« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

卓球①

病院で「hiroさん?痩せたわね」(嬉しいheart02と声をかけられ

ました。一瞬どなたか思いだせませんでしたが、お話を

伺っているうち、引っ越してきた頃始めた、卓球サークル

のお友達だったことがわかりました。

Sdsc01977

         エキセアナ・ホワイト・・・ニューフェイス

私もSさんも卓球はあまり長く続けなかったので、27年ぶり

ぐらいの再会でした。私がSさんを思い出せなかったのは、

Sさんが当時より綺麗になり、50歳位にしか見えなかった

からかもしれません。

Sdsc01815

     デプラデニア・サマードレス・・・夏からずっと咲いています

家族の話や世間話をしたあと卓球の話になり、当時のお友達

最近卓球を再開されたので見に行きましょうということ

になりました。今日の午後がその日です。

Sdsc01916

       オキザリス・緑の舞・・・4月から咲き続けています

連盟にも所属せず、試合にも出ず、ただ卓球を楽しむ会だ

そうです。ついていけそうだったら参加しようと思います。

2011年10月28日 (金)

至福のひととき

10月生まれ・てんびん座のS子さん、M子さんと三人で

自然派レストランにランチに行ってきました。お花に囲まれた

素敵なお店で、ランチ時はいつも主婦で賑っています。

Sdsc03570

同じ住宅地に住み、小学校から高校まで同じ学校に通っていた

同級生の娘を持ち、今はリタイアした御主人と二人暮らしという

共通点があるお友達です。

Sdsc03565

三人ともランチメニューの中から「10種のデリプレートランチ」を

注文しました。ご飯は玄米。お野菜もたっぷり頂けました。

Sdsc03566

デザートは、「豆乳のアイスクリーム、紫芋のシフォンケーキ、

梨のコンポート」。甘みを抑えた優しいお味でした。

三人でお食事をするのは2年ぶりかしら・・・

楽しい話に花が咲き、あっという間に時間が過ぎてゆきました。

またゆっくりお話したいな~と思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ニューフェイス

Sdsc01952

ブラキカム

昨年の秋に求めた姫小菊(ブラキカムの改良種)の下葉が落ち

花が咲かなくなったので、買い替えることにしました。

多年草なのですが、いつも綺麗にしておくのは難しいので、

毎年買い替えています。

Sdsc01960

フクシア

毎年夏に枯らしてしまうので、今年は買い控えをしていたの

ですが、1ポット98円と言うお安さで売られていたので季節外れ

ですが、買ってしまいました。小さいので越冬も楽です。

2011年10月26日 (水)

ガス給湯器の復旧とピンクのオキザリス

前回のブログでガス給湯器が壊れたことを書きましたが、念のため、

ガス店に行く前に、室外の給湯器のコンセントのプラグを抜き、再度差し

込んだところ、リモコンのスイッチが作動するようになり、お湯も出ました。

新しい給湯器を買うつもりでいましたが、せっかく直ったので、あとしば

らく使おうと思います。そう言えば昔、近所の方から、給湯器の中の埃

などを取り去るだけでも復旧することがある、という話を聞いたことが

あります。修理を依頼する前、ほんちょっと自分でチェックするだけで、

無駄な出費をしなくて済むのだと、この歳になってわかりました。

Sdsc01832

オキザリス・オータムクィーン

Sdsc01914 Sdsc01883

4年前ポット苗の開花株を求め育て始めました。たくさん球根が増えた

ので昨年の夏、大きい球根をプランターに、小さい球根は捨てるのが

可哀そうなので、丸い素焼き浅鉢(7号)に植えました。昨年はプランター

方だけが開花し、浅鉢は葉が少し出ただけでした。プランターには

球根が増えることを想定して、間隔を開けて植えたので、昨年より今年

の開花に期待していたのですが、芽は出るものの育たずに枯れてしまう

ものが多く、まだ一花も開花していませんweep 病気なのでしょうか・・・

しかし昨年咲かなかった浅鉢からは、沢山の開花が期待できそう

なので、少しホッとしています。

Sdsc01885

オキザリス・ボーウィ

オータムクィーンと同じように昨年の夏、プランターに植えたボーウィは

8月中頃から溢れんばかりに咲いています。こんなに長く沢山の花を咲か

せるとは思はず、嬉しくて何度もアップです。

この2つのオキザリス違いは何なのでしょうね。

Sdsc01933

オキザリス・ペンタフィラ(ポリフィラ)

Sdsc01922

細い糸葉が特徴です。ペンタフィラという名前なので五葉だけと思いきや、

六葉や七葉もあります。風にそよぐ姿が秋らしくて素敵です。

Sdsc01938

オキザリス・ヒルタ

一番花が咲きました。「桃の花」の蕾も見え始めました。

これからしばらくは可愛いオキザリスたちに癒されそうです。

2011年10月24日 (月)

チェリーセージ・ルナと黄色いオキザリス

ガス給湯器の台所リモコンと浴室リモコンの運転スイッチが入らなく

なりました。設置してから14年4カ月、ガス給湯器の寿命は10年と

言われているので、修理しないで買い替えることにしました。

冷凍冷蔵庫と洗濯機も購入してから15年経過。壊れてはいませんが、

そろそろ買い替えの時期なのかもしれません。

Sdsc01812

チェリーセージ・ルナ

淡いクリーム色の優しい花です。5月頃から休み休み咲いていますが

今が花数も多く、一番綺麗だと思います。鉢植え3年目ですが、

まだ一度も植替えしていません。来年こそしてあげないと可哀そうですね。

Sdsc01759

オキザリス・ロバータ

Sdsc01881

オキザリス・ バビアビリス・イエローの一番花

Sdsc01879

オキザリス・ゴールドアイランド

Sdsc01766

オキザリス・フラバ

黄色いオキザリスは他にコモサイエローとセルヌアがありますが

あまり元気がありません。オキザリスは育てるのが簡単でどんどん

増えるものかと思っていましたが、すべてがそうではないようです。

Sdsc01848

千葉県に住むお友達が素敵な手作りの押し花の額を送って下さいました。

Sdsc01851_3

細かい作業で、これだけの作品を仕上げるのは大変だったでしょうね。

T子さん、ありがとうございます。お部屋がパッと明るくなりました。

2011年10月21日 (金)

市絵画展

芸術の秋ですね~

油絵を習っているお友達の絵が市役所に展示されているので、

先日、近所のお友達とウオーキングがてら見てきました。

撮影OKだったので、沢山撮ったのですが、自分の影が写り込んだり、

蛍光灯の光が反射したりで、良い写真は何枚も撮れませんでした。

75点展示され、市長賞、教育長賞、各社・新聞社賞、など

優秀作品が14点ありました。その中の何点かを御紹介します。

                    (クリックすると拡大します)

Sdsc01462 Sdsc01464

左:市長賞・陽だまり(油絵)

右:教育長賞・横浜風景(油絵)

Sdsc01454 Sdsc01478

左:読売新聞社賞・緑光(上高地)(油絵)

右:市商工会長賞・ひそひそ話(油絵)

Sdsc01468 Sdsc01476

左:ライオンズクラブ賞・鎌倉の小路(水彩画)青い光りが入ってしまいましたcoldsweats02

右:市美術協会長賞・春の萌(油絵)

Sdsc01460 Sdsc01456

左:議長賞・ショーウインドー(油絵)

右:産経新聞社横浜総局長賞(油絵)

Sdsc01472 Sdsc01470

左:毎日新聞社賞・松春の里山(水墨画)

右:東京新聞横浜支局長賞・バナナ(水墨画)

この他にアクリル画、パステル画も何点かありました。

皆さん何年ぐらい描かれているのでしょうね。

好きなことに打ち込めることって、素敵ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大文字草・紅花が咲き始めました。

Sdsc01806

ユキノシタ科だけあって、お花の形がユキノシタに似ています。

名前の由来は漢字の「大」の字に似ていることからだそうです。

白花と桃花も持っていますが、現在の開花はこれだけ。

咲いたらまた御紹介しますね。

Sdsc01840

アニソドンテア

あまり目立たない小さな花ですが、長い期間咲いてくれます。

昨年は冬まで咲きました。高さは1m位と聞いたので庭に植えましたが、

2m50㎝位になってしまいました。台風で木が曲がったり、折れたり

しましたが元気です。狭い庭なのでやはり鉢植えで楽しもうと、挿し芽の

苗もできていますが、なかなか切れないものですね。

 

2011年10月19日 (水)

昭和記念公園・日本庭園

S_3

日本庭園は中心に大きな池のある「池泉回遊式庭園」で、平成9年4月

に開園されました。庭園の外周部にコナラや孟宗竹を厚く配植してある

ので、庭園内から外部の構造物が見えず、自然の山林の中にいるよう

な安らぎを覚えました。

S_4_2

「清池軒」(休憩棟)

周りにはカエデやモミジがたくさん植えられていました。

少し紅葉が始まっていましたが、

あとしばらくしたら真っ赤に燃え、さぞ美しくなることでしょう。

S_9_4

木橋

S_8_3

清池軒(休憩棟)と数寄屋造りの茶屋・歓楓亭(右の建物

とても収まりの良い風景です。

S_12

水面に写る見事なアカマツ

S_11

水鏡

S_14

せせらぎを聞きながら・・・

S_5

夏の名残り

Panelimg

庭園に咲いていた花

タイワンホトトギス、シロシキブ、コムラサキ、シュウメイギク

この他にも日本庭園にふさわしい秋の花々が美しく咲いていました。

S_6

盆栽苑

日本庭園の一角に平成16年11月3日にオープンした我が国初の

国営盆栽展示施設で、展示されている盆栽は国風盆栽展クラスの

名品盆栽(60鉢以上)が中心となっているそうです

Panelimg_3

写真はほんの一部ですが、これらすべてが全国各地の愛好家の方々

から寄贈されたものだそうです。

                          (行った日・10月13日)

2011年10月17日 (月)

嬉しい誕生日

先週の土曜日、息子の家で誕生日を祝ってもらいました。

Sdsc01794 Sdsc01795

Sdsc01800

美味しい手巻きずしやケーキをいただき、楽しく過ごしました。

孫のKは2年生になり、一段とたくましくなりました。学校が終わると

暗くなるまでお友たちと遊び、家に帰るとご飯を食べ、お風呂に入ると

バタンキューの毎日だそうです。つい最近まで一緒におもちゃで遊んで

いたような気がするのですが、子供の手が離れるのは早いものです。

Panelimg_2

素敵なプリントのコーディユロイのかっぽう着をいただきました。

家事をする時だけでなく、冬はセーターの上にこれ一枚はおるだけで

暖かく過ごせるので、私の冬の必須アイテムです。ちょうど新しいのが

欲しかったので嬉しかったです。J君、Y子さん、ありがとう。

Panelimg_3

こちらは先日娘が私の誕生日プレゼントに送ってきた皮の手袋です。

私がえんじのコートをよく着るのでそれに合わせて買ってくれたのかな。

とても暖かい手袋です。Tさん、Mちゃん、ありがとう。

Sdsc01757

孫のメッセージや写真も入っていました。Mちゃんは9月に3歳になりました。

お兄ちゃんがメッセージを書いていると「私も描く、描く」と言い出し、

一緒になって描いたそうです。Kは5歳、幼稚園の年中さんです。

最近は2段ベットデビューをしたらしく、Kが上でMちゃんが下で、仲良く

子供部屋で寝るようになったそうです。二人ともとても喜んでいるのですが、

夜寝ぼけてメソメソするのはお兄ちゃんの方だそうです。

三人三様の孫達ですが、健康に育ってくれて嬉しいです。

2011年10月14日 (金)

昭和記念公園のコスモス

昨日は私の誕生日。夫が東京立川市の昭和記念公園に誘って

くれたので行ってきました。お天気は曇りでしたが、ウオーキングには

絶好の日和でした。

S_2

家を出たのは8時42分、途中コンビニで御弁当を買ったり

ガソリンスタンドに寄ったので、2時間近くかかりましたが

10時30分、公園の立川口駐車場に着きました。

S

この公園に初めて来たのは27年前。開園して2年目の夏で、長女

がまだ5年生でした。今は165.3ヘクタールという広大な面積の

公園ですが、当時は開発途上でひまわりの迷路で遊んだだけでした

S_2

残念ながらカナール大噴水は設備調整のため中止。

S_3

ふれあい広場には草月会東京西支部の方々が作られた作品が多数展示

されていました。公園内で剪定される樹木のみを使った野外展だそうです。

S_4

黄色いコスモス・サンセットイエロー

原っぱ西花畑で咲いていました。

S_5

70万本のコスモスが今を盛りにと咲いています。

S_6

原っぱ東花畑には14品種80万本のコスモスが・・・

見頃は過ぎましたが、まだこんなに綺麗な場所もあります。

S_3_2

花の丘のコスモス

あまりの美しさに息をのむほどでした。

S_5_2

3品種400万本のコスモスが植えてあるそうです。

広いのでまだ咲き始めの場所もあります。

スタンプラリーにも参加し、秋の見どころを完歩しました。

家に着いたのは5時。娘からの誕生祝いの不在連絡票がポストに

入っていました。本日の公園内の歩数は17,081歩でしたscissors

2011年10月12日 (水)

坂東33観音札所11番・安楽寺

最後に訪れたのが正法寺から約13k、比企郡吉見町、現在の

東松山市にある安楽寺です。真言宗智山派(京都・智積院)の寺院で

古くから吉見観音の名で親しまれてきたそうです。約1200年前

聖武天皇の勅命を受けた行基が、この地を霊地として聖観世音菩薩

の像を彫り、岩崖に納めたのが始まりとされ、平安初期に坂上田村麻呂

が堂宇を建立したと伝えられています。(大同元・806年)

Sdsc01372

参道沿いの駐車場に車を止め、5分ほど歩くと仁王門に着きます。

Sdsc01373

この仁王門は1702年(元禄15年)法印賢秀により再建され、

1996年(平成8年)から2年に及ぶ復元大修理が行われました。

Sdsc01377

仁王門をくぐると先は広い境内になっており、左に忠霊塔

Sdsc01378

右に寛政2年(1790)鋳造の吉見大仏を見ながら

正面の約30段の石段を上ると観音堂の正面に出ます。

Sdsc01379

観音堂

平安時代の末期、源頼朝の弟範頼が稚児僧としてこの寺に居留し、

やがてこの地方の領主となると吉見御所と称され、所領の半ばを寄進し、

25間4面の本堂と高さ33メートルの三重塔を建てました。

しかし上杉憲政と北条氏康との松山合戦で焼失し、現在の御堂は

寛文元年(1661)の再建によるもの。御本尊の聖観世音菩薩坐像は

厨子内に安置され、6月18日に御開帳されます。

Sdsc01383

八起地蔵尊

Sdsc01382

三重の塔 埼玉県指定文化財

明暦2年(1656)僧杲鏡の再建によるもので、一階には、2,4m

の釈迦如来立像が納められている。昭和35年に解体修理が行われ

ました。現在もどっしりとした風格のある塔ですが、再建前の三重大塔

は現在の倍の高さがあったそうです。

Sdsc01385

薬師堂

参拝を済ませた後、しばらく境内を散策し、最後に観音堂左手にある

納経所で御朱印を頂き帰路につきました。

Panelimg

ご詠歌:吉見よと 天の岩戸を 押し開き 大慈大悲の 誓いたのもし

2011年10月10日 (月)

シジミチョウと女郎蜘蛛

昨日は自治会の運動会。

今年は組長なので8時20分の開会式から参加しました。

御弁当や飲み物の接待係をしたり、「ゲートボールでゴールゲット」

にも出場し、楽しく遊ぶことができました。チームの総合成績は7位。

下から数えて3番目でしたが、昨年より良かったそうです。

Sdsc01133

最近、我が家の庭には時折ツマグロヒョウモンがやって来るくらいで

アゲハチョウ等の大きな蝶は遊びに来なくなりました。

今よく来ているのがベニシジミ。

Sdsc01129

すばしっこくあちこちを飛んでいます。

お気に入りはユリオプシスデージーのようです。

Sdsc01186

こちらもシジミチョウ

Sdsc01183

どうやらヤマトシジミのようです。

良く似たルリシメジもいるはずですが、なかなか見つかりません。

Sdsc01190

女郎蜘蛛の餌食になっているのはルリヒメジかヤマトシジミのようです。

大きいクモがメスで小さいのがオス。交尾はメスの脱皮直後や食餌中

に行われるそうです。そうしないと交尾時にメスがオスを食べてしまう

恐れがあるからだそうです。写真を撮った1時間後に様子を見に行き

ましたが、すでに餌はなくなり。メスグモのお腹がパンパンに膨れて

いました。オスは無事でした。(´∇`) ホッ

Sdsc01198

こちらは餌食がはっきりと写りませんでしたが、アオバハゴロモ(成虫)

のようです。アオバハゴロモは木の汁を吸うので大量に発生すると

木を衰えさせる害虫です。こういう虫を食べてくれるのでクモは益虫と

言えますが、人間にあまり好かれないのはなぜでしょうね。

Sdsc01028

コクラサキシキブの実がポロポロと落ちてしまいます。

本当ならもっと綺麗な紫色になるのですが、無くならないうちに

写真に収めておこうと思います。

Sdsc01152

観賞用トウガラシ

白、黄色、オレンジ、紫、赤と実の色の変化を楽しめます。

今回は紫にスポットを当てて写しました。

発芽率が良いそうなので、来年は種から育ててみようかしら。

2011年10月 9日 (日)

坂東33観音札所10番・正法寺

次は慈光寺から車で19K、埼玉県東松山市のなだらかな比企丘陵

物見山の中腹にある正法寺を訪ねました納経帳の住所は比企郡

吉見町となっているので後に合併したのでしょう。真言宗智山派

(京都・智積院)の寺院で別名・巌殿観音と呼ばれています。奈良時代

の養老2年(718)沙門逸海が千手観音を岩窟に安置して、その傍らに

正法庵を結んだのが正法寺の始まりとされているそうです。

Sdsc01366

Sdsc01349

長い階段を登ると、運慶作の仁王像が祀られた仁王門があります。

Sdsc01350

愚禅和尚筆「施無威」の扁額。

仁王門をくぐると、右手に本坊・納経所がありますが、さらに長い石段

を登り、先に観音様のお参りを済ませます。

Sdsc01351_2

石段を登り終えると坂東十番霊場の石碑が目に入ります。

すぐ先に観音堂が見えます。

Sdsc01365

観音堂

かつては66坊を有する大寺院だったそうですが、面影はありません。

高さ48センチあまりの端正な銅鋳の千手観音の坐像が安置されて

います。延暦の頃、征夷代将軍・坂上田村麻呂がこの観音に祈願し

悪魔を退治し、村人を救ったという伝説があるという。寛永、天明、

明治と3回再建され、現在の観音堂は明治19年の建立だそうです。

Sdsc01356_2 Sdsc01357_2

西国・坂東・秩父の百観音と四国八十八ヶ所の写し本尊石仏。

このお寺を参拝するだけで、これらすべてのお寺に参拝したことに

なるのだそうです。

Sdsc01360

ヒンズル尊

Sdsc01364

地蔵尊(左)と弘法大師像(右)

Sdsc01355_2 Sdsc01354_2

百地蔵堂(左)と薬師堂(右)

Sdsc01369

元亨2年(1322)の銘のある銅鐘

外面に無数の傷があるが、これは室町時代の松山合戦のおりに、

兵士の士気高揚のために陣中を引きずった傷だと言われています。

Panelimg

ご詠歌:後の世の 道を比企見の 観世音 この世を共に 助けたまえや

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご訪問頂きましてありがとうございます。

本日は都合によりコメント欄を閉じさせて頂きます。

2011年10月 7日 (金)

坂東33観音札所9番・慈光寺

高麗神社のあとは埼玉県比企郡都幾川町にある慈光寺を訪ねました。

周りの景色は田園地帯からゆるやかな起伏の丘陵地帯に変わり、

慈光寺は標高463mの都幾山の中腹に静かに佇んでいました。

白鳳二年(673)、僧慈訓が千手観音を刻み、堂宇を建てて安置した

のが寺のはじまりだそうです。

Sdsc01326

慈光寺は関東地方で最も古いお寺で、最盛期には山中に75もの僧坊

を持つほど栄華を極め、源頼朝が戦勝祈願に愛染明王像を奉納したと

いう記録が残っているそうです。その後戦乱や焼き討ちにあい、衰退し

したが、徳川時代、家康からは寺領100石を下付され、家光の室桂昌

院の信仰が厚く、数々の貴重な品々が奉納され、国宝の「慈光寺経」

装飾法華経信解品や国重要文化財が多いことでも知られています。

Sdsc01327 Sdsc01328

先ず観音堂でお参りをします。観音堂は境内の最高地点にあります。

石段が崖を登るような急勾配だったので、2度ほど休んで上りました。

Sdsc01345

観音堂

中には県指定文化財の木造千手観音菩薩立像が安置されています。

4月17日と4月の第2日曜日にご開帳されるそうです。

Sdsc01335

左甚五郎作と伝えられる「夜荒らしの名馬」

夜になると動き出して畑を荒らすので、ここに吊るしあげられたそうです。

Sdsc01341_2

宝筐印塔(ほうきょういんとう)

Sdsc01347

本坊(納経所)

ここでご朱印をいただきました。普通は出来上がるまで外で待つの

ですが、こちらでは堂内に入れていただきました。(初めての事でした。)

ご朱印を記帳して頂いている間に、千手観音像を見せて頂き、向かって

右の一本だけ手の掌が裏を向いているのは、子を背負う母親の姿を示し

ご本尊の千手観音は「お母さん」を表していることをお聞きしました。

巡礼者ノートに住所・氏名・年齢を書く時、私は○○才と書いたのですが、

「才」という字は「才媛」とか「才能」を表す字なので年齢の時はちゃんと

「歳」と書くよう諭されました。簡単に省こうとしてはいけませんね。

Panelimg

御詠歌

聞くからに 大慈大悲の 慈光寺  誓いも共に 深きいわどの

2011年10月 5日 (水)

金木犀

金木犀が満開になりました。

今年は開花が遅いと思っていましたが、

昨年のブログを見ると同じ頃の開花でした。

Sdsc01432

ベランダで洗濯物を干している時など

とても良い香りがして、幸せな気分になります。

Sdsc01424

花は枝の先より中に沢山咲いています。

木が大きいので見上げながら撮っています。

今年初めて一部の枝が枯れましたが、

病気なのか虫なのか分からず少し不安です。

Sdsc01419

オキザリス・ロバータが咲いていました。

一番花は見逃してしまいました。今年は咲き始めるのは遅かったですが、

間延びせず綺麗に咲いてくれました。本番はこれからです。

Sdsc01451

台風の影響も受けなかったのに、満開になってから

半分近く折ってしまったアメジストセージ。

早く写真を撮っておけば良かった・・・

Sdsc01081

オキザリス・ボウィは相変わらず元気に咲いています。

Sdsc01416

サルビア・コネクシア・コーラルニンフがひっそりと咲いていました。

今年はコボレダネからのお花は諦めていたので嬉しい発見でした。

優しく可憐な花が好きです。

2011年10月 3日 (月)

高麗神社と高麗家住宅

巾着田で彼岸花を見た後は、徒歩で30分、車で10分位走った

ところにある高麗神社と高麗家住宅を訪ねました。

高麗神社の御祭神・高麗王若光(こまのこきしじゃっこう)は高句麗

(高麗)からの渡来人(高句麗王族)で、霊亀2年(716)、武蔵国に

新設された高麗郡の首長として赴任しました。若光は日本各地に移り

住んだ高麗人1799人と共に当地の開拓に当たったそうです。

若光没後に、その遺徳を偲んで造られた霊廟が高麗神社の始まりで、

代々若光の子孫が宮司を務め現在で六十代目だそうです。

Sdsc01325

将軍標・チャンスン

朝鮮半島の古い風習で、村の入り口に建てられる魔除けだそうです。

平成4年に大韓民国民団埼玉県地方本部によって奉納されました。

Sdsc01294

正面参道

Sdsc01298

神門

Sdsc01299

社殿

Sdsc01323

出世明神

水野錬太郎氏・若槻禮次郎氏・浜口雄幸氏・斎藤実氏・鳩山一郎氏等

の著名な政治家が参拝し、その後相次いで総理大臣に就任したことから、

出世開運の神として信仰されるようになったそうです。

Sdsc01318 Sdsc01319

参集殿・齋館札場では高句麗文化展が開催されていました。

衣装は高句麗古墳壁画より再現されたものだそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

古民家「高麗家住宅」

代々高麗神社の神職を務めてきた高麗家の住宅。江戸時代初期に

建てられた建築物で、国指定重要文化財になっています。

入母屋造り・茅葺の民家で5つの部屋と土間があり、面積は37坪ある。

Sdsc01301

どっしりとした風格のある佇まいでした。                        

Sdsc01302

奥の書院

Sdsc01309

裏口から見た勝手と表座敷

Sdsc01311

土間

Sdsc01308_2

庭園の幽栖門

Sdsc01306

築山

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ