« 4月の雨 | トップページ | ケース売りのプリムラ・マラコイデス »

2012年4月27日 (金)

国立新美術館~六本木散策

4月25日、近くに住むお友達のM子さんのお誘いで、新国立美術館

で開催されている、春陽展に行ってきました。

Sdsc06136

伊根の舟屋

M子さんのお友達の作品(版画)です。青く深い海、海になだれ落ちる

ような山の木々、その間にひしめくように連なる舟屋。この地方(京都・

丹後半島)独特の風景が丁寧に彫られていました。作品が仕上がる

まで一年半。賞は逃されたようですが、見事な出来栄えでした。

Sdsc06145

セザンヌ展やエルミタージュ美術館展が開催されていることもあり

美術館は多くの見学者で賑っていました。今回はこれらをパスして

六本木散策をすることに・・・

六本木はM子さんのお嬢さんが結婚後数年間住んでいたこともあり、

地理に詳しいM子さんに案内していただきました。

Sdsc06148

東京ミッドタウン

2007年3月30日に防衛庁跡地にオープンした複合施設。

中央のミッドタウン・タワーは現在東京で一番高いビル。最高層

47~53階はホテル『ザ・リッツ・カールトン東京』。ミッドタウン内に

は六本木アートトライアングルの一つサントリー美術館もあります。

Sdsc06156
お昼は六本木交差点からすぐ近く、明治8年から続く六本木きっての

老舗寿司屋・「おつな寿司」さんで。ここの「いなり寿司」は六本木名物

として留まらず、全国にその名を馳せた、歴史のある定番おもたせな

のだそうです。 お味はスーパーで売っているパックのいなり寿司とは

一味も二味も違いました。ランチはリーズナブルで1200円。

Sdsc03763_4

鳥居坂

港区六本木5丁目の中央を南北に通じる坂。江戸時代、坂の東側に

大名・鳥居家の屋敷があったことから名付けられ、道は元禄年間に

開かれたそうです。

六本木交差点を右折し、しばらく真っすぐな道を進むと、あたりには

高級なレジデンスが建ち並び、これまでの喧騒が嘘のように静かな

町並みになります。西(右)側には東洋英和女学院小、鳥居坂教会、

国際文化会館等が、東(左)側には東洋英和女学院高、シンガポール

大使等がありました。

Sdsc06169_2

鳥居坂下交差点近くに開店したばかりのあげ餅屋さんがありました。

珍しいトマトバジル味のあげ餅や、もちもちのしょうゆ味のあげ餅が

美味しそうだったのでお土産に。。。

Sdsc06173_2

麻布十番に来たかったのは「浪花家総本店」のたいやきが食べて

みたかったからです。ここは東京たいやき御三家の一つで、行列

ができるほどの人気店だそうです。

Taiyaki_2

お土産のたいやきが焼き上がるまで、店内奥のテーブルでたいやき

を一つ食べました。皮が薄くパリッとし、中のあんこは熱々でふっくら。

甘さもほどほどでとても美味しかったdelicious 一個150円

Panelimg_2

ウインドーショッピング

Sdsc06183_2

麻布十番通りを西に向かってしばらく歩くと、六本木ヒルズに着き

ます。正面奥に見えるのは森タワー、54階建て高さ238m。

53階には現代アート中心の森美術館があります。

奥(左)の茶色いビルは六本木ヒルズレジデンス。

Sdsc06184_2

六本木ヒルズの横、けやき坂のけやき並木の花壇には沢山の

ペチュニアが植えこまれていました。花のある風景はホッとします。

Sdsc06185_2

都会のオアシス、毛利庭園。新緑が美しい。

Sdsc06190_2

国立新美術館→東京ミッドタウン→おつな寿司→鳥居坂→

麻布十番→あげ餅屋さん→浪花家総本店→六本木ヒルズ→乃木坂

うっかり携帯の電源を切っていたので、歩数は計測できませんで

したが、よく歩きました。家に着いたのは5時近く・・・

疲れが出て、9時前には寝てしまいました。

« 4月の雨 | トップページ | ケース売りのプリムラ・マラコイデス »

おでかけ」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

hiroさん  こんばんは~
お洒落で素敵なお出かけでしたね。
美術館、随分ご無沙汰しています。出かけて見たいです。
お友達の作品、「伊根の舟屋」版画とお聞きし
見入ってしまいました。
一年半もの製作期間を要された力作は素晴らしいですね。
六本木散策、時を忘れて
お楽しみに成ったのではと思います。
街並みが洗練されて素晴らしいですね。
東京ミッドタウン、鳥居坂など
お聞きしたした事はあっても全く知りません。
あげ餅屋さんも、他のお店に見えました。
さすが六本木ですね。
「浪花家総本店」のたいやきは美味しそうですね。
頂いてみたいです。たい焼き以上に昼食にも惹かれましたが・・・
けやき並木の花壇は素敵で心和みます。
毛利庭園の新緑に、ホッですね。緑は癒されますね。

テストさせてくださいませ。

六本木ヒルズはよく映画を観に行きます。
ミッドタウンは、やはり国立新美術館に友人の作品(彫刻)が飾られるので
時々行きます。
あの波打つようなガラスの建物は見事ですよね。
「ウインドゥショッピング」と書いてある写真は
何処のお店のものでしょうか?
ミッドタウンと乃木坂の間にある、ヒンデローペンのお店と似ているような気がするのですが…

おはようございます。

おお!懐かしいですねぇ。伊根の舟屋。
この辺りは何度も遊びに行きました。

版画作品になると、こんな感じになるのですね、えらく近代的です。
実際は見かけ古色蒼然。漁師の日常起居する家です。
中に入ると舟にぶつかる波の音がわずかに聞こえ舟が揺れ、遠くに定置網・・のような印象があります。
伊根の雪降りつもる冬風景の絵画をよく覚えています。
家内と近くで魚をたくさん買い込んで帰るのが、いつもの小さな旅でした。

なるほど東京。「東京ミッドタウン」
現代の東京を表現した素晴らしい写真ですね。
この下で、人々はあくせくいろいろな事を考えて生きているのですね。

美術展など文化環境もNO1。
宮古に来てから、その不足にやや不満を感じたことも
ありましたが、それでは京都にいたころ、博物館や美術館に足しげく
通ったかというとそうでもありませんでした。
ま、ただ口任せに言っただけ程度の事でした。

花や緑の木々を見るとホッとしますね。
人工的なものばかり見ていると、何か息詰まるような感じします。
人間も自然の一部なんですね。

工夫されたお写真や文章
楽しまさせていただきました。
ありがとうございました。

hiroさん おはようございますcat
お友達の作品、お上手ですね。
お友達も1年半掛かられたとか、とても根気がいりますね。
時にはこんな街のしゃれた散歩も良いですね。
美味しい名物のたい焼きやいなり寿司を食べたり
ウインドーショッピングをしたり楽しそうですね。
田舎道を歩くよりアスファルトやコンクリートを歩くのは疲れますね。
私には地理が分かりませんがずい分歩かれたようですね。

すみれさん、おはようございます♪
版画を出展された方は札幌にお住まいなので、
作品を搬入する時等、大変だったようです。
毎年出展されており、2年前の作品は入賞
されていました。私は不器用なので、版画と聞いた
だけで気が遠くなりそうです。素晴らしい作品の数々を
囲まれて優雅なひとときを過ごすことができました。
六本木ヒルズは何度か行っているのですが、
麻布十番までは足を伸ばしたことは
ありませんでした。周囲はハイソな住宅地ですが、
ここは庶民的な商店街でした。
緑やお花を見たるとホッとします。
私は田舎暮らしの方があっているようです。

ryoさん、おはようございます♪
コメント、メールでよませて頂きました。
コメントが入らなくなり、ご迷惑をかけたようですね。
何度も試みて頂きありがとうございました。

東京ミッドタウンや六本木ヒルズは再開発されて
近代的なビルが建ち並ぶエリアに変貌しましたが、
それ以前は一度も行ったことがありませんが
江戸時代は各藩の大名屋敷があった地のようです。
(ちょっと古すぎましたね)
お寿司は舎利もネタもとても美味しかったです。
翌日は別のお友達と回転寿司に行ったので、
その差がはっきりとわかりました。

zooeyさん、おはようございます♪
六本木ヒルズまで映画ですか・・・
私はいつも近くのトーホーシネマばっかりです。
映画館も上映映画の数も、多いのでしょうね。

国立新美術館は年に1~2度行く位ですが、
気分転換には最高です。

ウインドゥショッピングは何店かしたのですが、
写真のお店はコブラン織りのタペストリーや
インテリア小物、バッグ等を扱っているお店でした。
お店の名前は忘れてしまいましたhappy02

kuraさん、おはようございます♪
伊根の舟屋はテレビで見たことがあり、一度訪ねて
みたいと思っていました。
実際はもっとひなびた感じがするのですね。
版画や絵は作者の主観が入るので誇張されたり
デフォルメされることがあるのでしょうね。

「東京ミッドタウン」中に広いガーデンがあるようなので
もっと時間をかけて見たかったのですが、
またの楽しみにしたいと思います。
しかし静かな郊外に住んでいると、都会は疲れます。

確かに東京は美術館の数も多いし、文化的環境
は良いですね。娯楽施設も多いし、刺激もあるので、
たまに行くのは良いですが、住むのは断然田舎がよいです。

catミミさん、おはようございます♪
都会は刺激が多く、たまに行くのは良いのですが、
毎日となると疲れそうです。
我が家は神奈川県の県央部にあり、
都心にもアクセスが良く、田園風景も残っているので
住むには良いのですが、これといった
特徴が無いのが残念なところです。

この地域は距離的にはそんなにないと思うのですが、
美術館でもかなり歩いたので、歩数はかなり多かったと思います。
ウオーキングシューズを履いていたのですが疲れました。
歳ですねぇ~・・・

;hiroさんこんにちはsun

GWが始まりましたね。毎日日曜日であまり関係はありませんが
それでもお天気が気になります。
お友達のお友達の作品、版画なのですね。色数は少ないですが
どっしりとして細かいところまでとても丁寧に表現されているように思います。
一つの作品を一年半もかかって仕上げるなんてとても根気がいりますね。
でも絵や版画は手元に残っていつでも見られるのでいいですね。
芸術的な才能がある方はいいなとうらやましいです。

六本木散策、すてきですね。
知らないところばかりですが建物を見るだけでも楽しそうです。
都心の新緑がきれいですね。。
麻布十番にあるとても古そうなたいやきやさん。
薄い皮のたいやき、とってもおいしそうnote

hiroさん、こんにちは(^^)/
国立新美術館へお友達のお誘いでM子さんの作品を見に行かれて
お天気にも恵まれお洒落なお出掛けでしたね。
M子さんのお友達の作品とても深く素晴らしいですね。
美術館に飾られるだけでもすごいですね。
そしてそのM子さんの案内で色々な場所へ行かれ東京ミットタウンは高い
東京は高層ビルが多い中一番高いのですかbuilding
六ッ本木でお寿司を美味しくランチで食べて美味しそうですねdelicious
やはりいなりは、スーパーで売っているのとは違いますよねscissors
六本木ヒルズの横の花壇はペチュニアが植え込まれていてお花があると
パっと明るくなりますねmaple
たいやきをいただいたり、ウインドショッピングをしてhiroさんが楽しくお喋りしている
のが伝わってきます。
都会のオアシス毛利庭園の新緑がとても綺麗ですclover
私も行ってみたいです何処でもいいから今は皆さんのブログを見て我慢ですが
今日も天気がいいのに何処も主人は首少し痛いと言うし今行くと言うとお医者と家の
往復だけでいい加減辛抱の限界越えていますshock
hiroさん、色々とみせていただいて有難う御座いましたheart04

chisayobaabaさん、こんにちは~♪
私も絵画や版画は見るのは好きなのですが、
描くのは苦手で、特に大作となると根気がなくて
駄目です。絵手紙ぐらいならと始めましたが
3年ぐらいしか続きませんでした。
歳をとると体が動かなくなるので、絵画や書等は
とてもよい趣味だと思うのですが、
何でもうまく描こう、うまく書こうという
気持ちが強すぎて駄目なのかもしれません。

東京ミッドタウンに行くのは今回が初めてでした。
乃木坂駅からあまり遠くなかったので、
次回はビルの中や、ガーデンなどゆっくり見学したいです。
麻布十番は思っていたより庶民的な町でした。
お友達のお嬢さんは六本木のマンションに住んでいたのですが、
お友達はお嬢さを訪ねた時、お孫さんをベビーカーに乗せて、
たいやきをよく買いにきたそうです。
その時はもっと行列ができていてびっくりしたそうです。
パリパリの食感のたいやきはとても美味しかったです。

mikkoさん、こんにちは~♪
いよいよゴールデンウィークが始まりましたね。
私は毎日が日曜日なので、のんびり家にいようと
思いますが、お天気が良いとよいですね。

この作品素晴らしいでしょう。
私は何もできないので、才能のある方が、
つくづく羨ましいと思いました。

お友達の誘いは嬉しいです。
子供が育ちあがると、交友関係が狭まり
外に出る機会が少なくなりますが、元気なうちは
どこにでも行ってみたいと思います。
麻布や六本木は坂が多く、昔はお金持ちが
住んでいたようなので、区画も広く緑が多いです。
今はマンションや色々な施設に変わっていますが、
古き良き時代に思いを馳せながら散歩しました。

凄くたくさん行動されましたね。どの写真拝見してもこれぞ東京!!!です。
美術館に高層ビル群、名だたる老舗も、よく通じたお友達がおられたからこそでしょうか。
二年前、テレビでしか見たことなかった国立新美術館の
カーブした建物に感激しました。

Reiさん。おはようございます♪
よく歩きました。
夏の暑い時期だったら、美術館とお食事
だけで終わりだったと思いますが、
新緑の美しい季節だったので散歩も良いかと思いました。
国立新美術館は総ガラス張りの曲線が美しく、日射熱
紫外線をカットする省エネ設計でもあるそうです。
設計は黒川紀章氏ですが、さすがだと思いました。

hiroさん   おはようございます。
お友達と素敵なお出かけでしたね。
新国立美術館は数回行きましたが最近はご無沙汰です。
素晴らしい版画ですね。
京都の丹後半島なんですね。版画は下絵から大変だそうですね。
義兄が趣味でやっていて我が家の新築の時は先生の大きなお花の版画をいただきました。
絵画と又違った趣がありますね。
六本木のけやき並木の花壇のペチュニアは綺麗ですね。
新緑もとても美しく爽やかで気持ちよかったでしょうね。
美味しいお食事と美術館 六本木の街並みと ウインドショッピングと楽しい一日でよかったですね。
お出かけの嬉しい季節になりましたね。

えつままさん、こんにちは~♪
東京メトロ千代田線は小田急線とアクセスが
良いので、この辺には時々出かけています。
美術館は思っているよりも歩くので、結構疲れ
ますが、気分転換にはとても良いですね。
義兄様も版画をなさるのですね。
私には難しそうでとてもできませんが、
良いご趣味をおもちですね。
大きな花の版画もさぞ素敵でしょうね。
私は20年前ごろモスクの版画を画廊で求めましたが、
これを選んでくださったのもM子さんでした。
センスの良いお友達を持つのは良いものです。

ケヤキの新緑やペチュニアには癒されました。
都会であればこそ、緑は必要ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508194/54571628

この記事へのトラックバック一覧です: 国立新美術館~六本木散策:

« 4月の雨 | トップページ | ケース売りのプリムラ・マラコイデス »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ