« 君子蘭とセロジネ | トップページ | デンドロビウム »

2012年5月17日 (木)

芍薬(シャクヤク)

季節は初夏へと移りました。13日に咲き始めた芍薬も15日の雨で

花茎が折れてしまいました。今は花瓶の中で咲いていますが、咲く

までの様子を御紹介したいと思います。

Sdsc06834 Sdsc06837

牡丹の花が咲き終わる頃、まだ固い、可愛い蕾を見つけました。

濃いピンク(紅色)の芍薬には2つの蕾、白い芍薬には4つの蕾がつ

いていました。芍薬は牡丹と同じボタン科に属し、お花もよく似ていま

すが、牡丹は「木」、芍薬は「草」の仲間です。  (2012.05.06撮影)

Sdsc07100_2 Sdsc07103_2

濃いピンクの芍薬は1週間後にはこのように花が開いてきましたが、

白い方はまだほとんど蕾です。                        (2012.05.13撮影)

Sdsc07198 Sdsc07200_2 

昔から「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」と、女性の美を

形容する花として知られています。香りもよく、フランスではしなやかで

爽やかな香りのするワインを、「芍薬のような香り」と言うそうです。

根を乾燥させたものは漢方としても有名ですね。(2012.05.14撮影)

Sdsc07224
この日は朝からシトシトと小雨が降り続いていました。

お花もうつむきかげん・・・昨日よりは少し閉じています。

花言葉は「生まれながらの素質」だそうです。   (2012.05.15撮影) 

Sdsc07407
雨は夜まで降り続き、芍薬は花茎が折れてしまいました。

                                                                                     (2012.5.17撮影)

Sdsc07349 Sdsc07347

白い芍薬はまだこんな状態です。左の芍薬は3日間この状態が

続いているので、多分このままお花は全開せずに終わるでしょう。

                                                                                     (2012.5.17撮影)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

綺麗に咲いてくれたのにアップできなかったお花たち。

花盛りは過ぎてしまいましたが、感謝のしるしにアップします。

Sdsc06125 Sdsc06127

コボレダネから咲いたスイートアリッサム2種。     (2012.04.25撮影)

Sdsc06279_3
葉が綺麗になり、再び咲いてくれたオキザリス   (2012.04.28撮影)

Sdsc06381
花壇の縁どりにしたいクリーピングタイム     (2012.04.29撮影)
Sdsc06914_3
可愛らしいクローバー・ティントワイン        (2012.05.08撮影)
      

いずれも自己主張せず、ひそやかに咲いてくれました。ありがとうheart04


« 君子蘭とセロジネ | トップページ | デンドロビウム »

ガーデニング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508194/54715598

この記事へのトラックバック一覧です: 芍薬(シャクヤク):

« 君子蘭とセロジネ | トップページ | デンドロビウム »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ