« 今年もどうぞよろしく~♪ | トップページ | シャコバサボテン »

2011年1月 6日 (木)

エピデンドラム(Epidendrum)とユリ・スノーフレーク

エピデンドラムを育てるのは二度目、15年ぶり位です。

高芽が多く、茎もどんどん伸びて姿が乱れるので

育てるのに音をあげた蘭でした。

あの頃より品種改良も進み、育てやすくなったのでは

ないかと思い、再び育ててみることにしました。

Sdsc02133

エピデンドラム(Epidendrum)は中南米原産の

非耐寒性常緑多年草(洋蘭)で、種類は700種以上あり、

木などに着生して生きる着生ランです。

丸いバルブを持ったタイプと、茎に多くの葉をつける

タイプ(ラディカンス系)がありますが、

我が家のは茎に多くの葉をつけるラディカンス系のようです。

Sdsc02132_2

冬は10日に一度水やりをする程度ですし、

花期が長く、2ヵ月ぐらい咲き続けるのが魅力です。

花言葉は決断力です。

Sdsc02109  Sdsc02202

求めた時(2010.12.22)は蕾だったユリ(Snowflake)も

お正月には綺麗に咲いてくれました。

鉄砲ユリにもスカシユリにも見えます。

Sdsc02204

冬のユリはゆっくりと長く咲くのが良いですね。

« 今年もどうぞよろしく~♪ | トップページ | シャコバサボテン »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

hiroさん
 おはようございます~(^-^)
コメント欄が開いていてホッとしましたhappy01
今朝の洋ランのエビデンドラムの花は見たことが有りますが、
名前は知りませんでした。
黄色い花色も可愛くて素敵ですが、花びらの丸みが何とも言えず可愛いですねheart
蕊?の様子も見れば見る程愉しくて。
複雑のようにも見えますね。
花期が長くと水遣りが10日に一度は魅力ですが、
夏越しが難しいのでしょうね
私は真夏にダメにする花が多いです。
ベランダの熱気は夜になっても下がらなくて・・
花言葉の「決断力」、今年はこの言葉が必要になりそうな気がします。
 白いユリは清楚で凛としていて憧れます。

懐かしい花です。
4年前に咲いていた写真を撮っていました。
その花の色は赤系でしたが(→https://iiiro.jp/blog/srt101/29600.html)
その前には橙色の花を育てていました。
水の遣り過ぎだったのかもわかりませんが
双方ともにダメにしてしまいました。
久しぶりに花を拝見して、そのときのことを思い出しています。
この時期のユリは珍しいですねぇ。
Snowflakeですか。
スズランスイセンもそのように呼ばれていますね。

エピデンドラム、初めて見るお花です。
黄色いお花が沢山咲いてとっても綺麗です。
蘭は素敵ですが、難しいとの思いが有り
お花屋さんでも見るだけにしています。
でもhiroさんの所で拝見するお花はとっても素敵で
育てたいなぁ~と思っています。
hiroさんはいろんな事を良くご存知で
こうした知識の元でお花を育てられるのは
お花も幸せなのではと思います。
ユリ、沢山のお花ですね。
良い香りがしているでしょうね。

冬のユリが見事です。
つぼみが沢山ついていますね。
生育がとても良さそうです。
まだまだ、これからドンドン咲きそうです。楽しみですね。

hiroさん    今日は!
エビデンドラムはとても綺麗に咲きましたね。
花もちがよく長く楽しめて良いですね。
育てやすいと聞いていましたが、
数年前にオレンジ色のお花の鉢植えを頂き3年目でからしてしまいました。
水のやりすぎで根ぐされしてしまいました。
冬のゆりはとても素敵です。
はじめてみました。
お正月にこんなに沢山綺麗に咲いて華やかで良いですね。
出会いがあった育てたいです。

〇宿を借り乱を生きるは決定(けつじょう)心

蘭や百合はたに左右されないような凛としたところがいいですね。

hiroさん、こんばんは。
エピデンドラムという蘭は、初めて見せていただきました。
一つ一つの花は小さめに見えますが
ちゃんと蘭の形をしていますね。
新年に黄色の花は、何だか縁起が良い感じがします。 ^^
冬の蘭の花は長もちしますね。
白いユリは蕾がいっぱいで、豪華ですね~
外は寒々していても、hiroさんのお家の中は
花盛りですね。
↓お正月のお料理もとても素敵です。
こういう食卓に憧れます。 ^^

コスモスさん、おはようございます♪
「つれづれ日記」2周年おめでとうございます。
その前の「日々さんぽ」から通算すると何年位
ブログを続けていられるのでしょうか?
コスモスさんはほとんど休まれることなく記事を更新
していらっしゃるので、頭の下がる思いです。
私は毎日は無理ですが、コスモスさんを目標に、
ブログを続けたいと思います。
今日の山茶花のお写真も素敵に撮れていましたね。
いろいろな角度から、山茶花の美しさを引き出して
いらっしゃいました。
山茶花さんもさぞ喜んでいることでしょう。
雪景色の”あぶり餅”屋さんも素敵でした。

エピデンドラムは夏越しもそれほど難しいわけでは
ないのですが、徒長しすぎて姿が乱れ、置き場所に
困り、結局駄目にしてしまいました。
年月がたっているのでそういう点も改善されたのでは
ないかと思い育てることにしました。
昔はオレンジ系の花だけだったような気がしますが、
今は色も多彩になりました。
蘭にはいろいろな種類があるのですが、
夏のベランダは太陽が好きな蘭でも日差しが強すぎますね。
私もベランダに置いているものもありますが、
だいぶ株を傷めました。

Saas-Feeの風さん、おはようございます♪
https://iiiro.jp/blog/srt101/29600.htmlで
検索してみたのですが、残念ながら記事に
たどり着くことはできませんでした。

我が家で15年前頃育てていたエピデンも橙色でした。
昔は黄色やピンクのお花は見かけなかったよう
な気がしますが、今は花色も多彩になったようです。
夏の水やりも鉢が完全に乾いてから与えた方が良いようですね。
今回は徒長しすぎたり、高芽があまり出るようでしたら、
高芽を育て、適宜株の更新をしながら育ててみようと思います。
ユリは温度管理をして冬に咲かせたものと思いますが、
タグには流通名が書いてあるだけなので、
どんな種類のユリなのかわかりません。
スカシユリと鉄砲ユリの交配のような気もします。

すみれさん、おはようございます♪
エピデンドラムも12月22日に買ったのですが、
お花の様子は買ったときとほとんど変わりません。
蕾も2つあるので、春になるまで部屋の中で
ずっと咲いてくれるのではないかと思います。
この蘭は放っておいても育つくらい丈夫なのですが、
徒長しすぎることと、やや低温に弱いことが問題でした。
いま日中は窓辺のレースのカーテン越しに置き、
夜はピアノの上に置いています。

このユリは香りがしないんですよ。
多分スカシユリかテッポウユリと交配させたものを
コンパクトに育てたものと思います。
日中は玄関周りに、夜は玄関の中に取り込んでいます。
お花が夏と違って長く楽しめるのが良いです。

庭花さん、おはようございます♪
冬のユリはゆっくりと長く咲くので良いですね。
上手くいけば今年の夏も美しい姿をまた見ることが
出来るかもしれません。
園芸技術の進歩で、季節にかかわらずいろいろなお花が
楽しめるようになりました。
季節感はなくなりましたが、いつも綺麗な
お花が見られて嬉しいです。

えつままさん、おはようございます♪
えつままさんもエピデンドラムを育てていた
事があるのですね。
この蘭は夏でも鉢が完全に乾いてから水やり
をすればよいので、毎日与えなくてもよいようですね。
我が家は冬の置き場所に困り、放置したので駄目に
してしまいました。
今回は小まめに高芽を育て株の更新をしたいと思います。

ユリのほかにも、12月にいろいろな鉢ものを
”大人買い”したので、冬でも部屋の中で
お花を見て幸せ気分を味わっています。

joyさん、おはようございます♪
エピデンドラムは着生ランなので、まさに
”宿を借り”ですね。姿を乱しながらも
生きるのは、何としてでも生きると言う
決定(けつじょう)心なのですね。
私の貧しい文章の中から言葉を繋いで、
さっさっと句を作られるjoyさん。
お見事というよりほかの言葉が見つかりません。

そうですね。どちらの花も凛として美しいです。

tea☆timeさん、おはようございます♪
エピデンドラムは他の蘭のように華やかさには
欠けますが、長く楽しめるのが良いです。
カトレアに近い品種なので、あまり低温には
強くありませんはが、部屋の中でしたら大丈夫で、
夜は高い位置に置くのが[我が家はピアノの上)良いようです。

確かに黄色いお花は縁起が良さそうですね。
余談ですが、年末の宝くじで、5億円の当選が
出た売り場が北海道にあるそうですが、
昨年売り場の外壁を黄色に塗り替えたそうです。

毎年12月に自分へのご褒美としてたくさんの
鉢ものを買っています。いまそれらが花開き、
プチ贅沢な気分を味わっています。

hiroさん
 おはようございます~(^-^)
コメントのお返事ですgood
 ありがとうございます。
私は長いだけで、恥ずかしいです。
多分5年近くになると思います。
最初は写真も貼らずに、単なる日記でした。
友達数人とコメント交換して喜んでいました。
当時が懐かしくも有ります。
hiroさんとも長いお付き合いですね。
ブログのお付き合いでも、お人柄が感じられます。
そして、いつも優しく見守って戴いて、改めてありがとうございます。
これからも宜しくお願いします。
花の写真は苦手です。
難しいですね。
 蘭はやはり夏のベランダでは、日差しが強すぎるのですね。
マンションに越して来た時、母が丹精こめて育てた欄の数鉢を持ってきましたが、
全部ダメにして・・・
母の嘆きの顔は今でも忘れられません。
私の反省の一つです。
 hiroさん、兄嫁の状態が悪くて、
もしかしたら・・です。
私が訪問させて貰っている間は大丈夫なんやな
と思って下さいね。

暖かな陽射しにのびのびと育ってますね。
百合を室内で育てる〜
きっと芳香がすごいでしょうね〜
ゆっくりと長く楽しめるのですか?

エビデンドラム...名前ははじめて聴く名前ですが
花はみたことあります。
そこまで華やかではないけれど、感じのよい花ですね。
これも香りが楽しめますか?

hiroさん おはようございますcat
エビデンドラムは色も形も可愛い蘭ですね。
木に着生の蘭だったら長い茎が木に垂れて綺麗でしょうが
非耐寒だったら外では無理ですね。
ユリの蕾が沢山ついていてこれからが楽しみですね。
今年もhiroさんのお部屋も庭も花でいっぱいになりそうですね。

おはようございます♪
今朝は、七草粥からのスタートでした☆
もう、お正月も終わってしまいましたぁ・・・^^;

エピデンドラム♪
元気色の素敵なお花ですね?!
ランなんですか?ランも色んな種類があるんですね~?!
花言葉は、決断力!!
今の私に大切な言葉かもしれませんhappy01
いつ見ても、白ユリは清楚で美しいですねぇ~
今日の東京は、このお正月に比べると寒いです♪
お天気予報だと、他は雪マークだらけですね~?!
hiroさん地方は大丈夫ですか~?( ^^) _旦~~

こんばんは~
冬の日差しにお花が映えてきれいですね。
どちらも新年にふさわしい清々しい感じがします。
こういう鉢植えのお花があるとお部屋も華やぎますね。
思い切って?一鉢求めてみたくなりました(^^♪

hiroさん相変わらずきれいなお花に囲まれていらっしゃいますね~
このユリは少し変わっていますね。
スノーフレークという別名があるのですか?
元気に上向いて咲くんですね^-^
日差しを浴びて花達も気持ちよさそうですね。
エピデンドラムという名前初めて聞きました。
知らない花を初めて見るのはとても楽しいものですネ。

コスモスさん、こんばんは^-^
ブログ、通算5年ですか。
私はあと1ヶ月少々で3年ですのであと2年ですね。
毎年同じお花の話題で続くかどうか自信は
ありませんが頑張ってみようと思います。
私はブログを始める前は、英語の勉強をしていたので
英文ブログに興味を持ち、コメントだけ入れていました。
どんな方法でコメントを入れるかも知らなかったので、
初めてコメントが入った時はとてもうれしく、
お返事が楽しみで、一日に何度も訪問していました。
まさか自分でブログをするようになるとは思いませんでしたが、
充実した毎日を送れて良かったと思っています。
義姉さん、ご心配ですね。

ryoさん、こんばんは^-^
ユリはシベの花粉が洋服につくと落ちないので、
今は日中の暖かい時だけ外に出し、夜は玄関に
取り込んでいます。あまり香りがしないので
スカシユリか、スカシユリと鉄砲ユリを交配
させたものではないかと思っています。
寒くて咲くのも時間がかかるので、まだ当分楽しめそうです。
 
エピデンドラムは一つ一つのお花が小さくて
目立ちませんが、よく見るとやはりランの花です。
たくさん咲くと綺麗でしょうね。
切り花にしても良いようです。

catミミさん、こんばんは^-^
エピデンドラムは冬も暖かい南の国なら、
木に着生し、一年中お花が絶えないでしょうね。

エピデンドラムは、蘭の中でもカトレアに近い
品種なので、最低温度が10度くらい必要です。
そのため夜は温度の高い、ピアノの上に置いています。

冬は室内で過ごすことが多いので、可愛いお花や、
お買い得なお花があると、ついつい買ってしまいます。
断捨離をいなければいけないのに、どんどん
お花が増えてしまいます。

ririさん、こんばんは^-^
七草粥、作るのを忘れてしまいました。
お正月中に食べすぎて、疲れた胃を休ませて
あげなければいけないのにね・・・

決断力は私にも今一番必要なものかもしれません。
昨年末にやりかけた断捨離、今年こそは
完結させなくては・・・

私は家の中にいることが多いので、
あまり気がつきませんでしたが、今日は本当に
さむかったようですね。
お互い風邪をひかないよう気をつけましょうね。

アガパンサスさん、こんばんは^-^
昨年末に自分へのご褒美と称して
たくさんの鉢花を買い求めてしまいました。
その中の一部です。

ユリは上手くいくと今年の夏も咲くかもしれません。
エピデンドラムも開花期間が長いので当分楽しめそうです。

夏は観葉植物が少し室内にあるだけでよいのですが、
冬はお花がたくさんあると心まで暖かくなります。

Happyさん、こんばんは^-^
昨年末に自分へのご褒美としてたくさんの
鉢花を買いました。その中の一部ですが、
お花に囲まれているだけで幸せいっぱいです。

このユリはスノーフレークという流通名が
ありますが、ネットで調べたところ
まだのっていませんでした。水仙の仲間に
同じ名前の花があるので紛らわしいと思いました。

エピデンドラムは一度育てて懲りているはずなのに
また買ってしまいました。
今度は上手に育てられると良いな~と思いました。

エピデンドラムという洋ランはとてもきれいですね!
こんなようなランは初めて見ました!
面白くて特別なんですね。
芯はサギソウみたいですね!
でも色は違います。

どのこもきれいに咲いていますね!!
中でも百合はとってもひかれました♪
今、百合のカタログを見ていたので、とっても参考になります~。

London Callerさん、おはようございます♪
エピデンドラムの故郷は中南米なので、
London Callerさんの故郷ではあまり見られ
ないかも知れませんね。
確かに芯はサギソウに似ていますね。
お花の大きさも一つ一つはサギソウぐらいです。
それが集まって一つのお花のように見えます。
たくさん咲かせて切り花にできたら良いな、と思います。

まつんこさん、おはようございます♪
最近は温室で温度管理が出来るので、
ユリは切り花だけでなく、鉢ものも一年中
見られるようになりましたね。
だいぶ前ですが、冬に買った鉢植のゆりが、
その年の夏にも咲きました。
このユリもそうだと嬉しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508194/50505469

この記事へのトラックバック一覧です: エピデンドラム(Epidendrum)とユリ・スノーフレーク:

« 今年もどうぞよろしく~♪ | トップページ | シャコバサボテン »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ