« 散歩とトマトジャム | トップページ | 大地の詩~留岡幸助物語~ »

2011年7月29日 (金)

リアトリスとミソハギ

Sdsc00108

リアトリス  

キク科 耐寒性多年草 原産地:北アメリカ

Sdsc00126

もじゃもじゃの花が上から下へ順々と咲き降りてきます。

百合薊(ゆりあざみ)、麒麟菊(きりんぎく)、 槍の穂(やりのほ)などの

別名があります。我が家のリアトリスは麒麟や槍のように長い花穂

をもっていないので、葉がユリ、花がアザミのような百合薊(ゆりあざみ)

といった感じでしょうか。花言葉は長い恋愛、向上心、燃える思い。

Sdsc00042 
ミソハギ(禊萩)  

ミソハギ科・ミソハギ属の多年草 原産地:日本 朝鮮半島

Sdsc00123

ミソハギは開花期間が7月~9月と長く、お盆の頃に咲くのでボンバナ

とも呼ばれているそうです。草丈は1m位で、茎はまっすぐに立ち、

細い地下茎でどんどん増え、病虫害もなく育てやすい植物です。語源の

ミソハギは花穂をお清めに使うことから「禊萩・みそぎはぎ」が転じた

とも、溝の生える「溝萩・みぞはぎ」が転じたとも言われているそうです。

Sdsc00142

サルスベリ(百日紅)が咲き始めましたが、驚いたことにこれも

ミソハギ科の植物だそうです。

« 散歩とトマトジャム | トップページ | 大地の詩~留岡幸助物語~ »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

リアトリスって、変わった花ですね!
毛糸玉みたいになりますか?

ミソハギ サルスベリと同色系の花が咲いてますね。
夏は黄色を連想させますが、この濃いピンクもすてきです。

今、早朝ウオーキングから帰宅しましたよ(^-^)
なんだか朝から蒸し暑く、シャワーですっとしました。

リアトリス、素敵にお撮りになりましたね。
とっても綺麗です。
リアトリスは沢山の名前が有るのですね。
他は知りませんでした。
百合薊が素敵ですね。
耐寒多年草が良いですね。お花屋さんで
あまり見かけませんが、出合ったら連れて帰りたいと思います。
ミソハギは、先日花屋さんで見かけましたが、
大丸のお花屋で少々お高く、お花も今一で買いませんでした。
綺麗なお花を見て、買えば良かったと後悔しています。
サルスベリが綺麗に咲いていますね。
同じミソハギ科なのですね。随分違うように見えます。

ryoさん、こんばんは^-^
今日はウオーキングのあと、午前中いっぱい庭仕事、
午後は銀行やお買い物ですっかり疲れてしまいました。

リアトリスは毛糸玉というよりぐちゃぐちゃになった
レース糸のようです。ネットで調べたリアトリスは
花穂が長くて、とても素敵なのですよ。
我が家のは草丈ばかり長くて花穂は短いですweep

ウオーキングのあとのシャワーは気持ちが良いですね。
最初に書いたとおり、今日は庭仕事を午前中ずっとしていたので、
シャワーは昼食前でした。

すみれさん、こんばんは^-^
リアトリスは群生させるととても綺麗なのですが、
なかなか増えません。その上我が家のリアトリスは
まっすぐに立たず、皆倒れて咲いています。
秋になったら、庭植えから鉢植に移すかもしれません。
園芸店では見かけないかもしれませんね。
私は一昨年にゲットできましたが、昨年は売っていませんでした。

ミソハギも群生させると綺麗なお花かもしれません。
昨年はまとまって咲いたのですが、今年は離れた所から
芽が出て咲いたのでまとまって写せませんでした。

hiroさん、こんばんは´∀`
リアトリスのお花、つぼみのときには想像できない形ですね。上から下へ・・・?
次のお花も もじゃもじゃのお花なんですね?
咲いたところを見てみたいです。
百合薊ですかー・・・
名前もなんだか不思議ですね。

リアトリスとミソハギ
蕾の時はなんとなく似てそうですけど全く違うお花になるんですね。
百日紅もミソハギ科ですか・・・キク科とかバラ科とか、なんとなくわかりそうな気がしますが百日紅がミソハギ科って私にはとっても難しいですsweat01

chisayobaabaさん、こんばんは^-^
リアトリスの花穂はとても長いので槍の穂とか
麒麟菊と呼ばれているのですが、我が家のは
写真の通り、もじゃもじゃで短いです。
たくさんの長い花がすっと立った姿はとても
魅力的なのですが、我が家のはちょっと変です。

リアトリスとミソハギはどちらも草丈が高く、
花が長いという点は似ていますね。
どちらも1本で見てもそれほどパッとしませんが、
群生させると綺麗です。

百日紅がミソハギ科であること、私も信じられませんでした。
植物学的には色々共通点があるようですが、よくわかりませんcatface

hiroさん こんばんは。
リアトリスは以前生け花に使いました。
私も育てたことありますが いつの間にか
絶えてしまいました。

ミソハギはきっとセカンドハウスに咲くころだと思います。
8月1日は お墓参りに行くので楽しみです。

リアトリス♪我が家の畑でも種からの子が少しだけ咲いてるんです。でも、強風のせいか、斜めに向いてしまって悲しい状態・・・可愛いお花なので来年は上手に育ててあげたいです!

先日は、嬉しいコメントをありがとうございます!!
お返事をする時間がまだまだ上手にとれなくて、遅くなってしまってごめんなさいね。
恐る恐る復活したのですが、嬉しいコメントをいただけると本当に励みになります!
無理しない程度に楽しく更新していこうと思いますので、どうぞよろしくお願いします♪

oasisuさん、こんばんは^-^
リアトリスは植えて3年目。
昨年は芽も出なかったので、枯れてしまったと
諦めていたのですが、今年は咲きました。
倒れてしまって見事とは言えないのですが
嬉しかったです。
活け花にしても映えるでしょうね。
まだ沢山は咲いていないので、庭で楽しむだけです。
ミソハギは盆花とも言われ、仏壇やお墓に
供えられるそうですね。

まつんこさん、こんばんは^-^
リアトリス、畑でも倒れてしまうのですね。
我が家のも倒れています。以外と茎がやわらかいのですね。
同じところに植えてあるミソハギはシャンと立っています。

まつんこさんのブログ、また拝見できてうれしいです。
お返事のことは気になさらないで下さいね。
お忙しいのはよくわかっています。
無理をなさらず、長く続けて下さいね。楽しみにしています。

hiroさん おはようございますcat
リアトリス、今日の散歩でみましたよ。
もじゃもじゃガ可愛いですよね。
hiroさんの写真も素敵に撮れています。
ミソハギと百日紅が同じミソハギ科とは想像できませんね。
hiroさんの説明でも共通点がないようですけどね。

catミミさん、こんばんは^-^
リアトリスはタグについていた写真で見ると
もっと穂が長くて豪華だったのですが、
我が家のは短めで寂しいです。
しかし昨年は芽が出ず枯れたと思っていたので、
咲いてくれただけでも嬉しいです。

ミソハギと百日紅の共通点は気っとあるのでしょうが
想像つきません。

うわ、たいへんきれいな草なんですね!
草でもこんなに迫力満点ですね。
でも、残念ながらイギリスではリアトリスは見られませんよ。

London Callerさん、こんばんは^-^
リアトリスは北アメリカ原産のキク科の
植物なのですが、イギリスでは見かけられませんか・・・
日本では生け花などによく利用されているようです。
1本1本は地味な花ですが群生させるととても綺麗です。

hiroさん   今晩は!
リアトリスははじめてみました。
蕾から花弁に変わっていく姿が珍しいお花です。
アザミに似ていますね。
ミソハギは可愛らしいお花が密集してとても綺麗です。
群生地を見かけたことがありますが風に揺れるお花が素敵でした。
サルスベリがツバキ科とは知りませんでした。
以外でした。

えつままさん、こんばんは^-^
リアトリスの咲き方は面白いですね。
もじゃもじゃのお花はアザミの花を柔らかく
した感じです。昨年は咲かなかったので
枯れたのかとと思いましたが、弱弱しい姿でしたが
咲いてくれたのが嬉しかったです。

ミソハギは良く見るととてもかわいいです。
蝶や虫がよく遊びに来てくれますよ~・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508194/52324855

この記事へのトラックバック一覧です: リアトリスとミソハギ:

« 散歩とトマトジャム | トップページ | 大地の詩~留岡幸助物語~ »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ