« 息子の初マラソン | トップページ | 坂東33観音札所25番・筑波山大御堂 »

2012年11月28日 (水)

坂東33観音札所24番・楽法寺

楽法寺は標高408mの雨引山の中腹にあります。花のお寺として

有名で、4月上旬は約3000本の桜で山腹一帯がピンク色に染まり

「関東の吉野」と称されているそうです。

観世音寺出発11:17=一般道=楽法寺12:00~1:04(23.8km)

Sdsc01556

見事な紅葉。

ツアーの人に遅れないよう、歩きながら写真を撮りましたが、写真を

撮ることに夢中で、レンズのキャップを落としてしまいましたweep

茨城県桜川市元木市1

雨引山 楽法寺 真言宗豊山派 雨引観音

ご本尊 延命観世音菩薩

納経代 300円

Sdsc01522

楽法寺縁起↑

587年: (用明天皇2年)中国(梁)出身の法輪独守居士により創建。

730年: (天平年中)聖武天皇並びに光明皇后の御願によって安産を祈願し

       勅願寺となる。

821年: (弘仁12年)大旱魃(だいかんばつ)の際、嵯峨天皇からの勅命に

       より降雨祈願をし、その効験によって雨引山の山號を賜わる。

1604年:(慶長9年)江戸幕府の祈願寺として150石の封を得、十万石の格式

       に叙せられ、末寺43ヵ寺を統して幕末に及ぶ。 

Sdsc01507

仁王門(山門)   宝永年間 (1704~11年)の建築

Sdsc01509
仁王門・龍図

Sdsc01510

仁王門・彫刻と天女図
Sdsc01512
境内側から見た仁王門

Sdsc01517_2

本堂(観音堂)   宝永7年(1710)の再建

Sdsc01516
平成10年秋に屋根瓦の葺き替え、塗り替えをしたそうです

Sdsc01525
多宝塔   1853年(嘉永6年 )の建築

Page_2

写真は左上より、御供所、奥の院(客殿)、本坊。

右上より、多宝塔から続く渡り廊下、東照宮。他にも鐘楼堂等、いくつ

かの御堂があったようですが、時間が無くて周りきれませんでした。

Sdsc01535

Sdsc01532

Sdsc01532_2 Sdsc01547

放し飼いにされている鴨やアヒルたち。上の鶏は名古屋コーチンの

ようですね。心なごむ風景です。

Sdsc01513
宿借りの椎の大樹(推定樹齢1000年)

文明年間(1469~86)の大火で本堂炎上の際、本尊自らこの椎の

下に難を避け一時の宿にしたと伝えられているそうです。

Sdsc01665 Sdsc01666_2

ご朱印とご詠歌 

へだてなき 誓いをたれも 仰ぐべし 仏の道に 雨引の寺

« 息子の初マラソン | トップページ | 坂東33観音札所25番・筑波山大御堂 »

坂東三十三観音巡り」カテゴリの記事

コメント


hiroさん、おはようございます。
レンズキャップ残念でしたね。
あれは気をつけないとウッカリ無くしてしまいますよね。

仁王門など素晴らしい建造物ですね。
色がやけに鮮やかなのは
最近塗り替えられたのですね。納得です。
多宝塔の方が年代が新しいのに古く見えるのは、
色あいでしょうね。

ピースオレンジさん、こんばんは~♪

レンズキャップは近くの家電店から取り寄せることにしました。
旅行等の時は普通のコンデジの方がレンズキャップの
心配をしなくて済むので良いなと思いました。

茨城県のお寺は明治初年の神仏分離に伴う廃仏毀釈により姿を
を消したり大打撃を受けたお寺が多いのですが、
楽法寺は天皇家との関わりが深いので、その影響を
受けなかったようです。多宝塔は豪快で堂々たるものでした。

hiroさん、ご無沙汰いたしました
こちらでは、今朝、近くの山(高さ1000m)に雪が積もっていました
紅葉で錦の山々がうっすら白い雪に覆われて、とてもきれいでした
薬法寺の紅葉もきれいですね
桜のころはなおのことでしょうね
知らなくてお恥ずかしいですが、坂東地方って、どのあたりのことをいうのでしょう
私のカメラは、キャップが本体と紐で繋がっています
おかげで失うことはありませんが、レンズフ-ドを買った翌日に落として
失くしました
そのままで使っているので、光線が入りすぎて困ることがしょっちゅうです(ノ_-。)
息子さん、マラソンがんばられましたね
いくつになっても、子供の頑張る姿は誇らしいですねヽ(´▽`)/

hiroさん こんばんは
楽法寺、素晴らしい紅葉が
お出迎えしてくれましたね。とっても綺麗な紅葉です。
お寺は古い歴史が有り、
夫々の建造物がとっても綺麗ですね。
朱塗りの仁王門は龍図、彫刻と天女図が素晴らしいです。
本堂の下段のお写真、素敵にお撮りに成りましたね。
塗り替えられて、より綺麗になっているのでしょうね。
多宝塔は重厚で歴史を感じます。
動物が放し飼いされているお寺は珍しいのでは?
本当に心和みます。
レンズキャップを無くされたのは残念ですが、
思い出深い観音札所に成ったのではと思います。

ネモフィラブルーさん、おはようございます♪

こちらでも今朝は一番の寒さでした。
畑の方は少し前から時々霜が降りていたのですが、
庭でも初めて、ほんの少しですが、霜が降りました。
まだ春花壇の植えこみも済んでいないので
早くしなければと思っています。
楽法寺は娘がつくば市に住んでいたころ訪れた
ことがあるので、桜のころの写真を見せて
貰ったことがありますが、とても綺麗でした。
牡丹やアジサイのころも素敵だそうです。
坂東地方は今でいう関東地方で、東京、神奈川、埼玉、
千葉、群馬、栃木、茨城、の1都6県をさします。
私の巡礼も埼玉1寺、千葉4寺を残すだけとなりました。
キャップが本体と紐で繋がっているのは良いですね。
私は失くしたのは一度ですが、何度も探し回ったことがあります。
写真をとるときはいつでもレンズフ-ドをつけて
いますが、暗い時はかえってつけない方が良いのかしら・・・
おととい東京駅を写真を撮ったのですが、日陰が多く
暗い写真ばかりになっていました。

すみれさん、おはようございます♪

バスから降りたとたんこの紅葉が目に入ったので、
写真と撮らずにはいられませんでした。
レンズキャップはそれほど高くなかったので良かったです。
坂東観音は京都のお寺に比べ規模も小さく、
明治時代の廃仏毀釈で寺をを失い、本に小さなお堂だけ
のお寺や、無住のお寺もありましたが、考えさせられる
ことも多く、思いで深く有意義な巡礼になりました。
朱塗りの華やかなお寺も良いですが、多宝塔のように
対照的な木造のお寺も重厚かつ荘厳で良かったです。
孔雀もたくさんいましたが、この日は小屋の中でした。
娘が訪れた時、羽を広げた孔雀の写真を
撮ってきましたが、とても綺麗でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508194/56183297

この記事へのトラックバック一覧です: 坂東33観音札所24番・楽法寺:

« 息子の初マラソン | トップページ | 坂東33観音札所25番・筑波山大御堂 »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ