« 医者に殺されない47の心得 | トップページ | アネモネの苗が届きました »

2013年11月20日 (水)

オキザリス・ペンタフィラとヒルタ

Sdsc09989
キザリス・ペンタフィラ(Oxalis pentaphylla) 

和名は五葉カタバミとかマツバカタバミと呼ばれ松葉のような5枚葉が 

特徴です。半耐寒性球根植物(0℃以上)ですが、我が家(神奈川県)で

は軒下で葉が枯れることなく越冬します。5月頃、葉が枯れたら水を切り、

鉢のまま放置し、休眠させます。植替えをする場合、8月末~9月頃。

Sdsc00016


花色は透明感のあるピンクです。

オキザリスの仲間はどれも日が当たっていないと咲かないので、

開花時期が長くても、写真を撮る機会は以外と少ないものです。

今回は小春日和が続き、綺麗な花を撮ることが出来ましたscissors

花言葉は輝く心、母親の優しさ、喜び

Sdsc09997
キザリス・ヒルタ(Oxalis hirta)

キダチハナカタバミ(木立花片喰)という和名を持っており、

草丈が30㎝ほどになる木立性のカタバミです。葉は三枚の細長い

楕円形の小葉からなりますが、柄がごく短いため茎に輪生している

ように見えます。

Sdsc09994_2
花びらが少し尖った、ショッキングピンクの可愛い花を咲かせます。

管理はペンタフィラと同じで、夏に休眠しますが、8月末~9月になっ

たら水を与えて球根を目覚めさせ、芽が出たら液肥を与え育てます。

Sdsc00019
山茶花・朝倉 一番花

Sdsc00020
蕾も可愛いでしょう

Sdsc09970
白花大文字草

Sdsc00021


秋のアンジェラ

花色が春に比べより鮮やかになりました。

« 医者に殺されない47の心得 | トップページ | アネモネの苗が届きました »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

hiroさん
 お早うございます
お写真を拝見して「このような撮り方も有るのやなあ」学んでいます
花の全体の雰囲気もよく解りますね
私は何時もピンポイントで撮っているように思います
オキザリスも種類が多いようですがどの花も可愛いですね
ご紹介の2種類のオキザリスの花色も綺麗です

そうなのですね
葉が枯れたら水を切り鉢のまま放置し休眠
この後の管理は花によって異なるのですね
ありがとうございます
よく解りました
添付されている説明にはそこまで詳しく書かれていませんね
今年は駄目ですが来年は教えて頂いたようにします


山茶花は冬に咲く花
♪さざんか さざんか咲いた 道焚火だ 焚火だ 落ち葉焚き・・・は
過去の事になりましたね
花は清楚で艶やか蕾は赤ちゃんのように可愛い
 白花火大文字草は名前の通りの花姿
可愛いですね
大文字に京都の五山の送り火を重ねて好きな花です

そうですね
秋のアンジェラは花色がより鮮やかですね
こうして拝見していると同じ花でも季節によって変わることもよく解りますね


古都人さん、こんにちは~♪
私はいつもオートで写真を撮っています。
カメラを被写体から30㎝位離さないとボケて
しまうので、なかなかピンポイントで撮れません。
望遠もそれほど効かないので、
10倍から~20倍のポケットデジカメが
欲しいな~と思う時があります。


オキザリスの育て方は自己流です。
几帳面な方は、毎年球根を掘り上げて、
大きな球根だけ時期が来たら植え付けるようです。
ヒルタが葉っぱばかりで花が咲かない
という記事をネットで見ましたが、
寒さに弱いヒルタが、我が家では冬の間枯れる
ことなく過ごせることが、球根を充実させることに
繋がっているのかと思いました。


山茶花の季節がやってきました。
寒さに向かう今日この頃、赤や白の山茶花を見ると
ホットしますね。
京都の雄大な大文字 の送り火も素晴らしいですが、
この小さな大文字草も可愛いでしょうhappy01

hiroさん、こんばんは。
オキザリス・ペンタフィラは花弁だけでなく葉も五枚あるのですか。
だからペンタなのですね。
光が当たっている部分も当っていない部分も
マツバという別名があるように緑の葉が美しい。


オキザリス・ヒルタは木立性で草丈30cmですから
器に活けてテーブルに飾ってみたい。


球根植物が翌年にも芽を出してくれると
「今年も出てきてくれたね」とうれしいものです。


我が家の庭ではオキザリス・バリアビリス・ホワイトだけは
グランドカバー化しますが他のオキザリスは減る一方・・・
何が違うのかなあと思うのですが、さっぱりわかりません。


ダイモンジソウがこんなに咲いていてびっくりしています。
hiroさんの管理が行き届いていることと
育つ条件が好いのでしょうね。


先日、我が家の北に置いていた鉢植えのクフェアを南の庭に地植えしました。
一株の根が弱弱しくて、これじゃあ大きくならないのは当然だなと思うほどでした。
地植えにして、来年はどのようになるか・・・注目しています。

Saas-Feeの風さん、おはようございます♪
植物の学名はラテン語で表記されており
pentaphyllaは葉が5枚という意味があるそうです。
英語でもペンタは5という意味がありますよね。
全部の葉が5枚かどうかはわかりませんが、
葉が多いことだけは確かです。


ヒルタは可愛い花ですが、オキザリスは日が
当らないと咲かないので、テーブルに飾るのは
無理かもしれません。


バリアビリスわ我が家にもありますが、年々花つきが
悪くなるようです。昨日ホワイトが一輪咲いていたよう
ですが、夕方だったので花は閉じていました。
昨年も数輪しか咲かず、写真をとり忘れたので
ブログアップはなりませんでした。


大文字草は3色あったのですが、赤花が夏の暑さで
枯れ、白花と桃花も元気がなくなったので
9月の終わりごろ、とりあえずプランターの空いている
場所に植えておきました。それが良かったらしく、
4年間のうち一番沢山花が咲きました。それまでは小さな鉢に
植えてあったので、根が詰まっていたのかもしれません。


クフェアは冬の寒さで葉が枯れると思いますが、
夏が近ずくと、新しい芽が出ると思います。(当地では)
来年は沢山の花が咲いてくれると良いですね。

hiroさん    今日は!
オキザリスも種類が多いですね。
ペンタフィラは小さなお花で可愛らしいです。
見事に咲きましたね。
松葉のような葉が変わっていますね。
お店では見かけたことがありません
オキザリスは日光が好きなんですね。
我が家の地植えのオキザリスは日当たりが悪く葉ばかりです。
鉢植えは移動できますのでぼつぼつ咲いています。
バーシーカラーが蕾が見え始めました。
木立性のヒルタもとても可愛いいです
サザンカも咲きだしましたね。
白いお花はいいですね。
鮮やかなアンジェラが素敵~~~

我が家はお休み中です。


えつままさん、こんばんは~♪
そう言われてみると、ペンタフィラはお店で売られて
いるのを見たことがありません。
球根は桃の輝きやパーシーカラーのように小さいのですよ。
球根をさがすだけでも大変なので、まだ植え替えたことがありません。


オキザリスは日当たりが好きですね。我が家は日当たりは良いのですが
バビアビリスだけは段々と咲かなくなってきました。
地植えにすると良いのかもしれませんが、
葉が枯れて無くなった時、植えてあることを忘れて
かき回してしまいそうなので、鉢に植えっぱなしで育てています。


我が家のパーシーカラーはまだ蕾が見えません。
花びらが閉じている時、パラソルのようで可愛いですね。
秋にアンジェラが咲いたのは初めて・・・嬉しいです。

こんばんは!
みんな、かわいい花たちですね!
最近、hiroさまのところでお花に出会うと
挨拶したくなりますよ。

いつも見させていただいているので、
「今年も、咲いたのね!」とか
いろいろ話しかけます。
山茶花の蕾が「やぁ!」と言ってくれてるようです。
ペンタフィラかわいいですねえ!

ryoさん、こんばんは~♪
ピンク系のお花は可愛いですね。
見ていると心がホッコリとしてきます。


ryoさんの優しい話しかけに、我が家のお花たちも
喜んでいるでしょう。私もお花の世話をする時、
いつも「元気に育ってね」とか「キレイに咲いてありがとう!」
と話しかけています。音楽も聞かせたいのですが、
道路に面しているのでできません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508194/58607113

この記事へのトラックバック一覧です: オキザリス・ペンタフィラとヒルタ:

« 医者に殺されない47の心得 | トップページ | アネモネの苗が届きました »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ