« エピデンドラム(Epidendrum)とユリ・スノーフレーク | トップページ | デンドロビウム・コメットキング”アカツキ”と庭の花 »

2011年1月 8日 (土)

シャコバサボテン

例年は12月中に咲き終えてしまうシャコバサボテン。

今年は咲く時期が遅く、花数も少なくなりました。

夏には挿し芽をして大きく育てた、赤い花・2鉢と、

薄いピンクの鉢・1鉢も枯らしてしまいました。

こんなことは初めて・・・それほど猛暑だったのですね。

Sdsc02074

この一鉢だけが12月中旬から咲き始めました。

                           (2010.12.21 撮影)

Sdsc02314

同じ種類の花ですが葉がだいぶ赤くなっています。

写真を撮るために部屋に入れましたが、

昼間は暖かくなってから外に出し、夜は玄関内に

取り込んでいます。           (2011.01.07 撮影)

Sdsc02315

真っ赤でとても綺麗です。       (2011.01.07 撮影)

Sdsc02345

薄いピンクの花も咲きました。昨年は上の方まで

お花でいっぱいでした。        (2011.01.07 撮影)

Panelimg

優しい色に癒されます。        (2011.01.07 撮影)

Sdsc02346

挿し芽3年目。外の簡易温室で管理しています。

人目に触れなくて可哀そうなので 、なるべくお天気の

良い日は庭に出すようにしています。                                           

Sdsc02347_2

かろうじて全滅を逃れた鉢。夏の間に根ぐされして

抜いた株があるので、鉢の中がスカスカです。

濃いピンクや橙色の花が残っていてくれたのが救いです。

暖かくなったら挿し芽をして株を更新したいと思います。

                        (2011.01.07 撮影)

« エピデンドラム(Epidendrum)とユリ・スノーフレーク | トップページ | デンドロビウム・コメットキング”アカツキ”と庭の花 »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

hiroさん
 おはようございます~(^-^)
まず、↓のコメント拝見しました。
何度もごめんなさいね。
やはり英語を学んでおられて、それを活用されていたのですね。
私の学び方とは随分違うなあと、今さら感心したり反省したりです。
 さて、シャコバサボテンは辛いです。
3鉢有ったのですが昨年の夏、3鉢とも枯らしてしまいました。
やはり、猛暑の影響だったのですね。
私は手入れが悪かったと後悔していました。
でも、hiroさんのご苦労を拝見して、少しホッとしました。
 真っ赤からは元気を貰って、嬉しく前向きな気持ちになりますね。
 薄いピンクも大好きですheart04
女は幾つになってもピンクにときめいて、癒されますねconfident
そして心が若くなる気がします(外観は駄目ですわ(--〆))
 マクロで撮られたのでしょうか?
7日に撮られたアップのピンク、素敵に生き生き撮られましたね。
可愛くて優しくて、色々な表情が有って、素敵ですgood
 私も「もう一度育ててみたいなあ」
と思いながら拝見しました。

おはようございます(^O^)/

真っ赤なシャコバサボテン 鮮やかですね!
我が家でも咲き出していますが、例年より
花付きがイマイチって感じです。
蕾は結構あるんですけどねっsign02

うわ〜たいへんきれいですね!
さまざまなシャコバサボテンがいっぱいありますね。
ピンクも赤もすばらしいですが...
私は薄いピンクのほうが好きです。
その赤はちょっと強いんですね。

シャコバサボテンはクリスマスサボテンとも呼ばれるそうですね!

こんにちは!
シャコバサボテンがきれいですね!
でも、やはり昨年の夏は枯れましたか?

我が家のは葉の色がすごく悪くなりました。
まだ蕾のままでじっと耐えている感じですが
位置を動かすと、蕾が落ちそうで..こわいです。

そんなことはないのですか?

今年もどうぞよろしくお付き合いくださいね。
そしてきれいなお花や、風景の写真を拝見させてください。

シャコバサボテンは独特の透明感、磁器のような冷たさ、神秘的な肌合いの植物ですね。
やはりサボテン科の特徴なのでしょう。

我が家も小さな一鉢ありますが、買ったとき咲いていただけで、二年目は葉っぱだけです。
手入れも愛情も足りないのでしょう。

拝見しながら、やはりhiroさんのお花に対する
愛情は違うなぁ~と感じています。
枯れてしまうと嘆いてばかりの私ですが
もっと丁寧にお花を育てなくてはと反省です。
赤いお花、綺麗な色ですね。
ピンクも優しくて可愛い色です。
お花が咲いている葉はやはり肉厚で元気ですね。
シャコバサボテン、一鉢有りました。
でも駄目にしてお花は咲きませんでした。
もう育てるのは止めようと思っていましたが、
拝見して、又育ててみたいと思います。

hiroさん    今晩は!
シャコバサボテンを沢山お育てですね。
赤いお花はとっても鮮やかで綺麗です。
ピンクも可愛いいですね。
我が家も一鉢だけ12月中旬から咲き続けていますので
今は玄関先においていますが
一年中二階のベランダに置いたままで寒さも暑さも耐えて強くなった様です。
枯らしてしまったのもありますが~~~
長く楽しめて良いですね。
挿し芽の鉢は来年はにぎやかに綺麗に咲くでしょうね。
hiroさんの様に挿し芽で増やしてみたいです。

コスモスさん、おはようございます♪
やはり京の雪景色は良いですね。
平野神社のお写真、何度もスクロールして拝見しました。
くぬぎ地蔵さんも地元の方に信頼された人気の
お地蔵さんなのでしょうね。
八寸釘を付けた絵馬には驚きましたが、
多くの人の病苦を治した素晴らしい証なのですね。
沈琳 二胡 女人花の素敵な音色と共に楽しませていただきました。

コスモスさんも、昨年の夏にシャコバサボテンを
枯らされたのですね。昨年の夏は異常でしたね。
シャコバサボテンの栽培歴は長く、35年ぐらいになります。
何度も枯らした事がありますが、最近では挿し芽を
して株を更新しているので買わなくなりました。
でも昔からある古い品種ばかりなので、たまには買って
他の色のものも育ててみたいです。
アップのピンクはマクロで撮りましたが、コンデジ
なのでお花のマークに合わせて撮るだけですhappy02
今日は我が家で、息子の子供Kのお誕生会をします。
午前中はお買いもの、午後はお料理と忙しくなりそうです。


歌まろさん、おはようございます♪
やはり今年は花付きが例年より少なかった
のですね。夏の影響でしょうか・・・
しかし蕾はあるようなので、これから咲くかもしれませんね。
我が家では蕾も少ないので、これ以上望めませんが、
咲いてくれると嬉しいものですね。

London Callerさん、おはようございます♪
おっしゃるように、シャコバサボテンは
クリスマスのころに咲くので、
クリスマスカクタスとも言われているそうです。
また観賞用の品種改良はデンマークで始まった
といわれデンマーク カクタスとも言われているようです。

ピンクのシャコバサボテンは強すぎず、
優しい色合いなので私も好きです。

ryoさん、おはようございます♪
三鉢のシャコバサボテンを、昨年の夏に
枯らしました。最後の写真の二鉢も根ぐされを起こし、
あまり良い状態とも言えませんweep

我が家のシャコバサボテンも、夏の暑さと
今でも日中は外に出しているので、寒さにもあたるので、
葉色はグリーンが少なくなり赤茶けてきています。
もう少し置く場所に気をつければ良いのですが、
なかなか良い場所がなくて・・・

つぼみのまま咲かなかった事はありますが、
株全体の蕾が咲かなかったことはありません。
よほど寒くなければ、ゆっくりと咲くと思いますが、
実物を見ていないので何とも申し上げられません。

Reiさん、おはようございます♪
こちらこそ本年もどうぞよろしくお願いいたします。

シャコバサボテンは花びらの中心近くが
透き通るように白いものが多く、とても素敵ですね。
我が家のは寒さに強くなったのは良いのですが、
透明感が少なくなったような気もします。
このピンクのシャコバも買ったころは白とピンクの
ツートンカラーでとても素敵だったのですよ。

シャコバサボテンの開花は日照時間とも
関係があるようです。
置く場所を工夫されるのも良いかも知れませんね。

すみれさん、おはようございます♪
昨年の夏は大きな鉢のシャコバサボテンを
3鉢も枯らしてしまいました。
風通しの良いところにはおいたつもりですが、
日差しが強すぎて、弱ってしまったのだと思います。
でも挿し芽で増やしたものばかりなので、
同じ色のものが残っていたのでよかったと思います。
すみれさんのシャコバもお花は咲かなくても
葉が生きているので、暖かくなってから株を
更新すれば、2年目、うまくいけばその年から
お花が見られるかもしれませんね。

えつままさん、おはようございます♪
えつままさんのシャコバサボテンは一年中
外でも元気なのですね。
多分ベランダは霜が当たらないのでしょうね。
冬は部屋に取り込まなくてはいけない植物が多いので、
外で過ごせたら一番良いですよね。
我が家も遅く咲いた分、長く楽しめて良いです。
昔、夫が挿し芽でどんどん増やし、一階の軒下を
シャコバサボテンで埋め尽くしたことが
ありますが、たった一日、一部分ですが霜に当たり、
半分以上枯らしたことがあります。

 おはようございます(^^♪
hiroさん、コメントのお返事ですgood
最近は2日分ご覧戴いて嬉しいですが
申し訳なく思っています。
釘抜き地蔵さんは、異常な異様な光景ですが
皆さんの真摯な姿には心を打たれるものが有ります。
母も生きていたら多分お参りしたのでは・・
 hiroさんのシャコバサボテン歴は長いのですね。
次回買い求めた時は挿し芽を試みます。
又、教えてくださいねlovely
私もお花マークで撮りますが、何時も手振れですcrying
難しいですね。
 お孫さんのお誕生会、お忙しいでしょうが、
賑やかで愉しいひと時をお過ごし下さい。
又、ブログでご紹介楽しみにしています。
これはお返事ですから読み捨てにして下さいね。

コスモスさん、
勘違いしていました。
お誕生会は明日でした。
そそっかしいですね。

シャコバサボテン今が盛りと咲いていますね。
わが家は早く咲いたものでほとんど終わってしまいました。
それも白やオレンジはいつの間にか消えさり
濃いピンクのみになってしまいました~
真赤もきれいですね。
今度探してみます。
幾つも鉢を増やしましたがオットットさんが
弱ってそうなのからポンポン処分してしまうのでよく見張っておかないと・・・coldsweats01
それで1色になってしまったのかもしれません。
こちらでは11月頃から部屋に入れています。

hiroさん、こんにちは^^

シャコバさぼてん ずいぶん長い間育てられて
いるんですね。
家族のような感じなのでしょうか?
様子を見て陽にあてたりお家に取り込んだり
hiroさんのこまやかな心遣いがよくわかります。
一枚目のお花ずいぶん大きいですね。
お花がふっくらとしてかわいいですね(*^-^)
橙色のシャコバさぼてんの花、見てみたいです。

hiroさん
 そそっかしいところまで
似ていますねhappy01
明日が愉しみですねheart04
今度こそ、読み捨てになさって下さいねconfident

Happyさん、こんばんは^-^
やはりシャコバサボテンはピンクや赤が
強いのでしょうね。
我が家でもオレンジがかろうじて生き残りましたが、
一度は駄目にしています。
このオレンジのシャコバは5年前頃買ったものです。
挿し芽も育てやすい種類がつきやすいようです。
結果として、我が家にあるのは同じ種類のものばかりです。
11月頃から部屋に入れると花が咲くまでに
葉の緑も回復するでしょうし、蕾から咲くまでの間が
環境が変わらないので、蕾が落ちることも少ないでしょうね。
今年は一部そのようにして開花時期をずらして
楽しみたいと思います。
ありがとうございました。

chisayobaabaさん、こんばんは^-^
シャコバサボテンは結婚して数年後に
夫が買ってきたのが育て始めたきっかけです。
夫は独身時代から月下美人とか、クジャクサボテンを
育てていました。横浜の団地に住んでいる時は
ベランダで冬でも過ごせたので良かったのですが、
一戸建てに引っ越してからは、蘭も沢山あったので、
家の中に入れるのも限界で、外に放置したままに
しておいたら枯れてしまいました。
一鉢ずつでも残しておけばよかったと思いました。
お花は家族の思い出につながっています。
結婚して以来、お花が絶えたことはありませんでした。
橙色のシャボテンは咲いても赤やピンクほど綺麗ではありません。
少しですが蕾がついていますので咲いたらアップしますね。

12月から1月には室内に飾っておきたい花のひとつがシャコバサボテンです。
蕾みがつきはじめると、いつ咲くかと心がウキウキしてきます。
鮮やかな赤は元気をくれるし、清楚な白や可愛いピンクも好いですね。
挿し芽をして増やしているhiroさんのシャコバサボテンの愉しみかたを見習って
今年こそは絶対に挿し芽をして葉焼けしたサボテンを元気に若返らせたいものです。
我が家では最も新しい鉢にまだまだこれから咲く蕾みをたくさんつけています。
ただ、葉の長さが不揃いなので、この春は葉を摘んで長さを揃えるつもりです。
TBさせていただきました。
上手く入っているといいのですが・・・。

Saas-Feeの風さん、こんにちは♪
TBありがとうございます。さっそく拝見させて
いただきました。
風さんの様に綺麗に写せると良いのですが、
私の写真は単なる記録写真だけの様で寂しいです。

まだこれから咲くシャコバサボテンもあるのですね。
どんなお花が咲くのでしょう。咲いたら見せてくださいね。
楽しみにしています。

我が家のシャコバもほとんどが葉やけしています。
葉も伸びすぎていますので、春になったら摘んで
綺麗にしてやろうと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508194/50516681

この記事へのトラックバック一覧です: シャコバサボテン:

« エピデンドラム(Epidendrum)とユリ・スノーフレーク | トップページ | デンドロビウム・コメットキング”アカツキ”と庭の花 »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ