« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

ヴァンデ・グローブ(HT)と庭の花

Sdsc06649
ヴァンデ・グローブ(HTハイブリッドティーローズ)

大輪四季咲きでとても良い香りがします。

Sdsc06647 Sdsc06686

鮮やかなビタミンイエローとフリルとシャーリングの入った花弁が素敵

です。今回迎え入れた5種類のバラの中で、夫はこれが一番だと言い

ます。名前はフランスヴァンデをスタートとする単独無寄港世界一周

のヨットレースにちなんでつけられたそうです。

Sdsc06730

開花後4日目の写真。

Sdsc06799_3
開花してちょうど一週間、花びらの縁が少し赤く染まりました。

Sdsc06828
花びらが散る前に切り花にと思いましたが、花瓶に挿している間に

はまみらい(ピンクの花)の一輪とヴァンデ・グローブの一輪の花が

散ってしまいました。新しく伸びた茎の半分あたりで切ったのですが、

それほど長くなかったので、花瓶に頭をもたげている状態にcoldsweats01

しかし、どれも大輪のバラなので豪華です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Sdsc06285
ニオイバンマツリ(アメリカジャスミン)はブラジル南部原産のナス科

ブルンフェルシア属の植物で芳香のある花を付けます。咲き始めは紫

で中心に白い目を持ち、咲き進むに従い白い花になり、とても素敵です。

Sdsc06666
2年目のブラキカム

冬を越した葉はだらりと伸び、根元に少しと先端の方にしかついていな

かったのですが、思い切って剪定してみました。これからたくさん咲いて

くれると嬉しいです。

Sdsc06681_2

大好きなエキザカム

挿し芽にしようと思って一鉢冬越しさせましたが、待ち切れずに2鉢

買ってしまいました。冬越し株は剪定をするにしても先端の葉が少な

すぎます。もう少し株に元気が出てきてから、対策を考えましょう。

Sdsc06682
お花は接写した方が素敵ですね。と言っても私のカメラはそれほど接写

ができませんhappy02 エキザカムは西アジア原産・リンドウ科の常緑多年草

ですが、日本では常温で冬越しできないので、一年草として扱うことが多

いようです。光沢のある緑の葉と紫の小花がこんもりと咲いてとても可愛

いです。花は10月頃まで咲き、花期が長いのも魅力の一つです。

2013年5月29日 (水)

四季咲き中輪バラ・あおいと庭の花

Sdsc06234 

あおい(FLフロリバンダ四季咲き中輪)

木立性の「ラベンダーピノッキオ」と、切花品種との交配種。

作出は2008年日本のRose Farm Keijiによるそうです。

Sdsc06304

シックな色合いのとても素敵なバラ。微香があり、秋にはもっとシックな

パープリッシュ・ココア(どんな色でしょうcoldsweats01)の花を咲かせるそうです。

Sdsc06336
ブーケのようにこんもりと咲いています。

茎が長いので切り花にも重宝しそうです。
Sdsc06726

密集していたので真中のお花は取り去ったのですが、一本でこの大きさ。

とてもボリュウムがあります。移ろいゆく花色も素敵でしょうheart04

Sdsc06723_2

一番花が咲いて、12日目。花もちが良いのも魅力です。

そろそろ切り花で楽しもうと思います。

Sdsc06806

庭で15日楽しんだ後、切り花にしました。これで3本のバラです。

花瓶にさしている間に、花びらが少し散りましたが、しばらくは楽しめ

そうです。鉢にはあと3本の花が咲いていますが、最初に咲いた3本

ほど、花のボリュームはありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Sdsc06170

すでに咲き終わりましたが、淡いピンクの芍薬が5月10日に咲きました。

この花は蕾はよくつくのですが花が開かなかったので、ずっと白花と思っ

ていました。一度はもういらないと、掘り上げて捨てたのですが、春にな

ると付近からまた芽が出てきました。その生命力の強さに負け、その後

掘り上げることはしませんでした。牡丹のように大きくて見事な芍薬でした。

Sdsc06343 Sdsc06605

2種類のアルストロメリア

左は20年前頃から育てている矮性種のアルストロメリア。一時は

45㎝のプランターいっぱいに咲きましたが、今はこれだけになりました。

右は4年前から育てている高さ30センチ位のアルストロメリア。

切り花に良いと思ったのですが、なかなか増えません。

Panelimg
ヒューケラの花左よりシナバーシルバー ストロベリースワール ティアレア・ピンクスカイロケット

昨年までは3種類を寄せ植えにしていましたが、ティアレア・ピンクスカ

イロケットが成長出来なくなったので、今年は一鉢ずつに分けました。

シナバーシルバーとストロベリースワールはより大きく成長し、ティアレア・

ピンクスカイロケットも株が回復してきました。大きくなりすぎた2種は

花後、株分けするつもりです。

Sdsc06367
雑草を増やすよりは良いと思い、日陰の木の下に植えているユキノ

シタですが、綺麗な花が咲きました。葉は天ぷらにして食べられるそう

ですので一度試してみたいと思います。

2013年5月27日 (月)

志野(FL)と庭の花

Sdsc06324 Sdsc06597

志野(フロリバンダFloribunda)は四季咲き中輪のバラ。花形は剣弁

高芯咲きで、花径は7㎝ぐらいあります。日本の河合伸志さんが

2005年に作出しました。枝が細めで弱弱しい感じがしたのですが、

それが特徴のようです。蕾から開花まで時間がかかり、左の蕾から

右の少し開花するまで4日間かかりました。

Sdsc06613
蕾から5日後、この位の時が綺麗かな・・・

Sdsc06645
そして蕾から1週間後がこの姿ですが、まだ中心が咲き切った感じが

しません。花色はラベンダー~薄茶色とタグに書かれていましたが、

今は極うすい紫色です。花色は季節や温度によって変化するのでしょ

うね。今後が楽しみです。濃厚な香りが何とも言えず好きです。

Sdsc06660 Sdsc06392

10年選手の蔓バラ・アンジェラ

コロンとしたお花が可愛いバラです。公園などで見ると枝いっぱいに花

が咲いてとても綺麗ですが、我が家はこの位の花が5~6か所にポツリ

ポツリと咲いただけです。鉢植えで育てていますが、無理があるので

しょうか。昨年近くの友人が私のブログを読んで、良い肥料を下さっ

のですが、あまり効果はなかったようです。ごめんなさいね。

ブログを始める2年前(7年前)頃、大きな鉢に植え替え、その時は沢山

咲いたのですが、それ以来植え替えていません。きっとそれが原因で

しょう。大鉢の植替えは大変ですが、冬が来たら頑張ってみましょうか。

Sdsc06635

名前のわからないミニバラ

長い間育てていますが、病気にもならず、毎年花を咲かせてくれます。

お値段もとても安かった気がしますが、覚えていません。気楽に育てら

れる、こんなバラも良いものです。

Sdsc06137 Sdsc06290

長女が4年生ごろ挿し木をして育てたバラなので、29年ぐらいたつ

思います。大きな木のバラで、濃厚でとても良い香りがします。

年々花数が少なくなったので、また挿し木で株を更新しようと思いま

が、鉢植えでは無理なようなので考えてしまいます。

Sdsc06327
4年目のゲラニウム・カンタブリエンセ・ビオコボ

Sdsc05525_2

花壇の縁どりの四季咲きナデシコ

Sdsc06743
2年目のナデシコなども、花の盛りは過ぎましたが咲いています。

 

2013年5月24日 (金)

ダナエと庭の花

昨年12月にサカタで求め、8号スリット鉢に植えダナエが開花しました。

タグにはバラ S  接木1年生 アプリコットイエロー 生産地:宮城県と 

しか書いてなかったので、ネットで検索したところ、ダナエはオールド

ローズ・ハイブリッドムスク種 。1913年にイギリスのペンバートン作出

の半つる性のバラであることがわかりました。

ダナエとはギリシャ神話に出てくる美女の名前だそうです。

Sdsc06296
どんなバラが咲くのかしら・・・

蕾を見ているとワクワクします。

Sdsc06298 Sdsc06299

開花一日目はアプリコットイエロー・・・

二日目からはクリーム色に変わりました。

Sdsc06390

花色のグラデーションが素敵です。

花径は4センチ位。八重咲きで少し香りがします。

Sdsc06600_3

枝は細くしなやかで一枝に数輪が房になり咲きます。

半つる性で四季咲き性がつよい強健種で、短く切り詰めても開花

するようです。これなら鉢植えでも大丈夫かしら・・・

Sdsc06601

薔薇ノ木ニ
薔薇ノ花咲ク。

ナニゴトノ不思議ナケレド。

薔薇ノ花。
ナニゴトノ不思議ナケレド。

照リ極マレバ木ヨリコボルル。
光リコボルル。
 

昔覚えた白秋の詩を思い出しました。

Sdsc06176 Sdsc06689

オトメギキョウ(べルフラワー)とカンパニュラ・アルペンブルー

共にキキョウ科の常緑多年草で可憐な花姿に似合わず強健です。

我が家では吊り鉢で10年以上咲いています。当初アルペンブルーは

茎が長く、下垂して咲いていたのですが、今は短くベルフラワーと同じ

くらいの草丈で咲いています。

Sdsc06603

カンパニュラ・メディウム(キキョウ科  春まき二年草(秋まき一年草)・多年草)

今年は2鉢育てましたが、先に咲いた方は花が終わりました。

毎年前年の秋に小さな苗を買って育てていますが、今年は種をとって

みようと裏庭で待機させています。花を咲かせてもタネをつけさせなけ

ば夏越しして翌年も咲くことがあるそうなので、多分無理だとは思い

ますが、こちらの鉢は夏越しに挑戦してみようと思います。

Sdsc06356
開花4年目の黄花君子蘭(ヒガンバナ科・クンシラン属の多年草)

今年は管理が悪かったのか一茎から3輪のお花しか咲きませんでした。

Dsc043991_2

開花2年目ぐらいまではこのように咲いていたのですが、植替えを

一度もしていないので根が詰まっているのかもしれません。

今年こそ植え替えをしなくては・・・

2013年5月22日 (水)

日本フルハーフのバラと庭のサツキ

津久井城山ハイキングの帰り、バラの花で有名な厚木市の日本フルハーフ(株)

に寄り、工場の周りに植えられているバラを見てきました。この会社は輸送用

機器製造・販売の会社だそうですが、昭和59年3月「味気ない工場をばらの園

にし、働く従業員に潤いを」と、当時常務だった佐藤三樹三さんの発案と指導に

より、雪の降る中、社員8名の有志でばらの植栽をしたのが始まりだそうです。

[西門沿い]

Sdsc06564

Sdsc06567_2

Sdsc06538 Sdsc06568

㊧ポール仕立てのハンブルガー・フェニックスと㊨シュネービッチェン

Panelimg
西門沿いには大輪で香りの良いバラがフェンス仕立てにされています。

その数約100本。ポール仕立てのバラも所々にあり、美しさと甘い香りに酔い

しれ、うっとりと観賞させて頂きました。

Sdsc06572_3 Sdsc06589

工場の中にも花壇がありますが、19日(日)には一般公開されるとの張り紙が

貼ってありました。この日は従業員やその家族 の先行公開だったようです。

[正門沿い]

Sdsc06578 Sdsc06584

Sdsc06574_2

Sdsc06576 Sdsc06582

32のポール仕立ての大輪のバラも見事でしたが、小輪の花を枝いっぱいに

咲かせるシェラブローズに魅せられました。400種類1000本のバラを専門家

の手を借りず、専従の社員2名で管理されているそうですが、病気一つない

見事なバラを見て、ただただ感服しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[サツキ]

サツキはツツジの一種で、旧暦の皐月(5月)の頃に咲くことからサツキと

名付けられたそうです。花は大きなものから小さなものまで多種多様です。

杜鵑花(ほととぎす)が鳴く頃に 咲く花であることから 「杜鵑花」とも書くそうです。

日当たりの良いところに植えてあるものでも咲かない年がありますが、今年は

比較的たくさん咲いてくれて嬉しいです。

Sdsc06627

Sdsc06652_2

Panelimg

2013年5月20日 (月)

津久井城山ハイキングとルピナス

3月29日に津久井湖にお花見に行った時、ルピナスが植えられているのを見て、

開花したらぜひ見てみたいと思っていましたが、新聞で見頃を迎えているという

記事を読み、5月18日(土)に行ってきました。近くの城山にも登たいと思った

ので家を7時半過ぎに出ましたrvcardash(津久井湖までは車で約1時間かかります)

まずは水の苑地の駐車場に車を止めてルピナスをを見に行きました。

Sdsc06436 Sdsc06429

Sdsc06443

Sdsc06408_2 Sdsc06417

ルピナスはマメ科ルピナス属の総称で、花房が藤に似ており上に昇るように

ことから、ノボリフジとも言われています。土曜日でしたが朝早かったので人出

少なく、のんびりと観賞できました。見頃は今月いっぱいだそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次は城山ハイキングshoeshoe

ルピナスを1時間ほど観賞し、花の苑地の駐車場に車を止め、歩き始めました。

Sdsc04273 Sdsc06460_2

山の裾の斜面にある「桜の小道」までは、お花見に来た時歩きました。今日は

その先を歩きます。山頂まで登るルートはいくつかありますが、夫と私はちょっと

険しいコースを選びました。パンフレットも地図も持っていませんでしたが、全山

が神奈川県立公園となっており、標識もしっかりとしているので安心できます。

Sdsc06462_5
江川ヒノキ林が続きます。案内板の説明によるとこのヒノキは江戸時代末期に

江川太郎左衛門英龍という伊豆韮山の代官で、行政官や洋学者などさまざまな

分野で活躍した人物植林したもので、樹齢は約120年だそうです。

山道を歩いていると良い香りがするので、ヒノキの幹に鼻を近づけて匂いを嗅い

でみましたが特に匂いません。葉から香っているのでしょうかconfident

Sdsc06463 Sdsc06472

標高350メートルの山でも、むき出しの木の根や岩などがあり険しいですsweat01

(追記:城山の標高は375メートルでした)

Sdsc06481 Sdsc06487

水が枯れたことがない「宝ヶ池」と推定樹齢700年の「大杉」

歩き始めて誰とも会わなかったのですが、宝ヶ池で初めて80歳の女性と

そのお嬢さん夫婦にお会いしました。80歳の方は見た目はお若いのですが、

心臓が悪く、何度か手術をされたそうです。汗をふきふき、思ったより大変な

山だとおっしゃっていましたが、そのバイタリティには敬服しました。

Sdsc06498_2 Sdsc06493 Sdsc06492

南山頂の飯縄曲輪(いづなくるわ)の飯縄神社

実際は神社の後ろ側から登ってきました。神社の手前すぐ下にちょっとした

広場があったので、城山山頂かと思いましたが、残念・・・展望台でした。 

Sdsc06531_2 Sdsc06504

堀切を過ぎ、本城曲輪の登り口までくると山頂は目前です。

Sdsc06516 Sdsc06507

歩き始めて約1時間で山頂の本城跡に着きました。山頂には「築井(つくい)

古城記碑」の大きな石碑と説明板㊧や津久井城の歴史や津久井城の遺構を

説明した案内板㊨が立っていました。中央の小さな広場のようになっている所

が本丸のあった場所で、たくさんのアカタテハやクロアゲハ、アゲハチョウなど

が追かけっこをして遊んでいました。

Photo
山頂付近以外は鬱蒼とした森だったので、ほとんどお花は見られませんでし

たが、やっと薄紫のタツナミソウや蛇いちご等が見られるようになりました。

Sdsc06524
山頂から見た津久井湖

ベンチに腰掛けお茶とお菓子でティータイム。しばらく休んでから同じ道を帰り

ました。全行程約2時間。11時半頃には駐車場に戻りました。

2013年5月17日 (金)

バラの季節・はまみらい

昨年12月にサカタで求めたバラが次々と咲き始めました。

4月、5月は風の強い日が多く、大きく揺れるバラの木を見るたび、

しっかり根付いているだろうか。枯れはしないだろうか。等と心配の

連続でしたが、これで一安心です。

Sdsc06236

ハイブリッド・ティー(HT) はまみらい

12月中頃、地掘苗(新苗を冬まで路地で育てて掘り上げた大苗)を

8号スリット鉢に植え、育ててきました。

Sdsc06300_2

横浜開港150周年記念のバラです。

Sdsc06276

色はサーモンピンク、大輪の美しいバラで、とても強く良い香りがします。

四季咲きなので、冬までの間、何度か花を楽しめるでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Sdsc06275 Sdsc06183_2

コボレダネからのジキタリスが庭のあちこちで咲いています。

左のサーモンピンクが6本、右のピンクが8本咲いていました。

大小様々ですがバラとよく合います。

Sdsc06384 Sdsc06387

こちらもコボレダネからのニゲラ。もとはブルーだけでしたが、今年は

白い花びらにブルーの縁取りがある花も咲きました。種を蒔いたのは

5年前の秋に一度だけ。翌年からコボレダネのみを育ててきました。

今年は花が少なくなったので、そろそろ種をとって蒔こうと思います。

Sdsc06370

こちらは10年以上前から育てているバラです。

名前はわかりませんが、四季咲きで色はサーモンピンクです。

Sdsc06280_2

はまみらいの蕾を見た時、もしや同じ花では、と思いましたが、

花の咲き方や大きさ、香りがまったく違いました。(こちらは香りナシ)

同じ花でなくて良かった・・・

2013年5月15日 (水)

多肉植物の花

カランコエはベンケイソウ科カランコエ属の非耐寒性多年草。

原産地はマダガスカル。葉が厚いので多肉植物に分類されます。

花期は冬ですが、お花屋さんでは一年中出回っていますね。

カラフルな花を見ていると元気になれます。

Sdsc05767 Sdsc05766 Sdsc05768

冬越しをしたカランコエ3種(橙、黄、赤)が開花しました。

Sdsc05419_2 Sdsc05801

こちらも冬越しをしたカランコエ。ベル型のお花が可愛いです。

Sdsc05391_3 Sdsc05393

Sdsc06208 Sdsc06209

Sdsc06213_3 Sdsc06220

この時期に咲く多肉の花はベンケイソウ科エケベリア属だと思い

ますが、名前がわかりません。小さな素朴な花ですが、よく見ると

味わいがある可愛いお花です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Sdsc06088
切り戻しをしたカルセオラリア・ミダスが再び咲きました。

プクプクとした袋状の花が、小さなスリッパのように見えます。

本来は多年草のようですが、暑さで絶えてしまうそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[毛虫の嫌いな方はスルーして下さい]

年の春は全体的にお花の咲く時期が早かったように思いましたが、

害虫の発生時期も早かったようです。5月に入ったばかりの頃、そろそ

ろ剪定をしようと椿を見ていると、すでにチャドクガが発生していました。

Sdsc06015
これは5月3日の写真です。まだ卵から孵ってそれほど時間が経過し

ていないようです。毎日毎日椿の葉を見つめ、今までで8回このよう

な状態のチャドクガを退治しました。こんなに大量に発生したのは初

めてですが、小さいうちに見つけられよかったです。

2013年5月13日 (月)

母の日とカーネーション

息子の家でトイプードルを飼い始めました。

迎え入れてから2週間たち、だいぶ慣れてきたようなので

昨日見せて貰いに行ってきました。

Sdsc06262

名前はクウ。2カ月半の男の子です。

子供が大好きでK君にとてもよくなついています。

現在体重2㎏、我が家のクッキー(11㎏)に比べるととても軽いです。

良く食べ、良く寝、よく遊び健康そのものです。

Sdsc06265

昨日は母の日でもあり、息子家族と夕飯を共にし、楽しいひと時を

過ごしてきました。お嫁さんのお母さんは大阪出身。お母さんの美味

しいお好み焼きを食べて育ったせいか、お嫁さんの作るお好み焼き

はピカイチです。食後はwiiやウノをして遊び、9時に家に帰りました。

Sdsc06271
プレゼントに急須を頂きました。ありがとう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日にちが前後しますが、土曜日は法事があり都内まで出掛けてい

ました。家に帰ったのは3時半過ぎ。娘からの宅急便の不在票が

ポストに入っていたので担当者に電話すると、7時頃荷物を届けて

れました。

Sdsc06192_2 Sdsc06274_2


大きな段ボールの中に入っていたのはカーネーションの花束と

Sdsc06191_2

大好きなバームクーヘン。Tさん、Mちゃん、ありがとう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

母の日の定番といえばカーネーションですが、カーネーションを母の日

に贈る習慣は、20世紀の初めにアメリカで始まったそうです。当初は

ある女性が、亡くなった母の追悼の意を込めて教会で白いカーネーシ

ョンを配ったのが始まりで、そのことが人々の感銘を呼び、その後5月

の第2日曜日が 「母の日」に制定され、「母の日」に母に感謝を込めて

カーネーションを贈るという風習が、定着するようになったそうです。 

原産地は地中海沿岸。カーネーションはナデシコ科の多年草で花色

は赤、白、ピンクの他にも、黄色、複色、紫などがあり、大輪種からコン

パクトな矮性種まで、多種多様な品種が作り出されています。

Sdsc06242
我が家で2011年12月から育てているガーデンカーネーション・サン

 フロール・ビアンカはコンパクトな矮性種。草丈は20㎝位です。寒さに

強く冬でも庭で過ごせます。まだ一度も植え替えていませんが、今年

も沢山の花を咲かせてくれました。

Sdsc06134_3
シックなワインレッドの花色に、清楚な白の縁取りが入る品種です。

咲き終わったあと1/3に切り戻すと、わき芽が伸びて再び開花します。

Sdsc06248_2

こちらは2011年12月から育てている ハイカラ乙女なでしこディワリ

ナデシコと名前はついていますが、ガーデンカーネーション・ビアンカと

性質はまったく同じです。生産者によって名前の付け方が違っている

だけなのでしょうね。一株だけなので寄せ植えに使っていますが、

挿し芽で増やせたら良いな~と思っています。

2013年5月12日 (日)

マーガレット

マーガレットはカナリア諸島原産の多年草で、17世紀末ヨーロッパに持

ち込まれ、日本には明治末期に渡来。大正時代に房総半島での露地

栽培の成功以来、切り花用として他の地域でも幅広く作られるように

なり、昭和に入ってから様々な色や品種が出回るようになったそうです。

Sdsc05276
マーガレットと言えば白花、清楚で素朴な花が美しいですね。トール

ペインティングでは最初に白いマーガレットを教えていただきましたが、

マーガレット好きな私はこれだけで十分と思ってしまいました。2008年

の秋に挿し芽で育てたものなので、幹が木質化しています。そろそろ

挿し芽をして株を更新するか、思いきった剪定をしようと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Sdsc05859
マーガレット・サッシーピンクは昨年の秋に挿し芽をしましたが、あまり

大きくなりませんでした。親株は5年経ちましたが、鉢から抜けなくなり

庭の隅で少しだけお花を咲かせています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Sdsc05347
これは3年目のマーガレット・ファンシースィート

咲き始めはこれより花色が薄いです。幹は木質化し、伸びましたが、

上から写すとあまり気になりませんねhappy02

Sdsc05781
マーガレット・赤ずきんちゃんも3年目。

2007ジャパンフラワー&ガーデニングショーの人気投票で2位を獲得

したお花だそうですが、ロングライフのお花は嬉しいものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Sdsc05804
プランターに3株ずつ植えたピンクの八重のマーガレットと黄色のムーン

ライトは2年目。3年前に鉢植えのムーンライトを買った時は夏を越せな

かったので嬉しいです。八重のマーガレットには塀の上に置いた鉢植え

が強風の日に落ちてきて、大分枝が折れましたweep

Sdsc05407 Sdsc04644

共に2年目のエンジェリックホワイトとキューティーマイス

エンジェリックホワイトは白い八重のマーガレットです。昨年求めた

マーガレットではモリンバが夏を越せずお☆様になりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Sdsc06132 Sdsc06126

いよいよ1年目、昨年の暮れから今年の春に求めたマーガレットに

なります.左はキューティーマイス。昨年10月末に寄せ植え用として

求めました。隣に植えたシロタエギクがマーガレットの高さを超えて

しまいました。どうにかしないといけませんね。一昨年求めたものと

重なってしまいました。右は今年4月初めに、寄せ植え用に求めた

黄色い八重のマーガレットです。

Sdsc05809

4月中頃、ポット苗を3つ買ってプランターに植えたのですが、よく見る

と3年前のマーガレット・ファンシースィートと同じようです。マーガレット

は大好きなので幾つあっても嬉しいです。ブログを始めてマーガレット

はたくさん求めましたが、2年目を迎えられないものも多々ありました。

ブログを始めてから、夏を越せなかったマーガレットは9種13株あり

ました。(記事一覧から「マーガレット」を検索して探しました)

2013年5月11日 (土)

5月4日の庭

Sdsc06005 Sdsc06006

前庭                              (写真はクリックすると拡大します) 

家を建てた当時は今の花壇の南側、写真では上1/3あたりまでに、

ミニモクレン、オオデマリ、モミジ、白のアメリカハナミズキ、小梅、丸く

刈り込んだツゲやサツキ等が植えられ、残りは芝生で覆われていまし

たが、子供達が中学生になり、庭で殆ど遊ばなくなってから庭木を処分

し、花壇にしました。歳を重ねてくると当時の日本風の庭が懐かしくな

ることがありますが、今しばらくはお花を楽しみたいと思っています。

Sdsc05950
この一角に咲いているのは花壇の縁どりに四季咲きナデシコ、オレン

ジ色のパンジー、シラーベルビアーナ、ミヤコワスレ、ゲラニウム等

ですが、余ったから植えたオレンジのパンジーは失敗でした。

もっと色を選んで植えれば良かったです。四季咲きナデシコは植えて

7年目になりますが、ピンクの色がちょっと強すぎるので、他のお花に

替えたいのですが、元気よく毎年咲いてくれるのでできません。

Sdsc05797

前庭・東は鉢植えが並び足の踏み場がなくなりましたhappy02

Sdsc06011 Sdsc05995

玄関から庭に続くアプローチ

冬は霜がめったに降りず、夏の日差しは遮るので暑さ、寒さ、強光等

弱い鉢植えを並べて楽しんでいます。

Sdsc05770
外回りのコーナー

少し勾配があります。今年はハンギングを簡単にし、パンジーやビオラ

は一色植えのみとしました。プランターの花はシレネ・ペンデュラです。

玄関は前回御紹介した様子と殆ど変りないので省きました。

Photo_5 Photo_4

写真右のシレネは内側がシレネ・ペンデュラ、外側がシレネ・ピンククラウドです。


2013年5月10日 (金)

フクシア

Sdsc05685
フクシアはアカバナ科の常緑低木。原産地は中央~南アメリカ。

その優美な優美な姿から、古代インカでは「女王様の耳飾り」と呼ばれ

たそうです。

Sdsc05684
花には、一重・半八重・八重など、色々あるようです。

夏の暑さにはやや弱いようですが、集めてみたいお花の一つです。

Sdsc05762 Sdsc05943

㊧ゲラニウム・サンギネウム

2010年2月に種まきをして育てました。開花は翌年春から・・・

この間、2回も植え替えたので、株はなかなか大きくなれません。

㊨ゲラニウム・カンタブリエンセ・ビオコボ

開花4年目。葉を触ると柑橘系の香りがし、地下茎が出てよく増えます。

反り返った花びらが可愛いです。

Sdsc06114

4月の初めにリメイクしたエレモフィラニベアの寄せ植え。

リメイクは宿根ネメシアを黄色マーガレットに替えただけですが、

マツムシソウやハイカラ乙女なでしこディワリも草丈を伸ばし、

こんもりとまとまって再び咲いてくれました。

Photo

ゼラニウムは手入れをする間もなく開花を迎えてしまいました。

本当なら花の咲く前に剪定をして、綺麗な葉の中で花を咲かせて

あげたかったのですが・・・剪定は7月頃にずれ込みそうです。

2013年5月 9日 (木)

デンドロビウムと庭の花

デンドロビウムは冬を彩る鮮やかな鉢花ですが、温室のない

家庭で育てる場合は開花が遅れ、4月から5月になります。

我が家のデンドロもやっと咲き揃いました。

Sdsc06077_2 Sdsc06022_2

Sdsc06075_3 Sdsc06021_2

㊧セカンドラブ 'トキメキ'  ㊨アサヒ

Sdsc06041_2

サンタナ・キャナリー

Sdsc06053

セッコクとフレデリックシアナムの交配種。

育て始めて3年目になります。

黄色の小輪花で香り、花付きが良く、育てやすい品種です。

Sdsc06030_2 Sdsc06099

㊧マイヒメビューティー ㊨サクラガリ

共に古くから育てている品種ですが、今年はあまり咲きませんでた。

Sdsc06101

Sdsc05832
キングアナム2種

Sdsc05830_2

キンギアナムはもデンドロビウムの仲間で、原産地がオーストラリア

非耐寒性多年草です。寒さには強く、霜に当てなければ育ちまます。

特有の芳香をもち、可愛い小輪花を咲かせます。白花は25年ぐらい

に夫が友人から頂き、育て始めました。これはその株から高芽を

とって育てたものですが、元の株は大きすぎて手に負えなくなりました。

ピンクの花も大分昔に買い求めました。こちらも株が大きくなり、放任

状態なので、花数が極端に少なくなりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Sdsc05654 Sdsc06095

㊧ラベンダー・アボンビュー 

㊨ラベンダー・ストエカス 共に育て初めて2年目のラベンダーです。

あと咲いていないのはデンタータだけ・・・

我が家のラベンダーは8種類ありました。

Sdsc05224 Sdsc027641

シラーカンパニュラータ

6年前、実家より小さな苗を譲り受けました。一昨年は右のように

たくさん咲いたのですが、植え替えをさぼっているうち、数本しか

咲かなくなりました。今年こそ球根を掘り上げようと思います。

お花は大分前に咲き終わりましたが、せっかく咲いてくれたので

ご褒美のアップです。

Sdsc05527_2 Sdsc05792_3

シラーベルビアーナ

小さな青い星を沢山ちりばめたような大きな花です。2009年秋、

畑のお友達から6株頂き、1年目は1輪、2年目は6輪、3年目は7輪、

そして今年は5輪のお花が咲きました。お花が少なくなったのは球根

が小さくなったのでしょう。そろそろ植え替えが必要かもしれません。

Sdsc06104_2 Sdsc05807 Sdsc06019

ヒメヒオウギ

小さな可愛い花が次から次へと咲きます。2009年6月、友ブログの

ミミさんから球根を頂き、育て始めました。今年は4月になっても霜の

降りる日があり、せっかく出ていた葉が大分枯れました。

我が家は小鉢で育てていますが、5~6号鉢で2~3年つくり込んで

大株に仕立てると、花数がふえて豪華になるそうです。

Sdsc06223 Sdsc06111

㊧花が咲き終わったシクラメンを外に出し、水やりだけしていたら

お花咲き始めました。柿の木の木陰でポツリポツリと咲いています

㊨季節外れの大文字草

               (最後までご覧いただきありがとうございました)

 

2013年5月 8日 (水)

デンドロビウム・セカンドラブ・トキメキと庭の花

Sdsc05707
デンドロビウム・セカンドラブ・トキメキ                           2013/04/30

Sdsc05640
花びらの先がほんのりピンク色に染まって可愛いです。 2013/04/30 

Panelimg
高芽からお花が咲いていたので親株から離して小さな鉢に植えました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Sdsc05543
ラベンダーとビオラの寄せ植え                  2013/04/27

[材料]

ラベンダーシフォン花うさぎ①・・・・・・・・・・使い回し3年目  

ラベンダー・ブルーベリーラッフルズ①・・・使い回し3年目

サルビア・スペルバ・ボルドー・ブルー①  ビオラ②  バコバ①

寄せ植えのラベンダーは2011年2月9日に購入したハルディンの

ポット苗4種のうちの2種です。

Sdsc02693

この2種はその年の秋にすぐに寄せ植えにしました。この時の

ラベンダーは夏の暑さでけっこう弱っています。    2011/11/27

Sdsc01096 Sdsc01114

残りの2種のラベンダーのうち、シフォン・リトルパープル㊧はその

まま鉢植えで残し、ほとんど枯れてしまったシフォン・リトルピンク㊨

は処分しました。                           2011/03/30

Sdsc05775 Sdsc05772

鉢植えにしたままのラベンダーシフォン・リトルパープルの現在はこ

んな状態。寄せ植えにした方が株が大きく元気です。寄せ植えにす

ると年に1~2度位はラベンダー以外のお花を植え替えし、新しい土

を追加したり、肥料等を与えるので、一鉢で植えっぱなしのラベンダ

ーよりは状態が良いのかもしれません。少し手をかけてあげなけれ

ばと反省しました。                        2013/05/02            

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Sdsc05177
クリスマスローズと斑入りアシュガの寄せ植え        2013/04/27

クリスマスローズの花が咲いている頃、写せば良かったですねhappy02

Sdsc05554
ネモフィラブルーの単植寄せ植え                 2013/04/27

3月中頃、プランターに3ポット植えました。

Sdsc05469
ミヤコワスレ・濃い紫                          2013/04/25

Sdsc05813_5

薄い紫の ミヤコワスレは雑草のようにふえるのですが、こちらは年々

絶えて行くので鉢植えにし、保護することにしました。   2013/05/02

Sdsc04818
姫小菊・クールホワイト                                2013/04/15

2013年5月 6日 (月)

甘い香りに包まれて

羽衣ジャスミンが満開を迎えました。

朝、雨戸をあけると甘い香りを届けてくれ、幸せな気分にしてくれます。

Sdsc06013_3
お隣との境に咲いています。  

生育がすこぶる旺盛で、3年の間にあっという間に増えました。

Sdsc05808
道路側から覘いてみました

純白の花がとても綺麗です。                                       2013/05/02

Sdsc05662

伊予柑の花も咲きました。 

こちらも羽衣ジャスミンに負けないくらい良い香りがします。

Sdsc05855

枝いっぱいに花を咲かせました。             

今年はたくさんの実が収穫できそうです。            2013/05/02                        

Sdsc05869

デルフィニウム・ブルーキャンドル

早生八重咲き品種で、1m40cm位あります。昨年の秋小さな4連

ポットの苗を求めて、プランターに植えました。本来は多年草ですが、

高温多湿の気候には弱いので、一年草として扱います。2013/05/03

Sdsc05536

こんなに綺麗なブルーは初めて見ました。あまり種は採らない方です

が、この花の種だけは絶対に採ろうと思いました。     2013/04/27         

Sdsc05670
シランがひっそりと咲いています。                                2013/04/30

Sdsc05671

車庫の横、通りからも庭からもあまり目につきませんが、

凛と咲いています。                                                   2013/04/30

Sdsc05878 Sdsc05886

フェンス際に植えたシラン。

数年前から白いシランが1本だけ咲くようになりました。

清楚で素敵です。                                                        2013/05/03

Sdsc05190
                                                                               2013/04/19

Sdsc06092

                                                                                         2013/05/03

ジャーマンアイリスの一番花

2013年5月 5日 (日)

アップ忘れ写真いろいろ

Sdsc03174

1ポット78円というお安さに惹かれて求めたサイネリア。2013/03/07camera

Sdsc05863
切り戻し後、倍位の大きさになって2度目の花が咲きました。 

                                    2013/04/28camera    

Sdsc03667_2

Sdsc03697
上の写真は購入したプリムラ・マラコイデス。これで1ポットです。

下の写真はコボレダネを植えたもの。昨年はコボレダネから良い苗が

出来ず、庭に植えこんだのも遅かったため、冬の寒さで根が張れず、

大株に育ちませんでした。今はお花もほどんど散り寂しくなりました。

                                どちらも2013/03/07camera

Sdsc04609
オキザリス・バビアビリス・ローズ               2013/04/08camera
Sdsc04666

リビングストンデージー                     2013/04/09camera

白、クリーム色とピンクの3色をプランターに植えました。日当たりの

悪い場所に置いたため、思ったより株が大きくなりませんでした。

Sdsc03253
門扉近くのサイネリアとシクラメン               2013/03/07camera

シクラメンは今でもおなじ場所で咲いています。

Sdsc05178
小さなサイネリア3つは枯れましたが、右側の薄いブルー大きな一鉢は

切り戻しをしたところ、2度目の花が咲きました。     2013/04/18camera

Sdsc04651 Sdsc04719

すみれ                                2013/04/09camera    

宿根ネメシア・アレンジラベンダー              2013/04/11camera

Sdsc05298

Sdsc05687

Sdsc05614

Sdsc05866

パンジーの寄せ植え                      2013/04/18camera

Sdsc03264_2
ビオラの寄せ植え(before)

ビオラ②  レースラベンダ-① バコバ①         2013/03/07camera              

Sdsc05826_3
ビオラの寄せ植え(after)                                           2013/05/02camera

Sdsc05309_4

Sdsc05819

パンジー・ビオラのハンギング                2013/04/18camera

Panelimg
黄色・オレンジの花

上段左より : リビングストンデージー 多肉・ルビーネックレスの花 

          マーガレット・ムーンライト

下段左より : 金盞花の寄せ植え フリージャ

Sdsc05095

玄関周り                            2013/04/18camera 

 

2013年5月 3日 (金)

デンドロビウム・スプリングカラー・グリーンスリーブスと庭の花

Sdsc05594
デンドロビウム・スプリングカラー・グリーンスリーブス

Sdsc05563
Sdsc05916
育て始めて3年目。花付きの良いデンドロビウムで、毎年よく咲いて

くれます。純白の花びらの中心部に黄緑色が入り、清楚で美しい花です。

Sdsc05932 Sdsc05928

高芽が3本あったので小さな鉢に植えておきました。   2013/04/27camera

Sdsc05617
君子蘭が咲き始めました。                  2013/04/29camera

Sdsc05740_2

今年も昨年同様、種をつけさせてしまったので少し花数が少ないです。

                                                                           2013/04/30camera

Sdsc05735

しかし、花は大きくて綺麗です。                                2013/04/30camera

Sdsc03563 Sdsc05729

3月17日に植えたナスタチウムの寄せ植えが、4月30日なってもまだ

こんなに元気に咲いています。嬉しくて何度もアップしてしまいましたhappy02

Sdsc05610_2 Sdsc05611

ロベリア(左)とゴールドコイン(右)の寄せ植えも元気で長く咲いくれ

ると、嬉しいんですけどねぇ~・・・                             2013/04/28camera

Sdsc05604

オーニソガラム・ウンベラタム①

オーニソガラム・ウンベラタムはオオアマナ(大甘菜)とかベツレヘム

の星と呼ばれるユリ科の球根植物です。         2013/04/27camera

Sdsc02558
花びらの外から見るとこんな感じ。花びらは雨や曇り日、夕方には閉じ

ますが、それもなかなか可愛いものです。(写真は2010/04/27のもの)

Sdsc02738_2

5年前の4月29日、実家の庭から↑一株だけ頂いてきて育て始めた

のがきっかけ。その頃は母は 88歳、まだ元気でした。

Sdsc05603_2
一度鉢増し、昨年初めて球根を掘り上げました。この10号鉢だけで

収まりきれず、①の6号鉢にも植えるほど増えました。 2013/04/27camera

 

2013年5月 1日 (水)

ミニ胡蝶蘭が咲きました

Sdsc03483         

            2年前の母の日に息子からプレゼントされた胡蝶蘭   

2010/05/15から3ヵ月ぐらい開花していました。花後は夏ミカンの

木に吊るし(木陰になる場所)、11月頃から室内に取り込み、居間の

ピアノの上で管理していたのですが、昨年の11月1日からは居間で

なく、2階の私の部屋で過ごすようになりました。

Sdsc01148

その時、花茎のわき芽から高芽が出来ているのを発見。

植え付け適期でないのでそのままにしておきました。   camera2012/11/01

Sdsc04362_2
私の部屋は夜遅くまで暖房して暖かいので休眠せず、
生育していた

ようです。2つの親株から4本の花茎ができ、蕾が膨らみ始めました。 

                                    camera2013/03/31

Sdsc04753
3年ぶり、初めて開花に感激。                                  camera2013/04/13 

Sdsc05506_3 Sdsc05503

一番花が萎まないうちに記念撮影                            camera2013/04/26 

Sdsc05593_2
落ちていた高芽を植え付けました。今までだったらこのくらい葉に皺

が入ると株を処分していましたが、駄目もとで植えてみました。お花

が咲き終わったら親株も高芽も植替えです。        camera2013/04/27 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Sdsc05755
名前はわかりませんがスノーフレークレッドスターの花を小さくしたような

可愛いデンドロビウムが咲きました。             camera2013/04/30

Sdsc05910
根で鉢が詰まっているようです。今年こそ植替えをしないといけないの

ですが、なかなかの力仕事で、ついつい先延ばしにしてしてしまいます。

                                     camera2013/04/30

Sdsc05162

クリーピングタイムヨーロッパに広く分布する種で、ワイルドタイムとも

呼ばれています。花色は薄いピンク。枝の先端はあまり立ち上がらずに、

這うように広がります。                     camera2013/04/18

Sdsc05497

3~4年前これと斑入り種の2種のクリーピングタイムをプランター

に植えましたが、斑入り種だけ絶えてしまいました。花の終わった後

軽く刈り込んでいますが、プランターでなく、広い場所に植えたい

ハーブです。                           camera2013/04/25

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Sdsc05629
4月は息子とお嫁さんの誕生月

いつものお店でしゃぶしゃぶを食べてお祝いしました。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ