« 坂東33観音札所24番・楽法寺 | トップページ | 久米美術館と新東京駅駅舎とちい散歩 »

2012年11月29日 (木)

坂東33観音札所25番・筑波山大御堂

楽法寺1:04=一般道=ホテル青木屋・昼食1:45~大御堂2:35~3:00

車窓から筑波山を眺めながら一般道を走ること22、4キロ。車は

筑波山中腹にある筑波山神社すぐ下のホテル青木屋に着きました。

ホテルで昼食後、筑波山神社を見学、大御堂を参拝しました。

Sdsc01560

茨城県つくば市筑波748-2

筑波山 大御堂 真言宗豊山派 

ご本尊 千手観世音菩薩

納経代 300円

延暦元年(782)徳一上人が開創し、弘法大師が十一面観音像を

んで安置して本尊とし、知足院中禅寺と号した。江戸時代には

徳川家の厚い庇護を受け、特に三代家光公は本堂を始め三重塔、

鐘楼、楼門等を建立。寺領1500石の寺格を有する大寺となり、

隆盛を極めた。現在は東京都文京区にある真言宗豊山派大本山、

護国寺の別院となっているそうです。

Sdsc01611

本堂

明治初期の廃仏毀釈の影響を受け、七堂伽藍は破壊され廃寺と

り、仁王門は筑波山神社の随神門になったそうです。その後昭和

5年に仮堂のみ再建されたが、昭和13年の山津波で倒壊。

現在の建物は、昭和36年に民家を移したものだそうです。

Sdsc01603
鐘楼

Sdsc01609
三笠宮両殿下御手植のヒマラヤ杉

Sdsc01606

境内の仏像

Sdsc01667_2 Sdsc01668

ご朱印とご詠歌

大御堂 かねは筑波の 峯にたて かた夕暮れに くにぞこひしき

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

筑波山神社

Sdsc01564

筑波山神社随神門

かつては大御堂の山門だったそうです。

Sdsc01566 Sdsc01568

左・倭建命(やまとたけるのみこと) 右・豊木入日子命(とよきいりひこのみこと)

仁王さまを見慣れているので、少し違和感を覚えました。

Sdsc01575
筑波山神社本殿

始まりは大御堂と一緒。延暦元年(782)に法相宗の僧・徳一により

筑波山知足院中禅寺が開かれたことから神仏習合がなされ、

筑波山は修験道の道場ともなった。明治維新後の神仏分離により

中禅寺は廃止され、明治8年寺の跡地に現・拝殿が造営された。

Panelimg

黄金色の銀杏が綺麗でした。中央は神橋。通常は渡橋が禁止され

ていますが、春秋の御座替祭・年越祭時のみ許されているそうです。

« 坂東33観音札所24番・楽法寺 | トップページ | 久米美術館と新東京駅駅舎とちい散歩 »

坂東三十三観音巡り」カテゴリの記事

コメント

今晩は!
筑波山神社、歴史の古い神社ですね。
それは山門からも感じられます。
今は紅葉、黄葉がきれいでしょう?
↓楽法寺の紅葉も見事ですね、

ご朱印帳はもうずいぶんたくさんになったでしょう?

Reiさん、こんばんは~♪

今はどこに行っても紅葉、とくに、銀杏が綺麗でした。
筑波山神社は歴史のある神社ですが、
廃仏毀釈の影響を受けたお寺を見ると
複雑な気持ちになりました。

ご朱印帳はあと5寺をお参りすると結願となります。
個人で周っている時はなかなか進みませんでしたが、
ツアーだとあっという間です。

hiroさん おはようございますcat
お寺や神社は秋は紅葉が綺麗なので参拝するにはいいですね。
筑波山神社の山門見事ですね。
ほんと、仁王様じゃないんですね。仏像、可愛いですね。
楽法寺の真っ赤な紅葉と朱色の仁王門や本堂がすばらしいですね。
私も失くしてはいませんがレンズキャップはよく探します。
紐で繋がっているのもあるようですけどね。
私はやはりコンデジが便利で軽いので旅行と散歩はコンデジを持って行きます。

catミミさん、こんばんは~♪

ちょうど紅葉の美しい頃に参拝出来て
良かったです。ツアーでなかったら写真もゆっくり
撮れてレンズキャップをなくすようなことは
なかったと思うのですが、残念でした。
やはり旅行に出かけた時は、荷物もあるので
コンデジが便利ですね。最初のコンデジは
調子が悪いので、値段が下がったら新しいのを
買いたいな~と思っています。

坂東33観音巡り、続いていますね
私はずーとご主人さまと一緒にお出かけかと
思っていましたが観音巡りはおひとりで行かれているのですね。
それも楽しいでしょうね
同じ目的で集まって来られる方ばかりなのでツアーの中には
顔見知りの方も多いのでしょうね
たくさんのお寺を拝観して歴史の勉強にもなりますね
筑波山神社は隋神門というのですね
りっぱな山門ですね
入口左右に立つ倭建命と豊木入日子命の像
本当に珍しいですね仁王像の他には見たことがありません
この日はお天気がよくてよいお参りができたことでしょう

chisayobaabaさん、こんにちは~♪

坂東33観音巡りは女性同士やご主人と
いらっしゃる方が多く、一人参加は少ないです。
でも隣に座った方とは目的が一緒なので、
お話はよく合います。
同じ出発地なので、前に隣の席に座った方
とお会いしたことも何度かありました。
ブログをする前もお友達とよくバスツアーに
行きましたが、おしゃべりに花が咲き、どこの道を
走っているのかもわからないうちに現地に
着いたりしましたが、一人参加だと地図を片手に
窓外の景色も楽しみながら行くので
地理の勉強にもなります。
明治時代の神仏分離令が出る前は神官より僧侶の
方が地位が高く、お寺も立派でしたが、逆転してしまいました。
倭建命と豊木入日子命の像は珍しかったですが
もともとお寺の山門なので、違和感がありました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508194/56192322

この記事へのトラックバック一覧です: 坂東33観音札所25番・筑波山大御堂:

« 坂東33観音札所24番・楽法寺 | トップページ | 久米美術館と新東京駅駅舎とちい散歩 »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ