« そして父になる&庭の花 | トップページ | 横浜ベイシェラトン・スカイラウンジでエレガンスランチ »

2013年11月11日 (月)

ツワブキ(石蕗、艶蕗)&黄色いオキザリス

Sdsc09876
ツワブキ(艶蕗、石蕗)

日本(福島県・石川県以南)・台湾に自生するキク科・ツワブキ属の

多年草で、鮮やかな黄色い花が綺麗です。蕗(フキ)に似たツヤのある

葉を付けるため、艶蕗が転じてツワブキと呼ばれるようになりました。

英名はJapanese silverleafですが、なぜ銀葉なのでしょうね。

若葉や若い葉柄は蕗と同じように食用となります。

Sdsc09837


さびしさの 目の行方や つわぶきの花        蕪村

花言葉は「困難に傷つけられない」「愛よ甦れ」「謙譲」

Sdsc09547


スプレー菊・シャトー風車
 鉢植え2年目。

今年は茎を長く伸ばし、倒れて咲いています。小さなスプーンのような

お花がたくさん集まって咲き可愛いです。ブログアップが遅れてしまった

ので、お花はすでに終わってしまいました。

Sdsc09539


長いこと咲いてくれた地植えの
クフェア最後の花を咲かせています。

冬には葉が枯れますが、春になると新芽が芽吹き、コボレダネからも

たくさん芽を出します。

Sdsc09902


オキザリス・ゴールドアイランド

Sdsc09833


フラバによく似た花ですが、

花びらの裏側の縁に赤いラインがあります。

2010年11月に購入。2011年は開花しましたが、2012年はお休み。

2年ぶりに咲きました。

Sdsc01171_21


購入した時の写真↑ですが、この頃の方がラインの色が
鮮明です。

Sdsc09843
オキザリス・フラバ

南アフリカ原産カタバミ科の多年草(半耐寒性秋植え球根)です。

耐寒温度は0℃。我が家では軒下で冬越ししています。

« そして父になる&庭の花 | トップページ | 横浜ベイシェラトン・スカイラウンジでエレガンスランチ »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

hiroさん
 お早うございます
お写真ですがどの花も可愛く素敵に撮られていますね
やはり丹精込めて育てて居られるのがよく解ります。
ツワブキは何処に有っても凛とした風情と小さな花ですが黄色が目を惹きます。
若葉は食用になるのですか?
蕗の佃煮は好きでよく作りますが・・
蕪村の句 言葉に出していますが心情が解る気がします
スプレー菊・シャトー風車の花弁はユニークな形ですね
変りコスモスにも似た形が有りますね
可憐な鉢植えのケフェアも一度買い求めましたが
冬に葉が枯れてその後の処理が駄目だったのか
春になっても新芽は出ませんでした
コボレタネ・・・もしかしたら鉢の小さな芽がそうだったのでしょうか?
草 かな?と思って抜いて土を干してしまいました
赤いラインのオキザリス・ゴールランドを初めて見た時感動したものです。
hiroさんの花は2年振りとの事ですがそれまで待てない私は反省しています


おはようございます。
hiroさんのブログは私の植物図鑑です。
一つの植物に複数の名前があることも、花言葉、原産地などなど・・・・
残念ながら、へぇ~と感心する片端から忘れてしまいますが・・・

石蕗は一般的に知られていますが艶蕗もあるのですね。
スプーンのような花びら、これは印象に残りそうです。

植物の性質をよく知って育てることの大切さも教わりました。感謝!

おはようございます。
reiさまのコメントにもありますが
hiroさまのブログはまさに私に取っても
植物図鑑です。
ついせんじつ、ウオーキングの公園に真っ赤に
いろづいた実の名前を、友人に訊かれて
「それは、アメリカハナミズキの実よ」と
教えてあげましたが、まさにhiroさまの
ブログで見ていたからでした。
石蕗は見事ですね。
こんなに大きくなるものなのですね!

古都人さん、こんばんは~♪
ツワブキはアクがありますが、フキと同じ
ように茹でこぼし、皮をむいて水にさらして
から佃煮や炒めものに利用できます。私は一度
野菜炒めを作りましたが、美味しかったですよ。
蕪村の句、良いですね。
これから冬になるという寂しい時期、
庭のツワブキに癒されたのでしょうね。
スプレー菊は可愛いですね。
来年は地に下ろして増やしたいです。
クフェアはコボレダネから芽が出るのですが、
我が家はこれ以上いらないので抜いてしまいます。
あまり大きくならないので沢山植えて、
花壇の縁取りにしても良いかもしれません。

Reiさん、こんばんは~♪
植物図鑑ほどお花はないのですが、
いつもブログを見ていただき、感謝しています。
パソコンを始める前は園芸百科や園芸雑誌が
植物の情報源でしたが、今はパソコンですぐに
調べられるのでとても便利です。
毎年同じお花が咲くので、自然に覚えますが、
6年目になると、もう出し切った感があり、
何を書いて良いのかわからなくなることがあります。
拙ブログですが、これからもよろしくお願いいたします。

ryoさん、こんばんは~♪
とんでもないです。植物図鑑には程遠いですが、
いつもブログを見ていただき、有難く思っています。
毎年、毎月、同じ様な話題で、読んでいただくのが
申し訳ないと思うことがあるのですが、
読んでいただいているお陰でモチベーションを
保っていられます。
花木は花が咲き終わるとその存在を忘れられてしまい
がちになりますが、アメリカハナミズキは
花も実も楽しめるので良いですね。
私のブログが少しは役に立ったようで嬉しいです。

hiroさん、こんばんは。
すっかりサボリ癖がついてしまい、
今日までブログから離れる日が続いていました。


フキは冬に枯れますが、確かツワブキは枯れないのですよね。
だから花の少ない冬にも艶のある葉が楽しめるように思います。
フキは我が家の庭にありますがツワブキはありません。


スプレー菊ではスプーンの根元の白色と
スプーンの濃いピンク(紅色というのかな)との
二色と蕊の黄色とのバランスが美しいですね。
花瓶とは云わずとも小さな器にさりげなく挿しておくだけで
部屋が暖かく感じられて癒されるように思えます。


クマファは我が家の北側に寄せ植えにしています。
同じ色と思い買ってきたら濃い紫色と薄い紫色の二色でした。
現在、咲いていますがhiroさんのクマファのようにたくさん咲いていません。
北側で日当たりが悪いからかなと思います。
日陰ばかりだからヒョウロヒョロしているので
明日にでも地植えにしてみましょうか。
ブルネイのホテル・エンパイアにたくさん咲いていたことを思い出します。
その写真をブログアップしていたかなあ。


オキザリス・ゴールドアイランドの蕾みは色が異なりますが
まるでオキザリス・バーシカラーのようですね。
このオキザリスは見たことが無いと思います。
花屋さんで見かけたらバーシカラーの時と同じことで、
きっと買ってしまいますよ。


息子さんのマラソン完走、おめでとうございます。
42.195kmなんてSaas-Feeの風にはとても走ることのできる距離ではありません。
現在なら1kmでも無理ですよ。
あの日はこちらも暑かったので、
あんなに気温の高い日に走る人たちは大変だったと思います。


懐かしい江の島です。
新婚時代は鎌倉市民でしたから江の島には何度も遊びに行ったものですし、
30年以上前には、幼かった子どもたちと
弁天さん側の岩場などで魚釣りをしたことがありました。
写真を拝見して、そうそう、こんなだったなと思い出しています。


ストレプトカーパスはスカイブルーというのか、澄んだブルーが美しい。
我が家のストレプトカーパスは花茎が長く花色はもう少し紫がかっています。
幾つもの品種があるのでしょうね。


大文字草は如何にも大の文字が書かれているような花ですね。
いつだったかなあ、道の駅で大文字草を見かけて
後で買うつもりだったのに他の物を買っているうちに
買い忘れてしまったという苦い思い出があります。


長々と書きました。

hiroさん  こんばんは
ツワブキ、沢山咲いて綺麗ですね。
艶やかな葉と共に、よく目に留まるお花です。
お花を見る度に、食べるのかしら?と思っていました。
食用に成るのですね。フキは大好きです。
ツワブキも味わってみたいです。
一度駄目にし買い控えていましたが、
又買い求めたいと思います。
シャトー風車は可愛いですね。我が家はもうすぐ終わりそうです。
クフェアは育てた事がありますが、多年草でこぼれ種も
楽しめるとは知りませんでした。
オキザリス、可愛く咲いていますね。
一休みして咲く事も有るのですね。
諦めて処分しない様に心がけなければと思います。
いろいろ学び、素敵なお花を愉しませて戴きました。

Saas-Feeの風さん、こんばんは~♪
私もよくブログを休みたくなることがあるのですが、
長く休むとそのまま止めてしまいそうなので、
なるべく週に2~3度はアップするようにしています。


ツワブキは常緑で綺麗な葉なので、お花を楽しむ
他にも、茎を食べたり、お料理や和菓子のあしらえに
使ったりと、とても便利です。
ただ食用としてはフキほど食べられていないようですね。


そうですね。スプレー菊は可愛い空きビンなどに
挿してもお部屋が明るくなって癒されそうですね。


クフェアはメキシコ地方原産なので、寒さには
それほど強くないと思います。真冬の気候がこちらと
同じくらいなら地植えでもOKだと思いますが、
これから寒さに向かうので、お庭に植えるのは春に
なってからの方が良いかもしれません。


オキザリス・ゴールドアイランドは
パーシーカラーに似ています。とても可愛いのですが、
花が終わり葉が枯れた後、球根が土の表面に出てしまい、
夏の暑さで球根が傷むことが多いようです。


ありがとうございます。
昨年の春マラソンを始めてフルマラソンは4回完走
したそうです。学生時代バスケットをしていたので、
ブランクはありますが、走ることは慣れているようです。


我が家も江の島にはよく行っていました。
もしかしたらどこかでお会いしていたかもしれませんね(笑)

すみれさん、こんばんは~♪
ツワブキは2か所に植えてあるのですよ。
お花が少ない時に明るい花を咲かせてくれるので
お庭がパッと明るくなります。新しい茎が伸びきり
葉が小さいうちに茎を食用にするのですが、
あまりとってしまうと、お花が咲かなくなるような
気がしてなかなか食べられません。
一度だけ食べたことがありますが美味しかったです。


シャトー風車は可愛いですね。
来年は地植えにして増やしてみたいです。


オキザリスの花はとても可愛らしくて魅力的
ですが、丈夫で花つきの良いものは限られて
いるようですね。我が家では黄色いオキザリスの
成績があまりよくありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508194/58546704

この記事へのトラックバック一覧です: ツワブキ(石蕗、艶蕗)&黄色いオキザリス:

« そして父になる&庭の花 | トップページ | 横浜ベイシェラトン・スカイラウンジでエレガンスランチ »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ