« 秋を探して | トップページ | 遊墨展 »

2010年10月 6日 (水)

便りがないのは良い便り

4月20日に母を訪ねから、半年近くが過ぎた。

その時の母は、腰を痛めてベットで鬱々と過ごす

日々だったので、私が訪問した時は涙を流して

喜んでくれたが、あれ以来何の音沙汰もない。

しかしボケて私のことを忘れてしまったのではと、

少し心配になり、10月4日に実家を訪ねた。

母はとても元気で、紫蘇の実の醤油漬けを作るため、

紫蘇の実の房をしごいて、せっせと実をとっていた。

老齢のため、何度も同じ話をしたり、同じことを

聞きかえす事はあったが、ボケてはいないようだった。

目下の楽しみは、近所のお友達とおしゃべりをすること、

庭に出ること、保存食を作ることだそうだ。

「お母さんは11月のお誕生日で満92歳になるのよ。」と

話したところ、「もうそんなになるの?」とニコニコしながら

喜んでいた。珍しいことにその日は弟も家にいて、

(リタイアしているのに遊んでばかりpout

生まれて初めて弟からお茶を入れてもらった。

Dsc00861

白いスイフヨウ

Panelimg

コボレダネからのヒャクニチソウ

Dsc00864

コボレダネからのメランポジウム

腰を痛めて春の庭仕事はできなかったようだが、

足の踏み場もないくらい、たくさんのメランポジウムが

咲いていた。いろいろな花をちょこちょこ植えるより、

2,3種類の花を群生させた方が、綺麗かも・・・

Dsc00875

お土産の栗

農家のお茶のみ友達から買ってきてくれた。

小粒な栗ではあるが、母の気持ちが嬉しい。

Dsc00885 Dsc00895

㊧は渋皮煮、㊨は栗ご飯用に下ごしらえした。

最初、栗ご飯用の栗は渋皮を包丁でむいたが(白い栗)

かたくて大変だったので、茹でてからむいた。

栗が冷めないうちに渋皮をむくと綺麗にむけるが、

冷めると渋皮がまた実にくっつき、実が割れてしまった。

色止めに渋皮をむいた後、すぐに冷水に

つけたほうが良かったかもしれない。

Dsc00876

庭のザクロ

Dsc00877 Dsc00887

今年はあまり出来がよくないようだった。

↑上のザクロもよく見ると↓少し腐っているところが

あった。綺麗な粒だけ取り出し、ガラス容器に入れ、

いつでも食べられるようにしておいた。

実が傷んでいないものは、ポリ袋に入れて冷蔵庫に

保存した。ザクロ酒でも作ってみようかな・・・

Dsc00892

大きなヤブラン

Dsc00894

とても素敵な斑入りのヤブラン。

大きな株が3つもあったので、1つ貰ってきた。

株分けして植えたほうが良さそう。

Dsc00890

ホオズキは来年の種用に~♪

budbudbud

日曜日・・・プールの帰り夫と外食

月曜日・・・実家に帰る途中夫とランチ

火曜日・・・お友達とランチ・お友達の家でお茶(ケーキ)

こう外食が続くと、カロリーの調整をするのが難しい。

ランチの場合、夕食を減らしたり、抜く人も多いようだが、

私は時間が来るとちゃんとお腹がすく。

せっかく減量したのに0.5㎏リバウンド。

気をつけなくちゃ・・・

実家で貰ったヤブランはまだ植えていない.。

栗の渋皮煮も灰汁抜き用の重層を切らして進んでいない。

プールにも行かなくちゃ・・・

今日も忙しくなりそうです。

« 秋を探して | トップページ | 遊墨展 »

ガーデニング」カテゴリの記事

ダイエット」カテゴリの記事

家族」カテゴリの記事

コメント

 おはようございます(^^♪
hiroさん好かった(^。^)y-.。o○
覚えていますよ
4月にお母さまを訪ねられて嘆いておられましたね
私も少し心配もし心を痛めていました。
でも、今記事を拝見して本当に嬉しいです。
亡き母の姿にダブらせて
 それにしても、来月で満92才になられるとは
到底思えないです。
 やはり身体が元気だと心も元気になるのですね。
近所の方との会話、お花を育てたりしかも保存食まで
立派ですよね
 クスクスです。
弟さんの事、大きな声では言えませんが同感ですよ~
 
雨に濡れた?白いスイフヨウ素敵ですね
清楚で可憐で惚れました
そしてコボレダネから様々な色のヒャクニチソウ
メランポジウム
腰を痛めて嘆かれていた頃が信じられないくらいです
 栗にザクロにホオズキ・・・・
自然の香りが秋の香りがいっぱいですね
 プール愉しんで来て下さいね(^。^)y-.。o○

hiroさん、一日24時間では足りませんでしょう?
お母様訪問、ガーデニング、栗の下準備に、ヤブランというのですか?その株分け・・・
それにザクロも。

ネットのお洋服着て、ホオズキの写真素晴しい!

hiroさんの曜日別のスケジュール拝見して思い出しましたよ。

月曜日にお風呂をたいて 火曜日はお風呂に入り
テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャテュリャリャー
テュリャテュリャテュリャテュリャーリャー ♪

水曜日に友達が来て 木曜日は送っていった
~~~ ♪

金曜日は糸巻きもせず 土曜日はおしゃべりばかり
~~~ ♪

 

hiroさん
お母さま、とてもお元気だったとの事、やはり
顔を見るのが一番heart04ですね。
私は父も母ももういないのでhiroさんが
うらやましいです。
特に母にはいつまでも元気でいて欲しかったと
今でも思い出すと涙が出てきます。
いつもいつもは難しいけれどhiroさんが近くに
いらっしゃって時々顔を見ることができて一緒に
話すことができるのがお母さまの頑張れる
力になっているのだと思います。
私も母とは離れて暮らしていましたが母のことが
いつも頭のすみにあって時々でしたが
顔を見て二人で話すのがとても楽しみでした。
hiroさんのお母さま、やはりお料理やお花作りが
お上手なのですね。

こんにちは!
お母様、92歳ですか(^-^)
すてきですね〜。
たった今,テレビで100歳の男性のドキュメントを見た
ところでした。その方は街の中で、都会風な生き方をされてました。
年を取って、こういう生き方もあるんだなぁ〜と、実感した
ところです。
hiroさんのお母様も、保存食を造られたり、人生を
楽しまれている様子が見えるようで頼もしいなぁと
思いました。
私たちもまだまだですね〜(^-^)

栗は、まだ、今年食べてませんが、私が食べるのは
スーパーに出てる栗です。
ざくろも美味しそうですね〜

hiroさん こんにちはcat
お母様お元気でよかったですね。
お漬物を作ったり、お友達とおしゃべりをしたり、庭いじりをしたり
生甲斐があるからお元気でいらっしゃるのでしょうね。
私は11月で62歳、ふと、あと30年hiroさんのお母様のように
元気で居れるだろうかと思いました。
ホオズキの写真、素敵な写真ですね。

hiroさん   今晩は!
お母様はお元気で本当によかったですね。
おしゃべりをしたりお好きなことが出来て
素晴らしい92歳です。
いつまでも元気でいてほしいですね。
スイフヨウはとても素敵です。
2年前にピンクの芙蓉の種をまき育っていますが今年もまだ咲きません。
コボレダネからヒャクニチソウが綺麗に咲きましたね。
ざくろは沢山収穫されとても美味しそう。
ざくろ酒は綺麗で美味しいでしょうね。
子供の頃は庭に大きな木がありよく食べました。
とても懐かしいです
お店ではあまり見かけません

コスモスさん、こんばんは^-^
「洛西竹林公園」、拝見しました。
京都ほど竹林が似合う町はありませんね。
こんなに静かで美しい竹林で、思う存分竹林浴
をされたコスモスさんが羨ましいです。
背丈の低い竹、高い竹、太い竹、細い竹、
いろいろな竹が楽しめましたね。
竹が紅葉することは知りませんでした。
一度見てみたいです。来年の5月、期待してます。
石仏を石垣に使ったという織田信長の神経は
私も理解できません。

母の所にはお彼岸に行きたかったのですが
義父の葬儀の最中だったのでいけませんでした。
腰はまだ痛むようですが、とても元気になり、
お友達とお茶のみ等を楽しめるようになったようです。
コボレダネのお花があちこちに生え、道を喘ぎるので、
「植えもしないのに勝手に生えていやだ。」と、
弟は言っていましたが、母の楽しみだから、枯れるまで
そのままにしておいて、と頼んできました。
コスモスさんのおっしゃるように、身体が元気だと
心も元気になるようです。良かったです。


Reiさん、こんばんは^-^
今週は特に忙しいです。一日が30時間ぐらい
欲しいと思うこともありますが、あまり長くても
疲れるので、このままでよいです。

>月曜日にお風呂をたいて・・・
確かロシア民謡の「一週間」という歌でしたね。
この歌のように、金曜日と土曜日は何もしないで
遊んで過ごせたら良いな~と思います。

今NHKのニュースでノーベル化学賞に北大名誉教授の
鈴木 章さんと米パデュー大学教授の根岸英一さんが
受賞したと報じていました。日本の化学技術は素晴らしいですねscissors

hiroさん
 こんばんは~♪
コメントのお返事です。
確かに竹林は京都に溶け込んでいますね
実は、洛西竹林公園は勤めていた病院の裏だったのです。
でも、一度も訪れる事も無く・・・
 写真には全て載せられなかったのですが
様々な種類の竹が有りました。
来年の5月には又違った竹林をご紹介できるようにします。
 コボレダネが育って咲いた花は、お母さまにとっては愛しい花だと思います。
枯れるまでそっとしておいて欲しいですね。
 お返事は結構ですのでねgood

お母様、お元気で何よりです~。
メランポジウムの群生が印象的です。こぼれ種からこんなにきれいにさくのなら我が家でも挑戦してみたいです♪

chisayobaabaさん、こんばんは^-^
母は4月にあった時に比べ数倍元気でした。
身体が元気というより、心が元気といった方が
良いかも知れません。腰は相変わらず痛いようですが、
歳のせいと割り切っているようです。
何かしら仕事を探し、できる範囲で動いていました。
母は耳が遠いので、話す時は大声を出さないといけないし、
理解力が衰え何度も話さないとわかってくれないので、
相手をしていてとても疲れます。
でもあと何十年も生きられるわけではないので、
あった時ぐらいは優しく接してあげようと思っています。
あまり親孝行な娘ではないのですが、今一番母を
理解しているのは私かな、と自負しています。
母は私と違ってじっとして居られない性格で、
若い時から働きものでした。植物好きは似ているかもしれません。

ryoさん、こんばんは^-^
私は自分が見た目ほど健康でないため、
お年寄りを見ると、長生きするだけでも、凄いことだと
感心してしまいます。
誰でもそうだと思いますが、明治大正生まれの人は
衣食住、何でも自分の手で出来ますね。
私は洋服から和服まで母の手作りで育ちました。
お料理もおうどんからおまんじゅうまで、レシピも
見ないで、何でも作っていました。
私は幾つになっても母にはかなわないと思います。

栗は私が35歳位まで実家にもありました。
つやつやして、大きく、とても美味し栗でした。
ちょうど秋祭りのころになるので、実家に帰るたび、貰ってきました。

catミミさん、こんばんは^-^
そうですね。母は私が近くにいなくても
お友達とおしゃべりしたり、自分でできることを
さがして、手足を動かしているので、元気で
いられるのかもしれないですね。
ミミさんは11月のお誕生日で62歳になられるのですね。
私は10月で64歳です。
母は若いころから元気で、足腰は弱りましたが、
いまだに内臓の悪いところはないようです。
私は悪いところだらけ・・・
これ以上悪くしないように気をつけていかなくてはと思っています。

えつままさん、こんばんは^-^
4月にはベットの中で泣いていた母が
元気になれて、ほっとしました。
何でもよいので、好きなことができるのは幸せなことですね。

スイフヨウは挿し芽でもつくようですよ。
実家には同じ白のスイフヨウが2本あったので、一本は
コボレダネから芽が出て、育ったのかもしれません。
ザクロ酒は何年か前に作りましたが、特に美味しくは
なかったです、でも体によいので、今回はお砂糖を
少なくして作ってみたいと思います。
ザクロは国産は売られていないようですね。
お店に並んでいるのは、大きいですが、皆外国産だそうです。

まつんこさん、こんばんは^-^
母は4月に比べとても元気になりました。
身体がよくなると心も強くなるようです。
メランポジウムは毎年コボレダネから咲いているようです。
花後、すぐに片付けないのがよいのでしょうね。
私は鉢植だし、お花が終われば鉢からすぐ抜き
他のお花を植えてしまうのでコボレダネから咲かせるのは難しいです。
コボレダネからのヒャクニチソウを見るのは
初めてだったのでそれの方が驚きました。

おはようございます。
今hiroさんにコメントを書こうとしたのですが
あまりにも空がきれいでしたのでちょっと写真撮ってきました~happy01
お母さま92歳でらっしゃるんですね。
毎日ご自分の事いろいろなさってるようで
頭の下がる思いです。
腰を痛めてお電話してこられた時の事覚えていますよ。
身体が不調だと気持ちも沈みがちですが、今はとてもお元気な様子でhiroさんも安心されたことでしょうね。

メランポジウムこれだけたくさん揃ってると見応えありますね。
好きな花の一つです。
ほおずきもいい感じで、ちょっと絵に書いて見たくありませんか?

 お早うございます
”便りの無いのは良い便り”そのとおりだと思います。
92才になられるお母上 お元気でなによりでした
以前にhiroさんが嘆かれていたのを拝見して少し心を痛めていました。
 今朝は亡き母を重ねて拝見しました
「100才まで生きる」と言っていましたが、
98才の誕生日を迎えて暫くして苦しまないで亡くなりました
生前の母はhiroさんのお母上のように
何にでも興味のあるご近所の方との交流も好きで
お陰さまで達者にくらしていました。
子どもは親の元気で明るい姿をみるのが何より嬉しいです
親も子供が・・・同じですね
 時々お母上の様子を聞かせてくださいね
お料理もお花作りもお上手なお母上の様子を

 

hiroさん、こんにちは。
"便りのないのはいい便り"そうですね
私もそうだと思いますね。
今は電話で話せるのでいくら電話があっても
よく電話が用もなく掛かってきたり娘の私も実家に
掛けたりすると何かあったのじゃないかと
お互い思いますものねcoldsweats02

お母様92歳ですかお元気でなによりですねscissors
4月にお母様を訪ねた時は腰を痛めベットに
そして今月にご実家に行かれた時はお母様お元気で
色々とお仕事をしていてお庭の実をとってたりして
hiroさんはほっとしたんではないですかconfident
母親には長生きしてほしいですね。
でも100歳まで生きていただかないとねsign01

お庭のお花とても綺麗ですねhappy01
白いスすいふようも初めてで ヒャクニチソウは色とりどりです可愛いですmaple
コボレダネからのこのメランボジウムも沢山植えてあり黄色がとても素敵ですbud
ヤプランも好きですね
栗ご飯は今は旬ですからね美味しいでしょうねdelicious
色々と楽しく見せていただきましたheart02

便りが無いのが良い便りって本当そうですよね
お母様92歳になられるんですね
お庭もお花でいっぱいで綺麗
hiroさんのお花好きはお母様の影響なのかな?(^-^*)
お花を育てられたり保存食を作られたり本当に頭が下がります。
元気なようで何よりです。
hiroさんもホッと一安心出来て良かったですね。

ザクロもあまり収穫出来なかったようですが
こんなにたくさん!
わ~贅沢 羨ましいなぁ

Happyさん、こんばんは^-^
今日はこちらもよいお天気でした。
これからはお散歩がますます楽しくなりますね。

母は働き者で、じっとしていられない性分なので、
何かを探してはちょこちょこと動いているようです。
古い和服をほどいて、ブラウスなどもよく作って
いましたが、さすがに今はそのようなことは
出来なくなったようです。
腰はまだ痛むようですが、近所の方とお茶のみ話が
出来るようになり、そちらでストレスを発散して
いるのかもしれません。とても元気になりました。
いつまでもこの調子でいてほしいものです。

ほおずきは描いてみたい気もしますが、葉脈が難しそうです。

平安人さん、こんばんは^-^
「宇治市を歩く」を拝見しました。
宇治といえば平等院鳳凰堂がすぐに目に浮かびますが、
他にも色々見どころがあったのですね。
仁徳天皇は歴史の教科書にもよく出てきたので知って
いましたが、菟道稚郎子の名前を聞くのは初めてでした。
最後の解説で、悲劇の皇子と言われる所以が
よくわかりました。そして宇治神社と宇治上神社と
関わりの深いことも・・・
どのお写真もよく撮れていますし、解説もわかりやすかったです。
勉強になりました。どうもありがとうございました。

母は昔から、悩みがあると私に電話をしてきました。
でもそんな悩みは数えるくらいでした。
便りがないのは良い便りと思っていましたが、
歳が歳ですので、少し心配しました。しかし元気でよかったです。
平安人さんのお母様は98歳で大往生されたのですね。
私も母もいつまでも元気でいてほしいです。


mikkoさん、こんばんは^-^
母は耳が遠いのでこちらから電話をしても出られません。
何かあると補聴器をつけて自分から電話をしてきます。
あまりに連絡がないので、ボケたのではないかと思い、
訪ねましたが、元気でよかったです。

お花の手入れも出来なかったようですが、かえってそれが
良かったのか、コボレダネから沢山のお花が咲いていました。
残念なのは毎年沢山咲いていたシュウメイギクが絶えていたことです。
メランポジウムは沢山咲いていてそれは見事でした。
きっと土があっているのでしょうね。
実家に帰ると母に会う楽しみもありますが、
お花を見る楽しみもあります。

laverodogさん、こんばんは^-^
好きなことを気ままにできることほど楽しいことは
ありませんね。母は今そんな感じで生きています。
もうお掃除をする気持ちはないようで、部屋は散らかって
いましたが少しも気にならないようです。
私もきっとそんな老人になるのかな、なんて思います。
保存食を作るのは、捨てるのがもったいないから
だけかもしれませんが、前に作ったのを食べましたが
なかなかおいしかったです。

ザクロはなることは生っていたのですが、
あまり良い状態ではありませんでした。
でも食べてみると、とても美味しかったです。

よかったですね~。
Hiroさん、読んでてほのぼの、嬉しくなっちゃいました。
お元気で何よりでしたね~、お母さん。
弟さんの淹れてくれた美味しいお茶、
栗、ザクロ、外食、お腹がすく事…。
幸せいっぱい胸いっぱい、素敵に過ごす日々。

そうそう0.5kg、ちっともリバウンドでは有りません^^。
安心して美味しい季節、楽しんでくださいね~♪

shizuoさん、おはようございます♪
昔から母は落ち込んだ時しか電話をしてこなかった
ので、電話がないのは元気でいるのだろうと
思っていましたが、歳が歳なので心配していました。
元気でよかったです。腰が痛むので庭仕事は
前のようにできなくなりましたが、少しくらいの
草むしりはまだ大丈夫のようです。

そうですね。リバウンドではなかったのかも・・・
また0.3㎏戻りましたので、一喜一憂しないで
ダイエットを続けていこうと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508194/49654837

この記事へのトラックバック一覧です: 便りがないのは良い便り:

« 秋を探して | トップページ | 遊墨展 »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ