« ルエリア・サザンスター&ダイエット途中経過 | トップページ | 斑入りヤブランとトレニア(夏すみれ) »

2013年9月11日 (水)

雑草取り

コボレダネのルドベキア・タカオのみを残して、庭の雑草取りが終わり

ました。家の周囲や花壇の中の雑草思っていたより少なく、ゼラニウ

ム等の鉢の中に生えている雑草が多かったです。雑草取りは無心にな

れるし、効果がはっきり見え、達成感を味わえるのでけっこう好きです。

Sdsc08638


大きい毛虫が3匹もいましたが、一番多かったのがおんぶバッタ

親子のバッタかと思いましたが、なんとカップルなのだそうです。

おんぶをしている大きい方がメス♀で体長は4cm位。小さい方が

オス♂で体長は2㎝位、メスの半分位です。交尾のあと乗り続ける

そうですが、他のオスからメスを守るためだそうです。

Sdsc08640
雑草のように増えるハナトラノオですが、群生すると綺麗です。

Sdsc08571


コムラサキシキブ

Sdsc08583
可愛い実が薄紫に色づきはじめました。

Sdsc08628
アメジストセージ(サルビアレウカンサ)も咲きはじめました。

10月には目が覚めるような紫色の花をたくさん咲かせてくれるでしょう。

Sdsc08636
オキザリス・紫の舞

Sdsc08637
今年は咲き始めは遅かったのですが、サビ病にもかからず、

綺麗な葉ずっと維持してくれました。

お花もポツリポツリですが、長い間咲いています。

« ルエリア・サザンスター&ダイエット途中経過 | トップページ | 斑入りヤブランとトレニア(夏すみれ) »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!
大好きなラベンダー色でまとまりましたね!
トラノオは群生しているのですね。
やはりオキザリスはかれんですね。

おんぶバッタは、小さな方が雄だとは
知ってましたが、雌を守り続けてるとは
しりませんでした。
ずっと乗っかってるので
どうしてかな〜とは思ってましたが
それなりの理由があったんですね!

hiroさんおはようございます。
日の出までにはまだ間がありますので、その間にブログ訪問していますgood
草取りは大変ですが、お花好きの方で草取りも大好きという方けっこう知ってます。
花を大事に思えばこそなんでしょうね。
無心になれるというお気持ち何だかわかる気がします。

今から秋の色のお花が咲きだしますね~
楽しみですね。
なんだか園芸店に走って行きたくなりました。

hiroさん
 お早うございます
>雑草取りは無心になれるし、効果がはっきりと見え、達成感を味わえる<
同感ですが、腰痛と膝痛が無ければと思いながら。
おんぶバッタ微笑ましいですね
今朝の小さな花達、紫は好きな花色です
 ハナオトラノオは清楚な花色と一つ一つの花姿が
可憐で好きですが群生している所が見たいです
 コムラサキシキブは以前京都の平野神社の桜苑に
100本以上の木が植えられていて散策するのが愉しみでしたが
いつの間にか無くなっていました
育てるのが難しいのでしょうか?
 目の覚めるような紫の花・・・・
アメジストセージのその様子を拝見したいものです
 オキザリスの可憐で踊っているような花姿、マクロで撮られたのですか?
好いカメラをお持ちですね
いいえ、カメラの腕前なのでしょうね
私は小さな花の写真は苦手で滅多に撮りません


秋の深まりと共にhiroさんもお忙しくなるでしょうが
訪問するのが愉しみです

hiroさん、おはようございます。
お庭の草取りは腰が痛くなって大変ですが
雑草が無くなったお庭は何度でも眺めてしましますよね。
取っている間は無心になれて私も好きでした。
今年は公園の花壇の草取りと花殻摘みがありましたが
狭い花壇でもすぐに袋いっぱいになっていました。
まだブルーサルビアやポーチェラカがきれいに咲いていて
公園を散歩する人やテニスのお友達、管理事務所からも
「きれいに咲いていますね~」とお礼を言われて
本当に楽しいボランティアでした。


今日はバッタさんとパープル系のお花
「ハナトラノオ」「ムラサキシキブ」「アメジストセージ」
「オキザリス・紫の舞」
いずれも爽やかで秋を訪れを感じさせてくれます。

hiroさん おはようございますcat
雑草取り、お疲れ様でした。
すっきり綺麗になると嬉しいですね。
私は草取りは嫌いでした。
以前は庭がもっと広かったので草取りが苦痛でした。
肌が弱く、そうでなくても夏の間はあちこち虫刺されのあとが
絶えることがなく、数時間も外で草取りしようものなら
虫刺され、草負けなどで大変だからです。
おんぶバッタはこれから子供が生まれると庭をピョンピョンと
飛び回り可愛いですが、油断すると直ぐに葉を食べられてしまいますね。
メスの上に乗っかっているオスはメスを守っているのですね。
そのようには見えませんね。
紫式部は色づき始めましたね。
紫の舞は他のオキザリスのように休眠することなく咲き続けますね。

ryoさん、こんにちは~♪
コムラサキシキブのみも色づき、
だんだんと秋らしくなってきました。
ハナトラノウは狭い庭には不向きなので、
毎年処分しようと思うのですが、
群生して咲く姿を見ると可愛くてできません。
オンブバッタも親子なら可愛いと思うのですが、
これでは一生オスに見張られているようで、
少し鬱陶しいかもしれませんね。

Happyさん、こんにちは~♪
まだ蚊は多いのですが、虫よけスプレーを
使って草取りに勤しみました。
我が家は基本的には秋から春の花、夏から秋の花と
なるべく花期の長い花を選んで、大きな植え替えは
二度にしています。毎年決まったようなお花になりますが、
まず雑草をとってから計画を立てようと思います。

これからは可愛い実ものや菊、コスモスなどが
楽しみですね。

古都人さん、こんにちは~♪
草むしりをすると翌日必ず筋肉痛や腰痛
あったのですが、この1ヶ月はよく運動をしたので
まったく痛みませんでした。
もう少し体重が減ると、もっと楽かも・・・
平野神社のコムラサキシキブは残念でしたね。
育てるのは刈り込みにも強いので簡単だと思うのですが、
何か虫でも大量に発生したのでしょうか。
アメジストセージは大株なので、最盛期には
遠くからでも目立ち綺麗です。
霜の直前まで、長い期間咲いてくれるのも嬉しいです。
オキザリスはミラーレス一眼デジカメのオートで
写しました。これ以上小さくは撮れないので、
レンズが欲しいのですが、多分使いこなせないので
諦めています。

chisayobaabaさん、こんにちは~♪
草取りをすると足の筋肉や腰痛があったのですが、
今回はどこも痛みませんでした。
多分1か月前頃から続けている運動のお陰だと思っています。
chisayoさんも今年はボランティアで素敵な花壇を
作られましたね。草取り、花殻摘みと
暑い中大変だったと思いますが、みなさんに喜んで
いただけて良かったですね。


今年は夏にガーデニングをさぼったので、
例年に比べ、咲いているお花が少ないです。
これからは庭の土を掘り返して、腐葉土などを入れて、
土作りをし、10月になったら、春花壇の準備を
しようと思っています。

catミミさん、こんにちは~♪
私も子供のころは草取りはあまり好きでは
ありませんでした。広い庭なので母は大変だったと
思いますが、一人でこつこつと草を抜いていました。
母から手伝ってとは言われませんでしたが、
少しでもお手伝いをしておけば良かったと思います。
今の家は区画がきちんとしており、庭もせまいので
やっただけのことが目に見え、達成感があり、気持ちよいです。
蚊はまだ多いので、体には虫よけスプレーを使い、
それでも寄ってくるので、フマキラーを噴霧しながら
作業しました。体にはあまり良さそうもありませんね。
ミミさんは肌が弱いので今でも大変でしょうね。
バッタは植物の葉を食い散らす害虫ですが、姿が可愛いので
ついつい見逃してしまいます。
メスの上に乗っているオスはメスを守っているというより
独占したいだけのような気がしますね。

こんにちは!
いつもながら色とりどりの可愛いお花が素敵です。
お花の名前も夢があっていいですよね。
「紫の舞」いい名前!気に入りました。

オンブバッタ、私もhiroさんと同じ間違いをしていました。
まだ去年くらいに知ったばかりです。

雑草もそろそろ手を付けなければ・・・
草取り、嫌いではありませんが
熱中症が怖くて伸び放題にしていました。
私も近々にさっぱりしたいと思います。

Reiさん、こんばんは~♪
紫の舞は三角形をした紫色の葉が美しいので、
葉っぱだけでも楽しめます。花の名にふさわしい
エレガントなオキザリスで、大好きな花の一つです。
おんぶバッタは小さい子供を背負っているようで、
可愛いな~と思ったのですがオスとは驚きました。
ここのところ涼しい日が続きましたが、
明日はまた暑くなるそうです。
熱中症は怖いので、雑草取りは涼しい日を選んで
のんびりと行って下さいね。

hiroさん    お早うございます。
夏は雑草の成長がはやくて大変です。
すっきりとしてお花さんたちも生き生きした良かったですね。
おんぶのバッタさんは子供の頃によく見かけましたが
親子かと思っていました。
他のオスからメスを守るためのカップルなんですね。
虫の世界も不思議で知らないことが沢山あります。
群生のハナトラノオは綺麗ですね。
コムラサキシキブはもう色ずいたんですね。
我が家は実がつきません
オキザリスがいろいろ咲きだし楽しみですね


今朝 庭の手入れで椿に叉チャドクガを見つけました。
10月ごろまでは要注意ですね。

えつままさん、こんにちは~♪
今日からまた暑くなりましたね。
気になっていた草取りが涼しい時に終わりホッとしました。
我が家は今おんぶバッタが多いです。あちこちの葉を
食べられますが、目をつぶっています。
ハナトラノオはまったく手がかからない植物です。
毎年処分しようと思うのですが、可愛い花を見ると
処分しなくて良かったと思います。
プランターにも4~5年植えっぱなしのものがありますが、
ほとんど肥料はいらず、花が咲いていない時は日当たりの悪い
場所に置いても、時期が来ればちゃんとさいてくれます。
コムラサキシキブはこれから実の色も深みを増し綺麗になりますね。
鉢植えのまま庭の隅に置いたら、根付いてしまいました。
我が家でもチャドクガが発生し、今まで5か所ぐらい枝ごと処分しました。
椿の花は綺麗なのですが、これだけが困りますね。

hiroさん、こんにちは~♪
お庭の雑草取りですか,お疲れ様でした。
でも、庭の雑草や花壇の始末しなげばならない雑草を取ると周囲が綺麗になり
それだけ、hiroさんは無心になれて遣り終えた時の達成感は
何とも遣り終えたという事と.また新しいお花を育てる楽しさもありますよね(◎´∀`)ノ
毛虫3匹どうも嫌な思い出があり.毛虫は嫌ですね~
東京に住んでいた頃幼稚園の頃で.桜の木がありその木から毛虫が落ちて
私の背中にニョロニョロとはってそれ以来大嫌いなんですよsad
だけどこのおんぶバッタは、珍しいですねカップルなんですか初めて見ました。

ハナトラノオは、淡い紫色で優しい色で群生すると絨毯のように綺麗ですよねbud
コムラサキシキブは可愛い実で薄紫色に色付いて綺麗cherry
アメジストセージも咲きはじめて.これからも楽しみですね。
オキザリスの紫の舞いい名前ですね、(舞)と名が付くと情緒がありますねconfident
清楚で日本の情景が見えるようですねmaple
サビ病というのは知らないですけどsign02
此れからは、秋のお花が咲きますけど冬がお花が少ないので寂しいですね(ノд・。)
お彼岸が来るとあっという間に今年も後何か月ですものね。

mikkoさん、こんばんは~♪
草取りをしてホッとしましたが、毛虫は嫌です。
子供のころ、丈の高いツツジの幹につかまった時
毛虫をつぶしギョギョギョとしたことがあります。
桜や栗の木のもたくさん毛虫がつきますね。
私は身体に這われたことはありませんが、木から
ツルツル落ちてくる毛虫は何度も見たことがあります。
ゾゾッとしましたよ。
コムラサキシキブはこれから実の色の深みを増し、
アメジストセージも秋が深まると本番を迎えます。
どちらもこれからが楽しみです。
お彼岸が過ぎるとあっという間に師走になりますね。
あまり寒くならないうちに大掃除をしようと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508194/58165650

この記事へのトラックバック一覧です: 雑草取り:

« ルエリア・サザンスター&ダイエット途中経過 | トップページ | 斑入りヤブランとトレニア(夏すみれ) »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ