« 春の香りがいっぱい | トップページ | 孫の入学写真 »

2013年4月22日 (月)

可愛いキク科の花

Sdsc04774
                                                                                       2013/04/13camera

Sdsc05282
                                                                                       2013/04/20camera

オステオスペルマムは南アフリカ原産・キク科の宿根草ですが、私は秋

に挿し芽をして株を更新しています。挿し穂は鉢に直接挿すので、植替

えの手間もありません。発根率は非常に良く、ほぼ100%です。肥料は

春になってから液肥を時々与える程度です。大株にはなりませんが、

姿が乱れず毎年綺麗なお花を楽しむことが出来ます。

Sdsc05145
                                                                                        2013/04/18camera

Sdsc05237_2
                                                                                       2013/04/10camera

ミヤコワスレは日本原産・キク科の宿根草で、九州に自生するミヤマ

ヨメナの園芸品種です。野菊に似た清楚な花が好きで昔は4種類育て

ていましたが、ピンクは数年で絶えてしまいました。この薄紫と白の他

に濃紫もありますが、今にも絶えそうなので場所を移さなければと思っ

います。薄紫はとても丈夫でどんどん増えます。

Sdsc04848
                                                                                       2013/04/15camera

一株だけですがモモイロタンポポがコボレダネから咲きました。こんなに

可愛い花を見る種、を蒔いておけばよかったかしらと、ちょっと悔やま

れます。こちらもキク科ですが一年草です。

Sdsc04644

Sdsc04649_4
                                       2013/04/09camera

2年目のマーガレット・キューティーマイス

大好きなマーガレットもカナリア諸島原産のキク科・半耐寒性多年草で、

オステオスペルマムのように簡単に挿し芽で増やせます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おまけ

Sdsc04841 Sdsc04838

                                                                                     2013/04/15camera

2年目のガーデンシクラメン。昨年の寄せ植えの鉢に植えたままで、

何もしていないのですが嬉しいです。

Sdsc04396

Sdsc05129

 Sdsc05129_3

                                        2013/04/18camera

アニソドンテア

南アフリカ原産のアオイ科・常緑低木です。一日花で一つの花は

大きくありませんが、次々と沢山の花が咲いて綺麗です。

« 春の香りがいっぱい | トップページ | 孫の入学写真 »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

hiroさん おはようございますcat
オステオスベルマムは挿し芽をされるそうですが
大きく育ちすぎると乱れるので良いアイディアですね。
ミヤコワスレは素朴ですが私も好きな花です。
桃色タンポポは私も1度種を貰って蒔いたのですが
今はありません。可愛いですね。
マーガレットも色々な種類をお持ちでしたね。
シクラメンは遅くから咲き始めるのでいつまでも楽しめますね。
私の家のもまだ綺麗に咲いています。


昨日、隣保班の花見があってそこでセリの散らし寿司がありました。
とても懐かしく美味しく香りが良かったです。
私の子供の頃には大村寿司にはフキを入れていました。
田んぼの畔もコンクリートしてある所が多く、今ではセリも少ないようですが
探しに行って作ってみようと思っています。

catミミさん、こんばんは~♪
オステオスベルマムは花後思い切って切り詰めると
翌年は大株に育つらしいのですが、それでも下葉が
落ち、茎が伸びてだらしなくなるので、
挿し芽で育てています。春に一度摘芯をすると
わき芽が沢山出るのかもしれませんが、
まだしたことはありません。
都忘れは切り花にしても綺麗ですね。
最初は5株ぐらい植えたのですが、どんどん増え
他の花を植える場所が、毎年狭まっています。
ガーデンシクラメンは思ったよりお花が沢山咲いて
くれて嬉しいです。

catミミさんへ
フキはこちらでも散らし寿司に入れますが
セリの散らし寿司はまだ食べたことがありません。
ミツバは香りが良いので、よくトッピングしますが、
セリもそんな感じなのかもしれませんね。

ここに引越してきた当時、田んぼの畔でセリを摘んでいる
人を見かけたことがありますが、
セリによく似た葉で食べられないのがあると聞いたので
間違えるといけないと思い採りに行きませんでした。
Kさんのお宅のセリはどれを採っても大丈夫と聞き
安心して沢山摘んできましたhappy01

こんばんは!
「ももいろタンポポ」って何てかわいいんでしょう!
 オステオスベルマムは挿し芽をして形を整えられてるのですね。
 ミヤコワスレもかわいい花です。
 hiroさんのところへ伺うと思わず、これもあれも〜と
 かわいい花の名前を覚えていますが、
 マーガレットキューティーマイスもむずかしい名前ですが
 花はマーガレットなので、そんなかわいい名前がついているとは
 知りませんでした。

ryoさん、こんばんは~♪
モモイロタンポポ、可愛いでしょう♡
花後は次のお花を植えないといけないので、
種が出来ないうちに抜いておいたと思っていたのですが、
種がこぼれていたようです。小さな一株ですが、
可愛いお花を発見した時はとても嬉しかったです。
今年は種を採取して、秋になったら種まきをしようと思います。

最近は品種改良が進み、次々と新しいお花が出来るので
名前をつけるのでしょうね。覚えるのが大変ですhappy02

今晩は!
ミヤコワスレ>何か古典の世界に出てきそうなネーミングですね。
奥ゆかしさを感じるお花です。
写真を拝見して、いつも思うのですが、
お花にも葉っぱにも傷がなくてきれいですね。
我家にもガーデンシクラメンも幾株かありますが、
お花も葉もところどころ茶色になったり・・・
手入れと愛情が足りないのでしょう。

ホント!可愛いです。
どれもこれも春の花、明るく咲いてますHiroさんち。
コボレダネと言えば…、
フユシラズ、トレニア、ノースポール、ポーチュラカ…
「後、何があった?」と側の我が奥さまに^^)、我が家も結構独り生え。

嬉しですよね、ガーデンシクラメン。
おまけにしては、素敵です。

Reiさん、おはようございます♪
ミヤコワスレは茶花にも利用され昔から親しまれてきたようです。
沢山咲いても静かで落ち着いた風情が素敵です。
お花や葉が茶色になるのは冬の寒さで傷んだものだと思います。
我が家にもそのようになった植物は沢山ありますが、
このガーデンシクラメンは寒さを防げる良い場所に
植えられており、ラッキーでした。

shizuoさん、おはようございます♪
コボレダネからのお花は嬉しいものですね。
shizuoさんのお宅でも沢山のお花をコボレダネ
から楽しまれたようですね。

2年目のガーデンシクラメンは自然開花なので
開花時期が遅いですが、今回は花数も多く綺麗でした。
ゴールドクレストとラベンダーとガーデンシクラメンと一緒に
植えた寄せ植えだったので植替えもせずそのままに
しておきましたが、ラッキーでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508194/57222356

この記事へのトラックバック一覧です: 可愛いキク科の花:

« 春の香りがいっぱい | トップページ | 孫の入学写真 »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ