« 雪 | トップページ | ショコラ »

2012年1月27日 (金)

ヤコブへの手紙

ネットで交流させて頂いているZooeyさんの記事で知った

「ヤコブへの手紙」をレンタルDVDで見ました。

原題 Postia Pappi Jaakobille

製作国 2009年 フィンランド映画

監督 クラウス・ハロ

脚本 クラウス・ハロ、ヤーナ・マッコネン

登場人物はたったの3人。高齢で盲目のヤコブ牧師、

終身刑に服していた恩赦により釈放されたレイラ、

郵便配達人。終盤で語られたレイラの告白には

胸を締め付けられました。上映時間も75分と短く

シンプルでしたが、心に深く染みる映画でした。

興味のある方、あらすじはこちらで~♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年の12月8日から咲いていたバンダの花が、下から

2輪萎んでしまいました。初めて咲いたのは12月8日。

1ヶ月半以上楽しませてもらいましたが、来年も咲いて

欲しいので切り花にしました。

Sdsc03526

トイレに飾りました。

Sdsc03531

デンドロビウム・サギムスメ

10日前頃から咲いていますが、咲いているのは昨年咲いた

茎の先端ばかり。綺麗に咲かせるのは難しいです。

Sdsc03532

こんな蕾がたくさん付いています。

一斉に咲くのはもう少し先のようです。

Sdsc03543

ミディイカトレア・ドロシーオカヒノモト

我が家に来てから3年目。毎年花を咲かせてくれます。

上ガク片がねじれ、茶色っぽくなったので、

こちらもそろそろ切り花にしようと思います。昨年暮れから

1カ月余り、よい香りと共に楽しませて貰いました。

Sdsc03546

テーブルが明るくなりました。

あとどれくらい咲いてくれるでしょう。

« 雪 | トップページ | ショコラ »

ガーデニング」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ヤコブへの手紙、私もZooeyさんの記事で知り
早速TSUTAYAへ出かけましたが、
残念ながらまだ入荷していませんでした。
多分もう入荷しているかと思いますので
観てみたいと思います。

蘭を上手にお育てですね。
バンダの花色が素敵で
出合いが有ったらと思います。
いつもお上手に咲かせておいでの
hiroさんでも綺麗に咲かせるのは難しいのですね。
ミディイカトレア・ドロシーオカヒノモトも可愛くて
こちらも育ててみたいお花です。
毎年楽しめるのも素敵ですね。
でも私では毎年は無理かもです。

hiroさん、こんにちは。

昨日、11年ぶりにパソコンを買いました。
インターネットの接続やセキュリティやメールの
設定など久しぶりなので四苦八苦です。
まだまだ古い方と新しい方を行ったり来たりです。

取りあえず、ネットとメールは使えるようになりました。
落ち着いたらまたゆっくり伺います。

すみれさん、こんばんは~♪
私は近くのゲオでこのDVDを借りましたが、
自分で探すのは面倒なので店員さんに
お願いしてしまいました。
静かで地味な作品でしたが、じわじわと
こみあげてくるものがありました。

バンダは3年ぶりに咲いたので喜びも
ひとしおでした。
ランは丈夫で育てやすい種類を選べば
どなたでも花を咲かせられると思います。

chisayobaabaさん、こんばんは~♪
11年も使われていたのですか。
きっと丁寧に使われていたのでしょうね。
インターネットの接続やセキュリティや
メールの設定などを御自分でなさるのですね。
凄~い!!!
私はすべて息子にしてもらいました。
新しいパソコンはスムーズで快適でしょうね。

ここ数年は洋画にも邦画にも縁が無くって
話題の作品をまったく知らないのですよ。
加齢のためか涙もろくなり、映画やドラマを見ていて涙ぐむことがしばしばなのです。
そんなことが多くなり、映画やドラマを敬遠するようになりました。
今は米英のサスペンスもののテレビ映画を見ています。
こういうものなら涙を見せることが無いので安心なのです(笑)

寒い夜はあたたかい飲みものを飲みながらビデオ鑑賞がいいですよね!!私も見たものがいろいろあります。。週末三昧してみようかN。
パンダ、可愛い色合いですね!!どのおはなもきれいに咲いていてうっとりです♪お部屋も明るくなりますね!

こんばんは。
パンダの青い花は、とっても神秘的ですねheart04
ランは、いつも素敵だな~って見ているのですが、どうも育てる自信がなくて見送りばかりですcoldsweats01
hiroさんは、毎年綺麗なお花を咲かせてらしてスゴイです~shine

Saas-Feeの風さん、おはようございます~♪
私も一時期、映画は年に数本しか見に行かな
かったのですが、昨年の秋にブルーレイディスクを
買ってからはDVDを借りたり、TVドラマも録画
して良く見るようになりました。
私の夫もあまり涙を誘われるような映画やドラマは見ません。
ほとんどがドキュメンタリーかSFものです。
風さんと同じような理由があるのかもしれませんね。
私はいつも一人で見て涙を流す快感に浸っています。

まつんこさん、おはようございます♪
最近はガーデニングやウオーキングを休んでいるので、
テレビ番組を録画したり、DVDを借りてきたり、
昔のビデオを見たりしています。
それなりに楽しいのですが、やはり早く春が訪れ、
ガーデニングやウオーキングを楽しめるようになりたいです。
今年はシンビジウムがイマイチですが、バンダや
デンドロビウム(まだ小さな蕾ですが)が沢山咲
きそうなので楽しみです。

ポエポエさん、おはようございます~♪
バンダは3年ぶりに咲いたのですよ。
毎年蕾は出来るのですが、咲かないうち萎んで
いました。これ以咲かなかったら、捨てようと思って
いたのですが、捨てなくて良かったです。
たまたま咲ける条件に環境が整っていたのでしょうが、
咲いてくれて嬉しいです。

hiroさん、先日はいろいろご心配いただきありがとうございました。
もうすっかり元の生活に戻っています。
デンドロビウムでしょうか?
きれいで暖かみのある花ですね。
わが家にはシンビジウムしかありませんが
今年は頂いたものだけで、古い株からは花芽が一つも出ませんでした。
夏にしっかりお世話したつもりだったのですが・・・
中々うまくいかないものですねcoldsweats01
hiroさんちのランはまだしばらく楽しめそうですね~

おはようございます!
あれれ..。一番に書き込みしたつもりで
おりました。
「ヤコブへの手紙」の予告編を見て、とても好感が
持てる映画のようだな〜と思いました。

それに、パンダの花はよく保ちますね。
これからは切り花でもしばらくは保つでしょうか..。

食卓がぱっと明るくなりますね!

こんにちは

Zooeyさんの記事、予告編、あらすじ、拝見しました。

hiroさんが「終盤で語られたレイラの告白には
胸を締め付けられました」の所があらすじにはありませんでした。まぁ、当然の事だと思いますが。
全部種明かしをすると客が来ませんから。

予告編でレイラが人からいじめられたと言っていました。人間不信に陥るほどのいじめられ方をしたんでしょうね。多分。かなり長期にわたって。
その恨みや怒りが、逆に他の人を殺傷してしまい
終身刑という重罪を背負う事になったという事でしょうか。私の想像(妄想)です。

刑務所の中でもレイラの心は矯正されず、人間不信のままでヤコブ牧師の前に立つわけですね。

そして盲目の老牧師の唯一の生きがいを奪うような
絶対あってはならぬ重罪をまたまた犯してしまうのですね。

人間の罪の連鎖を感じます。

しかし、悩める人々の告白を聞き、牧師の救いの
言葉を聞く中で、牧師の人柄に触れる中で、次第に
矯正されていくのですね。

何があろうとも、人々の幸せを祈る事は人としての
最後の一線ですね。これなくば、人は獣になります。

これは牧師のような宗教者だけでなく、私たち一般の社会人にとっても、基本中の基本のことだと思います。

日本の昨今の犯罪(昔からもですが)を知るにつけ
加害者、被害者の不幸を思います。

hiroさん    今晩は!
最近は映画は見ていません
「ヤコブへのい手紙」のあらすじを読ませていただきました。
3人だけの登場人物ですが深みのある映画ですね。
盲目の牧師さんの優しさが心に残りました。
見てみたいです。

パンダのお花はずいぶん長く咲いているんですね。
来年も咲くといいですね。
カトレアを3年も咲かせて素晴らしいです。
お部屋も素敵なお花と香りでいっぱいですね。

我が家のシンピジュームは花芽を持ちませんでした。

Happyさん、こんばんは~♪
ご主人様、回復されて本当に良かったですね。
遠くからかけつけて下さったお子様たちも
一安心されたことでしょう。

我が家も今年はシンビジウムはイマイチです。
12鉢有るのですが、蕾を持ったのは3鉢だけです。
けっこう場所をとるので、何年も咲かないものは
そろそろ断捨離が必要かとも思っています。

まだ寒い日が続きそうですので、風邪など
召されませんようお気を付け下さいね。

ryoさん、こんばんは~♪
若い頃はイタリア映画やフランス映画も沢山
見た記憶があるのですが、最近は洋画というと
アメリカ映画一辺倒でした。
アメリカ映画のようなエンターテイメント性
は有りませんでしたが、静かで心が洗われる
ような映画でした。公開される映画館が限られて
いるので、友ブログさんの記事を読まなければ、
見ることがなかったと思います。
最後はレイラと一緒に泣いていました。
泣いて心が軽くなりました。

kuraさん、こんばんは~♪
丁寧にご覧になっていただきありがとうございます。
私も予告編を見た時はkuraさんのように想像して
いた部分もありました。見終わってからもまだ
わからないミステリアスな部分もあります。
ネタばれしていいかどうかわかりませんが、
いじめられたのは母親から、殺人はある人を
かばってのことです。そこが私には一番泣けました。
短い映画でしたがとても内容の濃いものでした。
レンタルDVDにはいくつかの映画の予告編が
収められていましたが、興味深いものばかりでした。
あまりメジャーな映画ではないようでしたが、
世界には地味でも考えされられるところの多い
よい映画があるものだと思いました。

えつままさん、こんばんは~♪
私も最近は映画館に行くのは年に2回ぐらいで、
DVDもあまり借りていませんでしたが、
昨年ブルーレイディスクを買ってからテレビで放送される
映画やドラマを録画してよく見るようになりました。
昨日もこのDVDを返しに行くついでに、また3本
借りてきて、2本見ましたが、心から泣けたのは
このヤコブへの手紙だけでした。
心から感動できる映画はそうあるものではありませんね。

バンダは3年ぶりの開花で嬉しかったです。
カトレアは丈夫で寒さに強い品種に出会えたようですscissors
我が家もシンビジウムはあまり花芽を持ちませんでしたweep

hiroさん、こんにちは^^*/
洋画ですか、洋画は文字を読みながら画面を見るのが
疲れて画面を見てると文字が消えてしまうので忙しく
どうしても、訳した洋画になりますね。
今は、映画は全く観に行くという気も無くなりましたねconfident
このヤコブが盲目でそこにレイラが住むようになり
配達される手紙の返事をヤコブの代わりに書くという
仕事はレイラは嫌なようでしたが、あらすじを全部読ませて頂きましたbook
郵便配達の人とレイラの約束をして翌日も手紙が来なかったですがヤコブに「お手紙が届き」とレイラは
やっとそこでヤコブの事を解ったような作品ですね。
ジ~ンときましたlovely

パンダのお花綺麗な色合いで咲いていますね(*^▽^*)
切り花も素敵ですmaple
デンドロビウム・サギムスメというお花純白で
とても素敵です.トイレにどちらにも飾っても綺麗です
ミディイカトレア・ドロシーオカヒノモトというお花
華やかですね。
テーブルの上が華やかになり食事も美味しいのが増しますねheart04

hiroさん、こんにちは~♪
毎日寒い日が続いてますね~
「ヤコブへの手紙」のあらすじを拝見しました
レンタルビデオ屋さんで借りて観てみようと思います♪
心が洗われるような映画って最近あまりで会っていませんので
とても楽しみです。

カトレアは華やかで心がウキウキするお花ですね~
食卓も明るく華やかになりますねぇ♪

hiroさん こんばんはcat
「ヤコブへの手紙」のあらすじを見せていただきました。
私もあまり洋画は見ませんが、これは見てみたいと思いました。
hiroさんのお宅には蘭の花がたくさんあり、冬の間も華やかですね。
私は蘭は難しいようで育てた事がありません。
たまに頂くのもその時限りです。

mikkoさん、こんばんは~♪
目が疲れるのに「ヤコブへの手紙」のあらすじ
を読んでいただきありがとうございました。
レイラは最初、牧師の仕事をいやいやながら
手伝っていたのですが、牧師と接しているうち
彼の優しさにふれ、閉ざされていた心が溶けて行きました。
終盤が一番盛り上がるところで、感動の涙、涙でした。
映画の中のピアノ曲もとてもよかったです。
ランは咲かせるのが難しいだけに咲いてくれると嬉しいです。

ririさん、こんばんは~♪
静かで地味な作品でしたが、心にしみる
良い作品だと思いました。
レイラ役のカリーナ・ハザードが、無愛想で
荒削り、感情のかけらも持ち合わせていないような
ふてぶてしい女性の役をとても上手に演じていました。

ランは鉢花、切り花と長い間楽しめるのでよいです。
来年も咲いてくれるよう、早めに切りました。

catミミさん、こんばんは~♪
洋画と言えばアメリカ映画ばかり見ていたので、
初めて見るフィンランド映画はとても新鮮でした。
自然も音楽も静かで心から癒されました。
機会があったらぜひご覧になってくださいね。

蘭は品種によっては咲かせるのが難しいですね。
我が家にも咲かなくなった鉢が何鉢もあります。
そろそろ断捨離が必要かとも思っています。

せっかく御紹介頂いたのに
旅行に出かけていて御挨拶が遅れて申し訳ありません。

これは一般には殆ど話題にならなかった作品だと思いますが よかったですよね。
音楽も非常に静かで、ピアノ曲、ベートーベンやショパンの名曲がほっそりと流れていました。
レイラ、あそこまではどうにも憎らしいのに。
日本だったら、もっと細身の儚げな女優さんがやるところでしょうが
あの体格だし。
それだけに、最後の涙には打たれましたね。

zooeyさん、おはようございます~♪
よい映画を御紹介いただき、ありがとうございました。
最近は映画を見に行くことが少なくなり、
行っても見るのはアメリカ映画か日本映画でしたが、
あまり知られていない映画でもよい作品があるものだと思いました。
これからは色々な国の映画に目を向けて行きたいと思いました。
映画の中で流れているショパンやベートーベンの
ピアノ曲も、この映画にぴったりの選曲だと思いました。
刑務所に12年もいて、あの体格には少し驚きましたが、
それだからこそ、レイラあのふてぶてしさがでたのだと思います。
素晴らしい女優さんでしたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508194/53815071

この記事へのトラックバック一覧です: ヤコブへの手紙:

« 雪 | トップページ | ショコラ »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ