« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月30日 (日)

古民家・旧市倉家

払沢の滝から帰る途中、江戸末期に建てられたという

当時の一般的な農家・旧市倉家の建物を見学しました。

場所はあきる野市五日市の郷土館の敷地内にあります。

(あきる野市・指定有形文化財 無料)

Sdsc02603

入母屋造り、茅葺きの古民家

Sdsc02605

縁側

Sdsc02604

入り口

Sdsc02606

屋根

Sdsc02607

土間にある台所

Sdsc02608

板の間の囲炉裏

Sdsc02609

羽子板

2月からはお雛様が展示されるそうです。

Sdsc02611

嫁入り道具

Sdsc02613

機織り機 

板の間と土間の間に2階に行く階段がありました。

2階は蚕部屋で、床はいろりの煙を抜くため、丸い竹が敷き

つめられ、籠などの生活用品、繭の毛羽をとる機械、蚕棚、

蚕の繭をつむぐ時の道具などが展示されていました。

親切なボランティアガイドさんの説明を受けながら見学

できましたが、デジカメのバッテリーが切れたため、

写真を残すことはできませんでした。

この後、郷土館も見学、昔の暮らしや、このあたりで発見され

古生代・中世代・新生代の化石を多く見学し、かつてこの地

が海だったことを知り、今更ながら驚きました。

                         (行った日:1月23日)

2011年1月28日 (金)

シンビジウム・グレートキャティ”キューピットレディ”

Sdsc02353 

今年初めて買い求めたお花は

シンビジウム・グレートキャティ”キューピットレディ”です。

お花が2本立ちで980円というお値段に惹かれて

求めましたが、このお値段で買えたのは一花茎あたりの

花数が少なかったからでしょうか。とにかくラッキーでした。

Sdsc02355

抱え咲きのお花が可愛いでしょうheart04

                      (1月6日購入)

Sdsc02622

次はバラ咲きジュリアンです。

払沢の滝の氷結を見学に行った時、檜原の農協で求めました。

優しいピンク色のお花にウットリですheart04

Sdsc02635

バラのように美しく、見ていると心なごみます。

1ポット、200円でした。      (1月23日購入)

Panelimg

最後がビオラ。。。ケース販売でした。

ありふれた色のビオラですが、たくさん咲くと綺麗です。

1ケースに24ポットも入って980円でした。

昨年はコボレダネが少なく、種まきもしなかったので、

お安い苗を探していたところでしたscissors

                          (1月24日購入)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1月24日(月)、夫と健康診断に行ってきました。

昨年もこの時期に受診しましたが、8月末から始めた

ゆるダイエットが功を奏し、5,5kgの減量に成功しました。

11月からはプールが一時使えなくなり、水泳はやむなく中断、

12月、1月は食べる機会が多かったり

娘が来ていたりで、食事も好きなだけ食べていました。

それがなかったらもっと減量できていたかもしれません。

その他も良い結果だったら良いな~と思います。

先週末からプールも再開、食べ過ぎないために食事内容を

メモすることも、そろそろ再開しようと思います。

ただ今まで低血圧気味だった夫の血圧が境界値に上昇

したのが気になります。一時的なものだと良いのですが・・・

いずれにせよ食事は気をつけないといけません。

2011年1月26日 (水)

払沢(ほっさわ)の滝の氷結

ポエポエさんのブログで、払沢(ほっさわ)の滝が氷結

していることを知り、1月23日(日)に見に行きました。

払沢の滝は東京都で唯一の村、檜原村にあります。

家を出たのは10時40分でしたが、道路が非常に空いて

おり、2時間後には現地に到着しました。駐車場は満車

でしたが、近くの中学校の校庭が解放されていました

Sdsc02587_2 Sdsc02602

人口約2500人、村域の9割以上が森林で、ここが東京

かと思われるほど、のどかな村でした。払沢の滝に向かう

北秋川の渓谷沿いにもたくさんの杉が植林されていました。

杉の花はすでに咲いていました(写真右・クリックすると大きくなります)

花粉が飛散するのもそう遠くはないでしょうshock

Sdsc02589

渓流の水はとても澄んで綺麗でした。

地元の人の飲料水として利用されているらしく、観光客に

汚染しないようにと、呼びかけている看板がありました。

Sdsc02576

渓流沿いの山道を歩くこと15分、素晴らしい氷結を

見ることができました。この滝は四段からなり、

一段目の滝は落差26m。全段の高さを合わせると、

60mにも達し、「日本の滝百選」にも選ばれているそうです。

しかし実際に見えるのは最下段の一段のみ。

それでも全景は写せませんでした。

Sdsc02583

つらら

Sdsc02581

落下した氷が滝壺にたまっています。

この日の氷結は65%だったそうです。

Sdsc02590 Sdsc02591

郵便局として使われていた建物を移設した木工工芸品店

「森のささやき」。滝に行く途中にあります。入口わきに備え

付けられた双眼鏡からは「天狗の滝」が見えました。

滝全体が見えたので、払沢の滝よりスケール

が大きいように思いましたが、実際はどうなのでしょう。

Sdsc02594

テレビの情報番組や旅番組でよく紹介される人気の

豆腐店「ちとせ屋」。この日も行列ができていました。

Sdsc02596 Sdsc02598

うの花でできたドーナツが人気のようです。

1個・90円。なかなか美味しかったですよdelicious

Sdsc02614 Sdsc02615

お土産セット・600円。おぼろ豆腐・木綿豆腐・油揚げ

各1個が入っていました。清流を使って作られているだけ

のことはあり、とても美味しかったです。

「森のささやき」さんからは杉板で作られたはがきを2枚。

絵を描いて、孫にお手紙を出すことにしましょうhappy01

2011年1月24日 (月)

横浜動物園・ズーラシア③

Sdsc02498

オセアニアの草原ゾーンにはユーカリの木が点在していました。

元気に歩いていたK君も疲れが出てきたようです。

反対にベビーカーのMちゃんは飽きてきたのかしきりに降りたがり

ます。交替したのは良いのですが、Mちゃんは抱っこの連発でした。

三人で交替で抱っこしましたが、坂道も多くとても疲れました。

Sdsc02497

アカカンガルーがくつろいでいます。

S0011_4

セスジキノボリカンガルーも木に登っているところを

見ることができましたが、後ろ向きの姿しか見られなかったので

画像はズーラシアさんのHPよりお借りしました。

Sdsc02495_2

ジャノメエリカ が綺麗に咲いていました。

我が家のは小さな鉢植えですが、こんなに大きくなるのですねeye

Sdsc02502

中央アジアの高地ゾーンではモウコノロバがけたたましい

声でないていました。他にはチベットモンキー

珍しいイヌ科のドールがいたようですが気がつきませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Sdsc02505

日本の山里ゾーンでは、日本人と動物たちが共存していた頃の

懐かしい山里が造られていました。コウノトリ

Sdsc02506

クロヅルの鳥類、

Sdsc02509

ニホンアナグマ↑ツシマヤマネコホンドタヌキホンドキツネ

ニホンツキノワグマニホンザルがいました。

詳しくはこちらのページをどうぞ。

Sdsc02513_2

しかし孫達が何と言っても喜んだのが みんなのはらっぱでした。

遊具で遊び、ベンチに腰掛けておやつを頂き、近寄ってくる

カラスを眺めながらゆったりとくつろぎました。

孫達はもっと遊びたがりましたが、とても寒かったので、

アマゾンの密林ゾーンを急ぎ足で通り過ぎ、

アフリカの熱帯雨林ゾーンでは20世紀になって発見された

Sdsc02515

世界3大珍獣の一つ、オカピーを目指して歩きました。

寒いので小屋の中にいましたが、かえって良く見ることができました。

わくわく広場ぱぱかか広場も通り過ぎ、みんなの広場でも

遊ぶことはできませんでしたが、11時から4時まで楽しく過ごす

事ができました。Kは以前に比べると動物に興味を示すようには

なりましたが、遊具で遊んだり、園内マップを見る方が好きのよう

でした。数字もカタカナも読めるので、地図に沿って

次は○○がいるんだよと、楽しそうに説明してくれました。

ゆっくり歩行でしたが約8000歩。良い運動になりました。

                       (行った日2011.01.12)                                   

2011年1月22日 (土)

クリスマスローズ・パウロ 

花がうつむかず、まっすぐに咲く

珍しい種類のクリスマスローズを見つけました。

お花も大きく素敵だったので、即連れて帰りました。

Sdsc02115

クリスマスローズ・パウロ           (2010.12.22撮影)

原種系のクリスマスローズで、名前は前ローマ法王、

ヨハネ・パウロ二世にちなんでつけられたそうです。

白い花弁(ガク)と黄色いシベのコントラストが素敵です。

Sdsc02116

どこか見覚えのあるお花だったので、ネットで調べた

ところ、パウロは20年近く前、初めて買ったヘレボルス

ニゲルの改良種でした。ニゲルは庭に植えましたが、

2年目のお花を見ることなく、枯らしてしまいました。

今度こそ、失敗しないよう育てたいな~happy01

                         (2010.12.22撮影)

Sdsc02334

オリエンタリス系の白い花はだんだんとグリーンがかって

くることが多いのですが、パウロはピンクになりました。 

                        (2011.01.07撮影)

Sdsc02331                      

本来のクリスマスローズはクリスマスの頃に開花する

このヘレボルス・ニゲルですが、日本ではヘレボルス属の

植物の植物の総称として用いられているようです。

                            (2011.01.07撮影)

Sdsc02539

庭の白いクリスマスローズ(オリエンタリス系)も

蕾がつきました。昨年は2月3日から咲き始めました。

今年の開花はもう少し早そうです。  (2011.01.17撮影)                   

Sdsc02316

昨年の12月22日に求めて、まだご紹介できていない

お花がいくつかあります。ポインセチアもその中の一つ。

孫にお花の名前を聞かれたので、ポインセチアと教えた

ところ、嬉しそうに笑っていました。アンパンマンの

挿入歌の歌詞の中にポインセチアがでてくるようです。

本物のポインセチアを見ることができて、

嬉しかったのでしょうね。葉は何枚か落ちましたが、

まだまだ元気に咲いていますよ。

                        (2011.01.07撮影)

Sdsc02145

エリカ・ダーレンシスも12月22日に求めました。

ピンク色の花の可愛い小花がびっしりとついています。

寒さには強いようですが、夏越しが問題のようです。

                         (2011.01.07撮影)

2011年1月20日 (木)

横浜動物園・ズーラシア②

次は亜寒帯の森ゾーンです。

ヒマラヤの山岳や、亜寒帯の森・草原・海を

イメージして造られているそうです。

針葉樹が多くいかにも寒々とした印象でした。

Sdsc02455_2

レッサーパンダ 

初めて知ったことですが、レッサーパンダはネパールやインド等の

標高1、800m~4、000mの竹の多い林に棲んでいるそうです。

可愛い顔を見たかったのですが、一度も振り返らず

木の下に降りて行ってしまいました。

Sdsc02464_2 Sdsc02467_2

シロミミキジ

標高3、500~4、000mの高山の茂みに棲み、冬は標高2、800m

付近まで下山するそうです。群れを成し、頑丈なくちばしで地面を

掘り返して草の根や昆虫を食べるそうです。

シロミミというより顔以外がみな白いキジでした。

オウギバト

どうしてここに展示されていたのか不思議です。

低地の熱帯雨林や湿地帯にすみ、小さな群れをつくって地上に

落ちた果実や種子などを食べているそうです。

頭頂部についた扇がとても優雅でした。

Sdsc02470_2

ベニジュケイ

チベット南東部から中国雲南省、四川省、陜西省、ベトナム北部

に分布。山地の常緑混合林にすみ、木の葉、草、茎、種子、果実など

の植物や昆虫類などを餌にしているそうです。

ベトナムキジ(黒)

ベトナム中央部に分布。常緑樹に覆われた低地で、植物が生い茂った

川沿い地域にすみ、種子、果実、昆虫類などを食べているそうです。

Sdsc02480

フンボルトペンギン

子供の大好きなペンギンさんです。

ペルーとチリの沿岸をフンボルト海流に沿って南北に分布。

アンチョビーのような魚やイカなどを潜水して捕食しているそうです。

Sdsc02485

孫達が一番喜んだのがこのエリア。

ペンギンや白クマの水中観察ができます。

Sdsc02488_2

ホッキョクグマ 

目の前に現れた時はその大きさに驚きました。

Sdsc02493_3

ボールを追いかけて水中に潜る様はとてもダイナミック

でしたが、遊んでいる姿は人間の子供と同じですね。

ミナミアフリカオットセイもいるようですが、

水槽が広くて見つけられませんでした。

S0031 S0021

シロフクロウ季節によって、毛の色を変えるトウホクノウサギ

(この2枚の画像はズーラシアさんのホームページよりお借りしました。)

沢山の動物を楽しんだのは大人の方だったかもしれません。

この他にも色々な動物を見ることができました。

詳しいことはこちらでどうぞ。

2011年1月18日 (火)

デンドロビウム・スプリングカラー・グリーンスリーブス

Sdsc02368

「おばあちゃん、Kがいなくなって寂しい?」

「寂しいわよわよ。K君はおばあちゃんの宝物だもの」

「大丈夫だよ。おじいちゃんがいるから。」

こんな言葉を残してKは娘とともに北海道に帰りました。

たった一年でKはとても成長しました。

寂しくても泣かないでこらえることができる様になりました。

トランプも「7並べ」より「神経衰弱」が好きになり

勝ち負けにこだわるようになりました。

「おばあちゃん、Kの家にいつ来るの?3月?」

「そうね、3月はまだ寒いわね。夏になったら行くね。」

夏までまてるかなぁ~・・・

帰る前に風邪をひき調子の悪いK君を空港まで送って

くれたJ君、どうもありがとう。

Sdsc02281

昨年の12月22日に求めた

デンドロビウム・スプリングカラー・グリーンスリーブス

が綺麗に咲いています。買った翌日から咲き始め、

お正月には満開でした。    (2011.01.07撮影)

Sdsc02283

純白の花びらの中心部に黄緑色が入り、清楚で美しい。

岡山の洋蘭園のオリジナル商品です。

                   (2011.01.07撮影)

Sdsc02088

これも12月22日に求めた名前のわからないミニカトレア

開花株を求めたのでもう1ヶ月位咲いているかもしれません。

                   (2011.01.07撮影)

Sdsc02325_2

昨年11月10日から咲き始めた

ミディカトレア・ドロシーオカヒノモト

1月12日まで咲いたので約2ヵ月間咲いてくれました。

我が家で咲かせたカトレアの中では最長記録です。

ご褒美に最後のアップです。   (2011.01.07撮影)

Sdsc02561 Sdsc02554_2 Sdsc02556

昨年の5月に高芽を3本とって育てた

デンドロビウム・サギムスメが昨日(16日)から咲いて

います。最初の株はもうありませんが、30年以上高芽

から株を更新して育てています。親株のお花はまだ

咲いていません。         (2011.01.17撮影)

Sdsc01865 Sdsc02286

12月8日(左)に蕾に気づき、部屋の中でも温度が高い

ピアノの上に置き大切に育てていたバンダ

1月7日(右)の時点ではまだこんなに元気でした。

Sdsc02528_2

それが急変して1月13日には下の蕾から黄変し、

3日後の1月16日には完全に駄目になりました。

考えられることは、暖房をしすぎたこと・・・

考えてみると、2年間蕾をもたなかったので、昨年は枯れて

もよいつもりで室内に取り込まず、外の簡易温室で冬を

越させたのでした。蕾ができ嬉しさのあまり室内の一等地に

置いたつもりでしたが、過保護だったのでしょうね。

残念でした。

 

2011年1月16日 (日)

横浜動物園・ズーラシア①

ズーラシアは1999年4月に開園したので

今年の4月に12周年を迎えますが、

今まで一度も見学したことがありませんでした。

名前のズーラシア (Zoorasia)は動物園の(Zoo)と

ユーラシア(Eurasia)を合わせて作られた造語で

ユーラシア大陸の様に広いという意味で、

1996年に市民公募で選ばれたそうです。

家を出た時、カーナビは到着まで30分と表示されて

いましたが、途中コンビニでお昼やおやつを購入したり、

道路が一部渋滞していることもあり、

往路は45分、復路は1時間くらいかかりました。

Sdsc02426

入場料は大人・600円 中高生・300円

小中学生・200円 乳幼児は無料でした。

駐車料金は一日1000円。

ベビーカーを一台借りて入場しました。

基本的には一方通行で、順路に従って歩くと一通りの

展示を見ることができます。

Sdsc02526

入場するとすぐに記念撮影のサービスがありますが、

どういうわけか、Kの虫の居所が悪かったらしく、

Kを除いて私達夫婦と娘と孫のMとで撮影しました。

まずは東南アジアの熱帯雨林に住んでいるアジア固有の

動物を見学。最初に出迎えてくれたのはインドゾウでした。

       (写真はクリックすると大きくなります)

Sdsc02430 Sdsc02434

インドゾウ 

小屋の前を行ったり来たり・・・

ターンせずバックのまま歩くので,後姿しか見ることができませんでした。

ボルネオオランウータン

手足が大きくて長く、胴の短いユーモラスな顔をした

オラウータンでした。間近で見えたので孫達も喜んでいました。

Sdsc02442 Sdsc02445

マレーバク

遠くの穴でお昼寝中でした。

白黒でパンダ模様の様だったので、全身を見たかったです。  

ウンピョウ(雲豹)

寒いせいか?小屋の中は電灯で温められていました。

近くでスマトラトラの泣き声も聞こえましたが、姿は見えませんでした。

写真ではよく写せませんでしたが、猿たちの森にはテナガザルや

オナガザルが種類別に広い檻の中で展示されており、すばしっこく

ピョンピョンと移動する様がよく見えました。孫達もそのスピードに

びっくりしたようです。

Sdsc02452

インドライオン 

世界に300頭しかおらず、絶滅の恐れがある、貴重なライオンだそうです。

この他にもカンムリシロムク、カンムリライセン等の鳥

ボウシテナガザル、スマトラトラ、オナガザル類、

シシオザル等が展示されていました。

詳しいことはこちらをどうぞ。

(行った日2011.01.12)

 

               

2011年1月14日 (金)

シクラメンと庭の花

冬は室内で過ごすことが多いので選ぶお花も

室内で楽しめるシクラメンや蘭が多くなります。

たくさん楽しみたいので、いつも手ごろな価格の

お花を求めています。

Sdsc02321_2

赤い花弁の濃淡が私好みですnotes

Sdsc02322_2

まさにシクラメンの別名「カガリビバナ(篝火花)」の様ですねconfident

Sdsc02320

白の花弁の縁が頬を染めているようで素敵でしょうheart04

Sdsc02323

窓際は暑すぎて、あまり日の当らないところに

置いてありますが、もっと日に当てたらピンクが濃く

なるかもしれませんねconfident

Sdsc02277

ノーマルなピンクのシクラメン。

少し小さめですが、あまりのお安さに衝動買いしました。 

何と385円でしたよ~・・・葉っぱもしっかりしているし、

蕾もまだたくさんついているんですよ~happy02

Sdsc02343

庭では昨年・12月中旬から咲き始めた

ヒマラヤユキノシタが満開を迎えていました。

今年は一輪だけだけれど、来年は沢山咲いてほしいな・・・

Sdsc02341

コボレダネのプリムラ・マラコイデスのお花も

咲き始めました。今年はコボレダネが少なかったので

プランターだけにしか植えられませんでした。

大切に育てて、来年はまた春のメインフラワー

にしたいです。

Sdsc02342

残念ながら、地植えのノボタン・コートダジュールは霜に

やられ、蕾のまま終わりました。こんなことは地植えをして

から、初めてのことです。夏になったら挿し木をして、鉢植

で育て、寒くなったら移動して、最後までお花を楽しめ

ようにしたいです。鉢植のリトルエンジェルは、

軒下ですべての花を咲かせました。

Sdsc02349

ふっくらと太った雀、可愛いでしょうheart04

夕暮れの食料品店の駐車場に佇んでいました。

近寄って写しても逃げないので、病気かと思いましたが、

もし鳥インフルエンザにかかっていると怖いので

触ることもできませんでした。

私の車のすぐ横にいたので、ひいてしまったら困る

と思いしばらく一緒に遊んでいましが、

5分もしないうちに飛び立ったのでホッとしました。

                 (写真はすべて2011.01.07.撮影)

2011年1月12日 (水)

7歳のお誕生日

1月11日は隣の市に住む孫・Kの7歳のお誕生日でした。

一日早い10日に、我が家でお誕生会をしました。

北海道から遊びに来ている孫・K(4歳)はK君が大好き。

朝から嬉しくてハイテンションです。

Sdsc02421

いつもはトランプの神経衰弱に夢中の両K君ですが、

この日は大きいK君から工作を教えて貰っていました。

お絵かき用に使った昨年のカレンダーを丸めて

矢印の反対側を吸うと音が出るようです。

沢山作っても音が出るのは少ないらしく、音が出ると

大喜びではしゃいでいました。夕食前にはおじいちゃんと

両K君の3人で楽しそうにお風呂に入っていました。

Sdsc02403 Sdsc02408

大きいK君と一緒だと私が小さいK君と遊ぶ出番は

なくなります。おかげでお料理に集中できました。

メインは気張って黒毛和牛のステーキにしました。

ホットプレートで焼き、食べやすいようにカットしました。

柔らかくてジューシー、とても美味しかったです。

Panelimg

*おやつ(和菓子)

*シラスとシソのおにぎりとお赤飯の俵型おにぎり

お海苔をまくのは両K君がお手伝いしてくれました。

*マカロニサラダ

(マカロニ、ゆで卵、ニンジン、キュウリ、タマネギ)

*フライ&唐揚げ (エビ、イカ、鶏モモ肉、ブロッコリー)

*生チーズとスモークサーモン

*サラダ (レタス、カリフラワー、ミニトマト)

*フライドポテト、枝豆、大根の漬物

*フルーツ (イチゴ、パイナップル)

みんなK君の好きなものばかりです。

Sdsc02409_2

クリスマスとお年玉が続き、特に欲しいものはないと

いうので、じいじとばあばからはお小遣い、娘からは

手品(リング)のおもちゃがプレゼントpresentされました。

Sdsc02411_2

ついこの間生まれたばかりと思っていたのに

もう7歳になったんだね。

これからも野球や水泳、お勉強も頑張ってね。

お誕生日おめでとうbirthday

2011年1月10日 (月)

デンドロビウム・コメットキング”アカツキ”と庭の花

Sdsc02329_2 

夫が昨年末に買ってきた

デンドロビウム・コメットキング”アカツキ”

濃く鮮やかな紅紫色の花弁と、リップ中央の

黄色とのコントラストが非常に美しく、

リビングの中でもひときわ目を引きます。

Sdsc02327_3

いま全部のバルブからお花が咲いているので、

春からの新芽を太らせないと、

来年のお花は望めないかもしれません。

Sdsc02338

挿し芽から育て、昨春、庭の隅に植えた

マーガレットが、寒さの中、健気に咲いています。

Sdsc02337

貧弱な苗だった黄色のストックも

マーガレットに負けじと咲いています。

Sdsc02155

ハンギングのパンジーも最後の白が咲き

4色咲きそろいました。

Sdsc02339

春には鉢が見えなくなるほどのお花で覆われるでしょう。

植物からはいつも元気を貰っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とても役に立つワンちゃんの動画を見つけました。

この動画はドッグトレーナーを目指す、アメリカの現役の

女子大生・ジェシーさんが投稿されたそうです。

良くしつけたものですね。

お時間のある方はご覧ください。

2011年1月 8日 (土)

シャコバサボテン

例年は12月中に咲き終えてしまうシャコバサボテン。

今年は咲く時期が遅く、花数も少なくなりました。

夏には挿し芽をして大きく育てた、赤い花・2鉢と、

薄いピンクの鉢・1鉢も枯らしてしまいました。

こんなことは初めて・・・それほど猛暑だったのですね。

Sdsc02074

この一鉢だけが12月中旬から咲き始めました。

                           (2010.12.21 撮影)

Sdsc02314

同じ種類の花ですが葉がだいぶ赤くなっています。

写真を撮るために部屋に入れましたが、

昼間は暖かくなってから外に出し、夜は玄関内に

取り込んでいます。           (2011.01.07 撮影)

Sdsc02315

真っ赤でとても綺麗です。       (2011.01.07 撮影)

Sdsc02345

薄いピンクの花も咲きました。昨年は上の方まで

お花でいっぱいでした。        (2011.01.07 撮影)

Panelimg

優しい色に癒されます。        (2011.01.07 撮影)

Sdsc02346

挿し芽3年目。外の簡易温室で管理しています。

人目に触れなくて可哀そうなので 、なるべくお天気の

良い日は庭に出すようにしています。                                           

Sdsc02347_2

かろうじて全滅を逃れた鉢。夏の間に根ぐされして

抜いた株があるので、鉢の中がスカスカです。

濃いピンクや橙色の花が残っていてくれたのが救いです。

暖かくなったら挿し芽をして株を更新したいと思います。

                        (2011.01.07 撮影)

2011年1月 6日 (木)

エピデンドラム(Epidendrum)とユリ・スノーフレーク

エピデンドラムを育てるのは二度目、15年ぶり位です。

高芽が多く、茎もどんどん伸びて姿が乱れるので

育てるのに音をあげた蘭でした。

あの頃より品種改良も進み、育てやすくなったのでは

ないかと思い、再び育ててみることにしました。

Sdsc02133

エピデンドラム(Epidendrum)は中南米原産の

非耐寒性常緑多年草(洋蘭)で、種類は700種以上あり、

木などに着生して生きる着生ランです。

丸いバルブを持ったタイプと、茎に多くの葉をつける

タイプ(ラディカンス系)がありますが、

我が家のは茎に多くの葉をつけるラディカンス系のようです。

Sdsc02132_2

冬は10日に一度水やりをする程度ですし、

花期が長く、2ヵ月ぐらい咲き続けるのが魅力です。

花言葉は決断力です。

Sdsc02109  Sdsc02202

求めた時(2010.12.22)は蕾だったユリ(Snowflake)も

お正月には綺麗に咲いてくれました。

鉄砲ユリにもスカシユリにも見えます。

Sdsc02204

冬のユリはゆっくりと長く咲くのが良いですね。

2011年1月 4日 (火)

今年もどうぞよろしく~♪

昨年9月に義父が亡くなり、正月行事は控えるべき

かどうか考えましたが、49日が過ぎていること、

享年99歳と天寿を全うしたことなどを考え、

年賀状、玄関のお飾り、鏡餅、初詣、などはやめましたが

お年玉やお節など、内向きのことは例年どおりに行いました。

Sdsc02223

初収穫のお野菜たち

牛蒡、大根、下仁田ネギ、里芋、ブロッコリー、カリフラワー

おせち料理に大活躍しました。

Sdsc02239

お節を重箱に詰めることと祝い箸をやめました。

Panelimg

夫の「あけましてこんにちは~♪」でスタート。。。

1年生の孫はお年玉に大喜び、

4歳の孫もだんだんとお年玉の意味がわかるように

なったのか、袋の中身よりも袋の数を喜んでいました。

夜は菜園でとれた下仁田ネギを使ってすき焼きに

しましたがとても美味しかったです。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ