« 芍薬(シャクヤク) | トップページ | 黄色いお花で運気アップ »

2012年5月18日 (金)

デンドロビウム

我が家のデンドロビウムは、冬暖房のない部屋で管理しているので、

普通1~2月に咲く品種でも、4月以降の開花になります。今年は特に

寒かったので、早咲きの品種を除き、4月末以降の開花となりました。

Sdsc06230

サンタナ・キャリー

タイ国原産のフレデリックシアナムとセッコクの交配種。小輪花ですが

とても花付きが良いです。咲き始めて3週間ぐらいになりますが、まだ

沢山の花が咲いています。

Sdsc06234_3

昨年から育て始めました。とてもよい香りがします。

Sdsc06635_2
スノーフレークレッドスター

濃紅紫の中輪花で唇弁に紫紺色の目が入っています。

元の株はこちらに引越して来る前,求めたので、32年以上はたっている

と思いますが、32年前の株が今あるかどうかはわかりません。高芽を

育てながら命を繋いできましたが、6号鉢に植えたものが4鉢あるので、

ひょっとしたらその中にまだ残っているかもしれません。デンドロビウム

は寿命が長く、100年以上もあると言われ、今のところその限界がわか

っていないそうです。最近ではあまり店頭で見かけなくなった品種です。

Sdsc06631_2 Sdsc06731

花芽が出たころ、ナメクジの被害にあい、ずいぶん食べられました。

全部咲いていたら豪華だったでしょう。右の写真は一昨年高芽をとって

育ててきたものです。2年目で咲くのは早い方かもしれません。

Sdsc06919_2

あまり花付きがよくないので、2鉢寄せ集めhappy02

Sdsc06934_2

ユキダルマキング

スノーフレークレッドスターと共に、我が家で一番古いデンドロビウム

です。残念なことにナメクジの被害にあい、たった3輪しか咲きません

でした。真っ白な花弁に濃い臙脂の目のコントラストが美しいですが、

バルブの長さが60cm位になる大型の品種なので、ちょっと扱いにくい

かもしれません。

Sdsc07236 Sdsc07253

㊧コメットキング・アカツキ

昨年から育て始めた品種です。花弁と唇弁の弁先が鮮やかな赤紫色

ということでしたが、今年の花は赤味が少ないようです。しかしどちらに

しても美しい花です。花付きが良く、性質も強健なようなので、今後も育

てる楽しみがいっぱいです。

㊨名前がわかりませんが、素敵なデンドロビウムです。

2年前に株分けしたものですが、親株が見当たりません。

昨年整理をした鉢があるので、その中に入っていたのかもしれません。

これ一鉢なので大切に育てなければと思います。

Sdsc06936_2
マイヒメビューティー

6号鉢が3鉢ありますが、どの鉢も2輪づつしか咲きませんでした。

これもナメクジのせいです。

Sdsc07255_2

写真を拡大して頂くとわかると思いますが一番上の蕾を除いて、

下はみなナメクジに食べられています。室内に取り込むので薬は避け

たかったのですが、来年は薬で防除したいと思います。

Sdsc07218_3
サクラガリ

花弁の先端にほんのりとついたピンク色、。唇弁には淡黄色の目が入る

優しい感じのデンドロビウムです、

Sdsc07219
これも我が家に古くからある品種ですが、大変花付きがよく、

今年は6号鉢2つに沢山の花を咲かせました。

Sdsc07408

アサヒ

まだ咲いたばかりのデンドロです。これも古い品種ですがいつ頃求めた

ものか記憶が定かではありません。

Sdsc06976
キンギアナム

ギンギアナムは海抜1000mぐらいの所の岩に着生している蘭で、春に、

ピンクや白色をした小さな花を沢山咲かせます。デンドロビウムの仲間

で、デンドロビウムより暑さ寒さに強いので育て安く、初心者向けの蘭だ

と思います。我が家では霜よけだけできる外の小屋で冬を過ごします。

これは年前高芽をとり育てたものです。元の株は大きくなりすぎて手

が負えませんので、これからはこちらをメインに育てていこうと思います。

« 芍薬(シャクヤク) | トップページ | 黄色いお花で運気アップ »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
ずいぶん、沢山の蘭ですね。
でもこれも、株分けなどされて増やしていかれたのでしょう?

その技術はどういうふうにして会得されたのですか?
高芽を取る という言葉が良く出てきますが
どの部分なのでしょうか?
園芸の本などで研究しないといけないですが
今、しげしげと写真を眺めても、どれも店頭で売ってるもののように
きれいで管理されていますね〜。

hirさん      おはようございます。
ランのオンパレードですね
素晴らしいです。お上手にお育てですね。
うきうきします。  どのランもたくさんのお花で素敵!!
ランは難しくて苦手です。
一鉢だけ数個のお花です。
サクラガリは可愛らしいですね。ほしくなりました。
お庭もとても華やかで道行く人たちも楽しまれていらっしゃるでしょうね。
綺麗なお庭ではつい立ち止まってしまいます。
お花の好きな方とおしゃべりも大好き~~~
花談義に話が弾みます。
クンシランも綺麗に咲き始めましたね。

綺麗なお花がいっぱいでかえりたくなくrなります。


hiroさん こんにちはcat
沢山のランの花を上手に育てられますね。
キューケンホフ公園に行った時にランの温室もあったのですが
時間がなく急ぎ足で周りました。
バンダのランを見た時、「あ、hiroさんのブログでみた!」と思いました。
ギンギアナムは私の家にもあります。
おっしゃる様に、外に出したまま放っていますが毎年花が咲きます。

hiroさん、こんにちは♪
今日は朝は晴れていましたが.今暗くなってきて今にも降って来そうな感じですthunder
hiroさん、蘭の展示会みたいですねo(*^▽^*)o
デンドロビウムも色々な品種があるので名前も覚えきれません。
やっぱりhiroさんは、ガーデニングをしているだけお花のの名前を良く知っていますね
最初の黄色いサンタナ・キャリーは綺麗ですね元気が出る色ですね(o^-^o)
スノーフレックレッドスターという種類は濃い赤紫色と言うが素敵な色ですね。
でもナメクジに食べられてダメになるのは可哀想ですねお花も生きているんですものweep
その他に白.紫色.マイヒメビューティーは名前の通りにおしとやかで優しい
微笑みで咲いてますね二輪だけでも可愛らしいですbud
その他の蘭のお花もどれも綺麗に育てられ開花したんですね嬉しいですねhappy01
ギンギアナムはデンドロビウムの仲間で暑さ寒さに強いんですかそれじゃ
メインで育てやすいですね。
可愛い花姿ですね.ピンク色も見てみたいですねheart04
色々な蘭のお花を見せて頂き有難う御座いましたclover

蘭のオンパレード!見事です!!!
ryoさんのおっしゃるようにすごい高等技術の管理ですね。
研究心も愛情もおありなのでしょう。きっと。
いつもたくさんのきれいなお花を拝見していますのに
名前も覚えられなくて・・・・
hiroさんにもお花たちにも失礼ですよね。すみません!

hiroさん、こんばんは☆☆☆

デンドロビウム
通常の時期より遅くなってもちゃんと管理していれば咲いてくれるのですね。
色もきれいでお花も艶々ですね。

スノーフレークレッドスター
一瞬、パンジーかと思いました。
ずいぶん長生きなのですね。いつまでも元気で育ってくれるといいですね。

ユキダルマキング
なんだか可愛い名前ですね。バルブが60cmとはずいぶん高くなるのですね。

サクラガリ
名前もお花も素敵ですね。とても可愛らしい蘭ですね。

それにしても古いものから新しいものまでたくさんの蘭sign03
初夏を思わせる毎日ですがhiroさんのお庭は連日お花でいっぱいですね。

ryoさん、こんばんは~♪
デンドロも古いものが多く、株分けをしたり
高芽をとって育てました。
長い年月のうちには駄目にしたものも
多いのですが、丈夫で花付きの良い品種だけ
生き延びてきたようです。
品種改良でどんどん新しい名前のデンドロが
売り出されていますが、素人にはどこがどう違うのか
よくわからないものもあります。

高芽とは花芽になるべき芽が何らかの原因で
葉芽になることです。葉が5~6枚になり、根の数が
増えたらはがしてミズゴケに植えます。
株を増やすには良いのですが、お花で咲いてくれた
方がずっと嬉しいです。

えつままさん、こんばんは~♪
ブログの更新は一日おきにしているのですが
今はお花が次から次へと咲くので、あまり賞味期限が
切れてもと思い、毎日更新しています。

我が家の蘭は蘭の中でも育てやすいものだけを集めた
つもりですが、うまくいかないことも多いです。
今年は珍しくどのデンドロにもたくさんの蕾がつき、
大喜びしたのですが、私のちょっとした油断で台無しに
してしまいました。でもその時思っていた以上に咲いてくれて嬉しいです。

さくらがりは淡い色調なので、写真より実際に見た方が綺麗です。
私も花談義は大好き、お近くだったら毎日えつままさんの
お庭を覗いて、楽しませて頂いているかもしれません。

catミミさん、こんばんは~♪
朝、運河クルージングの記事にコメントを入れ
送信した段階で、ネットが繋がらなくなりコメントが
消えてしまいました。その後出かけてしまいましたが、
やっとパソコンに向かう時間ができたので、
またしばらくしたらお伺いしますね。

バンダ、覚えていて下さったのですね。
温室もないので育てるのを諦めようとしていたころ
咲いたので、嬉しくて何度もアップしましたね。

ギンギアナムは一番色の濃い綺麗な花を枯らした
ことがあります。それほど場所もとらないので、
少し増やそうかとも思っています。

mikkoさん、こんばんは~♪
蘭はもともと夫の趣味でしたが、いつの間にか私が
育てるようになりました。加温設備がないので、
育てられない品種もあるのですが、
できる範囲で楽しんでいます。

今年はナメクジという想定外の被害を受け
ショックを受けていましたが、咲いてみると思って
いたほどではなくて、ホッとしています。
でもナメクジの被害がなかったら、ここ5,6年で
一番きれいだったかもしれません。
仕方ないですね・・・

ピンクのギンギアナム、株は大きすぎて乱れ、お花はほんの
少し咲いただけで、お見せするほどではないのですよ。
高芽が出たらそれを育てようと思っています。

hiroさん  こんばんは
沢山のデンドロビウムをお育てですね。
どのお花も素晴らしく、綺麗に咲かせておいでだと
感心しています。
サンタナ・キャリー、沢山咲いていますね。
とっても綺麗で、お行儀よくお育てですね。
私はあちこちに伸びてしまいます。
スノーフレークレッドスターは可愛いですね。
ナメクジの被害が有るようですね。
折角のお花が可哀想です。
ユキダルマキングは可愛い名前で、お花は珍しく拝見しました。
コメットキング・アカツキ、マイヒメビューティーなど
蘭にも素敵な名前が付いていますね。
名前に相応しくお花もとっても綺麗です。
キンギアナムは沢山咲いて素敵ですね。
我が家のお花とは大違いで、私もこのように
素敵に育ててみたいです。

Reiさん、こんばんは~♪
高等技術の管理なんてとんでもない。
デンドロの育て方はそれほど難しくはないのですよ。
冬はあまりお水は必要ないので、ついつい放っておいたら
ナメクジに花芽を食べられてしまいました。

家で育てている蘭は、咲き終わった茎なども次の花を
咲かせる養分となるため残しておくので
汚い枝がたくさん残り、店頭で並んでいる蘭のように
綺麗には咲かせられませんが、咲いた時の喜びはひとしおです。

お花の名前なかなか覚えられませんね。
でも名前よりも花を愛しむ心が一番大事なのかもしれませんね。

chisayobaabaさん、こんばんは~♪
デンドロは春に新芽が出るとその茎を太らせ、
冬に花を咲かせることを毎年繰り返します。
根ぐされをさせたり病気にならない限り、その命は
延々と続くように思われます。

一つのバルブ(茎)は花が咲いた後も
次の花を咲かせる養分を蓄えているので
しわしわになって、その役目を終えるまで大切に残します。
だから家で育てるデンドロはお花屋さんで買った時の
様に姿が綺麗ではありませんが、咲いてくれるととても嬉しいです。

すっきりと暮らすためには鉢ものの断捨離も必要なのですが
なかなか進みませんcoldsweats01

わあ、どれも見事に咲き誇っていますね♪
ランの展覧会ができそう♪
私はランを上手に育てる自信がなくてまだ育てたことがありません。
でもいつかこんな風に上手に咲かせたいな。。。

すみれさん、こんばんは~♪
根ぐされなどをおこし、駄目にする株もあるのですが、
デンドロの株は一向に減る様子がありません。
今は一年の成果が現れる時期なのでハラハラドキドキ
ですが、少しでも咲いてくれると嬉しいです。

私の不注意でナメクジに食べられてしまった
デンドロはとてもかわいそうでした。
いつも花芽ができるころ、夜、寒い部屋の中に入り、ナメクジ
を見張っていたのですが、今年はサボってしまいました。

お花の名前は、そのお花にふさわしい素敵な
名前が付けられていますね。
私はブログのタイトルをつけることも苦手なので
すみれさんのように言葉のセンスがよかったらと
いつも思うのですが最近では諦めています。

まつんこさん、こんばんは~♪
店頭で並んでいるような素敵な姿ではありませんが、
お花自体はとても綺麗に咲いてくれました。
もともとは夫が始めた蘭栽培ですが、今は私が楽しんでいます。
時々手が回らなくなることがあるので、
もっと育てるお花を絞れば良いのですが、ついついあちこちcoldsweats01

まつんこさんは私より何でもズットお上手ですよ。
お忙しい時間をやりくりしていつも感心しています。

hiroさん こんにちは
デンドロの写真もよく撮れていますね
わたくしもデンドロが大好きで20数年育てています。
特に、ユキダルマキングやサギムスメが大好きです。
特にユキダルマキングはランの大賞を受賞した品種で、日の丸みたいな花です。
近頃の華やかなものに比べて、落着きがあり、気品があります。
私も温室がありませんが、花芽が開花するまでは、職場の窓際に置いています。
20鉢以上置いていますので、見栄えがします。
株分けしたり、古いバルブを切って、ミズゴケでくるみ、芽だしをしたりしてけっこう増えます。失敗したことはほとんどありません。
自分では新しく購入しませんが、知人などがもらったもので、花を観たあとで管理できず
瀕死の重傷のようなものをいただき、再生しております。
ランの中では、デンドロが一番簡単に管理できます。
機会がありましたら、私のデンドロやミニカトレヤの写真もお見せできればと思います。

yama2kinokoさん、はじめまして~♪

コメントいただきましてありがとうございます。
yama2kinokoさんも長い間デンドロを育てていらっしゃるのですね。
我が家で一番古いデンドロはスノーフレークレッドスターと
ユキダルマキングです。サギムスメも長く育てています。
いずれも花つきが良いですよね。
ユキダルマキングがランの大賞を受賞したことは知りませんでした。
草丈が高いので持て余していましたが、もっと大切にしないと
いけませんね。我が家では蘭の栽培を始めたのは夫で、
新婚時代、(この春結婚40周年になりました)少ないお小遣い
の中からやりくりしてよく買ってきました。
シンビ等は咲き終わったものを買ってきたようです。
yama2kinokoさんのランもぜひ見せてください。
ブログはなさっていないのですか?
もし始めるようでしたらご連絡くださいね。お伺いいたします。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

hiroさん お詫びがあります
ユキダルマキングはラン展で大賞をとったといいましたが、間違いでした。
20数年前に神奈川の向丘遊園で世界ラン展があり、そのとき大量のユキダルマキング
が展示されており、大賞をとったものと勘違いしました。申し訳ありません。
ちなみに、岡山県のこの品種の登録業者に確認しましたところ、世界ラン展では大賞は
とらないけれど、他では多くの賞をとっているようです。
しかし、花の美しさは賞とは関係ないのはあたりまえですが。
取り急ぎ、お詫び申しあげます。

yama2kinokoさん、こんばんは~♪

わざわざ調べて下さってありがとうございます。
そうですよね。賞はとらなくても美しい蘭は
たくさんありますよね。
そう言えば我が家でも昔はデパート等で開催される
蘭展をよく見に行っていました。
でもお高いのでなかなか替えず、
横浜のサカタで小さな芽が一株植えてある
デンドロなどを買って育てていました。
当時はそれでも1000円したので高かったですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508194/54717386

この記事へのトラックバック一覧です: デンドロビウム:

« 芍薬(シャクヤク) | トップページ | 黄色いお花で運気アップ »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ