« ショコラ | トップページ | らんらんランチ♪ »

2012年2月 1日 (水)

面白い「我が老後」

Sdsc03564

図書館で借りた佐藤愛子さんの「我が老後」を読んだ。

この本は20年前頃「オール読物」に掲載されていたエッセイ

まとめたもので、2匹の飼い犬、妊娠を機に娘から預かっ

た2匹のインコと犬、娘や孫とのやりとり等のドタバタした

日常が面白く描かれ、ページをめくるたびに声を出して

笑ってしまった。飼い犬をいじめたり、サンダルを投げつけ

たりと、短気な面もあったようだが、自分は爺さんだから

赤ん坊の世話絶対しないと言いつつ、ついつい手が出て

しまうあたりは、世の優しいお婆さんと同じ微笑ましかった。

Sdsc03562

シクラメン・ミディゴールデンガール

サクラソウ科 シクラメン属

Sdsc03559

白っぽく写っていますが珍しい黄色のシクラメンです。

Sdsc03533

シルクジャスミンの実(アイの実)が色づき始めました。

Sdsc03557_2

あれよあれよという間に芽が出て蕾まで付いてしまいました。

« ショコラ | トップページ | らんらんランチ♪ »

ガーデニング」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

hiroさん おはようございますcat
面白そうな本ですね。
私は難しい本は頭がついていきませんがこのような面白い本は好きです。
黄色のシクラメンは珍しいですね。
蕪は時期が短いですがこれから花が楽しめますね。

hiroさん、おはようございます。
パソコン、一度インターネットやメールを接続して稼働を始めたのに
セキュリティの関係かメールだけが使えなくなってまた設定を初めから
やり直したりと何回かトラブってしまいましたが先日から無事新しいほうに
移行できました。

「我が老後」面白そうですね。私も図書館で予約しました。

シクラメンってサクラソウ科なのですね。

「ヤコブへの手紙」はちょうど2月のWOWOWの番組表に載っていました。
初旬に放映されるので楽しみしています。
「ショコラ」は私も映画で見ました。どこからか引っ越してきたお母さんと
娘さんがチョコレートショップを始めてそこにやってくる村人との交流が描かれていましたね。部分的にですが映像も少し思い出します。

プールも再開されたのですね。お風呂もサウナもあって200円はいいですね。
私も3月からは高齢者手帳が使えます。

私も録画した映画や旅番組がたくさん溜まっていますので少しずつ見ています。
昨日、一昨日とどちらもイギリスの映画ですが「クレアモントホテル」と
「エリザベス・ゴールデンエイジ」を続けてみました。
時々ですが英語が聞こえるとうれしいです。

「我が老後」面白そうですね。
図書館も出かける回数が減って来ましたが
楽しく読めるようで、
出かけて借りてきたいと思います。
シクラメン・ミディゴールデンガールは素敵な
シクラメンですね。黄色なのですね。
ピンクと淡い黄色がとっても可愛いです。
大きな鉢のシクラメンは上手に育てられず
ガーデンシクラメンばかりでしたが、
素敵なお花を拝見すると欲しくなります。
シルクジャスミンのお花は見たことがありますが、
実が付くとは知りませんでした。可愛いですね。
カブなのでしょうか?生きていますね。
黄色いお花が咲くのでしょうか?

大五も今日刺激されて図書館へ予約メールを入れました
楽しみです

蕪の水耕栽培面白いですね
大五、今年ヒヤシンスを水耕栽培をしましたが、部屋が乾燥したのかしら、花芽がやられてしまいダメになってしまいました

hiroさん    今晩は!
”わが老後”は面白そうですね。
最近は友達との会話も
親のお世話 年金 介護施設 健康 老後の話と話題が多くなってきました。

シクラメンは素敵ですね。
黄色のシクラメンは珍しいですね。
写真は淡い花色は実際の色がでにくいです

シルクジャスミンは実ははじめてみました。
かぶのお花が楽しみですね。
我が家はにんじんの切り株から細い根ときれいに葉が出てきましたが
にんじんは栄養分をとられしぼんできました。

catミミさん、こんばんは~♪
この本は佐藤愛子さんのお孫さんが生まれる
前後の2~3年の日常が書かれているので、
私と娘にも重なる部分があり、とても面白かったです。
エッセイなので一遍一遍が短く、スーッと読めるのも良いです。

カブは台所の隅で2週間ぐらいのうちにあっという間に
育ってしまいました。こうなると中がスカスカで
もう食べられないでしょうね。

佐藤愛子の本は昔随分読みましたが
近年は読んでいません。
正統派うるさ型のおばあさんという感じで
だらしない若者やいいかげんな世間を叱り飛ばすようなところが
読んでいて小気味よかったものですが。
そういえば週刊文春の最新号で彼女の
野田聖子女史と人工授精で生まれた子供についての
御意見を読みました。
要するに、(子どもが授からないという)昔は神の領域であったところまで踏み込んでしまった人間の驕りである、とおっしゃっていたような…
愛子さんらしいなあと思いました。

わが老後は如何に・・Saas-Feeの風の振る舞いと
重ね合わせてしまいそうな・・。

黄色いシクラメンですか~、見たことが無いと思いますよ。
写真では白く見えますね。
かなり薄い黄色ということでしょうかねえ。
1枚目の左に黄色が見えていますよね。
光線が影響しているのかなあ。

ジャスミンの実も見たことがありません。
我が家にジャスミンがありますが実が生ったことがないのですよ。

カブに蕾み・・ダイコンのような花が咲くのでしょうか。
農家では葉をきってしまいますね。
栄養分を葉に取られてしまうから。
畑で三分刈りにされたダイコンの列を見たことがあります。
ちょっと面白い光景でした。

chisayobaabaさん、こんばんは~♪
パソコン、使えるようになってよかったですね。
「我が老後」は肩が凝らず、面白いので
一気に読めると思います。シリーズで7作あるので、
私も続きを読んでみたいです。

バレンタインデーが近づくとショコラを思い出します。
フランスの小さな村にヴィアンヌと娘がやってきて
チョコレート屋さんを始めることから物語は始まりますね。
お客さんの好みのチョコレートをピタリと当てるシーン
では、こんなチョコレート屋さんがあったら毎日でも
通いたいと思ってしまいました。

私は昨年の10月で65歳になったのchisayobaabさんと
同級生ですね。65歳以上のの特典は他にもあるようなので、
よく調べて利用しようと思います。

「クレアモントホテル」と「エリザベス・ゴールデンエイジ」
メモさせて頂きました。次回レンタルしてこようと思います。

すみれさん、こんばんは~♪
佐藤愛子さんは昔テレビでよく見ていたので
知っていましたが本を読むのは初めてです。
歯に衣着せぬコメントが印象的でしたが、
「我が老後」もそんな感じの本です。
肩が凝らず、楽しいので、時間があったら
ぜひ読んでくださいね。

お花もそろそろ断捨離しなくてはと思い、
買うのを控えていたのですが、シクラメンの
ミディゴールデンガールが298円というお安さ
だったので買ってしまいました。
好きなものはなかなか断捨離できませんね。

カブの花を咲かせるのは初めてです。
白い花か黄色い花だと思いますが楽しみです。

大五さん、こんばんは~♪
佐藤愛子さんの本を読むのは初めてなのですが、
とても面白かったです。言いたい放題のようでも、
温かみがあるので、嫌味がありません。
とても読みやすいのでおすすめです。

カブは水耕栽培ではないのですよ。
籠に入れて台所においたところ、あれよあれよ
という間に育ってしまいました。
自分の養分だけで成長しているのですね。
ここまできたら食べないで、お花を観賞しようと思います。

えつままさん、こんばんは~♪
佐藤愛子さんの本を読むのは初めてです。
このエッセイは20年の間に7巻刊行されているそうです。
「我が老後」は1巻なので、ペットやお孫さんの
話題が多いですが、年齢とともにえつままさん達
の話題に上がる、親のお世話 年金 介護施設 
健康 老後の話も出てくるかもしれませんね。
この続きも読んでみたいです。

黄色のシクラメンは昨年も買いましたが、
夏を越すことができませんでした。
今年はシクラメンは外に置き、夜だけ玄関の中に
取り込んでいます。暖房で厚くなりすぎることが
ないのでお花が長持ちするような気がします。

このカブもえつままさんのニンジンと同じように
そのうち実がしぼんでしまうでしょうね。お花が楽しみです。

zooeyさん、こんばんは~♪
この歳になるまで佐藤愛子さんの本は読んだ
ことがありませんでした。昔よくテレビにでて
いたのでコメントなどから、zooeyさんが感じて
いらっしゃることと同じような印象を受けていました。
週刊文春の記事は読んでいませんが、いかにも
愛子さんらしいですね。
88歳になられた現在でもとてもお元気なようです。
「我が老後」シリーズは7巻あるようですので、
この続きも読んでみたいと思います。

Saas-Feeの風さん、こんばんは~♪
黄色いシクラメンは室内でも撮ったのですが、
どちらも白っぽく写っています。
黄色と言ってもクリーム色に近いのですが、
肉眼の方がはっきりと黄色であることがわかります。

シルクジャスミンはジャスミンの仲間ではなく
ミカンの仲間の観葉植物なのですよ~
寒さには弱いので冬は室内に取り込んでいます。
ジャスミンに似た香りのお花が咲くのでこの名前
が付いたのでしょうね。赤い実が沢山なると可愛い
のですが少しだけです。

このカブは食べようと思って葉を切り落とし、
籠に入れておいたのですが、食べるのを忘れていたら、
葉が出て、あっという間に蕾ができてしまいました。
きっと実はスカスカでもう食べても美味しくない
でしょう。お花が楽しみです。

hiroさん、こんにちは^^*/
図書館でお借りした我が老後と言う本面白そうな内容のほんですね。
昔はよく本は読みましたけど、どうしても主人が読めないのに私が傍で読んでると悪いかと思いそれもあり
私も本は読んでいて飽きてくるので今は読んでないんですbook
シクラメンのお花綺麗な色合いですねmaple
ジャスミンの実でも色々名前があるんですねcherry
初めてみました小さくてかわいいですね。
まだ寒いですけど、春の訪れは近いのかしらねbud

今は、両親の話しや自分達の年金生活や保険がとそんな話ばかりですね、年はとりたくないですねと言っても人生色々だと感じてますheart01

mikkoさん、こんばんは~♪
歳をとると本を読むのもだんだんと億劫に
なりますが、この本は軽くてとても読みやすいです。
今までエッセイは向田邦子さんのものしか
読んでいなかったのですが、
すっかり佐藤愛子さんのファンになってしまいました。

今年の冬は特別に寒いですね。
インフルエンザが流行っているようなので、
今はなるべく家の中でおとなしくしています。
mikkoさんも風邪にはお気を付け下さいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508194/53848053

この記事へのトラックバック一覧です: 面白い「我が老後」:

« ショコラ | トップページ | らんらんランチ♪ »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ