そのため癌の記述が多かったよう

思いましたが、100歳まで元気に生きられる「食」や「暮らし」の

心得も書かれていました。私にとって嬉しかったのは、体重、コルス

テロールを「減らさない」健康法を選ぶという心得・・・

コルステロールは細胞膜を作り、各種ホルモンのもとになる、命の維

持に欠かせない成分で、不足すると癌だけでなく脳出血、感染症、

うつ病等による死亡が増える一因となるそうです。ステーキでもトロ

でもイクラでも、美味しいと思うものは何でも食べて、少し太った方が

長生きするそうです。少しが肝心なのですね。

 

Sdsc09947_2

 

鳥さんからのプレゼントの黄実の千両が色づき始めました。

2010年に初めて実を見つけたので、木はその前から生えていたのでしょうね。

切り花にはしていないのですが、赤い実のようには増えません。

 
この他、

ピンピン100歳への体づくりは「毎日タマゴと牛乳」から

ビールは1日にロング缶2本までなら「百薬の長」 

コンブやワカメを摂りすぎるとガンになる 

コラーゲンでお肌はプルプルしない グルコサミンは膝に直接届かない 

「高血圧」に塩はダメは嘘 自然塩より精製塩が安心

コーヒーはガン 糖尿病 脳卒中 ボケ 胆石 シワを遠ざける

等の「食」の心得が書かれていました。「高血圧に塩はダメは嘘」は

ちょっと?でしたが、世界的なデーターでは塩が足りない人の方が

病気なりやすく、短命なのだそうです。100歳まで元気に生きる暮らし 

の心得も納得のいくものばかりでした。

Sdsc09978_2

 

 秋が深まり、ユリオプシス・クリサンテモイデスの黄色が一層鮮やかになりました。

 

点滴だけで生きている母を見て、昔の老人のように、食べられなく

なったら何も食べす、布団の中で眠るように死にたいと思いました。

 自分が十分に生きたと思ったら、最期位は自分の意思で決めたい。

その時のためのリビングウィルが最後に書かれていましたが、とても

参考になりました。

2013年1月24日 (木)

素敵な絵本~Owl Moon

最近は読書をしたり、ビデオを見たり、家の中で過ごすことが多くなり

ました。読書はここ数日の間に、水木怜さんの「短編小説集」

「平家物語」の現代語訳本、そして英語の勉強になればと、図書館で

借りてきた「Own Moon」を読みました。「着物のリフォーム」の本も数冊

借りたのですが、よくよく考えるとリフォームしても着そうもないので見る

けにしました。今日は素敵な絵本・Own Moonのご紹介です。

Sdsc02547
作:Jane Yolen(ジェイン・ヨーレン) 

挿し絵:John Schoenherr(ジョン・ショーエンヘール)

表紙は表と裏が繋がった一枚の絵になっています。詩のような文章

は心地よく、青を基調とした清らかで美しいイラストが素敵です。

Sdsc02548_2
これは冷たく静まりかえった冬の美しい月の夜、お父さんといっしょに

森にフクロウを探しに出かけた女の子のお話です。降り積もった雪を

踏みしめながら女の子は黙ってお父さんについて歩きます。

どこかで汽車が汽笛をならしています。長く低く、寂しい歌のように・・・

Sdsc02549

「ホッホ ホーウ ホーウ ホーウ」

お父さんはフクロウの鳴き声を真似て呼びかけます。

寒さで耳が痛くなったころ応答がありました。

Sdsc02550
大きなフラッシュライトをつけると、木の枝に止まったフクロウを見つけ

ました。「見つめあったのは1分間?3分間?100分間だったかしら」

フクロウに出会えた時の緊張感と喜びが伝わってきます。

大きな翼を動かして、音もなく影のように飛び去って行ったフクロウ。

大好きなお父さんとの思い出は、女の子の一生の宝物になるでしょう。

長いのでお時間のある方はどうぞ~

2013年1月17日 (木)

娘が帰って

Sdsc02522

娘と孫が帰り通常の生活に戻りました。飛行機は45分ほど遅れて出発

しましたが、無事に自宅に着いたという知らせを聞いてホッとしました。

夫婦二人の生活に戻ると家の中は静まり返り、少し寂しい気もしますが、

好きなことをしながら、また気ままな生活を続けて行こうと思います。

Sdsc02523
まず始めたのが読書。福岡市に在住の作家で「照葉樹・二期」を主

されているryoさんが刊行された「短編小説集」の中の「マリアの風」

読みました。マリアのように優しく、毅然としたヨシさん。小説を読ん

でいると、まるでテレビドラマを見ているように映像が目に浮かびます。

エンディングが素晴らしかった。最近は長篇小説を読むのがきつくな

ったので、毎日ちょっとした時間で読める短編小説やエッセイは私に

ぴったり。時間があれば評判の映画「レ・ミゼラブル」を見に行ったり、

年末年始にとりためたビデオを見たり、ウオーキング再開したいです。

Sdsc02384
枇杷の花 バラ科

Sdsc02381_3
実は初夏に生りますが、花は寒いこの時期に地味に咲いています。

Sdsc09357
2年前の6月の写真。昨年は強剪定しすぎて生りませんでした。

今年もこのようにたくさん生って欲しいものです。

2012年2月 1日 (水)

面白い「我が老後」

Sdsc03564

図書館で借りた佐藤愛子さんの「我が老後」を読んだ。

この本は20年前頃「オール読物」に掲載されていたエッセイ

まとめたもので、2匹の飼い犬、妊娠を機に娘から預かっ

た2匹のインコと犬、娘や孫とのやりとり等のドタバタした

日常が面白く描かれ、ページをめくるたびに声を出して

笑ってしまった。飼い犬をいじめたり、サンダルを投げつけ

たりと、短気な面もあったようだが、自分は爺さんだから

赤ん坊の世話絶対しないと言いつつ、ついつい手が出て

しまうあたりは、世の優しいお婆さんと同じ微笑ましかった。

Sdsc03562

シクラメン・ミディゴールデンガール

サクラソウ科 シクラメン属

Sdsc03559

白っぽく写っていますが珍しい黄色のシクラメンです。

Sdsc03533

シルクジャスミンの実(アイの実)が色づき始めました。

Sdsc03557_2

あれよあれよという間に芽が出て蕾まで付いてしまいました。

2011年12月19日 (月)

師走

金曜日は英会話のクリスマス会。

土日は大掃除に追われていました。(まだ終わっていませんcoldsweats02

月曜日は今年最後の卓球の練習日。開始時間を午前中に

変更して練習後、ランチを楽しみました。今週は持病の通院も

あるので、連休前の二日間で大掃除、まだ植えていないお花

の植え込み、年賀状の作成をしなければなりません。

やはり師走は忙しいです。

まずは英会話のクリスマス会から御紹介しますxmas

Sdsc03616

一品持ち寄りのPotluck Party

今回私が持参したのは「皮なしキッシュ」でした。

朝8時40分には家を出ないといけないので、焼くだけ状態

にして就寝しました。ちょっと焼き時間が足りないようでしたが、

なかなか美味しくできました。

Sdsc03620 Sdsc03618_2

準備中

美味しそうなお料理が次々と並べられます。

慎ましやかな主婦のサークルなので、取り皿、お箸、

飲みもの用カップを持参。

会費で購入したのは飲みものと紅茶のティパックのみでした。

Sdsc03621 Sdsc03622 Sdsc03623

美味しいお料理に舌鼓。

この他にあと一皿、ダイエットも忘れて食べました。

この日は日本語OK。

レシピを交換したり、楽しいおしゃべりに花が咲きました。

Sdsc03127

プレゼントは500円位の品物か、家に眠っている新品の物。

私は寄せ植えを作りました。

お花のプレゼントは毎年人気があり、争奪戦となります。

Sdsc03137

私が頂いたのはペニンシュラホテルのアカシア蜂蜜と

鉄観音茶。蜂蜜はスコーンにつけて食べてみたいです。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

土日の大掃除で手の筋肉が痛くなり、今日の卓球は練習を

休み、ランチだけ参加しました。場所は市内のお魚屋さん

経営の和食レストラン。私はお寿司を頂きました。

Sdsc03627_2

フリードリンクがついて1000円。

お魚屋さんだけあってとても美味しかったです。

カラオケの話で盛り上がり、新年会は私がいつも行っている

カラオケ店でしましょう、という話になりました。

皆さんの歌を聞く楽しみがまた増えました。

Sdsc03159_3

卓球の仲間で、まだ2度しかお会いしていない方から

俳句の処女句集を頂きました。私と同年齢で長女と

同級生のお母さまであることもわかりました。

浄土宗のお寺の奥さまで、10年程前、御主人が脳卒中で

倒れられ、それ以来入退院をくり返され、看病の日々を

送っていらっしゃいます。その合間に書きためた500余句

をまとめられたそうです。現在も小田原の病院まで、一時間

かけて御主人を見舞いに、一日おきに通っていらっしゃいます。

まだ少ししか読んでいませんが、好きな一句を・・・

絵手紙の 百舌(もず)の飛び立つ 気配かな

2011年12月12日 (月)

ミディカトレア・ドロシーオカヒノモト

Sdsc03009

お友達の甥御さんが、初めて生まれた息子さんのために

書かれた絵本「なにしているの?」が自費出版されました。

甥御さんは沖縄に住み創作活動をされているそうです。

Sdsc03012

絵も文章も優しさに溢れています。

英文は奥さまが翻訳されたそうです。

沖縄では本屋さんでも売られているそうです。

見つけたら読んでくださいね。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

今年は夏にできたシースが枯れ、その時点では開花を諦めて

いたカトレアですが、秋には再びシースができました。

Sdsc02360

                                                             (2011.11.15撮影)

シースができるのが遅かったので、この冬はシースのまま

冬越しし、お花は来春ごろかしらと思っていたのですが、

お正月ごろには咲きそうなので、ルンルン気分です。

Sdsc03027

                                                             (2011.12.11撮影)

シースの中に蕾が3つ見え、シースの先端が割れかかって

います。暫くするとシースを破って蕾が見えると思います。

昨年は11月9日に室内に取り込み、10日には咲き始め、

翌年の1月12日まで2本のシースから5輪も花を咲かせて

くれました。

     (昨年のブログはこちらです)                       

Sdsc01535

                               (2010,11,12撮影)

昨年まで名前のわからなかったカトレアですが、

先月22日、「いい夫婦の日」に夫が買ってきてくれた

カトレアと良く似ています。

Sdsc02662

                                                            (2011,11,22撮影)

ドロシーオカヒノモト

買ったお店は違いますが、鉢まで一緒でした。

多分同じ品種だと思います。株はコンパクトですが、

お花は大きくミディカトレアの選抜固体だそうです。

お水は2週間に一度。多湿に注意だそうです。

Sdsc03019

                                                             (2011,12,11撮影)

購入後19日経ちました。花びらの縁が薄茶色になり

少し傷んできました。そろそろお花も終わりのようです。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

Sdsc03039

オキザリス・桃の輝きが満開です。御褒美のアップです。

Sdsc02285

オキザリス・コモサピンクの鉢から黄色のバビアビリスが

咲いています。昨年咲いた時は混ざっていなかったのに

どうしたのでしょう。球根から区別する事は難しいので、

このまま共存させるしかないようです。

2011年11月23日 (水)

すてきなお母さん

子育てに忙しい頃、息抜きに読んでいた雑誌に

「すてきなお母さん」がある。出版社は文化出版局。

発刊期間は娘が生まれた年から4年間位と短かったが、

新米主婦としてお料理、育児、洋裁など

いろいろ勉強させて貰った。読者の投稿欄を読むのも

好きで、一度だけ投稿した事がある。

運良く採用され、謝礼も頂いた。断捨離で雑誌は

ほとんど捨てたが、これだけは捨てられずにいる。

Sdsc02001_2

子供に振り回され、プレゼントも好物も用意せずに、

夫の帰宅を迎えてしまった5回目の結婚記念日の様子が

書かれている。

Sdsc02005_2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

結婚以来39年間、挿し芽をしながら株を更新してきた

シャコバサボテン(デンマークカクタス)を枯らしてしまった。

残っているのは薄いピンク一色のみ・・・

新しい品種が欲しかったが、買ったのは平凡な2鉢。

これからはあまり増やすのは止めよう。

Sdsc02504

トーア・アリス

Sdsc02506

鮮やかな朱色のカクタスlovely

Sdsc02512

エバ

Sdsc02514

濃いピンクと白のコントラストが綺麗でしょうheart04

Sdsc02594

今年のシクラメンは少し小ぶり。毎年室内で観賞しているが、

玄関先に置くことにした。我が家の玄関は西側にあるので、

お天気の良い日はすぐに水が切れ、大変なことになっているcoldsweats02

2011年9月12日 (月)

植物図鑑

久しぶりに図書館で本を借りてきました。

「植物図鑑」はネットフレンドのchisayobaabaさんのお奨めで。。。

「周平独言」は藤沢周平には珍しいエッセイ集。藤沢周平という作家の

人となりが、覗ければと思い読んでみたくなりました。

Panelimg_2

「植物図鑑」とはユニークな題名ですが、図鑑ではなく恋愛小説です。

行き倒れていた男を拾うあたりは、現実離れしているとも思いましたが、

今どきの若者ならありかも、と思いました。しかし実際の二人はとても

ピュア・・・。ひところ草食系男子が話題になりましたが、樹(イツキ)は

まさにそんなタイプ。週末には二人でピクニックに出かけ、野草を摘ん

で来ては手際よくお料理してくれます。そんな樹に胃袋もハートもすっ

かり掴まれてしまったさやか。読んでいる私まで、次はどんな野草を食

べさせてくれるのか、楽しみになってしまいます。樹が突然姿を消して

しまった時は、私もさやかのように泣いてしまいました。

「別れる男に、花の名を一つ教えておきなさい。花は毎年必ず咲きます」

川端康成の言葉だそうですが、この逆もあり得るのだと思いました。

樹と暮らしてから、野の花に興味を持つようになり植物図鑑まで買って

覚えたさやか。。。二人の生活がどんなに楽しかったのかわかります。

最後は樹が戻ってきてハッピーエンドになりますが。このハッピーエンド

というのが良かった。久々に良い小説を読みました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「周平独言」はまだ読み始めたばかり。。。最初は「鳥居元忠の奮戦」。

上杉攻めから伏見落城までの話で、NHKの大河ドラマ「江」が現在

放送している場面と重なるので、とても興味深く読むことができました。

エッセイというよりは、ごく短い歴史読み物といった感じでした。

こちらの方は休み休み読めそうなので、「植物図鑑」のように一気に

読み終えることはなさそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

散歩をしているとさまざまな植物に出会います。

素朴な野の花もレンズを通して見ると、とても可愛らしく見えます。

Sdsc00867

ヒメジョオン(姫女苑)  キク科:ムシカヨモギ属の一年草

Sdsc00862

こんなに可愛い花なのに、子供のころは貧乏草と教えられ、

敬遠していました。花は春に咲くハルジオン(春紫苑)にそっくりです。

Sdsc00878

アキノエノコログサ  イネ科:エノコログサ属の一年草

エノコロとは子犬の意味で、秋に咲くエノコログサ。花穂の様子が

子犬の尾に似ている事から名付けられたそうです。

子供のころは別名の猫じゃらしの方が馴染みがありました。

Sdsc00832 Sdsc00837 

タケニグサ(竹似草)  ケシ科の多年草

花が一つ咲きはじめたところ。折ると有毒な黄色い液を分泌するそう

なので、気をつけたほうが良さそうですね。

Sdsc00887

イヌタデ  タデ科の一年草

子供のころおままごとによく使ったアカマンマ。ミズヒキソウの隣で

ひっそりと咲いていました。小さな鉢に密に植えたら可愛いでしょうね。

Sdsc00893

ミズヒキソウ(水引草)  タデ科の多年草

茎の先に赤い小花を穂状につけています。この花穂が「水引」に似て

いる事から名付けられたそうです。ちょっとした風にも揺れて写しにく

かったです。マクロのレンズで小花の中を覗いてみたい気がしました。

Sdsc00831_2

ツルボ  ユリ科:ツルボ属

Sdsc00823

日当たりの良い草地にかなり群生して咲いていました。

何年もウオーキングをしていますが、この花に気がついたのは今年

が初めて。今までこの花が咲くころはウオーキングをサボっていたので

しょうか。農家のビニールハウスの脇の土手にも沢山咲いていました。

とても素敵で庭に植えたいくらいでした。

2011年3月30日 (水)

水仙・アイスキングとアイスフォリス

三年目の春を迎えたアイスキング

Ssdsc00711

中心のカップの色は咲き進むに従い、

黄色から白へと変化します。

Ssdsc02951

特大の八重咲き水仙ですが

Ssdsc03086

中には一重の花が咲くことがあります。

Ssdsc03092

昨年秋、小さな球根だけ集めて一鉢作りました。

球根を育てるためでしたが、一つだけ花が咲きました。

こちらも一重でした。

Ssdsc01049

二年目を迎えたアイスフォリス

Ssdsc01053

アイスキングの一重の花によく似ていませんか。

どうやらアイスキングはアイスフォリスを品種改良

して作られた水仙のようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これからこれから

            坂村眞民

これからこれからと

春の鳥たちがやってきて

囀る(さえずる)のだ

これからこれからと

春の花々が咲きだして

告げるのだ

これからこれからと

わたしもわたしに呼びかけて

はげんでゆこう

Sdsc03267  

こんな時だからこそ、読んでみたい本です。

さて今日は夫と私の39回目の結婚記念日。

なにか美味しいものでも食べに行こうかなhappy01

2010年12月23日 (木)

断捨離

絶対にこの手の本は買うまいと決めていたのに

また買ってしまいました。

Sdsc02054

40代半ばごろまでは、収納に関する雑誌をよく買い

それ以後は片付けの本やシンプル生活術といった本を、

たくさん買いました。ほとんどがベストセラーになりま

したが、今手もとに残っている本はなく、本の名前すら

忘れてしまいました。

Sdsc02050

娘が大学に入学した時にパソコン、プリンターと

ともに買ったソフトウエアー。

松・日本語ワードプロセッサー     58,000円

桐・日本語データベースシステム    98,000円

Lotus 1-2-3               98,000円

Word Perfect               58,000円

半分も使っていません。

もったいなくて捨てられませんでした。

Sdsc02072

中身はほとんどがマニュアル。

こんなにたくさんのマニュアルは読む気がしませんよね。

当時はパソコンもプリンターも大変高価でした。

社会人となってからは、もっと使いやすいパソコンが出来、

こんなにソフトはいらなくなりました。

使いもしないものをとっておいて、愚の骨頂でしたが、

やっと捨てる事ができました。もったいないという気持ちは

なくなり、気分はすっきりしました。昨日は資源ゴミ回収の

最終日。この他にも雑誌や本をたくさん捨てました。

Sdsc02084

私が「断捨離」出来ないもの。

それはお花かもしれません。

人生には無駄も必要ですものね。

*購入(12月21日)

①デンドロビウム・スプリングカラーグリーンスリーブス

②ポインセチア ③エビデンドラム ④ユリ

⑤~⑦シクラメン(一鉢はプレゼント用)

⑧クリスマスローズ・パウロ ⑨エリカ ⑩ ミニカトレア

個々のお花については、またあとでご紹介しますね。

Sdsc02059 Sdsc02061

パソコンをするようになって一番買わなくなったのが

実用書と雑誌ですが、ミミさんのブログを拝見して

欲しくなってしまったのが、シリコンスチーム鍋付きの

レシピ本です。まだお料理は作っていませんが、

簡単でヘルシーなお料理が電子レンジで出来るそうです。

買って良かったと思えるようにしなくては・・・

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ