« オキザリスとヒイラギモチ(クリスマスホーリー) | トップページ | ガーデンシクラメンの寄せ植え »

2013年12月20日 (金)

綿入れ袢纏と母

Sdsc00585
母は庭仕事が好きで、お天気の良い日はほとんど外に出ていましたが、

足腰が弱くなると、よく針仕事をしていました。

この時代遅れの綿入れ袢纏は、母が85歳位の時、父の形見の着物で

作ったものです。だいぶ草臥れてきましたが、お風呂あがりや、

夜パソコンに向かっている時、今でも時々着ています。

素朴で優しく暖かな綿入れ袢纏をはおると、ホッと心が安らぎます。

Sdsc00582
一枚の着物から、何枚かの袢纏を作ったのでしょう。

布を接(は)いで作ってあります。何でも無駄にしない母でした。

心をこめた仕事はちゃんと生きています。

Sdsc00137
寒空の下、ルドベキア・タカオが一輪咲いています。

根元の近くで小さく、儚げに・・・

盛りの時期はとっくに過ぎたのに、そんなに頑張らなくてもいいんだよ。

一声かけてあげたくなりました。

« オキザリスとヒイラギモチ(クリスマスホーリー) | トップページ | ガーデンシクラメンの寄せ植え »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 綿入れ袢纏と母:

« オキザリスとヒイラギモチ(クリスマスホーリー) | トップページ | ガーデンシクラメンの寄せ植え »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ