« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

認知症には赤ワイン

認知症予防と改善には赤ワインが良いそうですね。

昨夜のニュースで放送されていました。

赤ワインに含まれる植物成分のポリフェノールが学習機能や

記憶をつかさどる脳の海馬を活性化するらしいのです。

ワイングラスに2、3杯程度が適量だそうです。

秋になったことだし、ビールからワインに切り替えようかしら・・・

Dsc00720

オキザリス・ロバータが咲いていました。

今年はうっかりして一番花を見逃してしまいました。

お花が重いためか、花茎が華奢すぎるためか、

ロバータはみな倒れて咲いています。

Dsc00702

涼しくなって元気を取り戻したのがマリーゴールド。

鮮やかな黄色いお花を、たくさん咲かせています。

茎が長くなり花姿は大分乱れてきましたが、

これも秋らしい風情で素敵です。

Dsc00721

夏までははっきりとしたオレンジ色のハイビスカスでしたが、

色が褪せて黄色っぽい色に変っていました。

これはこれで素敵ですが、色の変わった原因はなんでしょう。

Dsc00696 Dsc00697

コボレダネがたくさん出ていました。

左はシレネかしら。右はもう少し大きくならないと

何のお花かわかりません。種を蒔いても確実に発芽する

わけではないのでコボレダネはとても嬉しいですhappy01

Dsc00724 Dsc00723

アネモネが大変なことにsad

球根を掘り上げもせず、夏の間鉢を重ねて裏庭に置いて

あったため、発芽していることに気づかず、下の鉢の芽が

もやし状態になっていました。ここにきて雨が多かったため

急に発芽したのでしょうね。

2010年9月28日 (火)

優しい花

久しぶりにブログの更新です。

義父の死をきっかけに我が家の整理を

試みようとしたのですが、本や洋服類はもう何度も整理

しているので、結局手がつけられませんでした。

しかし残しておいても二度と読むことがないような本や

二度と着ることのない洋服や和服はまだ沢山あります。

ものに対する執着を断ち切ることの難しさを、

改めて感じています。

Dsc00692

サルビア・アズレアの花が咲き始めました。

爽やかなブルーの花と細い葉が優しい雰囲気で素敵です。

徒長して倒れやすいので、7月の初めに切り戻したのですが

やはり倒れてしまいましたhappy02

Dsc00687

今年3回目の開花をしたチェリーセージ・ルナ

鉢植で3年目です。赤のチェリーセージやホットリップスに

比べると、花付きが悪いですが

優しいクリーム色のお花には心なごまされます。

Dsc00698

いつの間にかムラサキシキブの実も色づいていました。

秋も深まり、実だけ残ると小鳥が啄みにきます。

そんな姿を見るのも楽しいものです。

Dsc00685

挿し木から育てたアンソドンテアの2回目の花が咲きました。

草丈ばかりが高くなるので7月に一度切り戻しました。

芙蓉のお花を小さくしたようで可愛いです。

Dsc00667

植えっぱなしのムスカリの芽が出ました。

その内側には水仙も植えたままです。

真中にはプリムラマラコイデスのコボレダネから

芽が出ています。全部育ったら賑やかな一鉢になるでしょう。

2010年9月25日 (土)

天寿をまっとうした義父

先日、義父が老衰のため亡くなりました。

享年99最後までボケることなく、安らかに眠るような最期でした。

私が結婚した頃は、長年務めた自動車会社を定年退職し、

系列のディーラーで経理の責任者として働いていました。

幼いころ母親を亡くしたため、賑やかな家族に憧れて

いたのでしょうか、(私の想像です)

6人の子供をもうけ、家族のために一生懸命働いてきました。

とても優しくて子煩悩、孫達もみな可愛がってもらいました。

読書が好きで、居間の壁面の天井まで届く本棚には

沢山の本が収められていました。

初めて夫の家に泊まり、タイル張りの丸い大きなお風呂に

入った時は、昔は親子や兄妹で楽しく入浴して

いたのだろうと想像して、一人湯船で微笑んだものでした。

義父は私が結婚する以前から、心臓の薬を飲んでいましたが、

一病息災とはよく言ったもので、私が知っている38年間で

入院したのはヘルニアを手術した時と、

ここ2~3年、足腰が弱り、歩行困難になってからだけでした。

葬儀は密葬で行いましたが、仕事や遠くに住む孫達を除き、

20人以上の子供、孫、曾孫が集まりました。

末っ子を10年近く前に亡くすという、辛い出来事もありましたが、

お義父さん、天寿を全うできて本当に良かったね。お疲れ様でした。

2010年9月17日 (金)

アゲハ蝶

我が家の庭には伊予柑や夏ミカンが植えてあるためか、

アゲハ蝶がよく遊びに来ます。

アゲハ蝶には春型と夏型に分けられ、春型は小さく、

夏型は大きくて、黒い部分が少し増えます。

暖地では3月~10月、年4~5回発生するようです。

Dsc00236

アゲハ蝶の交尾       (2010.8.15撮影)

卵から孵化し、青虫、蛹(サナギ)になり、羽化するまで、

夏型の場合約5週間~6週間かかり、蛹の状態で冬を越し、

春に羽化する春型の場合は、半年以上かかるそうです。

一回に産む卵の数は30~100個といわれています。

♂(オス)の腹部は細く、♀(メス)の腹部は太いそうなので、

この写真だと下の大きい蝶が♀(メス)でしょうか。

大きさも色も♂(オス)と♀(メス)ではずいぶん違うのですね。

Dsc00599_2   

アゲハ蝶は9時か10時ごろになるとどこからともなく

飛んできます。日中は忙しそうにあちこちを飛び回って

いますが、だんだんと活動が弱まり、夕暮れになると

草や木の葉にとまり羽を閉じて眠ります。

Dsc09777_2

たくさん生まれた卵も、ダニ、クモ、アリ、カメムシ、

アシナガバチなどの天敵に襲われ、たった1匹、生き残れるか

どうかの厳しい生存率・・・・・たとえ生き残れても

蝶の寿命はオスで7日間、メスで9日間ぐらいだそうです。

2010年9月15日 (水)

プレクトランサス・モナラベンダー

民主党の代表選挙のでは、菅首相が大差で再選されました。

両サイドは挙党一致と言っていますが、

本当にそうなるでしょうか。

選挙戦であれほど激しく相手を批判し、戦ったのですから、

しこりが残らないほうが、不思議なような気がします。

民意を頼りにしていた菅さん、民意を甘く見すぎた小沢さん、

今、風は菅さんの方に吹いていますが、民意ほど変わり易い

ものはないと思います。菅さんには政治家としてしっかりとした

ビジョンを持って政治を行ってほしいと思います。

Dsc00585

プレクトランサス・モナラベンダー

学名:Plectranthus calutivars

科属名:シソ科 プレクトランサス属 の非耐寒性多年草

原産地:南アフリカ

花期:初夏から晩秋(一定の温度15℃以上あれば四季咲き)

Dsc00586

ラベンダー色の美しい花を次々と咲かせます。

うっかりして、2~3時間日の当たる場所においたので、

少し葉が焼けてしまいました。

何度も育てていますが、いつもその年限り、

今年こそはちゃんと室内に寄りこんで、冬越しさせたいです。

Dsc00609 Dsc00610

朝晩が少し涼しくなり、秋の気配が感じられるようになると、

ハイビスカスが元気を取り戻し、日替わりで咲いています。

オレンジ色のハイビスカスも蕾が少し大きくなったので、

そのうち咲いてくれるのでは、と楽しみにしています。


2010年9月13日 (月)

ルエリア・サザンスター

お花屋さんを覗くと珍しいお花が入っていました。

お値段も1ポット69円とお安かったので

色違いで3つ買ってきました。

Dsc00607

ルエリア・サザンスター

キツネノゴマ科・ルエリエ属の耐寒性常緑宿根草

原産地  メキシコ

開花期  6月~11月

草丈  20~30cm   
Dsc00606

暑さ寒さに強く、非常に丈夫な宿根草だそうです。

お花は一日花ですが、次からつぎへと長い間咲くようです。

Dsc00608

花びらはふんわりとやわらかでとても可愛いです。
                Dsc00589

この秋一番に咲いたオキザリス・ボーウィ

9月3日に一番花が咲きました。

昨年は鉢がいっぱいになり、窮屈そうだったので

2,3年植え替えなくても良いようにプランターに

植え替えましたが、大きすぎたかしらhappy02

Dsc00613

とてもよい香りがするので下を見ると

アップルミントの花が咲いていました。

雑誌で見たアップルミントのお花とは少し違うような

気もしますが、間違いないでしょうか?

2010年9月11日 (土)

アメジストセージ

暑いのも明日まで。

来週からは涼しくなるそうです(ホントかな)

サボっていたガーデニングも再開しなくちゃ・・・

伸びすぎた枝を切ったり、雑草を抜いたり、

綺麗になるまで、だいぶかかりそう。

Dsc00604

アメジストセージが咲きました。

ポット苗で売られていた小さな苗を植えて3年目、

こんなに大きくなりました。

風にそよぐ姿が素敵です。

Dsc00605

ビロードのような質感が素敵でしょうheart04

咲き進むともっと濃い紫になります。

花言葉は「家族愛」

Dsc00594コボレダネからの観賞用唐辛子Dsc00596コボレダネから咲いたニチニチソウDsc00593コボレダネからのコリウスDsc00599

ついこの前、9月に入ったばかりだと思っていたのに、

もう11日になりました。夏の暑さでお疲れ気味の草花も

これからは元気になるでしょうbud

種まきなど、気がついたら、ガーデニングの適期が

過ぎていたなどと、いうことがないようにしたいものですthink

2010年9月 9日 (木)

比叡山・延暦寺

最後に訪ねたのが世界遺産の比叡山延暦寺です。

歴史は好きでしたが、比叡山・延暦寺・最澄。

高野山・金剛峯寺・空海とセットで覚えたくらいで

特に詳しいことは知りませんでした。

ツアーで訪れるのは広い延暦寺の東塔エリア。

ここには比叡山延暦寺の総本堂国宝根本中堂がある。

                   (参拝時間70分)

Dsc00529

緩やかな上り坂の参道の左右にはここで修学された

多くの僧侶の祖師御行績[そしごぎょうせき]絵看板が

展示されていた。

Dsc00530

その中でも我が家と関わりのある、日蓮宗(夫の実家)

日蓮聖人と曹洞宗(私の実家)の道元禅師の看板を

撮影してきた。

Dsc00528

日蓮聖人が、房総の霊峰「旭の森」に登り、朝日に向って

「南無妙法蓮華経」の題目を唱えている場面のようです。

日蓮聖人はここで10年もの求道修業を続けたようです。

Dsc00527

中国に渡った道元が、中国の僧に「日常の中での

修行の大切さ」を教えられた場面のようです。

Dsc00517

根本中堂(国宝)

撮影はここまで・・・

お堂の中でお坊さんから説法を聞く。

根本中堂は総欅造りだが、比叡山には1本の欅も植えられて

おらず、すべて外から運ばれたこと。しかもその頃は女人と

牛馬は入ることができず、すべて人の手で運び上げられた

ということ。1200年守り継がれているという「不滅の法灯」は

信長の軍勢により焼き討ちにあった時、山形の立石寺に

分灯されていた「法灯」があり、この灯により「不滅の法灯」

を絶やさずにすんだこと。「油断大敵」のお話も・・・

仏様は通常見上げる位置にあるが、「誰でも仏に成りえる」と

言う事で、延暦寺では参拝者と同じ高さに置かれていること等々。

説法を聞いた後、お参りをしてお堂を出た。

Dsc00518

根本中堂の正面にある急な階段を上りきったところに

「文殊楼」があるという。階段の途中から根本中堂を写せば

建物の全体像が写せそうだった。上ってみたかったが、

同行者が時間がないというので、しぶしぶ諦めた。

Dsc00523 

帰る途中に見た牛の石像

Dsc00525

「開運の鐘」と呼ばれ総本山の大鐘楼の役目をしているらしい。

一回ついて50円。何をお願いしたかは内緒ですhappy01

Dsc00514_2

大講堂(重要文化財)

僧侶の学問修行のための道場だそうです。

ここは一番最初に通り過ぎた場所、帰りにゆっくり

見るつもりでしたが、かないませんでした。

Dsc00534

阿弥陀堂、東塔、大書院、文殊楼、国宝殿、

東塔のエリアで見学できなかった場所です。

このほか西塔、横川のエリアがあります。

もし全部見るとなると、どれくらいの時間がかかるのでしょう。

もう一度ゆっくり訪ねてみたいと思いました。

写真は比叡山ドライブウェイからの眺めです。

       (歩いた日:8月26日 本日の歩行は15,151歩)

2010年9月 7日 (火)

近江八幡を歩く

近江商人発祥の地として知られている近江八幡市は

豊臣秀吉の姉の子であり、秀吉の養子となった

豊臣秀次が開いた城下町です。

僅か18歳で、近江43万石の領主となった秀次は、

楽市楽座の施行、各地から有力な商人や職人を

呼び寄せるなどして、5年の在城の間に、商いのまち

としての繁栄の基盤を築いたそうです。

後に秀頼が生まれ、後継者を巡る争いにより、

自害させられるという、悲運の最期を遂げましたが、

今も近江八幡開町の祖として、市民に親しまれているそうです。

ツアーは秀頼が築いた八幡城の城跡のある八幡山に、

ロープウェイで登るコースと、自由散策コースに

分かれましたが、私は75分の自由散策コースを選びました。

まず駐車場近くの日牟禮八幡宮を訪れました。 

                     (クリックすると拡大します)

Dsc00483_2 Dsc00484_3

楼門と拝殿

Dsc00491_3 Dsc00487_3

本殿と能舞台

Dsc00492_2 Dsc00488_2

奉納された鳩と馬の像

日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)は古くから八幡商人の

信仰を集め、左義長、八幡祭りは全国的に有名だそうです。

社宝にはベトナムまでその活躍場を求めた

八幡商人の代表格・西村太郎右衛門が奉納した

「安南渡海船額」をはじめ、重要文化財が多数あるそうです。

Dsc00494 Dsc00570_2

お土産はたねやさんで ・・・

日牟禮八幡宮近くの山上(やまじょう)さんの

近江つけものも美味しかったです。

Dsc00496

白雲館(現在・観光案内所)旧八幡東学校

明治10年に八幡東学校として建築された白雲館は、

当時のお金6千円で設立された貴重な擬洋風建造物。

近江商人が子どもの教育充実を図るため

その費用の殆どが寄付で賄われたそうです。

Dsc00497

Dsc00504

八幡堀

豊臣秀次が当時の交通幹線であった琵琶湖を

往来する荷船をすべて八幡に寄港させるために

設けられた運河が八幡堀で、時代劇のロケ地として、

年間30本以上も撮影されているそうです。

Dsc00505

Dsc00509

近江商人の町並み(新町通り)

近江商人とは近江で商いを行う商人ではなく、近江を

本宅・本店とし、他国へ行商した商人の総称だそうです。

秀次没後まもなく天領となった近江八幡の町から、

天秤棒を肩に全国に活動を広げたそうです。

Dsc00513 

少しでも観光の時間をとりたいということで、

お昼はお弁当を注文(1050円)してバスの中でいただきました。

この後バスは最終訪問地、比叡山・延暦寺へと向かいます。

 (歩いた日:8月26日)

2010年9月 5日 (日)

彦根城

ツアー2日目は彦根城からです。

ホテル出発は7時55分。

のんびりしていられないのがツアーの宿命です。

彦根城には9時45分に到着。

これから75分の自由散策です。

ブログには渡された案内図を見ながら、見学した順番に、

写真を載せてありますが、ここでも時間を

気にしながらの撮影だったので、重要文化財など、

写真の写し忘れがたくさんありました。

Dsc00444

表門橋からの馬屋(重要文化財)

さっそく重要文化財の二の丸佐和口多門櫓(やぐら)の写真を

撮るのを忘れていました。佐和口多門櫓を過ぎると重要文化財

の馬屋がありますが、時間がないのでここは素通りです。

Dsc00445 Dsc00448

表門橋と彦根城博物館

ひこにゃんが出迎えてくれました。

Dsc00451

表坂から見上げる、廊下橋と天秤櫓 

橋は非常時には落とされるそうです。

Dsc00452

大手参道

古い石垣に昔が偲ばれます。

Dsc00453

天秤櫓(重要文化財)

Dsc00454

廊下橋を中央として左右対称に建てられているのが、

天秤櫓でこの櫓は、豊臣秀吉が創築した長浜城大手門を

移築したといわれています。

Dsc00455

太鼓門櫓に向かいます。

Dsc00457

時報鐘

城内と城下に時を知らせた時報の鐘。

現在も現役で使われているそうです。

Dsc00458 Dsc00459

太鼓門と太鼓門櫓(重要文化財)

本丸の表口をかためる最後の関門である櫓門で、東側の壁が

なく、柱の間に高欄をつけ廊下にしている。築城後、ここに太鼓

をおいて城中に合図したところから、この名が付いたという。

Dsc00460

天守(国宝)

いくつもの屋根様式を巧みに組み合わせた美しい曲線の

調和をみせ、どっしりとした牛蒡積と呼ばれる石垣の上に、

三階三重の天守がそびえている。

京極高次が築いた大津城から移築されたといわれ、

慶長12年(1607年)頃に完成した。

昭和27年(1952年)に国宝に指定。現存する国宝の天守は、

彦根城以外には姫路・松本・犬山城だけです。

            (彦根城観光御案内パンフレットより)

彦根城の歴史についてはこちらをどうぞ。

Panelimg

天守・内部

Dsc00480

Dsc00481

玄宮楽々園

井伊家旧下屋敷の大名庭園で、第4代藩主直興が

1677年(延宝5)に造営した。

唐の玄宗皇帝の離宮をなぞらえて造ったので、

この名がついたと言われているそうです。

                                                (歩いた日:8月26日)

2010年9月 3日 (金)

長浜・黒壁スクエアを歩く

伊吹山のあと、長浜市の古い町並み・黒壁スクエアを散策した。

長浜は羽柴(豊臣)秀吉が初めて自分の城を築いた城下町。

地名も今浜から「信長」の「長」をとって長浜と改めたそうです。

1911_2

黒壁ガラス館

百三十銀行長浜支店として建てられ、外観に黒漆喰を施して

いるところから、「黒壁銀行」として親しまれてきたそうです。

取り壊しが決まった時、長浜の人々による保存運動で蘇り

この建物を中心に黒壁スクエアが誕生したそうです

(画像は黒壁スクエアHPよりお借りしました

Dsc00369

1階では可愛いガラス製品が売られていました。

Dsc00374

北国街道

北国街道は近江と北陸を結ぶ街道。

趣のある古い商家や民家が軒をつらねていました。

明治5年の大火で江戸時代の家の多くは失われ

現在残る建物は明治期のものだそうです。

Dsc00376

開智学校

明治4年、学制がしかれる前に県下初の小学校

「滋賀県第一小学校」が建てられ、この小学校が、

明治7年には洋風の校舎となり、「開智学校」と

改名されたそうです。建築費用は地元の住民の

寄付によるものだそうです。

Dsc00371

商店街入り口

観光客向けの商店街のようです。

閉店時間が5時と聞いて驚きました。

時間がないのでお店は見ずに、表参道に向かいました。

Dsc00383

大通寺・参道

両脇にお土産屋さんが立ち並び、いかにも参道といった町並み。

ここも5時閉店、早々と店じまいをしているお店もありました。

Dsc00390

江戸時代に造られたという、総欅造りの見事な山門。

Dsc00389

大通寺・本堂

真宗大谷派(東本願寺)の別院ですが

長浜御坊と呼ばれ親しまれているそうです。

本堂は伏見城の遺構と伝えられている。

Panelimg

巨大万華鏡・天の華

高さが8mもある日本一大きな万華鏡

下からハンドルでくるくる回します。

Dsc00398

北国街道に戻ってきました。

約1時間の長浜自由散策は終わりました。

地図を片手に、見知らぬ町を歩いたので、落ち着いて

写真を撮る時間がなかったのが残念でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dsc00440

Dsc00401 Photo

宿泊したホテルは眺めの良い部屋でした。

朝食は和洋華のビュッフェスタイル。食べすぎました。

Dsc00426

夜の長浜城

羽柴秀吉によって天生3年(1575)に築城され、

数年間居城された長浜城ですが、秀吉の家臣である

山内一豊も天正13年(1585)から5年間、

在城したことがあるそうです。内藤信成・信正が城主に

なるが、江戸時代廃城(元和元年・1615)となり、

建物及び石垣の大半は彦根城の築城に流用されたそうです。

現在の長浜城は、昭和58年に再興され、

市立長浜城歴史博物館として開館されている。

                         (歩いた日:8月25日 本日の歩行は11,067歩)

 

2010年9月 1日 (水)

息子の家でお誕生日

少しアップが遅れましたが、先週の日曜日、息子家族が

夫のお誕生会をしてくれました。

孫のKは5月から少年野球に入り、土日は練習なので

あまり遊びに来られなくなりました。

夏休みもスイミング教室、野球の合宿等があり、

けっこう忙しかったようです。

唐揚げと手巻きずし、メニューはK君が決めたようです。

Panelimg

写真左下の崩した豆腐オクラを茹でたものを混ぜた、

冷奴をアレンジしたようなお料理は初めてでした。  

柚子ポンをかけていただきましたが、さっぱりして

美味しかったです。簡単でヘルシーなので、これからは

我が家の食卓にも、ちょくちょく登場しそうです。

Dsc00564

ブルーベリードリンクも美味しかったです。

作り方はとても簡単だそうです。

Dsc00544_2 Dsc00545

冷凍のブルーベリー100gにサワードリンク酢200CCを

注ぎ、蓋をして冷蔵庫に入れておくだけ・・・

5倍ぐらいに薄めて飲むそうです。

美味しかったので2杯もいただきました。

中に入れるフルーツはお好みでよいそうです。

Dsc00537

夏休みに裏磐梯に旅行した時Kが作ったそうです。

材料は用意されており、好きな物を選んで接着剤で

張り合わせたようです。赤べこの絵つけも初体験。

Dsc00538_2 Dsc00539_2

㊧パパ作 ㊨ママ作

運動会、夏休みのキャンプ、旅行等の録画を見て

いろいろお話ししてくれたね、とても楽しかったよ。

少し泣き虫だけれど、いつも明るく、楽しいK君。

発想力も豊かだね。おじいちゃんとおばあちゃんは

頼もしく思います。

Dsc00550

幼稚園の時の作品かもしれませんね。

お魚と海草が描いてあるようです。

海の中の様子かな・・・

Dsc00551

これは夏休みの課題。

火災予防のポスターだそうです。

Dsc00558

バースデープレゼントは釣り用の偏光グラスとハリス。

偏光グラスはなくしてしまったのでちょうど欲しかった

ようです。J君、Y子さんありがとうheart04

Dsc00567_2 Dsc00572 

Y子さんの実家は千葉。帰省した時のお土産です。

ご両親と海水浴に行ったようです。

さっそくいただきましたよ~・・・

餡に枇杷が練りこんであって美味しかったです。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ