« 坂東33観音札所20番・西明寺 | トップページ | 小出川の彼岸花 »

2012年10月 5日 (金)

坂東33観音札所19番・大谷寺(おおやじ)

大谷寺は「大谷石」で有名な宇都宮市大谷にあります。大谷石は今か

ら2000万年以上前、海底火山噴火により噴出した火山灰が海底に

堆積してつくられました。加工がしやすいことから6~7世紀の墳や

天平年間国分寺建立など、古くから石材として利用されてきました。

車窓からは大谷石で造られた家や土蔵、石問屋等が見え、大谷石の

産出地ならではの雰囲気を漂よわせていました。

栃木県宇都宮市大谷1198

天開山 大谷寺 天台宗

本尊 千手観世音菩薩

拝観料 300円 納経代 300円

大谷寺は大谷石凝灰岩層の洞穴内に堂宇を配する日本屈指の洞窟

寺院で、弘法元年(810)、弘法大師・空海によって開基されました。

Sdsc00470
仁王門

Sdsc00447 Sdsc00448_2

寺の守護神・仁王像が睨みをきかせています。

Sdsc00451_2

Sdsc00450 Sdsc00452

切り立つ岸壁に飲み込まれるように本堂が建てられています。

堂内(撮影禁止)から続く洞窟には、弘法大師作と伝えられる大谷石に

浮き彫りにされた4,5m余りの、すんなりとした千手観音の立像(日本

最古の磨崖仏)灯明に照らし出されていました。本堂に続く脇堂の

面には大きな釈迦三尊の磨崖仏が彫られ、薬師尊、阿弥陀三尊と

続いていました。1200年以上前に彫られた仏像を目の前で鑑賞出来

たのはこの上ない体験でした。

【磨崖仏(まがいぶつ)とは、自然の岸壁に彫刻された仏像のことで、洞窟内

 の磨崖仏はすべて国の特別史跡及び重要文化財に指定されています】

S11002_1_thumb11_3

石造千手観音菩薩立像(大谷観音)

(上の写真は案内板のものです)

Sdsc00454 Sdsc00455

鐘楼と銅鐘(白壁の建物は宝物館)

Sdsc00589
宝物館には大谷寺の堂下から発掘された1万1千前(縄文初期より

弥生時代)の人骨や土器・石器が展示されています。(館内撮影禁止)

Sdsc00456 Sdsc00464

庭園には赤いお堂の弁天堂が。松やモミジの植栽が美しい。

Sdsc00466 Sdsc00468

境内の大谷石壁面に置かれた石仏。

Sdsc00474

大谷寺近くの大谷石採堀場跡につくられた大谷公園には、

飛田朝次郎氏により世界平和を祈念 して岸壁に総手彫りされ

身の丈26.93mの平和観音がそびえていました。

Sdsc00584 Sdsc00586

ご朱印とご詠歌

名を聞くも めぐみ大谷の 観世音 みちびきたまえ 知るも知らぬも

« 坂東33観音札所20番・西明寺 | トップページ | 小出川の彼岸花 »

坂東三十三観音巡り」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
大谷寺の由来は大谷石にあったのですね。
1200年以上前に彫られた仏像>1200年とはすごいですね。

10年くらい前、お友達と旅行したとき初めてご朱印帳と言うものを知りました。
三冊目とかで、あの世へ行くとき持って行くと言っていました。
実家は仏教ですが、信心深くはなく、
結婚後はキリスト教式ですべて行いましたので
私は何も知らなかったのですよ。

hiroさんももうたくさん受けられたのでしょう?

Reiさん、こんにちは~♪

今まで見た観音様の中で一番印象の強い観音様でした。
住職のお話によると岸壁に彫刻された仏像は
粘土で形を整え、漆を塗り、最後に金箔が塗られて
いたそうです。今はすっかりはげ落ちでいましたが、
薄暗い洞窟の中で、さぞ煌びやかに光っていた事と思います。
とても優しそうなお顔をした神々しい観音様でした。

御朱印帳は鎌倉七福神のものが一冊、
紙一枚に書かれたものが一枚あるだけです。
寺社巡りは好きでしたが、ご朱印帳のことを知ったのは
50代に入ってからなので、以前は頂いていませんでした。
私も特に信心深くはないのですが、捨てられるものではないので
最後は棺に入れてもらおうと思っています。

hiroさん   こんばんは
大谷石は2000万年以上前の海底火山噴火
により噴出した火山灰
2000万年とは想像も出来ないくらいの年月ですね。
大谷石で造られた家や土蔵、石問屋等を見てみたいものです。
大谷寺、古い歴史のある洞窟寺院なのですね。
洞窟寺院の建立は大変だったでしょうね。
仁王像、すごい形相ですね。
大谷石に浮き彫りにされた4,5m余りの千手観音の立像は
素晴らしく、1200年前の仏像は大勢の方達の心を
救ってくれたことでしょうね。
庭園の赤い弁天堂と緑が素晴らしいです。

すみれさん、おはようございます♪

大谷石は私が住んでいる住宅の区画割にも使われて
います。加工はしやすいようですが、古くなると表面が
崩れやすいという欠点はあるようです。
しかしこちらで見た大谷石で作られた
土蔵や家はしっかりとした造りでした。
洞窟寺院は中で建物と洞窟が繋がっています。
縄文の昔はこの洞窟の中で人々が暮らしていたようです。
千手観音の立像は今まで見た仏像の中で一番神々しく
輝いて見えました。見ていると自然と合掌したくなるような
雰囲気でした。仏像をみて弘法大師の多面的な才能を
改めて感じました。

hiroさん    今晩は!
栃木県までお出かけだったんですね。
大谷石は2000年万以上も前の海底火山噴火によるものとは、
とても想像できません。
加工しやすく幅広く石材として利用されているようですね。
1200年前に彫られた仏像はすばらしいでしょうね。
大谷石で造られた家や土蔵などをゆっくりとみてみたいです。
お寺の守護神 仁王像の睨みはすごいですね。
とてもよく撮れましたね。
仁王像は網をはってあるものが多く良く撮れません

平和観音は大きくて見上げてしまいますね。

えつままさん、こんばんは~♪

大谷石は昔からよく知っていましたが、
海底火山噴火によって噴出した火山灰から
できているとは知りませんでした。
日本が地殻変動によってできた事が頷けます。
灯明によってスポットライトを当てられていた
千手観音立像はとても美しかったです。
色も建材の大谷石ようには白くなく、
温かみのある色でした。

ここの仁王像はネットが張られていないので遠く
からでもよく目立ちました。
睨みをきかせて外部からお寺を守っていますが、
竹島や尖閣諸島問題を抱えている日本の首相も
仁王のように睨みがきくくらいの人の方が良いのかもしれません。

hiroさん おはようございますcat
岸壁に建っている本堂や、1万年以上前の人骨や石器、
岸壁の平和観音像、どれもすごいものばかりですね。
私はあまり信仰心はありませんが、歴史と信仰の深さが感じられるような
大谷寺に行ってみたいと思いました。

hiroさん、こんにちは。

大谷寺は、栃木なのですかsign02
読みましたが、どうもこのような天開山とは詳しくなく今一コメントどう書いて
良いか解りません。
でも、岸壁に建っている本堂と一万年以上の人骨や石器
歴史を感じますね、仁王像は凄く立派ですけど怖い感じもしますね(o^-^o)
庭園が緑と赤の橋で素敵ですね。
余りいいコメントが出来なく御免なさいsad

catミミさん、こんばんは~♪
外から見た本堂は小さく、岩壁に飲み込まれ
ているように見えました。
弘法大師作の千手観音や宝物館で見た人骨や
土器などに改めて歴史の重みを感じました。
今までお寺というと京都や鎌倉のお寺にばかり
目を奪われていましたが、観光地でなくても日本には歴史ある
素晴らしいお寺がたくさんあるものだと思いました。

mikkoさん、こんばんは~♪
仏教やお寺にはあまり興味ない方も
多いかも知れませんね。
それなのに読んで下さってありがとうございます。
仁王像は顔は怖いのですが、お寺を守るためには
あの位睨みをきかせていないといけないのかも
しれませんね。
こじんまりした庭園でしたが、手入れが行き届いて
いてとても素敵でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508194/55802042

この記事へのトラックバック一覧です: 坂東33観音札所19番・大谷寺(おおやじ):

« 坂東33観音札所20番・西明寺 | トップページ | 小出川の彼岸花 »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ