« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

多肉植物の寄せ植え

間延びした多肉植物をカットして寄せ植えを作りました。

Sdsc02667
成長期にあたる春まで待って作ると、早く根が出るのでしょうね。

Sdsc02664

水やりは1週間後に少しだけ・・・

Sdsc02661_2
植え込み過ぎかしら・・・成長が楽しみですhappy01

Sdsc022911
2011年11月中旬、挿し穂を作った時取り除いた葉を土の上にのせ、

Sdsc02571
どれくらい発芽するか試してみましたが、結果はこれ(5種)だけでした。

Sdsc02594_3

やっと鉢上げしましたが、多肉の名前はわかりませんcoldsweats02

2013年1月29日 (火)

可愛い花~クモマグサとオキザリス

Sdsc02534
科名:ユキノシタ科

属名:サキシフラガ属

別名:セイヨウクモマグサ・雲間草

日本に自生する高山植物ではなく、ヨーロッパ原産の野生種から作られ

た園芸品種です。多年草ですが、夏の高温多湿に弱いので一年草として

割り切って育てたほうが良さそうです。毎年風通しがよく涼しい場所に置

き夏越しに挑戦していますが、まだ一度も夏を越せたことがありません。

Sdsc02540
草丈は10~20センチ、こんもりとまとまった株に、花径1~2センチの

5弁花を咲かせます。まだポット苗のままですが、もう少し暖かくなった

ら鉢植えの椿の根元にでも植えようと思っています。

Sdsc02647_2

オキザリス・桃の輝き

2008年秋にポット苗の開花株を一つ買って育て始めました。この間

絶えてしまったオキザリスもありますが、ボゥイと桃の輝きは球根も増え

毎年たくさんの花を咲かせてくれます。11月中頃から咲き始めました

が、お花の最盛期にブログにアップできなかったことが残念です。

Sdsc02650_3
オキザリス・パーシーカラー

桃の輝きより1ヶ月遅れて咲き始めました。葉は寒さでだいぶ色褪せ

ましたが、お花は今が最盛期かもしれません。育て始めて3年目、

一度も植え替えていませんが、少しずつでも球根は増えているようです。

Sdsc02645_4
オキザリス・サンラック

新入りさんです。紫の葉に魅せられて求めましたが、調べてみると

バビアビリスの仲間のようです。我が家にある4色のバビアビリス、

葉っぱばかり茂り、昨年からあまり咲かなくなりました。今年は白花が

一つ咲いただけです。これもそうなるのかしら。ちょっと心配です。

2013年1月26日 (土)

新年会ランチ

1月26日、英語サークルの仲間10名と新年会を開きました。

Sdsc02610
場所は藤沢市の隠れ里・車屋さん

純和風の落ち着いた佇まいです。

Sdsc02639
日本料理と鉄板焼きがありますが、この日は鉄板焼きのランチ。

中庭の日本庭園を眺めながら、禅零・カフェラウンジに移動しました。

Sc_zen31_3
こちらです (写真は車屋さんのHPよりお借りしました)

Sdsc02621 Sdsc02627

美味しそう!目が釘付けですeye

ステーキは北海道産牛フィレ肉、シーフードは鱈、帆立、海老。

4名がステーキ、6名がシーフードをセレクトしました。

Sdsc02617
前菜   

三崎産天然わらさのカルパチョ

青森県産帆立貝 コンテチーズとチョリソのフォンドル

トラウトサーモンの燻製とお野菜のマルブリュール

ベーコンと松の実のキッシュ

白ばい貝 ガーリックバター焼

Sdsc02620_2
マッシュルームのポタージュ

Sdsc02629_3
メインのシーフードはもちろんのこと、付け合わせの真昆布を細切り

したものは、バターソースとの相性も良く、とても美味しかった。

赤や黄のパプリカも彩りが綺麗で満足のいく一品でした。

Sdsc02633
デザート(アイスクリーム、アップルパイ、カフェラテ)は別室に移り、ゆったり

気分で頂きました。1月もそろそろ終わりですが、やっと自分のお正月

がきたような気がしました。

Sdsc02635 Sdsc02636

北大路魯山人の器や蒔絵の硯箱も素敵でした。

2013年1月24日 (木)

素敵な絵本~Owl Moon

最近は読書をしたり、ビデオを見たり、家の中で過ごすことが多くなり

ました。読書はここ数日の間に、水木怜さんの「短編小説集」

「平家物語」の現代語訳本、そして英語の勉強になればと、図書館で

借りてきた「Own Moon」を読みました。「着物のリフォーム」の本も数冊

借りたのですが、よくよく考えるとリフォームしても着そうもないので見る

けにしました。今日は素敵な絵本・Own Moonのご紹介です。

Sdsc02547
作:Jane Yolen(ジェイン・ヨーレン) 

挿し絵:John Schoenherr(ジョン・ショーエンヘール)

表紙は表と裏が繋がった一枚の絵になっています。詩のような文章

は心地よく、青を基調とした清らかで美しいイラストが素敵です。

Sdsc02548_2
これは冷たく静まりかえった冬の美しい月の夜、お父さんといっしょに

森にフクロウを探しに出かけた女の子のお話です。降り積もった雪を

踏みしめながら女の子は黙ってお父さんについて歩きます。

どこかで汽車が汽笛をならしています。長く低く、寂しい歌のように・・・

Sdsc02549

「ホッホ ホーウ ホーウ ホーウ」

お父さんはフクロウの鳴き声を真似て呼びかけます。

寒さで耳が痛くなったころ応答がありました。

Sdsc02550
大きなフラッシュライトをつけると、木の枝に止まったフクロウを見つけ

ました。「見つめあったのは1分間?3分間?100分間だったかしら」

フクロウに出会えた時の緊張感と喜びが伝わってきます。

大きな翼を動かして、音もなく影のように飛び去って行ったフクロウ。

大好きなお父さんとの思い出は、女の子の一生の宝物になるでしょう。

長いのでお時間のある方はどうぞ~

2013年1月20日 (日)

レ・ミゼラブルを観て

Images1
昨年12月28日から全国公開されたミュージカル映画「レ・ミゼラブル」を

きました。映画館までは徒歩で20分、これが今年のウオーキング初め

ともなりました。原作は ヴィクトル・ユーゴー。小学生のころ「ああ無情」と

いう子供向けの本を読みましたが、覚えているのは一切れのパンを盗ん

で長い間牢獄に入れられたことと、教会で一夜の宿を求め、銀の燭

盗み捕まったが、司教の慈悲によって救われたという逸話ぐらいでした。

1010086_011_5
上映時間は予告映画を含め2時間50分。お友達からインターミッション

がないと聞いていたので20分前には映画館につきましたが、残席は8席。

前の方の席しか空いていませんでした。土曜日ということもあり、若い

カップルから、シニアまで幅広い年代の方が観に来ていました。

135771689011413225122_miserable41
音楽は大好きですが、オペラやミュージカルはちょっと苦手なので

どうかと思いましたが、あっという間に引き込まれました。時代背景や

ストーリーも良く理解でき、クライマックスでは涙が止まりませんでした。

ジャンバルジャンの愛の深さと、若者が革命の中で次に続くものが

あることを信じて死んでいく姿は印象的でした。


アカデミー賞の前哨戦であるゴールデングローブ賞のミュージカル・コメ

ディ部門では作品賞、主演男優賞、助演女優賞の3部門で受賞を果たし

たそうです。とてもスケールが大きく感動的な、お勧めの映画です。

2013年1月17日 (木)

娘が帰って

Sdsc02522

娘と孫が帰り通常の生活に戻りました。飛行機は45分ほど遅れて出発

しましたが、無事に自宅に着いたという知らせを聞いてホッとしました。

夫婦二人の生活に戻ると家の中は静まり返り、少し寂しい気もしますが、

好きなことをしながら、また気ままな生活を続けて行こうと思います。

Sdsc02523
まず始めたのが読書。福岡市に在住の作家で「照葉樹・二期」を主

されているryoさんが刊行された「短編小説集」の中の「マリアの風」

読みました。マリアのように優しく、毅然としたヨシさん。小説を読ん

でいると、まるでテレビドラマを見ているように映像が目に浮かびます。

エンディングが素晴らしかった。最近は長篇小説を読むのがきつくな

ったので、毎日ちょっとした時間で読める短編小説やエッセイは私に

ぴったり。時間があれば評判の映画「レ・ミゼラブル」を見に行ったり、

年末年始にとりためたビデオを見たり、ウオーキング再開したいです。

Sdsc02384
枇杷の花 バラ科

Sdsc02381_3
実は初夏に生りますが、花は寒いこの時期に地味に咲いています。

Sdsc09357
2年前の6月の写真。昨年は強剪定しすぎて生りませんでした。

今年もこのようにたくさん生って欲しいものです。

2013年1月15日 (火)

初雪

1月14日・成人の日、関東地方に初雪が降りました。

降り始めは大きなぼた雪だったので、早く解けるだろうと思っていたので

すが午後になっても降りやまず、横浜では12年ぶりの大雪となりました。

Sdsc02511

                                                                     (2013/01/14 11:05)

雪は9時過ぎから降り始めました。10時前、夫が近くのスーパーに

買い物に行ってくれましたが、すでに駐車場は満車だったそうです。

11時頃からは15日に帰る娘の荷物を送るために、郵便局へ・・・

来る時は1つだった段ボールが2つに増えていました。

Sdsc02516_2 Sdsc02517

一夜あけて               (2013/01/15 07:00)

私の部屋の前のベランダから写しました。

道路は凍結し、時折通る車が凍った雪を踏みしめながら走る音が

ジャリジャリと聞こえます。娘を送るため駅まで車で行く予定でしたが、

雪用のタイヤもチェーンも準備していないので、タクシー会社に電話を

したところ、どこもいっぱいで断られました。10時頃のバスに乗る予定

ですが、多分時間どおりには来ないでしょう。航空便も昨日の運航中止

で、ダイヤが相当乱れているようです。午後2時の全日空便に搭乗す

る予定ですが、これも空港に行ってみないとどうなることかわかりません。

お婿さんは先週から海外に出張中で新千歳空港まで迎えに来られない

そうです。車は空港近くの駐車場に止めてあるので、それに乗って帰る

そうですが、家に着くまでが心配です。

これから私も羽田空港まで見送りに行ってきます。急がなくちゃsweat01

Sdsc02464 Sdsc02493

2013年1月12日 (土)

K君の誕生日

1月11日はお隣の市に住む孫・K君の9歳のお誕生日。

K君パパも早めに帰宅して、我が家でお誕生会を開きました。

3人の孫は兄妹のようにとっても仲良し。

いつもは静かに遊ぶことが多いKも、楽しくて仕方ない様子。

家中賑やかな子供の笑い声で溢れていました。

Sdsc02454

Sdsc02446_3

Sdsc02455
私は張りきってK君の好きなお料理を作りました。

エビマヨ、鶏のから揚げ、サーモンのカスパッチョ・・・

特に子供達に好評だったのは真中のオードブル。たこウインナは歳を

とったせいか、ゴマの目を入れるのにとても時間がかかりました。

クラッカーの上にのせたブルサンのフィグ&ナッツはレーズン・いちじく・

ナッツが入った、ほんのり甘い生クリームで、いつもはドライフルーツは

まったく食べないK君も、美味しかったらしくクラッカーを追加してたくさん

食べていました。

Sdsc02444
そうそう、栗おこわもありました。

大人5人、子供3人でヒジキの煮物を残してほぼ完食。作り甲斐があった

というものです。

Sp1020579

三学期は学級委員になったK君。野球や勉強、頑張ってね。

2013年1月10日 (木)

ボーリング

Sdsc02434
9日はボーリングに行きました。近頃はボールがガターに落ちない

キッズレーンや5本の指で持てるキッズボールもあり、小さな子供でも

ボーリングが楽しめるようです。お隣の市に住むいとこのK君からwiiを

借りてボーリングや卓球等のスポーツゲームをしていたKとMは本物の

ボーリングが出来るというので、前日からとても楽しみにしていました。

の日まで給食がないK君とボーリング場で2時に待ち合わせ。

参加者は孫3人・その母2人・そして私の6人です。

Sdsc02430

K君:野球少年、4月から4年生、力強いフォーム、きまってますね。

Sdsc02419

K:4月から1年生、まだまだボールが重たいようです。

Sdsc02435
Mちゃん:4月から幼稚園の年中さん、両手でヨイショ、頑張っています。

何と最高得点は私でした。といっても1ゲーム目62点、2ゲーム目が

134点、合計196点、お嫁さんとは1点差でした。

ボーリングは独身時代に何度かしたことがあるだけですが、100点以下

はとったことがなく、最初の62点はちょっとショックでした。

子供達はゲームでは易々と高得点が出るのに、実際はとても難しく、

思うようにできないので、最初は戸惑っていたようですが、とても楽しかっ

らしく、もっとやりたいとせがまれてしまいました。

Sdsc02436
ボーリングのあとはコストコに寄りお買い物をし、ついでに夕飯も買っ

て息子のマンションで食べて帰りました。夫は家で残り物のカレーですcoldsweats02

2013年1月 9日 (水)

寒川神社

8日はKとMが御宮参りをした寒川神社に行ってきました。

義母が昨年の5月に亡くなったので、控えようと思っていたのですが、

夫が娘や孫を連れて行ってやりたいというので、それならという気持ち

で行ってきました。思ったほどの混雑もなく、車は運よく神社の駐車場

に止めることが出来ました。喪中なので大鳥居はくぐらずに通用門か

入りました。私達は付添のようなものなので、お参りはしませんでし

が、5月を過ぎたらあらためてお参りに来ようと思っています。

Panelimg

娘や孫は普通に初詣をし、おみくじもひきました。大吉を引いたKは

大喜び。Mちゃんは小吉、娘は末吉でした。帰りは回転寿司店で昼食を

食べ、3時はお土産の伊勢名物の赤福に似た八福餅でお茶を飲みまし

た。Kは3個も食べ、24福が来るとはしゃいでいましたが、(八福餅の8と

3個の3をかけたようです)。Mは甘いから食べたくないと言って一つも

食べませんでした。面白い兄妹でしょう。

2013年1月 7日 (月)

春の七草粥

春の七草粥は万病を防ぎ家族の厄を払うと言われています。

子供達が育ちあがってからはセリやダイコン、カブなど、冷蔵庫の中の

お野菜でお粥を作っていましたが、孫のKに春の七草のことを

聞かれたので、久々に七草がすべて入ったをお粥を作りました。

Sdsc02348
上段左より セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベ

下段左より ホトケノザ、スズナ(カブ)、スズシロ(ダイコン)

これはパック詰めの七草セットのものですが、私が子供のころはスズナ、

スズシロを除けば、田圃や畑の畦道で手軽に手に入るものばかりでした。

Sdsc02352
大地にしっかりと根を張って春の訪れを待つ、野草の生命力をいただ

いたような気がました。今年も家族みんなが健康でありますように・・・

Sdsc02195_2 Sdsc02193_2 Sdsc02196_2

10月末頃に蕾の状態で求めた八重のカランコエが咲き、室内を明るく

してくれています。まるでミニバラのような華やかさです。

開花後に切り戻すと1~2ヵ月後に2番花が咲いてくれるそうですscissors

Sdsc02338

クリスマスの頃に純白だったクリスマスローズ・パウロの花びらが薄い

桃色から、さらに色濃く変化してきました。根元には白い蕾も見えますhappy01

Sdsc02343

シャコバサボテン・エバの一番花がやっと咲きました。育て始めて2年目。

寒さに弱いので、夜だけ玄関に取り込み、暖かい日中は外に置いていま

す。これからたくさんの花が咲きそうなので楽しみです。

2013年1月 4日 (金)

今年もどうぞよろしくお願いいたします

昨年5月に義母が亡くなり、喪中ですが、義父の時と同じように

年賀状、玄関のお飾り、鏡餅、初詣等は控えましたが、家族全員が

集まれるのは年に一度だけなので、新年会は例年の通り行いました。

Sdsc02336
驚いたのは一番年下のMちゃん(4歳)の成長ぶり・・・

今年はトランプでもウノでもお兄ちゃん達と対等に遊べるようなりました。

夕飯は久しぶりに美味しい夫の蕎麦をいただきました。

家族全員が元気で新しい年のスタートを切ることができ、何よりでした。

Photo_2

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ