« 苺ジャムと枇杷ジャム | トップページ | 菜園へ »

2011年6月21日 (火)

桑(マルベリー)

夫が借りている菜園に山桑の木がいつの間にか生えていました。

子供の頃、桑は蚕に食べさせるものだったので、畑に植えられて

いる桑の枝は次々と刈り取られ、実を見ることはありません

でしたが、農道脇にある大きな木には沢山の実がついていました。

桑の実のことをドドメと言い、朽ちる寸前の黒く熟した実の色や汁を見て

気持ちの良いものではなかったので、食べたことはありませんでしたが、

後々、母が作ったジャムを食べた時は、とても美味しいと思いました。

Sdsc09537_2

10年前頃、娘が職場の友人から抹茶タイプの桑の葉茶を頂いてきました。

特に美味しいとは思いませんでしたが、飲みやすく、健康にも良いと

聞いたので、その後何度か生産者さんから取り寄せて飲んでいました。

桑の木には雄株と雌株があり、雄株には実がならないそうです

雄株だったらがっかりですが、桑の葉茶を作るのも良いかも知れません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4月から今までに咲いた花の中で、アップできなかったお花の

写真をまとめてみました。沢山あったのでパネライズしてみました。

Panelimg

                              (2011/5/13撮影)

冬越をして、咲き始めた頃のゼラニウム。

最盛期は私が留守にしていた頃のようでした。

Panelimg_2

左列上より

さつき3種(5月末頃開花)

中列上より

ミニバラ(8年くらいたつかも・・・)

再び咲いたプリムラシネンシス(コボレダネ)

ハナキリン(4年目)

右列上より

アスチルベ、オキザリス・緑の舞(4年目)

Panelimg_3

左列上から

冬越ししたアメリカンブルー(剪定前)、

矢車草(コボレダネ)

ハツユキカズラの花(10年位たつが、初めての開花)

中列上から

美女ナデシコ3種(昨年種まき)

右列上から

オリエンタルリリー・ミュゼットピンク(3年目)

ツルバラ・カクテル(20年以上細々と咲いている)

オダマキ・マッカナジャイアント(2年目)

Panelimg_4

左列上から

オダマキ・マッカナジャイアント(2年目)

アゲラタム:新入りさん@89×3

クチナシ・ガーディニア:新入りさん@298

中列上から

ペンタス・白:新入りさん@89×3

ペンタス・ピンク:新入りさん@89×3

チェリーセージ(挿し木から10年くらい)

右列上から

クフェア:昨年のコボレダネから

ガザニア:3年目

イソトマ:新入りさん@89×2

Panelimg_5

左列上から

多肉の花・3種(4月末ごろから開花)

中列上から

返り咲きしたプリムラジュリアン(2011/05/28撮影)

南天の花(2011/06/16撮影)

右列上から

イソトマ・ピンク:新入りさん@89×2

シャクヤク:たくさん蕾を付けましたが咲いたのは最後の一花でした。

ペンタス・濃いピンク:新入りさん@89×3

Sdsc09429

新入りさんの白いジキタリスも咲いていました

(2011/06/15撮影)

« 苺ジャムと枇杷ジャム | トップページ | 菜園へ »

ガーデニング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

hiroさん おはようございますcat
すごい種類のお花ですね。
今は花が少ない時期なのにこれだけあるのはすごいです。
桑の実は余り癖もなくジャムにしても美味しいかもしれません。
私の小学生の頃、通学路には桑畑が多かったので
学校帰りに友達と桑の実を食べていました。
食べても怒られなかった事、今ある桑の木と子供の頃に
見ていた桑の木が違うように感じていたことの謎が
hiroさんのブログを読んで解けました。
私は桑の実酒を作りました。
明日あたりにブログにアップしようと思っていました。
ブラックベリーも鉢植えにしていますが、兄の畑に
植えさせてもらおうかと思っています。

hiroさん
 おはようございます(^・^)
近所に絹の反物やショールなど専門に扱っておられるお店が有って、
桑の葉を食べている蚕の姿も見られます。
そして私も桑は蚕が食べるものだと、つい最近まで思っていました。
お店の方にお聞きして、実のなることも桑のお茶も知りました。
ジャムも出来るのですね。
今度お店の方に教えてあげますね。
雌株にしか実がならないことも。
 さて、hiroさんのお庭の花達、
涼しげな花、華やかな花、可憐な花、色優しい花たち
クリックして大きな画面で拝見しました。
まるでお花屋さんですね。
これだけの種類のお花は町の花屋さんでは揃っていませんよ。
文字通り、百花繚乱
説明も判りやすくて
感心しながら頷きながら
時が過ぎるのも忘れて見惚れています。
新入りさんも多いですが、年越しのお花も多いですね。
hiroさんのお手入れの好さを思いながら
「学ばせて戴いている」と申し上げたいのですが
現実は・・・・crying
 お花を育てている環境は違うかも知れませんが
hiroさんは偉いが本心ですgood
 朝から、たくさんのお花達に癒されて
励まされて、これから絵画教室へ行ってきます。
今は、コリウスの葉っぱを描いていますが、相変わらず下手ですワcoldsweats02

またもや「おはようございます」^^
おば~ちゃまが義姉の家に行ってるので、家事さえすめば
自由時間が沢山!!(苦笑)

私も桑は蚕が食べるものと思っていましたぁ♪
人も食べるんですね♪
それにしても、hiroさんのお家はお花畑ですねぇ~
こうゆうお庭を毎日見て過ごしていると気持ちにも
ゆとりや優しさみたいなものが出てきますねぇ~
私のようなそっそかしい人は、沢山のお花に囲まれるといいのかも?!
皆とっても綺麗なお花達!有難うございました(^◇^)

桑の実ってジャムにもなるんですね!
初めて知りました。
お茶にして飲むのは存じてましたが飲んだことは
ありません〜。

飲み易いのですか?
私は最近「甜茶」ばかり飲んでいます。
アレルギーには良いような気がします。

桑はどんな効用があるのでしょうか?

おはようございます(^O^)/

いやぁ~沢山の花、まるで図鑑のようですね!
図鑑と言えば 私も今マイフォトで画像の整理を
しています。
まだ途中ですけど、整理しておかないと
分からなくなりますからねぇ~(*゚∀゚)アヒャ

桑の葉は見た事があるのですが
良く覚えていません。
実がなることもお茶で頂ける事も知りませんでした
ジャムは美味しそうですね。
お茶は身体に良さそうで飲んでみたいと思います。
沢山のお花をお育てなのですね。
種類の多さに吃驚です。
お世話も大変でしょうね。
hiroさんは年越しお花、種蒔きお花、こぼれ種の
お花と上手にお育てでいつも感心しています。

hiroさん こんにちは。
子供の頃お蚕を飼っていましたので
桑の実もたくさん食べました。
口の回りを真っ赤にして 美味しかったことが
懐かしく思い出されました。

桑の新芽を天ぷら、葉をクッキーにしたのを
頂き食べましたが美味しかったです。

たくさんの種類のお花 アップして
楽しませて頂きありがとうございます。

桑と言えばお蚕さんですね。
お茶やジャム?長い間生きていますが初めて耳にしました。
知らなことが多いです。みなさんから教えられています。 感謝!

サムネイル写真の見事なこと!!
色鮮やかで高級な図鑑も及ばない美しさです。

桑の実!育ててみたいな~とあこがれてるのに、自生してるなんて!!うらやましいです!
桑の実の葉っぱは健康にも良いらしいですもんね、出会いがあると嬉しいです~♪
そして沢山のお花がずらり~♪かわいいお花を沢山育てていらっしゃいますね!!うっとりです~♪

catミミさん、こんばんは^-^
ちょうど花盛りの頃、娘の所に行っていたので、
写真が溜まってしまいました。
桑の実のジャムは少し粒々が舌にさわりますが、
ブルーベリーのような色の美味しいジャムでした。
もし桑の実があったら作ってみたいです。
桑の葉は種類によって違うようですね。
子供の頃見ただけなので良く覚えていませんが、
多分夫は桑の木だろうと言っています。
ブラックベリーはまだ一度も食べたことがありませんが、
美味しいでしょうね。

ウワア~見事!!
そのようにしか言葉が見つかりません。
まるでフラワーパークです。
我が家の庭は花が多いと思っていましたが
とても、とても・・比較の対象にもなりません。
これだけの花を管理なさるには並みのことではできないと思います。
素晴らしいです。

3年ほど前に琵琶湖の東岸を歩いていたときに
下に菰が敷いてある桑の木を見ました。
菰で桑の実を受けているのですね。
集めてジャムを作るかたがおられるのだろうと
思いました。
でも桑の葉でお茶とは知りませんでした。

コスモスさん、こんばんは^-^
琵琶湖湖岸の景色を楽しみながら、コスモスさんと、
一緒に散歩をさせていただきました。
人影はまばらですが、静かで気持ちが良いです。
比叡山や釣り人の垂れる糸を見ながら歩きます。
時間がゆっくりと流れているようで心地よいです。
可愛いお嬢ちゃん、孫のMを思い出しました。
ボートにのっている2人、1人は釣り人、
1人はそれを撮影する人、釣り番組のロケかもしれませんね。
大津プリンスホテルは38階もあるのですね。
ホテルの最上階からは琵琶湖が一望できますね。
素晴らしい眺めです。お写真もバッチリscissorsですね。
琵琶湖周航の歌、私も大好きです。お母さまの
告別式の時に流された曲だったのですね。
京 歩き、拝見しました。コスモスさんはいつの間にか
ブログを2つもされていたのですね。

子供の頃お隣で蚕を飼っていました。
蚕はあまり見たことがありませんが、おばあちゃんが、
庭に座って、白い繭から出る細い糸を手回しの機械で
紡ぎ、1本の綺麗な糸にしていたことを思い出します。
今は養蚕農家も少なくなったのでしょうね。
ちょうどお花がたくさん咲いている頃、娘の所に
行っていたので、写真をアップする機会がありませんでした。
私のブログはお花の記録も含んでいるので、
咲いたお花はなるべくアップさせてあげたくて図鑑のような
写真になってしまいましたが、アップしました。
ほとんどアップできたので、これからは落ち着いて
ブログを作ることができます。

ririさん、こんばんは^-^
たまには息抜きの時間も必要ですよね。
今日はお義姉様が、おばあちゃまのお世話をして
下さって良かったですね。十分ブログ散歩が
できたでしょうねhappy01

それほどたくさんの花があるようには思えないのですが、
写真に撮ってみると沢山になりますね。
お花に囲まれてゆったりとしていられればよいのですが、
お世話に追われています。これからは暑くなるので、
少しサボろうかと思っています。

ryoさん、こんばんは^-^
桑の実のジャム、昔のことなので、どんなお味かは
忘れましたが、美味しかったことだけは覚えています。
色はブルーベリージャムに似ていました。

お茶は粉末状だったので飲みやすかったですが、
抹茶のようには美味しくなかったです。
効能は
1.血圧を改善する
2.高コレステロールを抑制する
3.中性脂肪を抑制する
4.血糖値を改善する
5.糖尿病を予防する
6.便秘を改善する
7.腸内細菌を改善する
8.血栓を予防する
9.老化を抑制する
等があるようです。ネットで調べましたhappy02

歌まろさん、おはようございます♪
お花の多い時期に、娘の所に行っていたり、
ブログ更新を1日おきにしたりしたので、
お花の写真がたくさんたまってしまいました。
写し忘れたお花もあるし、まだアップして
いない写真があるかもしれません。
が、どうにか写真が整理できて一安心です。
歌まろさんも頑張ってくださいね。

すみれさん、おはようございます♪
私も桑の葉ははっきり覚えているわけでは
無いのですが、ネットで調べて確認したところ、
この木は桑だろうと確信しました。
ジャムの味も、はっきりは覚えていませんが、
美味しかったことだけは覚えています。
お茶はダイエットにも良いそうです。
私が群馬県の農家から買っていた頃はとても安かった
のですが、お値段もずいぶん上がったようです。
アップし忘れたお花、まだあることがわかりました。
写真はためると整理が大変ですcoldsweats02

oasisuさん、おはようございます♪
桑の実を食べたことがあるのですね。
私は食べたことがありませんが、ジャムは美味しかったので、
生で食べたらもっと美味しかったのでしょうね。

桑の新芽のお料理方法を教えていただき
ありがとうございます。
作ってみたいのですが、神奈川では足柄市以外でも
荒茶の放射能セシウムが、国の基準値を超えた
自治体が増え、野菜も少し心配になってきました。

Reiさん、おはようございます♪
桑の葉や実が人でも食べられることは都市で
生活していた方は知らないかもしれませんね。
子供の頃、桑の実を食べることは母から禁止
されていましたが、食べていた子も多かったようです。
ジャムも美味しかったので、生の完熟の実は
もっと美味しかったのでしょうね。

写真は沢山ありすぎて整理が大変でした。
まだアップしていないお花が少しあることがわかりました。

まつんこさん、おはようございます♪
どうして桑の木が生えてきたのか良くわかりませんが、
前から育ててみたかっただけに嬉しいです。
実がなってくれたらもっと嬉しいのですが・・・

まつんこさんの畑は広いので、桑の木も育てられますね。
出会いがあると良いですね。
お花は写真で見たほうが沢山あるように感じられるかもしれません。

hiroさん
 おはようございます(^・^)
コメントのお返事ですgood
丁寧にご覧いただいて優しいコメント嬉しいです!(^^)!
 まず”京 歩き”ですが、これは古い記事を移動させています。
ブログの容量が減ってきています。
残容量のを増やす為の苦肉?の策なのですよcoldsweats02
hiroさんは大丈夫ですか?
 今回は曇天でキラキラ輝く湖面を撮ることは出来ませんでした。
子供の姿は好いですね。
私も大好きです。
 遠景で判りにくかったのですが、ボートの二人連れはhiroさんの仰る通りだと思います。
 大津プリンスホテルはお茶も戴かないで
風景を楽しんで、近くの京阪電車の駅までの無料マイクロバスを乗せて戴きましたconfident
 母は琵琶湖周航の歌と知床旅情が大好きで
病院のベッドの横で私が歌うのを涙を流しながら聞いていました。
お母さまは元気にされていますか?
hiroさんは好い環境の中で幼少の頃を過ごされていますね。
白い繭から出る細い糸を手回しで・・・
そのような光景は滅多に見られませんね。

読み捨てになさって下さいね
 追記:木曜日から土曜日まで、兄たちと出かけます。
朝、間に合えばお訪ねさせて下さいね。

Saas-Feeの風さん、おはようございます♪
写真で見ると多いようですが、2ヵ月ぐらいの間
に咲いたお花たちなので、それほどでもないのですよ。
お花はぶり返して咲いたものもあります。

お花の管理はだんだんと大変になります。
ことにこれから暑くなると蚊も多くなるので、
イヤになる時もあります。徐々に多年草を増やし
ていこうと思っています。

桑の葉は古くから漢方として利用されてきたようです。
成人病のほかダイエットにも良いようです。
神奈川でも荒茶の放射能セシウムが国の基準値を超えた
自治体が増えてきたのでお茶にするのは不安ですが、
できたらネットで簡単なお茶の作り方を見て作ってみたいです。

たくさんのお花のパレードですね。壮観です。庭の手入れが行き届いているので、どの花も美しく咲いてくれましたね。
一生懸命に咲いてくれた花たちの気持ちに応える為にも、こうして振り返って整理してまとめる作業も大事だと思います。

庭花さん、こんにちは^-^
今日はムシムシととても暑く、絶えられない
くらいですが、被災地の方のことを思うと申し
訳なくて、エアコンなしで頑張っています。
庭花さんの方もきっと暑いのでしょうね。

せっかくきれいに咲いてくれたので、ご褒美に
アップしてあげなくては、と前から思っていました。
ほとんどの写真を載せることができたので、
これで落ち着いてブログの更新ができそうです。

うわぁ~、綺麗!
こんなにいっぱいhiroさんち♪
よかったですね~、ズラリ可愛く咲いた花。

あります、たまたまチャンスを逃す事。
ひとつ一つ拡大しながら、観させて戴きました。
中には我が家に咲く花も。
改めて、花っていいですね~。

hiroさん、こんばんは´∀`

桑の葉には私も思い出があります。
小学校4年生くらいのころだったと思いますが
蚕を誰かからもらって毎日桑の葉を父と一緒に
遠くまでもらいに行っていました
繭になったのまでは覚えていますがその後の
ことは記憶にありません。
朝早く父の運転するオートバイに乗って
桑の葉の畑に出かけていたこと昨日のことの
ように思い出します。
父との大切な思い出です。
桑の葉ってお茶にもなるのですね。
蚕の好物なのでお茶にしてもおいしいの
でしょうね。

hiroさんのお庭のお花たち
古株さんから新入りさんまでまあなんと
たくさんのお花たち
コボレダネや挿し木からのお花たちも多いですね。お花の饗宴ですね。

イチゴジャムや枇杷ジャム
ちゃんと手をかけた手作りのジャムを毎年欠かさず作ってるhiroさん
本当に主婦の鑑ですribbon

shizuoさん、こんばんは^-^
春だけは毎日ブログの更新をしても良い位
沢山の花が咲くのですが、昨年の途中から
隔日更新にしたので、お花の写真がどんどん
溜まってしまいました。
せっかく咲いてくれたのでアップさせて
あげなくてはと思っていましたが、
ほとんどアップできてホッとしています。
写真、丁寧にご覧いただきありがとうございました。
やっぱり花っていいものです。

chisayobaabaさん、こんばんは^-^
chisayobaabaさんにも桑や蚕の思い出が
あるのですね。
お父様も蚕の観察を通じて命の学習をさせたかった
のかも知れまさんね。
chisayobaabaさんを大切に、一生懸命育てて
いらっしゃったお父様の様子が目に浮かぶようです。
桑の茶の効能は沢山あるようです。
糖尿病や高血圧、ダイエットにも良いようですよ。

せっかく咲いてくれたお花の写真をアップできなくて
気になっていたのですが、やっとアップできました。
これからまた落ち着いてブログの更新ができそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508194/51968976

この記事へのトラックバック一覧です: 桑(マルベリー):

« 苺ジャムと枇杷ジャム | トップページ | 菜園へ »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ