« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

領収書の整理

年末が近づくと毎年領収書等の整理をするのですが、

それでも書類はどんどんたまっていきます。

一番分厚かったのがNTTの電話料金領収書。

今まで保存しておいても何の問題もなかったので

過去一年分だけ残し捨てました。

AUの方はすでに「WEB de 請求書」に変わりましたが

まだパソコンで調べたことがありませんcoldsweats02

こんなのんきな人が「WEB de 請求書」でもよいのかと

疑問に思いましたが、煩わしい領収書の整理の必要が

なくなっただけでも、良かったかと思っています。

ちなみに領収書の保存期間は

1年間 飲食代、宿泊費、タクシー代、荷物の運賃、

     大工・植木屋などの手間賃。

2年間 電気・ガス料金、クリーニング代、パーマや散髪代、

     学校や塾の授業料、けいこごとの月謝、修理代、

     商品の代金など。 

3年間 医療費、建築工事費など。

5年間 国税、地方税、水道料金などの公共料金、地代

     家賃、利息、月賦代金、商売上の賃借金など。

ただし、国民年金保険料の領収書は、年金を受け取るまで

必要。また、銀行などの口座振込みは、領収書が送られて

くるので、万一なくした場合でも、預金通帳で支払いの証明が

できる場合もあるそうです。私は公共料金はすべて

口座振り込み、食料や日用品以外は、カードで支払うので

決済が済めば捨ててしまうものもあります。

馬鹿にならないのが、投資信託などの収益分配金の通知書。

円高で元本が下がり、売るに売れないので通知書ばかりが

たまります。これも古いものは処分しました。

夫婦二人暮らしになって、暮らしもシンプルになったはず

なのに、まだものは溢れています。今回は単なる領収書など

の整理でしたが、38年間で積もりに積もったものは、そうそう

減らせるものでもありません。

自分の潔さを試されているような気もします。

Ssdsc00838

散歩の途中で見た菊の花。(10月中旬)

畑のすみに植えられていました。

近づくと独特の薫りが・・・

Ssdsc00837

日本の秋を代表する花ですが、

仏壇やお墓に供えるイメージが強いのか、

家庭で栽培されることは少なくなりました。

Ssdsc00839

たそがれて なまめく菊の けはいかな

                      宮沢賢治

2010年10月29日 (金)

春まで楽しめる寄せ植え

ガーデニングを始めた頃は、春のお花は3月の初め頃に

植えていましたが、いつのころから春に咲く花でも、耐寒性の

あるものは、お花を咲かせた状態で秋から店頭で、

売られるようになりました。季節感はなくなりましたが、

長く楽しめるようになって、ほんとに良かったと思います。

Sdsc01165

材料                                           (2010.10.27)

ゴールドクレスト

ガーデンシクラメン2色

カルーナブルガリス

アイビー(使いまし)

カルーナブルガリスはポット苗のまま植えこんであるので

草丈の低い他のお花に交換する予定。

Sdsc01129

材料                                           (2010.10.23)

ブルーデージー2ポット

ストック(ピンク)2ポット

ガーデンシクラメン(白)

アイビー(使いまわし)

ブルーデージーは春まで咲かないので、途中他のお花に

バトンタッチするかもしれません。

Sdsc01147_2

椿の鉢植の根元にも・・・                   (2010.10.23)

材料

プリムラシネンシス(コボレダネ)木の後の小さな苗です。

ビオラ(紫)2ポット

スィートアリッサム(白)

これからどんな風に育って行くのか楽しみです。

Panelimg

                                                              (2010.10.23)

今年はコボレダネが少なかったプリムラ・マラコイデスと

ノースボールのポット苗もポット苗を購入しました。

そのうちプランターから溢れるように咲いてくれるでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Sdsc01166

東野圭吾の「嘘をもうひとつだけ」を読み終えました。

2日間で読んだので、もうとっくに読み終えたのですが、

ブログに取り上げようかどうか迷いました。

何故って・・・感想文的なものは苦手なんです。

この本は「嘘をもうひとつだけ」と他4編からなる短編集です。

どの事件にも「加賀恭一郎」という刑事が登場します。

容疑者(犯人)は必ず最初に登場します。

登場人物が少ないので、混乱することなくさらっと読めます。

感心したのは文章が簡潔でわかりやすいこと。

刑事が容疑者を追い詰めていくときのプロセス。

私はあまりミステリーが好きではなく、テレビドラマも

ほとんど見ていません。今まで読んだのは10年前頃、

娘の本棚から引っ張りだして読んだ

宮部みゆきの「火車」ぐらい。

読んだ時はそれなりに感動するのですが続きません。

東野圭吾のこの短編集はミステリー入門者の私にぴったり。

しばらく間を開けましたが、昨夜から「幻夜」を読み始め

ました。こちらは長編で読みごたえがありそうです。

2010年10月27日 (水)

桜田門外ノ変と井伊直弼

10月25日(月)、久しぶりに映画を見ました.。「剣岳・点の記」以来なので、1年3カ月ぶりになります。カテゴリーに「映画・テレビ」をもうけてあるのに、記事は3回目、お恥ずかしい限りです。

684f609c5633935b52d240d36b5c20dc1_5

桜田門外の変は、安政7年(1860年)3月3日の朝、尊皇攘夷派の水戸脱藩士17名と薩摩藩士1名が、江戸幕府大老・井伊直弼を暗殺した事件です。歴史の教科書に出てくるので、大まかなことは知っていましたが、襲撃に加わった人など、あまり詳しいことは知りませんでした。

1008031_3

この映画を見ると、事件の起きた歴史的な背景や、関わった人々の思い、その後の様子等をよく知ることができます。原作は吉村昭の同名小説。監督は佐藤純彌。主人公で襲撃の指揮を執った水戸藩士・関鉄之介に大沢たかお。水戸藩9代藩主の徳川斉昭には北大路欣也江戸幕府大老・井伊直弼には伊武雅刀が扮する。

1t0000002109_detail1_3

何の評価もされず、幕府からも藩からも追われ、逃亡の果てに捕われ、最期を迎えた浪士達の無念を思うと涙が出ます。この事件をきっかけに、幕府の権威は急速に衰え、大政奉還・明治維新と時代は大きく変わっていきます。

10photo091_4

                     埋木舎

井伊直弼は彦根藩の第11代藩主の十四男として生まれましたが、養子の口もなく、父の死後17歳から32歳までの15年間、自らを花の咲くことのない埋もれ木にたとえ、埋木舎(うもれぎのや)と名付けた邸宅で暮らしていました。とても聡明でしたが、茶道や和歌、鼓等を学び、風流に生きていたので、「チャカポン(茶・歌・鼓)」というあだ名をつけられていたそうです。ところが藩主の兄が死去したので、養子に出ていない直弼に白羽の矢がたち、兄の養子という形で彦根藩の第13代藩主になりました。彦根藩時代は藩政改革を行ない、名君と呼ばれました。その後紀州藩南紀派に擁立され、安政5年に徳川幕府・大老に就任しました。

孝明天皇の勅許を得られぬまま、ハリスと日米修好通商条約を結んだり、徳川の後継者問題では、若干13歳の紀州藩の徳川慶福(のちの家重)を後継に決めたり、ことごとく尊王攘夷派の水戸家などと対立します「安政の大獄」では、幕府の政策に反対した尊王攘夷派や一橋派の大名・公卿・志士等150名もの人が弾圧され、長州藩の吉田松陰や越前福井藩の橋本左内など8名が死罪、水戸藩主の徳川斉昭さえも水戸に永蟄居になり、このことが「桜田門の変」の原因となったのです。

桜田門外の変・テーマソング「悲しみは雪に眠る」

2010年10月25日 (月)

大文字草

Sdsc01031

                    (2010.10.15)

花市場で見つけた

桃花、紅花、斑入白花の大文字草。

ユキノシタ科の多年草で、秋に可憐な花を咲かせる

山野草の代表です。

Sdsc01083

                    (2010.10.18)

花びらは5枚で上の3枚は小さく、下の2枚が

長いため「大」という字に似ているので、

この名前がついたうですが、

初花は少し形を間違えて咲いたようです。

花色はとても綺麗な紅色でした。

Sdsc01114_2

                        (2010.10.21)

「大、大、」大の字が見えました。

花色は咲き進むに従い薄くなりましたが、

これもまた素敵です。

自然な状態で育てたいのですが、夏の管理が

難しそうなので、鉢植で育てようと思います。

Sdsc01100_2

浜ぎく(Nippon daisy)       (2010.10.15)

マーガレットに似た日本原産のキク科の多年草で

日当たりのよい断崖や砂浜に自生し、高さは50~80㎝

になるそうです。大きくなったら見事でしょうね。

Sdsc01152

                         (2010.10.23)

待ちに待ったブーゲンビリアの花(苞)が咲きました。

肥料が少なかったのか、剪定の仕方が悪かったのか

よくわかりませんが、お花は先端に少しさいただけです。

お花が終わったら、強剪定して室内に取り込みます。

Sdsc01124_2

                      (2010.10.23)

クフェアが元気です。

2010年10月23日 (土)

オキザリス・ヒルタ

オキザリス・ヒルタの一番花が咲きました。

Sdsc01080

                                     (2010.10.15)

5月頃から葉を枯らし、休眠に入っていたので、庭の隅に

置きざりにしていましたが、8月2日に球根を取り出し

同じ鉢(大きい球根のみ)に植え直し、水を与え始めました。

蚊の多い時期なので、肥料も忘れ、最低限の水やりしか

しませんでしたが、こんなに美しい花を咲かせてくれました。

Sdsc01048

                             (2010.10.17)

オキザリスの葉は丸いクローバー型のものが多いの

ですが、ヒルタの葉は、細長い楕円形の小さな葉をして

います。茎が直立しているので、和名をキダチハナカタバミ

(木立花方喰)とも呼ばれ、草丈は30㎝ほどになり、

五弁が少し角ばった、濃いピンクの可愛い花です。

Sdsc01079

                             (2010.10.18)

ヒルタはカタバミ科カタバミ属の半耐寒性球根植物で

学名をOxalis hirta。原産は 南アフリカの西ケープ地方。

花言葉は輝く心 喜び 母親の優しさ、です。

Sdsc01119 Sdsc01121

                                                                (2010.10.21)

朝から雨。お花は閉じたままです。お天気だったら9つの

花が咲いていたはず・・・(数えましたhappy028月に球根を取り

出した時は、分球してとても増えていたので、小さい球根

だけポリポットに植えましたが、結果は大きな球根を沢山

植えたはずの、素焼き鉢から4本しか芽が出ず、小さな

ポットの方からは、細いですが6本の芽が出ました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の好きな茨木のり子さんの詩です。

お時間のある方はどうぞ・・・

 

2010年10月21日 (木)

ツンベルギア・エレクタ

秋だというのに夏のお花を買ってしまいました。

花弁は薄紫、中心部はは黄色、筒は白、

三色のコントラストが爽やかで美しい花です。

Sdsc01024_2

ツンベルギア・エレクタ

キツネマゴ科・ツンベルギア属

原産:熱帯西アフリカ 非耐寒性の常緑小低木

和名:木立矢筈葛(コダチヤハズカズラ)

Sdsc01022_2

花は一日花ですが、性格は強健で、ピーク時には

鈴なりのお花を咲かせるそうです。

今年の冬は室内に取り込みますが、来年からは霜の

当たらない場所なら、外でも越冬可能だそうです。

Sdsc01012_2

竜胆(りんどう)

リンドウ科・リンドウ属の多年草で、かつては水田周辺の

草地やため池の周辺に、たくさん自生していたそうです。

花は日光を受けると咲き、曇りの日や夜は咲きません。

Sdsc01017_2

昔から大好きなお花ですが、鉢花を求めても全部の

お花を咲かせることができず、ここ数年は買うのを

控えていました。そんなこともあり、蕾だけの鉢は控え、

あえて開花しているものを選びました。

Sdsc01077

プレクトランサス・モナ、ラベンダー

相変わらず綺麗に咲いています。冬は室内で

管理すれば、翌年も咲くそうです。保険として一枝

折って挿し芽をしましたが、ついてくれたかな・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日は近所のお友達と近くのカラオケに行きました。

ドリンクバー490円とお部屋代270円で

11時から6時まで、カラオケをすることができます。

今回はランチを頼んだので+680円、合計1440円でした。

11時から4時まで、思う存分楽しんで来ました。

2010年10月19日 (火)

嬉しい誕生日(2)

10月17日(日)、息子のマンションで、

誕生日のお祝いをしてもらいました。

嬉しいことは何度あっても良いものです。

Sdsc01056

孫のK(小1)が4時まで少年野球の練習をして

いるので、息子夫婦と連れだって見学に行きました。

1年生から3年生までは2班に分かれてノックを受け、

上級生は他のチームと練習試合をしていました。

Sdsc01060

Kの番が来ました。。

今朝は7時前に練習に向かったそうです。

今は3時少し過ぎたところ、疲れが気になりますが・・・

コーチの打球baseballをナイスキャッチscissors

Panelimg

美味しいご馳走が並びました。

ダイエットを忘れて思う存分いただきました。

お寿司

海老とカキのフライ

ハイローラー

サーモン (Kの大好物)

ベルキューブ(クリームチーズ)

ケーキ

フルーツ(パイナップル、ぶどう)

ビール(夫と息子)

Sdsc01067_2

プレゼントは皮の手袋

今年の一月、Kのお誕生日に、日本橋のホテルに

お食事に行った時、イタリアで買ってきた、皮の手袋を

片方失くしたことを、覚えていてくれました。

欲しかっただけに、嬉しいプレゼントでした。

J君、Y子さん、どうもありがとうheart04

Sdsc01069

Kには以前から約束していた、リモコンで動く,

ちょろQをプレゼント・・・とても喜んでくれました。

Sdsc01074

灯火親しむころとなりました。

多くの友ブログさん読んでいらっしゃる、東野圭吾の

小説を、Y子さんから借りてきました。

「嘘をもうひとつだけ」は短編集だそうです。

2010年10月17日 (日)

義父の四十九日法要

10月16日(土)は義父の四十九日法要のため、

夫の実家のお墓のある、東京まで行ってきました。

お寺はスカイツリーのよく見える場所です。

都内とはいえ、お寺の境内はとても静かです。

こちらのお寺のご住職は元立正大学の教授で

現在は二人の息子さんが跡をついでいらっしゃいます。

3名のご住職、10名の親族で法要は厳かに行われました。

Sdsc01045

法要後の会食は場所を移さなくても、ここでできる

ようになりました。ご住職を囲み、義父の生きてきた

時代を振り返り、思い出話に花が咲きました。

またこんな時でもないと、なかなか親戚と顔を合わせる

機会がありません。長崎の造船所に勤めている甥が、

たまたま東京に出張していたので出席してくれました。

長いこと会っていませんでしたが、誕生日がくると

31歳だそうです。すっかりたくましくなりました。

夫や私の所にお酌にきてくれましたが、夫の顔を見て、

おばあちゃんにそっくり、と言っていました。

確かに夫は歳とともに義母によく似てきました。

2010年10月15日 (金)

嬉しい誕生日(1)

10月13日は私の64歳の誕生日でした。

誕生日の数日前、取引銀行の方がプレゼントとして、

誕生日の新聞のコピーを届けて下さいました。

それによると私が生まれたのは日曜日、

日本海南部に1008mbの低気圧があり、不連続線が

内地を横断して、ぐづついたお天気が続いていたそうです。

Sdsc01010

労働関係調整法の施行、

ゼネストや電産闘争指令、政治スト、

国府軍、カルガン占領、

生活が苦しいため、遠足や運動会に悩む親達、

アルコール、甘味料、油類、調味料、清涼飲料水の5割が有毒、

色仕掛けの少年恐喝団捕る、等々・・・

戦後の混乱期、母は大変な思いをして私を育ててくれた

のでしょう。恥ずかしがらずに感謝の思いを伝えなくては。

Sdsc00998

お昼頃、苫小牧の娘からプレゼントが届きました。

わざわざ札幌のデパートまで出かけてくれたようです。

中を開けてみると・・・

Sdsc00993

お父さんに肩車されたKと、お母さんに抱っこされた

Mの写真とKからのメッセージ、

漢字もかけるようになったんだね。

Sdsc00995

あたたかそうで素敵な帽子heart04

Tさん、Mちゃん、ありがとう。

Sdsc01006

午後からは夫と園芸店へ、

今年はお花をプレゼントしてくれるそうです。

「好きなお花を選んでいいよ。」との一言で選んだのが、

デンファレ・花すみれ

Sdsc01004

おしとやかな花姿にうっとりheart04

花言葉はお似合いの二人だそうです。

どうしましょうconfident

Sdsc01007_3 

(後列左より)

ミニ観葉アロカシア・アマゾニカ

りんどう

ゴールドクレスト

(前列)

ガーデンシクラメン・3色

こちらもプレゼント。お父さん、ありがとう。

2010年10月13日 (水)

免許更新と長い一日

昨日(10月12日)は歩いて、運転免許の

更新手続きをしてきた。

家を出たのは9時頃。家電量販店にも寄りたいので、

夫にも同行して貰った。例のごとく川沿いの道を、

野の花の写真などを写しながら、のんびりと歩いたので、

警察署に着いたのは9時45分位だった。

Dsc00851

アカマンマの群生

Spanelimg

セイタカアワダチソウ アカバナユウゲショウ オシロイバナ

ジュズダマ マルバルコウ タンポポ

交通安全協会に更新手数料3250円(収入印紙)を

払い込みに行くと、受付の50歳位の女性から

「安全協会に入会されますか。入会された方は申請書を

作成します。入会金は5年で1500円です。」

告げられたので、「結構です。自分で書きますので。」

お断りした。すると女性の顔つきが急に険しくなり、

「この入会金は安全教育のために、使わせて

いただきます。」と2度も念を押された。

まるで入会するのが当然のような口ぶりで・・・

Sdsc00990

私は先の事業仕分けで、「全日本交通安全協会」が

実施している、運転免許更新講習の“利権”が取り

上げられていたので、今回は入会するのは止めようと、

家を出るときから決心していた。後味の悪い思いを

残して、警察署で更新手続きを済ませた。ちょっとの

で前の講習(30分)に間に合わないこともあったが、

手続きすべてが終わったのは11時45分だった。

Dsc00979 Dsc00980

カツカレー(夫)と具だくさんの五目そば(私) [各々500円 安!]

お腹がすいたので、近くの市役所でランチをとり、

家電量販店3店をまわった。エコポイントがあるうちに、

テレビ等を購入しようと思っての下見だったが、

お値段はどこも似たり寄ったり・・・

購入するテレビは、ほぼ決定した。

とても疲れたので、フードコートでコーヒーと鯛やきを

食べて一休みしてから帰路についた。

よく歩いた一日、万歩計を見ると16955歩を示していた。

2010年10月11日 (月)

庭の花

昨日は息子家族が遊びに来てくれました。

朝のうち雨だったので、野球の練習が中止だったようです。

孫が持ってきた任天堂DSのゲームで、リズムに乗って、

二本の指で音をはじいたり、連打するゲームを

させてもらいました。音楽のジャンルも、難易度も様々で、

のめりこんでしまいそうなほどの面白さでした。

ベートーベンのトルコ行進曲は、どうにかリズムに乗って

打つことが出来ましたが、

ブラームスのハンガリー舞曲5番は駄目でした。

夕飯は鉄板焼き、お肉やスィーツをたくさん食べすぎて、

また体重が少し増えていましたsad今日からまた頑張ります。

Dsc00907

オキザリス・ロバータ

咲き始めは立ちあがれず、垂れて咲いていましたが、

だんだんと立ちあがって咲くようになりました。

可愛い小花も増えて、オキザリスらしくなってきました。

Dsc00928 Dsc00930

                         (2010.10.7撮影)

㊧オキザリス・フラバ ㊨オキザリス・オータムクィーンも

一番花を咲かせました。

フラバは球根を植えかえた後、ずっと鉢を日陰に置き

大変なことになっていますが、(その記事はいずれ後ほど・・・)

オータムクイーンはもうすぐ沢山の花をつけてくれるでしょう。

Dsc00855

昨年まではユリオプシス・オオストヴァリアだと思って

いましたが、オオストヴァリアは葉が斑入りのようです。

ユリオプシスには間違いありませんが、

種類がわかりません。木立性でとても大きくなるので、

春に半分くらいに切り詰めています。

Dsc00935

夏を思わせるような鮮やかな黄金色の姫ヒマワリ・

(ゴールデンピラミッド)が満開です。

宿根草は放っておいても毎年咲いてくれて良いです。

Dsc00934

3年目のクロサンドラ。

冬越しはしたものの、葉がすべて落ち、どうなることかと

思いましたが、初夏に5㎝ぐらいまで切り詰めたところ、

秋になってから元気を取り戻し、花を咲かせてくれました。

Dsc00911

Dsc00946

芳しい香りで、道行く人を楽しませてくれた金木犀ですが、

昨日一昨日の雨ですっかり散ってしまいました。

2010年10月 8日 (金)

遊墨展

月に一度くらいランチを共にする

近所のお友達が習っている「遊墨」の作品展に

横浜・湘南台まで出かけた。

Dsc00897

まずは腹ごしらえ、最近開店したレストランでランチ。

イタリアンが主のお店ですが、家庭的なお料理も・・・

オーダーしたのはかごもりランチ1000円。

コーヒーとミニドルチェ(ナッツとチョコ入り冷菓)付きですが、

今回は特別サービスで、ドルチェはレギュラーサイズでしたscissors

Dsc00900

お友達の作品

習い始めて1年くらいだそうです。

遊墨とは墨と紙と筆を使って思いのままに文字や絵を

表現することだそうです。先生の作品をまねて

書くのはそれほど難しくないが、自分で文字をデザイン

するのはとても難しいそうです。 

この作品は自分でデザインされたものだそうです。 

Dsc00901_2 

先生の作品

秋のイメージたっぷりですね。

薄墨を使っているので写真で見るより実物の方が素敵です。

遊墨展を見た後は、お友達の家でTea☆Time。

美味しいケーキやフルーツにダイエット中であることを

忘れ、時のたつのを忘れて5時までおしゃべりしましたnotes

                            (行った日:10月5日)

Dsc00921

母から貰った栗で栗ご飯を作りました。

小さいながらも、ホクホクして、とても美味しい栗でした。

メインは秋刀魚の塩焼きにしたいところでしたが、

冷凍カレイが一枚98円と、お安かったので

ムニエルにしました。ソースは作らず、

お友達から頂いたスダチでさっぱりとdelicious

他は料理研究家・奥園寿子さんが血管が若返えると

テレビで紹介された、カイワレと焼のりのサラダ

残り野菜のゴーヤチャンプル風、

具だくさんのお吸い物でした。もちろんボケ予防のワインwine

Dsc00942

栗の渋皮煮は、お砂糖控えめのダイエットレシピで

作りました。美味しいので食べすぎないよう注意です。

                            (作った日:10月6日)

2010年10月 6日 (水)

便りがないのは良い便り

4月20日に母を訪ねから、半年近くが過ぎた。

その時の母は、腰を痛めてベットで鬱々と過ごす

日々だったので、私が訪問した時は涙を流して

喜んでくれたが、あれ以来何の音沙汰もない。

しかしボケて私のことを忘れてしまったのではと、

少し心配になり、10月4日に実家を訪ねた。

母はとても元気で、紫蘇の実の醤油漬けを作るため、

紫蘇の実の房をしごいて、せっせと実をとっていた。

老齢のため、何度も同じ話をしたり、同じことを

聞きかえす事はあったが、ボケてはいないようだった。

目下の楽しみは、近所のお友達とおしゃべりをすること、

庭に出ること、保存食を作ることだそうだ。

「お母さんは11月のお誕生日で満92歳になるのよ。」と

話したところ、「もうそんなになるの?」とニコニコしながら

喜んでいた。珍しいことにその日は弟も家にいて、

(リタイアしているのに遊んでばかりpout

生まれて初めて弟からお茶を入れてもらった。

Dsc00861

白いスイフヨウ

Panelimg

コボレダネからのヒャクニチソウ

Dsc00864

コボレダネからのメランポジウム

腰を痛めて春の庭仕事はできなかったようだが、

足の踏み場もないくらい、たくさんのメランポジウムが

咲いていた。いろいろな花をちょこちょこ植えるより、

2,3種類の花を群生させた方が、綺麗かも・・・

Dsc00875

お土産の栗

農家のお茶のみ友達から買ってきてくれた。

小粒な栗ではあるが、母の気持ちが嬉しい。

Dsc00885 Dsc00895

㊧は渋皮煮、㊨は栗ご飯用に下ごしらえした。

最初、栗ご飯用の栗は渋皮を包丁でむいたが(白い栗)

かたくて大変だったので、茹でてからむいた。

栗が冷めないうちに渋皮をむくと綺麗にむけるが、

冷めると渋皮がまた実にくっつき、実が割れてしまった。

色止めに渋皮をむいた後、すぐに冷水に

つけたほうが良かったかもしれない。

Dsc00876

庭のザクロ

Dsc00877 Dsc00887

今年はあまり出来がよくないようだった。

↑上のザクロもよく見ると↓少し腐っているところが

あった。綺麗な粒だけ取り出し、ガラス容器に入れ、

いつでも食べられるようにしておいた。

実が傷んでいないものは、ポリ袋に入れて冷蔵庫に

保存した。ザクロ酒でも作ってみようかな・・・

Dsc00892

大きなヤブラン

Dsc00894

とても素敵な斑入りのヤブラン。

大きな株が3つもあったので、1つ貰ってきた。

株分けして植えたほうが良さそう。

Dsc00890

ホオズキは来年の種用に~♪

budbudbud

日曜日・・・プールの帰り夫と外食

月曜日・・・実家に帰る途中夫とランチ

火曜日・・・お友達とランチ・お友達の家でお茶(ケーキ)

こう外食が続くと、カロリーの調整をするのが難しい。

ランチの場合、夕食を減らしたり、抜く人も多いようだが、

私は時間が来るとちゃんとお腹がすく。

せっかく減量したのに0.5㎏リバウンド。

気をつけなくちゃ・・・

実家で貰ったヤブランはまだ植えていない.。

栗の渋皮煮も灰汁抜き用の重層を切らして進んでいない。

プールにも行かなくちゃ・・・

今日も忙しくなりそうです。

2010年10月 4日 (月)

秋を探して

10月3日、庭の金木犀の花が咲きました。

秋ですねぇ~・・・

嬉しくなって、小さな秋を探しに、夫とちょこっと散歩しました。

Dsc00771

道を歩いていても、どこからともなく、金木犀の良い

香りがただよってきます。いつもは目立たない木ですが、

ある日突然、小さなオレンジ色の花をびっしりとつけ、

香りでお花の存在を伝えてくれます。

Dsc00788

住宅地を抜けると小さな川があります。

雨が降ると急激に水が増えるので、高い護岸壁が水際に

設けられています。川の近くには田畑が残っています。

Panelimg

Panelimg_2

護岸壁は植物の宝庫bud

ここの護岸壁の上半分くらいは、植生ができるよう、

コンクリートボックスが積み上げられたような形になっており、

ボックスの中には土が入っているので、沢山の植物が育って

います。雑草も多いですが、中には人の手で植えられたような

木も生えています。スイフヨウは近くの民家に大きな木が

あったので、種が飛んで来て、自然に生えたようでした。

ザクロなどは今にも熟れそうで、手が届けば頂きたい位でした。

Dsc00792_2

川沿いの小道に植えられていたハナミズキ。

赤い可愛い実がなっています。

蕾もたくさん付いて、来年の春が楽しみです。

Panelimg_3

柿、栗、花梨、タマスダレの群生、元気の良いブットレア、

可愛いホオズキ、沢山の秋を満喫できました。

Dsc00828_3

彼岸花にもやっと会えました。

今年は例年にない猛暑で、開花が2週間ほど遅れたそうです。

そろそろ稲穂を刈り取る時期のようです。

   

2010年10月 2日 (土)

ゆるダイエット

8月に受けた血液検査で中性脂肪とGPTの値が増えたので、

8月下旬からダイエットを始めました。

1ヶ月で体重は3㎏近く落ち、それに伴い体脂肪、内臓脂肪、

皮下脂肪も少し落ちましたが、見た目はほとんど変わりませんcoldsweats01

Dsc00651

どのようなダイエットかというと、

①食事内容をメモすること。

これによって甘いものの食べすぎが防げるようになりました。

外食をするとカロリー過多になりますが、楽しみは捨てたく

ないので、その後2、3日でカロリー調節をします。

②毎日決まった時刻に体重を計ること。

自己満足のために、一番体重が少ない朝食前にしています。

③週に2回~3回はプールに行くこと。

プールに行き始めたころは、平泳ぎをするとすぐに足がつり、

25mも泳げませんでしたが、最近は平泳ぎと背泳ぎで

500mくらい泳げるようになりました。

6年前は1㎞ぐらい泳げたので(休み休みですが)

まだ回復していませんが、無理は禁物、この位で満足して

おきます。同時に流水プールで水中ウオーキングを50分

しています。涼しくなったので、これからはウオーキングも

たまにはしたいと思います。

Dsc00652

健康が第一ですので、必要以上には痩せたくありません。

でもまだまだ余計な脂肪はたくさん付いています。

振り返ると、年に一度はダイエットの決意をしています。

1~2㎏は痩せるのですが続かず、気がつくとリバウンドして

かえって体重が増えている結果になっています。

今年は私のダイエット成功周期に当たる年で、前回大幅に

ダイエットしてから6年目に当たります。

前回のようにキッチリとカロリー計算はしない、ゆるダイエット

ですが、うまくいくと良いな~と思っています。

Dsc00727

ブログで 交流させていただいている、ryoさんから教えて

いただいた「どろどろ」。お母さまの思い出の味だそうです。

味の決め手はシャウエッセンソーセージと、クリームシチュー

の〆に牛乳を入れることだそうです。

私はダイエット中なので、さらにお水を入れてシチューを

ゆるめましたが、(味が薄くなりすぎたので、食べる時

お醤油を少し加えました。)夫はレシピ通りいただきました。

体が温まってとても美味しいと夫から絶賛されました。

Dsc00728

こちらが夫の分ですが、写真ではどろどろ具合の

差があまりわかりませんね。

Dsc00305

ryoさんは同人誌・照葉樹も年2回発行されていらっしゃいます。

交流を始めて1年、愛読書も3冊となりました。

どの作品も底に流れるものが温かく、読み終わるとほっとします。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ