« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月30日 (金)

松田町・河津桜

      3月27日、神奈川県松田町の河津桜を見に行ってきました。

  今年は寒さが厳しかったため開花は例年より1ヶ月遅れたそうです。

   桜は散り始めたところでしたが、多くの見物客で賑っていました。

       小田急線新松田駅より遊歩道入口まで徒歩25分。

Sdsc04713_4

      遊歩道を登り始めると富士山が左手に見えてきました。

          3月下旬でもこんなに雪が多いのですね。

               流れる川は酒匂川です。

Sdsc04730

                松田町と東名高速

Sdsc04748

Sdsc04725

                桜と菜の花の競演

Sdsc04793_3

Sdsc04769

Sdsc04799

        河津桜は大島桜と寒緋桜の自然交配種で

            本来は2月に咲く早咲きの桜です。

         花色はソメイヨシノより濃いのが特徴です。

Sdsc04772 Sdsc04778

    こども館では色とりどりのつるし雛が展示されていました。

Sdsc04794

Sdsc04813

                     松田山の河津桜は

           かながわの花の名所100選に指定されています。

2012年3月28日 (水)

春到来

        10日前頃から庭の隅で咲いている沈丁花。

        今年は昨年より開花が2週間ほど遅れました。

Ssdsc04640

                    良い香りがします。

          あとどれくらい咲いてくれるでしょうか。

Sdsc04636 Sdsc04637

    庭の椿が次々と咲きだし、名実ともに春がやってきました。

Sdsc04824_2 Sdsc04826

  挿し木から育てた八重椿(名前知らず)              都鳥

      蜜は小鳥さんのご馳走。毎日せっせとやってきます。

Sdsc04635

           新しいお花も仲間に加わりました。

Sdsc04619 Sdsc04621

           サイネリアと八重のマーガレット。

      サイネリアと一緒に植えたのは種から育てたデイジー。

Sdsc04682 Sdsc04679 Sdsc04684

        デイジーは庭にちょこっと植えたり、鉢にも植えました。

   ポット苗を買って植えれば、今頃は綺麗に咲いているころです。

Sdsc04634

             庭には種から育てた勿忘草。

        この厳しい冬をよくぞ乗り切ってくれました。

Sdsc04692

      間にはコボレダネから育ったイオノプシディウム。

      雑草のように見えますが、とても可愛いのですよ。

    あと1カ月もしないうちに勿忘草とバトンタッチするでしょう。

Sdsc04685

      勿忘草はチューリップとも一緒に植えました(2鉢)

    今頃はもっと大きな苗に育っていると思ったのですが・・・

        チューリップと一緒に咲いてくれますように。

Sdsc04816

       ベニディオ・アークトチス(ワイン)も花数が増えてきました。

          ハナニラ三姉妹も仲良く咲いています。

Sdsc04677

            庭に出る楽しみが増えてきました。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

           息子一家が旅行に行ったようです。

               いつもお土産ありがとう。

Sdsc04687

2012年3月26日 (月)

青い花、白い花

        一休みしていたビオラの花が咲き始めました。

Sdsc04520

                 春ですねぇ~・・・

              心がウキウキしてきます。

Sdsc04582

 雑草を防ぐためにグランドカバーとして植えたヒメツルニチソウも

             可憐な花を咲かせ始めました。

Sdsc04523

             ハナニラ・ウイズレーブルー

      後から咲いた方がブルーが濃くて綺麗でしょう!

Sdsc04317

             少し前に咲いたのはこんな感じ

           今はさらに花茎を伸ばして咲いています。

Sdsc04511

             ネモフィラ・スノーストーム

              白い花は清楚で素敵heart04

Sdsc04630

           挿し芽から4年目のマーガレット

プランターに植えっぱなしですが、今年も頑張って咲いてくれました。

Sdsc04629

           三年目のヒヤシンス・カーネギー

        花言葉は「心静かな愛」「控えめな愛らしさ」

Sdsc04654

                満開の花かんざし

        風に揺れるとカサコソと音が聞こえるようです。

Sdsc04598

              白いハナニラ・アルバ

    お花が沢山咲いてきたので、ご褒美のアップです。

    白いハナニラはまだいくつかの鉢に植えてあります。

  冬の間日当たりの悪い場所に置くと開花が遅れるようです。

2012年3月23日 (金)

水仙

      このところの暖かさで水仙が次々と咲き始めました

Sdsc04569

               ミニ水仙テータテート

 9年前の5月、山中湖花の都公園で咲き終わったものを一束50円

     で買い求め、小さな鉢に2鉢植えたのが始まりでした。

     丈夫で花付きの良い水仙で、球根もどんどん増えます。

Sdsc04608

     背の高いラッパ水仙。菜園から引っ越してきました。

Sdsc04609

            房咲き水仙グランドソリゾール

   分球した球根を昨年の秋に植えたのでまだ房が小さいです。

Sdsc04562

      八重咲き水仙アイスキング(2008秋5球鉢植え)

             3月18日から咲き始めました。

Sdsc04584

 鉢植えだと3年ぐらいで咲かなくなる水仙が多い中、アイスキング

     は4年目を迎え、12の蕾をもち現在6輪咲いています。

      初めて咲いた時は4輪でしたので3倍に増えました。

Sdsc04467

 花の中には先祖がえりをして、カップが一重のアイスフォリスに

          なってしまったものもありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Sdsc03990 Sdsc04309 Sdsc04495

一袋128円で買った豆苗。残った根と豆を豆腐の入っていたパックに入れ水耕栽培。明るい窓辺に置き、お水を毎日取り換えると2週間後には再収穫出来ます。ただしかさは買った時の半分くらいになります。

2012年3月21日 (水)

キンカンと椿の花

昨日は実家のお墓参りに行ってきました。

母と会うのは半年ぶりぐらいですが、思っている以上に元気で安心

しました。庭にキンカンや夏ミカンがなっていましたが、誰も食べない

ので持って行きなさいと言われ、少しだけ貰ってきました。

Sdsc04492

夏ミカンは皮が固く、あまり美味しそうもありませんでしたが、キンカン

は水分がやや少ないものの、甘みがあるので生でも食べられましたdelicious

Sdsc04427

Sdsc04339 Sdsc04446

椿・卜伴(ボクハン)とプリムラシネンシス(コボレダネ)の寄せ植え

母は実のなるものが大好きで、私が幼いころにはサクランボ、梨、柿、

ユスラウメ、イチジク等を庭に植えていました。イチジクは子供には

不人気なこと、梨は甘みが少なく、固いので、いつの間にか切られて

いましたが、学校から帰り、庭の果物を食べるのは子供の頃の楽しみ

でした。

Sdsc04457

Sdsc00994_2

香り椿・春風とプリムラジュリアンとシレネ(コボレダネ)の寄せ植え

その後も桃、ザクロ、キウイーフルーツ、枇杷、ミカン、夏ミカン、など

植えていましたが、家族にはあまり喜ばれず、手入れも出来なく

なったので、現在は観賞用として数種残るだけとなりました。

Sdsc04454 Sdsc04451

庭のやぶ椿と白乙女

母とすれば何かあった時、家族が食べるものに困らないように、

せっせ、せっせと植えていたようですが、その心が伝わっていない

ようで、残念に思いました。

2012年3月19日 (月)

クリスマスローズ・オリエンタリス~オープンガーデン・スライドショー

クリスマスローズは人気と共に高価になり、花形はダブルやセミ

ダブルが増え、花色も黒、黄色、ピコティ、バイカラー等とバリ

ーションも豊富になりましたが、私が育て始めたころは地味で

人気もあまりありない花でした。

Sdsc04348

20年前頃、実家から貰ってきた、初めてのクリスマスローズ 

何度か場所を変えたり、株分けをしながら育ててきました。

Sdsc04350 Sdsc04351

この3種は10年前頃から育てています。鉢植えの開花株を購入し

4年後位に庭に下ろしました。俯いている花をのぞきこんだり、

上を向かせたり、毎日楽しみながら見ています。

Sdsc00737_3

美しいのに自己主張せず、ひっそりと咲く姿に癒されます。

(↑開花が遅い品種でまだ蕾なので昨年の画像を使っています)

Panelimg

コボレダネいろいろ

花びらの先がとがったもの。

Kurisumasuroze

花びらが丸みを帯びているもの。

同じ親株からでも色々な表情をした子が生まれるのですね。

自分で好きな品種を選んで交配させたらもっと楽しくなりそうですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウオーキングをしながらクリスマスローズのオープンガーデンを

拝見して来ました。温かい紅茶、俯いて咲くお花がよく見えるように

と手渡れた手鏡など、至れり尽くせりでした。この他にも香りの

良いクリスマスローズや素敵なクリスマスローズがいっぱいでした。

福寿草や雪割草、小球根の花々がクリスマスローズの間にセンス

よく植えられていたのも印象的でした。


クリスマスローズ オープンガーデン 雁野様宅 - スライドショー

2012年3月16日 (金)

我が家のハナニラ

ハナニラ(花韮)はユリ科ハナニラ属の多年草(小球根)で、

南アメリカ(アルゼンチン、ウルグアイ)が原産地です。

星型をした小さな花はとても可愛らしく、

英名ではSpring starflowerと呼ばれています。

葉がニラに似ていることからハナニラと呼ばれていますが、

葉をちぎったりしない限り、臭いは大丈夫。

今は鉢植えで育てていますが、いつかは庭に下ろしたいです。

Sdsc04441_2

アルバ

Sdsc04317

ウイズレーブルー:咲き始めはもう少しブルーが濃いです。

Sdsc04318

ロルフフィードラー:綺麗なブルーの花ですが、花数が少ないのが玉に傷です。

Sdsc04366

セロウィアナム:2年前カコさんより球根を頂きましたが、昨年は咲き

           ませんでした。初めての開花。嬉しいです。

久しぶりに英語で・・・【間違っていたら教えてください】

Spring starflower belongs to the Lily family.

It is a perennial herb that is native to South America

such as Argentine and Uruguay.

Small star-shaped flowers are very pretty,

and it is called Spring starflower in English.

Because the leaves resemble leek, it is called Hananira.

But if it doesn't tear up the leaf, it hardly smells.

I am raising the Hanarira in the pot now,

but I want to plant them in the garden someday.

Sdsc04424_2 Sdsc04426_5

息子と孫のK君から送られたホワイトデープレゼント。

クッキーはあ嫁さんとK君の合作だそうです。どうもありがとうheart04

2012年3月14日 (水)

セロジネ・インターメディア

Sdsc04298

セロジネ・インターメディア( Coelogyne intermedia )

ラン科セロジネ属の非耐寒性常緑多年草

ヒマラヤに咲くセロジネ・クリスタータ(C. cristata)とジャワなど東南アジア

の高地に咲くセロジネ・マッサンゲアナ(C. massangeana)との交配種です。

セロジネで世界らん展日本大賞に輝いた江尻光一さんによると、5月から

9月下旬まで液肥を週一回、これとは別に固形肥料を6、7、9月に三回

与えると花付きがよくなるそうです。我が家では肥料が少なすぎました。

Sdsc04347

寒さに強く香りの良いランです。アーチ状の花茎に清楚な白い花

を5~8個つけます。一鉢位は早くお花を楽しみたかったので、

1月中旬に外の簡易温室から室内に取り込みましたが、簡易温室

のセロジネには現在花芽がほとんど見られません。いくら寒さに

強いランとはいえ、今年の冬の寒さは尋常でなかったようです

Sdsc04305

キンギアナム(Kingianum)

ラン科デンドロビウム属の非耐寒性常緑多年草

オーストラリア原産のデンドロビウムの仲間で、春にピンクや白い小さな

花をたくさん咲かせます。肥料はあまり必要としませんが、生育期(5月

~6月、9月)に液肥を二週間に一度与えると頑健に育つそうです。

暑さ寒さに強い強健な性質なので、育てやすく初心者向きのランです。

Sdsc04304

お値段の安さに惹かれて連れて帰りましたが、よく見ると27年前

から育てている我が家の古株とよく似ていましたhappy02

Sdsc00948

大きくなりすぎて手に負えなくなった我が家の古株。

植替えもせず放置状態です。[3年前の画像]

Sdsc04355_2 Sdsc04354_2

ヒアシンスの蕾が膨らん出来たり、チューリップの芽も勢いよく成長

を始めました。庭に出る楽しみが増えてきました。

Sdsc04250_2

プランターの水仙・テータテートが3月の初めから咲き始めました。

昨年の今頃は庭植えのテータテートがすでに満開になっていました。

Sdsc04359_5

今年はまだこんな状態。いつの間にかジャーマンアイリスの根が

張り、その隙間からやっと顔を出していました。秋になったら植え

替えてあげないと可哀そうですね。

Sdsc04225_2 Sdsc04227_2

オキザリスのコモサイエロー(左)とセルヌア(右)が咲き始め

ました。コモサイエローは3年目、セルヌアは4年目の開花となり

ます。球根が小さくなったのか、年々と花数が少なくなりました。

2012年3月12日 (月)

宮古5島めぐりの旅⑤来間島~砂山ビーチ

いよいよ今日が旅行最終日。初めて朝から小雨に降られました。

この旅行で、バスガイドさんから最初に聞いたのが、沖縄や宮古の

方言でしたが、英語より難しく、ほとんど頭の中に残っていません。

次に説明を受けたのが、車窓から見た人頭税石の話。

今日は窓側に座ったので、写りは悪いのですが、写真が撮れた

ので、そのお話を御紹介をさせていただきます。

Sdsc04201

人頭税石(にんとうぜいせき)、別名「ぶばかり石(賦測石)」

手前の高い石が143cmの人頭税石、隣(右後)は役人が座る石

1637年から1903年・明治36年の約266年間、宮古・八重山では15歳に

なり、身長がこの石の高さ(143cm)になると税を賦課されていたそうです。

この石で本当に身長チェックしていたかどうかは、定かではありませんが、

その税がとても過酷で、今の貨幣価値に換算すると、収入10万円に対して

税が8万円。男性は粟、女性は上布で納めていたそうです。

今の私たちなら、そんなに高い税金を黙って納めることはしませんが、

当時の方たちはずっと耐えてきたのですね。ガイドさんの説明がなければ、

見過ごしてしまいそうな石。400年近くもの間、この地に住む人々の

暮らしを、どのような思いで見つめてきたのでしょうか。

Sdsc04196

今日、最初に訪れたのは東急リゾート前の前浜ビーチからも

見えた来間島。橋を渡り小高い展望台から写真を撮りました。

Sdsc04198

来間大橋は宮古島と来間島を結ぶ全長1690mの橋で、1995年

に開通したそうです。農道としては最長の長さを誇る橋だそうです。

池間大橋を通った時、海の色が濃い場所が珊瑚礁だとガイドさんが

教えて下さいましたが、ここもそうなのでしょうね。小雨が降っても

こんなに海の色が綺麗なのは珊瑚のなせる技だと思いました。

Sdsc04214

次に訪れたのが砂山ビーチ。駐車場にからしばらく歩くと、舗装

された道路はなくなり、砂山の小道を下っていくことになります。

足元が悪かったので、一部の方はバスの中で待機されていました。

砂山の中腹から見た砂山ビーチと美しい海。来て良かった!!!

Sdsc04202_2

隆起珊瑚礁で出来た洞窟です。上部の浸食が進んでいるようで

ネットが張られていました。こちらの砂浜もサラサラと粒が細かく、

裸足で歩いても気持ちが良さそうでした。

Sdsc04206

洞窟越しの海。

思わず中を覗き込んでみたくなるような、造形の美しさ。

大きくな波が押し寄せて、靴を濡らしてしまいましたwave

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

楽しい2泊3日の宮古5島めぐりの旅は終わりました。

宮古11:40発のJTA558便で那覇へ。那覇からは12:50発

羽田15:00着のJAL910便で戻る予定でしたが、2月29日の

東京は大雪だったため、那覇空港で1時間の足止めになりました。

ゆっくり出発、早めの帰宅が売りのツアーだったので、

6時過ぎには無事、家に着くことができました。

長~~~い旅日記にお付き合い下さった皆様。

タンディガータンディ ~ ありがとうございました。

2012年3月 9日 (金)

宮古5島めぐりの旅④伊良部島・下地島

Sdsc04102 Sdsc04101

宮古島・平良港

平良港からバスごとフェリーに乗り、約30分、ゆっくりクルージング

を楽しみながら、伊良部島の佐良浜港に向かいました。

Miyako_map1_2

伊良部島は宮古島の北西約5キロに位置し、下地島と隣り

あっています。二つの島は幅が40~100mの入江で隔てられ、

入り江には6本の橋が架けられ、繋がっています。

Ssdsc03685_2

建設中の伊良部大橋

宮古島と伊良部島を結ぶ全長3,540mの橋で、2014年開通

予定だそうです。完成すると日本最長の無料の海上大橋となり、

宮古4島はすべて宮古島と橋で繋がることになるそうです。

Sdsc04107

伊良部島・佐和田の浜

遠浅の静かな海に沢山の岩石が点在し、独特の美しい風景を見せ

てくれます。大小の岩石は1771年の明和の大津波で打ち上げられ

たものと言われ、島には過去2000年の間に大津波が3回来たと

言われているそうです。

Sdsc04108

平成8年に「日本の渚百選」に選ばれています。女子十二楽坊の

『輝煌』のプロモーションビデオはここで撮影されました。

Sdsc04112

下地島・パイロット訓練場

Sdsc04113

タッチ&ゴーの訓練をしていました。

Sdsc04116

誘導灯

468852996_2423336_24104011

下地島・通り池

Sdsc04130

通り池の石碑

通り池は雨水による石灰岩の浸食で自然に出来た池だそうです。

Sdsc04117 Sdsc04121

神秘的な群青色をした二つの池は下部で互いに繋がり、池の底

は約10mの洞窟で外海と繋がり、そこを通って海面にも出ること

ができるそうです。淡水、海水の魚がたくさん住みつき、ダイバー

たちにも人気のスポットだそうです。

通り池は1974年3月に沖縄県天然記念物に指定されています。

Sdsc04124

遊歩道の先にはあと一つの池・なべ底があるそうですが、

途中で壊れていて、先には進めませんでした。

Sdsc04135

通り池付近でも珍しい草木に出会えました。

アダン:タコノキ科の常緑小高木

熟すると黄色くなり、パイナップルとよく似ていますが、

繊維質が多く、まずいので今は食べられていないそうです。

海岸近辺に茂り、防風林として大切な役目をしているそうです。

Panelimg

島のあちこちで目にしたハイビスカス。

白い可憐な木花、シャリンバイ。

(kuraさん、お花の名前を教えていただき、ありがとうございました)

黄水引によく似た花

可愛いゆうなの花。

季節によって色々な花が咲くのでしょうね。

Sdsc04144_2

伊良部島・渡口の浜

Sdsc04139

弧を描く、長さ800m、幅50mに渡る真っ白な砂浜は、

宮古本島の与那覇前浜と並ぶ宮古地方の有数のビーチだそうです。

粒の細かい白砂はうっとりするほど美しく、これぞ離島のビーチと

いった感じでした。

Sdsc04149

これで二日目の旅が終わりました。帰り、カーフェリーに乗って

しばらくすると、突然スコールのような雨が降ってきました。

雨に濡れることなく、バスに乗り込み、ぼんやりと窓の外を眺め、

ウトウトとしていると、バスはホテルに到着し、激しい雨は

嘘のように止んでいました。

2012年3月 7日 (水)

宮古5島めぐりの旅③東平安名崎

昼食を宮古島海宝館で頂き、館長自らが集めたという「世界の

貝資料館」を見学し、お土産を見て、宮古島のお酒・泡盛を試飲し、

(黒砂糖を舐めながら、オンザロックで飲むと美味しいのです)

バスに揺られて東平安名崎(ひがしへんなざき)に向かいました。

Sdsc04077_2

東平安名崎は宮古島の南東部に伸びた岬で、東シナ海と太平洋

一望に見渡すことができる景勝地です。岬にはあちらこちらに

綺麗なお花が咲いていました。ここはテッポウユリの自生地として

も有名で、4月~5月にかけて、沿道2キロにわたり、白い絨毯を

敷き詰めたように美しく咲き誇るそうです。早くもチラホラと咲き

始めていましたが、風当たりが強いこともあり、我が家のテッポウ

ユリに比べ、草丈は大分低かったです。

Sdsc04096

                 ハマボッス

Sdsc04090_2 Sdsc04092_2

       ムラサキカタバミ           イリオモテアザミ

Sdsc04087_2 Sdsc04088

        ハマウド               テッポウユリ

Sdsc04100_2

                 テンニンギク

Sdsc04081 Sdsc04080_2

マムヤの墓 (興味のある方は画像を大きくして読んでくださいね)

Sdsc04084_2

お天気は曇ってきましたが、晴れていたらまた違った海の色を、

楽しませてくれたのでしょうね。

Sdsc03682_2

灯台は残念ながら改修中のようでした。

2012年3月 5日 (月)

宮古5島めぐりの旅②池間島~宮古島海中公園

沖縄や宮古島のような南の島というと、冬でも暖かく、太陽

が燦々と降り注ぐイメージがありますが、快晴日数は全国で

最下位。降雨量は全国で2番目に多いそうです。冬は曇り

雨の日が多いそうですが、この日は珍しく晴れ間見え、

バスガイドさんにとてもラッキーだと言われました。

Sdsc04027_2

池間島の土産店の展望台から見た池間大橋と宮古島

池間大橋は宮古島と池間島を結ぶ全長1,425mの橋で、総工費

100億円をかけて、1992年2月に開通したそうです。橋の上から

見た海の色は申し分のないエメラルドグリーンでした。色の濃い部

分は珊瑚礁だそうです。橋を渡る車は少なく、釣りざおを抱えた

イケメン青年二人が印象的でした。海亀が海面にプカプカ浮かん

でいるのも見えました。海亀は肺呼吸をする爬虫類なので、たまに

海面に上がって息継ぎをするのだそうです。

Sdsc04030_2

白砂の綺麗なビーチ・お浜から見た池間大橋

池間島は宮古島の北に浮かぶ小さな島で、昔はカツオ漁が盛んだ

ったそうです。橋のたもとにはお土産屋さんがあり、カツオの加工品

や海ぶどう、貝のコレクション等が売られていました。橋の中央部が

盛り上がっていますが、船の航行のために橋脚を高くしてあるのだ

そうです。

Sdsc04035_4

次は楽しみにしていた宮古産の雪塩製塩工場見学でした。

しかし工場見学はなく、製品の説明・宣伝・販売のみに終わりました。

勿論雪塩はお土産に沢山買いましたが、ちょっと残念でした。

Sdsc04048_3

宮古島海中公園

Photo7s1_2

地下階段           (写真はHPよりお借りしました)

かなり急です。お年寄りや脚の不自由な方のためには

昇降ゴンドラが用意されているそうです。

Sdsc04040_2

海中観察施設

大きな水槽。窓は24個あります。

Sdsc04043

やっとお魚に会えました。シマタレクチベラのようです。

Sdsc04052

展望台

海中公園には30分しかいられなかったので、海中観察施設を

見学するのみで、展望台には行けませんでした。道路が整備

され、歩き良さそうだったので、公園を一周してみたかったです。

Sdsc04053

宮古島の砂浜は白く、とても美しいですが、それはサンゴの骨格や

貝殻などがくだけて細かくなり、海岸に打ちよせられるからだそう

です。また川がないので、海に泥が流れ込まず、海水の透明度が

高く、綺麗なのだそうです。では水はどうしているかというと、島全体

がサンゴ礁の隆起によって出来ているため、降水は直ちに土壌面

から浸透して地下水となるので、地下ダムに貯蔵し、満水になると

自然に海に流れるようになっているのだそうです。道路の下はほと

んどダムになっているとか。。。

宮古島の美しさは天の恵み。いつまでも守っていきたいものです。

2012年3月 2日 (金)

宮古5島めぐりの旅①東急リゾート

2月27日から29日までの3日間、

宮古5島めぐりの旅をしました。

寒い時には暖かさを求めたいのでしょうね。

JALの沖縄便は満席でした。羽田から那覇まで2時間50分、

那覇でJTAに乗り換え、宮古空港まで50分。

距離にして沖縄本島から南に300kmもあるそうです。

日本列島が南北に長いことを、今更ながら実感しました。

空港では大きなシーサーがお出迎え。。。

よく見ると貝がらで出来ていました。

精悍な中にもどこか愛嬌がありますね。

Sdsc03995_2

ゆっくり出発だったのでホテルに着いたのは7時40分。

宿泊先は東急リゾートに2連泊です。荷物とキーを受け取り、

8時からホテル内のレストラン・シャングリラで夕食。

とても慌ただしかったです。

Sdsc03999

お食事はブッフェスタイル。

和洋中、沖縄料理等のメニューが盛りだくさん。お味も美味しい

ので大満足でした。本当はもっともっと食べているのですよcoldsweats01

Sdsc04002

デザートもバリエーションが豊富。

この他にもプチケーキやわらび餅等の和菓子が沢山並んで

いましたが、もうこれが限界でしたdelicious

Sdsc03996_2 Sdsc03997_2

お部屋は6畳の和室のついたファミリー向けのお部屋で

広々としていました。翌朝が8時出発なので、早く休みたい

ところでしたが、なかなか寝付けません。

ガラス戸を開けると、雨の降る音がザァザァと聞こえましたshock

Panelimg_3

空港もそうでしたが、ホテルも南国らしく沢山の蘭が

ディスプレイされていました。

お花はコチョウランとデンファレが多かったです。

Sdsc04004

朝食は7時から・・・

主食はお粥に梅干しを入れて。ちょっと食べ過ぎですかしらhappy02

Sdsc04170

夜中に降っていた雨もすっかり上がっていました\(^ー^)/

短時間でしたが、ルンルン気分でホテル近辺を散策しましたshoeshoe

赤煉瓦の屋根の建物がレストランです。

Sdsc04156 Sdsc04010

プールやダイビングの練習用プールもありました。

もう少し若かったらダイビングに挑戦してみたかったです。

Panelimg

ガーデンにはランタナ、ハイビスカス、ブーゲンビレア、

ハマユウ、インパチェンスなどの夏のお花で彩られていました。

Sdsc04154_2

基部がトックリのような膨らみがあるトックリヤシ。

金運がアップすると言われているそうですね。

Sdsc04180 Sdsc04181_2

マニラヤシの実が赤くなっています。

Sdsc04162

別名幸福の木と呼ばれ、観葉植物として育てられているガジュマル

こちらでは大木です。木の本体から木根がたくさん出て幹に絡み

ついています。ガジュマルの名の由来も「絡まる」姿が訛ったと

いう説さえあるそうです。

Sdsc04179_2

島唄で覚えたデイゴ、沖縄県の県花だそうです。

春から夏にかけて大きな赤い花を咲かせるそうです。

見てみたかったな~・・・

その他モンパ(紋羽)の木、コバノナンヨウスギなど、

珍しい樹木も見ることができました。

Sdsc04169

しかしなんといっても素晴らしいのが、ホテルの前にある

与那覇前浜ビーチ。海岸沿いに7キロもの砂浜が続いています。

砂は白くサラサラ。歩いても靴が砂の中にズボッと入りません。

海の色もブルーから沖に行くに従い濃くなってとても素敵。

前畑ビーチからは来間大橋や来間島が見えます。

ここは「全日本トライアスロン宮古島大会」のスイム、スタート、

ゴール地点にもなっているそうです。

8時から5島めぐりツアーに出発です。急がなくちゃ・・・

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ