« バラ&オキザリス | トップページ | オキザリス・ペンタフィラとヒルタ »

2013年11月18日 (月)

医者に殺されない47の心得

「長生きしたけりゃデブがいい」とか「夫は犬だと思えばいい」といっ

た極論本が流行っているそうです。本屋さんで目次だけを立ち読みし

て衝動買いした「医者に殺されない47の心得」も、そんな極論本の

一冊だと思っていましたが、なんのなんの・・・

半年以上積んどく状態でしたが、やっと読み終えることが出来ました。

Sdsc09983


著者は慶応大学医学部講師・近藤誠先生。第60回・菊池寛賞受賞。

現在は100万部を突破するベストセラーになったそうです。副題の通

り、医療と薬を遠ざけて、元気に長生きする方法が書かれています。

私が高血圧になった頃は、高血圧のことを成人病と呼んでました。

父の姉弟は5人で全員高血圧祖父が短命だったこともあり、若くして

(40歳頃)高血圧になるのは、人より老化が早いのだと、漠然と考え

ていました。その頃は老いや老後に関する本ばかり読んでいました。

もし当時この本を読んでいたとしても、1年で急激に血圧が上昇し、

食事や運動に気を付けても血圧は下がらなかったので、不安になり、

多分薬に頼っていたと思いますが、先生の言われる今の日本で大人が

かかる病気はたいてい「老化現象」で、医者にかかったり、薬を飲んだ

りして治せるものではない、という考 えは納得が出来、今のように生活

習慣病といわれよりは、ずっと気が楽だと思いました。

Sdsc09938
小瓶に挿しただけのポトス(根が出ています)とブラサボラ・リトルスターズ

”夜香”(10月8日からずっと咲いています)とホンコンシュスラン・ジェルオ

ーキッドの鉢植えを1つの籠にまとめてみました。


父の弟(叔父)はいま85歳。血圧が高く、ずっと薬を飲んでいました

が、70歳の頃、薬を飲んでも、飲まなくても数値が変わらないので

(上が160位)、薬を止めたという事を、父の法事の時、聞きました。

叔父は現在、呆けもせず元気です。 フィンランドでは 最高血圧180

以上の80歳を超える高齢者に、降圧剤を飲ませなかったところ 飲ま

せて140以下に抑えるより 延命率が高かっ という実証データがあ

ると、この本の中に書かれていました。今私の血圧は薬で抑えられて

いるので、上は120前後、下は70前後 です。叔父ほど高くありませ

んが、25年間も薬頼みの生活をしていると、叔父のように、きっぱり

と薬を断つ自信も勇気もありません。

Sdsc09969_2

 
今年は伊予柑が豊作です。風で10個ぐらい落ちましたが、50個ぐらいなって

います。夏ミカンが2つしかなっていないので、喜びもひとしおです。

先生は癌の放射線治療を専門とし、乳癌の乳房温存療法のパイオ

ニアとして知られているそうです。そのため癌の記述が多かったよう

思いましたが、100歳まで元気に生きられる「食」や「暮らし」の

心得も書かれていました。私にとって嬉しかったのは、体重、コルス

テロールを「減らさない」健康法を選ぶという心得・・・

コルステロールは細胞膜を作り、各種ホルモンのもとになる、命の維

持に欠かせない成分で、不足すると癌だけでなく脳出血、感染症、

うつ病等による死亡が増える一因となるそうです。ステーキでもトロ

でもイクラでも、美味しいと思うものは何でも食べて、少し太った方が

長生きするそうです。少しが肝心なのですね。

 

Sdsc09947_2

 

鳥さんからのプレゼントの黄実の千両が色づき始めました。

2010年に初めて実を見つけたので、木はその前から生えていたのでしょうね。

切り花にはしていないのですが、赤い実のようには増えません。

 
この他、

ピンピン100歳への体づくりは「毎日タマゴと牛乳」から

ビールは1日にロング缶2本までなら「百薬の長」 

コンブやワカメを摂りすぎるとガンになる 

コラーゲンでお肌はプルプルしない グルコサミンは膝に直接届かない 

「高血圧」に塩はダメは嘘 自然塩より精製塩が安心

コーヒーはガン 糖尿病 脳卒中 ボケ 胆石 シワを遠ざける

等の「食」の心得が書かれていました。「高血圧に塩はダメは嘘」は

ちょっと?でしたが、世界的なデーターでは塩が足りない人の方が

病気なりやすく、短命なのだそうです。100歳まで元気に生きる暮らし 

の心得も納得のいくものばかりでした。

Sdsc09978_2

 

 秋が深まり、ユリオプシス・クリサンテモイデスの黄色が一層鮮やかになりました。

 

点滴だけで生きている母を見て、昔の老人のように、食べられなく

なったら何も食べす、布団の中で眠るように死にたいと思いました。

 自分が十分に生きたと思ったら、最期位は自分の意思で決めたい。

その時のためのリビングウィルが最後に書かれていましたが、とても

参考になりました。

« バラ&オキザリス | トップページ | オキザリス・ペンタフィラとヒルタ »

ガーデニング」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

hiroさん
 お早うございます
最近医療に関しての本が比較的多く出されています
実は、近所の元民間病院の院長
その後老人施設の施設長をしておられた方も
この種類の本を出版されて話題を呼びました
私も勿論!読みました


 それから?元々生活習慣病がない事も有りますが
少なくとも2年間は血液検査もせず薬も飲んでいません
食べ過ぎにだけは気を付けていますが
それから歩くことと
自分の身体に対して神経質にならなくなりました


亡母は癌で亡くなっていますが
やはり「医者嫌い」で癌が解ったのはデイサービスの医師の触診でした
ボケ症状が出たことも有りますが、
入院を勧められ1か月弱の入院生活で身体に辛い検査はお断りして
痛みも訴えることなく亡くなりました
病室を自宅だと思いながら

 そんな母を見ていて私も出来るなら
そうありたいと思っています
兄嫁は抗がん剤の苦しみの中で亡くなりました


秋が深まりましたね
伊予柑は大好きです
50個も成って嬉しいですね
これもご主人の丹精の賜物でしょうか

なんか考えさせられました。
父も90歳になりました。
だいぶ疲れてきたようで「疲れた」が口癖になっています。
でも頭はしっかりしているので助かります。
一人暮らしなので心配ですが・・
少しでも長生きしてほしいと思います。

古都人さん、おはようございます♪
テレビでも医療番組が沢山放送されているので
本は最近あまり買っていなかったのですが、
ショッキングなタイトルに惹かれて
買ってしまいました。


生活習慣病がないのですね。
羨ましいと思います。母もどちらかと言うと
低血圧で、白内障の手術をしたくらいで、
一年半前頃まではお医者さんと無縁の生活をしていましたが、
腰を痛めたことがきっかけで、呆けが始まり、
脳梗塞まで起こしてしまいました。
腰が痛いのも老化と思い、入院をしなかった方が、
もっと元気に過ごせたのではないかと思います。
この本の中でも歩けなくなるということは
脳が働かなくなること。
歩いたり水泳したりの有酸素運動の重要性は多少
何処か痛んでも続けた方がよいと書かれています。


お母さまは癌で亡くなられたのですね。
先生はがん放置療法についても書かれていました。
義姉様のように抗がん剤の苦しみの中で亡くなることなく
穏やかな最期を迎えられて良かったですね。
私は血統的に癌の心配はあまりしていませんが、
もし癌になったら、手術はせず、痛みだけ抑えて
最期を迎えたいと思います。


伊予柑は一年おきに沢山なりますが、肥料も薬も使わず
放りっぱなしで育てています。

hiroさんおはようございます。
寒くなりましたね。


健康本、いろいろ出ていますね。
私も先日の検診ではいろいろと
考えさせられましたが
基本的には食べたいものをいただいて
あまり薬は飲まないようにと思っています。
hiroさんが言われるようにお布団の中で
私はできれば孫たちに囲まれて死にたいと
願っていますconfident


情報が多すぎて何を信じればいいのかと
思うこともありますが無理をしても続かないし
自分がいいと思った無理のない方法で自然に
生きていきたいと思います。


ちなみに私の健康法はグリーンスムージーと
自家製ヨーグルトを毎朝いただくことぐらいです。
たいしたことしてないですねcatface

恵さん、おはようございます♪
恵さんは親孝行なのでお父様は幸せですね。
健康でも90歳になると疲れやすくなるようですね。
母は93歳ですが、若い頃はとても丈夫で
子供の私が羨ましいと思うくらいでした。
一年半前頃腰を痛めて入院したことが発端で
ボケが始まり、施設に入り、2度脳梗塞を起こしました。
昔のように自宅で一生過ごせたら
どんなに幸せかと思いました。

chisayobaabaさん、おはようございます♪
今年は昨年に比べ寒くなるのが早く、
昨日は、例年だと12月の初めに室内などに取り込む
植物の冬越し準備に追われていました。


私は長いこと高血圧ですが、若い時は薬を
飲んでも下がらなかった血圧が落ち着いています。
ストレスがないからでしょうか(笑)
一時期油ものはサラダと油いためぐらいで
てんぷらやフライ、カレーまでも控えていましたが、
最近は油の重要性に気がつき、食べ過ぎない程度に
何でも頂いています。


自分の最期を考えるのは怖い気もしますが
エンディングノート等でリビングウィルを
示しておくことはとても大切だと思いました。
怖がりなこともありますが、もし癌になり、
手術をして数年長生きするより、家の中で静かに
余生を過ごせたらと思いました。
孫たちに囲まれていたらそれこそ幸せでしょうね。


chisayobaabaさんの健康法、私とよく似ています。
グリーンスムージーは寒いので朝飲むのは控えて
いますが、ヨーグルトは自家製で毎日頂いています。
昔はダイエットを考えるあまり、脱脂粉乳を使って
いましたが、今は普通の成分無調整牛乳を使っていますdelicious

hiroさん、こんにちは。
この書籍、新聞の下方にある広告で何度か見かけており
タイトルと広告内に書かれた短文とで気になる書籍のひとつになっています。


この2年間はSaas-Feeの風自身も朝に2種、夜に1種、計3種の薬を服用していて
これが常態化してしまうとどんな身体になっていくのだろうと思っていました。
一時、主治医の指示により服用を止めたのですが
ひと月後の検査で数値が異常値となり
やはり服用を止められないねとの判断になりました。


服用すると地獄、服用しなくても地獄・・・・
いったいどうすりゃいいんだよ~ってところです。


この書籍が気になりながらも購入には二の足を踏んでしまうのは
そんなことを思ってしまうからなのです。

hiroさん  こんばんは
健康、医療に関する事は関心有りますが
テレビでは見ても本は見る事はありませんでした。
健康でありたいと願っていても
そのことに対する努力は出来ていません。
医療と薬を遠退けて、元気に長生きする方法
学ばなければいけませんね。
私は膀胱炎の検査から糖尿病が分かり、
血液検査を毎月してお薬を服用していましたが
症状が良くなり、現在は病院も遠のいています。
でも自分自身の健康管理が疎かに
なっているのを感じています。
最後は周りに迷惑掛けない様にと願っています。

伊予柑50個は凄いですね。
きっと大木なのでしょうね。
黄実の千両は珍しく、育てて見たいです。

Saas-Feeの風さん、おはようございます♪
一時期この本は新聞の広告によく載っていましたね。
本屋さんのベストセラーコーナーでも山積みされていました。
薬害が怖いので、薬はあまり飲みたくないのですが、
もしものことを考えると、止めることはできませんでした。
長く飲んでいますが、副作用がないのが何よりだと思っています。
血圧は抑えられても、動脈硬化が進んでいるのではないかと
検査しましたが、年相応だったのでヤレヤレと思っています。


私のお友達は乳がんになり60歳直前に亡くなりました。
どんな良い医療を受けても、治らないものは治らないのですね。
近藤先生の考えが100%正しいかどうかはわかりませんが、
誰もが老いと死という宿命からは逃れられない以上、
自分なりの医療観を持つことが大事だと思いました。

すみれさん、おはようございます♪
最近はテレビで、医療・健康に関する番組が多いので、
そちらから知識を得ることが多く、医療本を買うこと
はありませんでした。タイトルが衝撃的だったので
思わず手にとり、目にしました。
目次だけでもだいたいのことはわかったのですが、
あまり長く立ち読みもできないので、買ってみました。
薬は対処療法なのに、飲んでいると、そのことに安心して、
努力を怠るようになるところはありますね。
糖尿病の患者さんも多いですね。私のお友達にも何人か
います。薬が変わるたびに入院されている方がいますが、
病院にとっては患者さんと言うより、お客様ではないのかと
疑ってしまうようなところはあります。
すみれさんは早く治って良かったですね。
伊予柑がこんなになったのは初めて・・・
木もけっこう大きくなりました。ミカンの木を2本
害虫で枯らされたので、それだけが心配です。

おはようございます。
近藤誠先生の本は「どうせ死ぬならガンがいい」を読みました。
母が直腸ガンで亡くなりましたので。

「医者に殺されない47の心得」も広告見て関心持ちましたが、
hiroさんのブログでかなり知ることができましたので、充分です。

82歳の今、私はもうすぐ目前の問題になりました。
それなりに準備はしているつもりですが、先のことは
不透明ですからむつかしいですね。

hiroさんのブログで綺麗なお花を拝見し、一日を大切に
過ごすことしかできません。

hiroさん    今日は!
健康に関する本は沢山出ているようですね。
健康はいつも気にしながらもなかなか本は読むことがありません
最近はテレビでもお医者様方が出て健康に関することが良くとりあげられていますね。
見ていますがなかなか実行はできません
元気で迷惑をかけずに生きるのが理想ですが、思うようにはいかないでしょうね。
今は旅行やガーデニングが元気の源ですがいつまで続けられるのでしょう~~~
歳を重ねるごとに自信がなくなってきます。


ずが50個も素晴らしいですね。
お料理が楽しみですね。
ゆずジャムは以前に作りましたが美味しいいですね。

Hiroさんそうですよね~。
なんでもそうだと思うけど、「少しが肝心」。
その通りですよね、度が過ぎれば…^^。

どれほど楽か、「…何でも食べて、少し太った方が」の実践。
極論本が流行る訳、わかるような気がします。

こんばんは!
ブログで読ませていただき
「へえ〜〜そうなんだ!」と目から鱗です。
私はやはりコレステロールが油断すると
すぐに高くなります。
でも、まだ、お薬は飲んでません。
でも、それで良いかな〜と思いました。
私も時期が来たら、自分で納得する逝き方
をしたいと考えます。

こんばんは!
ブログで読ませていただき
「へえ〜〜そうなんだ!」と目から鱗です。
私はやはりコレステロールが油断すると
すぐに高くなります。
でも、まだ、お薬は飲んでません。
でも、それで良いかな〜と思いました。
私も時期が来たら、自分で納得する逝き方
をしたいと考えます。

Reiさん、こんばんは~♪
「どうせ死ぬならガンがいい」もセンセーショナルな
タイトルですね。本屋さんで目にしましたが、
その時は共感出来そうもなかったので、読みませんでした。
この本で書かれているように医療と薬を遠ざけて長生きが、
できれば一番良いと思いますが、実際は難しいですね。
まだすべきことは沢山ありますが、私も一日一日を大切に
過ごしたいと思います。

えつままさん、こんばんは~♪
テレビでも医療や健康に関する番組は多いですね。
私も良いことはマネしようと思うのですが、
なかなかできません。
今は生活を楽しんでハリのある生活をしていれば、
病気の方が逃げていってくれるかもしれませんね。


柚子ジャムは食べたことがありませんが、美味しい
でしょうね。伊予柑もジャムになるかもしれませんが、
孫が遊びに来たらせっせせっせと食べたいと思います。

shizuoさん、こんばんは~♪
テレビでも「長生きしたけりゃデブがいい」を書いた
先生が出られ、許容範囲の体重を話されていましたが、
私はOKだったのでちょっと安心しました。
確かにちょっと太めの方が病気にかかった場合、
抵抗力がありそうですね。
ヨボヨボ老後にならないよう頑張ります(笑)

ryoさん、こんばんは~♪
ryoさんもコルステロールが高めなのですか。
コルステロールのお薬は副作用があるので、
飲まずに済めば一番良いですよね。
私は高血圧があるので、コルステロールはちょっと
高いだけですが、先生の勧めで薬を飲んでいます。
薬害が心配なので、ある程度の年齢に達したら飲まなく
ても良いよう先生にお願いしてみようと思います。

私もこの本、読みました。
友人に借りたものだったので
読んですぐに返してしまいましたが
目から鱗でした。
全部を鵜呑みにするつもりはありませんが
ホッとさせられること多々でしたよね?
著者のことは、最近朝日新聞の土曜版でも大きく取り上げられていて
興味深く拝見しました。

zooeyさん、こんばんは~♪
私も全部は鵜呑みにしていませんが、
医療を考える良いきっかけとなりました。
もっと若い頃、高血圧の診断で
病院に行く前に読めれば良かったですが、
その頃はまだ出版されていなかったので仕方ありませんね。
医療者側からは相当批判を浴びたでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508194/58579952

この記事へのトラックバック一覧です: 医者に殺されない47の心得:

« バラ&オキザリス | トップページ | オキザリス・ペンタフィラとヒルタ »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ