« トロピカルな花 | トップページ | 2年目のアセロラ・ルージュイワタ »

2010年7月24日 (土)

フロックス・ライトピンクフレーム

Dsc09882

フロックス・ライトピンクフレーム

ハナシノブ科・フロックス科の耐寒性宿根草

原産地:北アメリカ 別名:オイランソウ

子供の頃にはどこにでも咲いていた懐かしい花です。

別名をオイランソウと言い、花魁(おいらん)がつける白粉の

ような匂いがすることから名付けられたそうですが、

それほど強い匂いはしないように思いました。

Dsc09884

鉢植えでも育てられる矮性種ですが、いずれは地植えにして

沢山増やしたいお花です。花が咲き終わったら

花首を切り戻すと、もう一度咲いてくれるという嬉しいお花です。

Dsc09771 

サルビア・コクネシア・コーラルニンフ

シソ科・サルビア属の宿根草 原産地:南アメリカ

サルビア・コネクシアは花色も豊富ですが、

白とピンクの2色咲きのコーラルピンクが一番好きです。

優しい色合いのお花に心なごみます。

Dsc09840_2

こちらは昨年の秋、根元に出ていた芽を鉢上げして

おいたものですが、コボレダネからも芽が出ていました。

耐寒性はないと思っていたので嬉しい発見でした。

Dsc09848

ミソハギ・パープルストライフ

ミソハギ科・ミソハギ属の耐寒性多年草。

「みそはぎ」は「みそぎ(禊)はぎ(萩)」を略したもの。

「みそぎ」は水を注いで悪魔を払うことだそうです。

Dsc09899

2年目のお花です。

4月に切り込みをすると草丈が低く抑えられ、花芽も分岐して

沢山のお花が咲くそうです。切り込んだものは挿し芽にしてもOK。

来年はフロックスを近くに植えて,ピンクの花壇にしようっと!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日テレビのチャンネルを回している時偶然

NHKこだわり人物伝「私が愛した作家 太宰治」を見た。

(2009年10月のアンコール放送だったようです。)

シリーズ3回目で語り手は作家の西 加奈子さんだった。

西さんは高校生の時「皮膚と心」を読み、太宰の魅力にはまり

片っ端から太宰作品を読んでいったそうです。

そして太宰のことを「めっちゃおもろい作家」と感じたようでした。

私も高校生の時「皮膚と心」を初めて読み、太宰の虜になり、

片っ端からというわけではありませんでしたが、

続けて太宰作品を何冊か読みました。

感じ方は多少違いましたが、同じ年頃に同じ本を読み

同じように太宰に魅かれた西さんを身近に感じ、

是非西さんの本も読んでみたいと思いました。

「皮膚と心」は女性としてとても共感できる小説で、

告白文体で書かれているので、身の上相談を聞くような感じで、

読んでいくうちにどんどん引き込まれ、

一気にすすっーと読みとおせる小説です。

短編なのでもう一度読みたいと思い、ネットで探しました。

パソコンで小説を読むのは初めてでしたが、

文字が大きく眼鏡なしで読めました。

このサイト(クリック)のほかにも「ひまつぶし青空文庫」

にはたくさんの作品が公開されているようです。

« トロピカルな花 | トップページ | 2年目のアセロラ・ルージュイワタ »

ガーデニング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

hiroさん
 おはようございます(^-^)
今朝のピンクのお花シリーズ
可愛い花の登場ですねheart
夏の花の少ない時に、上手に育てておられて
感心しています。
 
 私は別名「オイランソウ」の名前しか知りませんが
懐かしい花ですね。
我家にも有りました。
匂い??
緑の葉っぱの綺麗ですね。
 先日もお話しましたが、今、ベランダには何も花は有りません。
土の日光消毒が終わったら手軽な花を植えたいと思っています。
 「オイランソウ」は第一候補です。
サルビア・コクネシア・コーラルニンフも優しくてええですね。
私にも育てられるでしょうか?
ミソハギ・パーブルストライフはプランターには無理なようですね
 NHKこだわり人物伝は好きな番組で
そして「私が愛した作家 太宰 治」も
勿論見ましたよ。
 私は勤めるようになってから、通勤の電車の中で乱読していました。
その中には太宰 治も有りましたが、読みだすと電車から降りるのが勿体なくて、
若かったのですね。
今は根気が有りません。
夜は読書が睡眠薬のようで・・・・
 でも、本を読む習慣は無くしたくないと
”ボケ防止”だと思っています。
 「つれづれ日記」にいつも丁寧なコメントありがとうございますhappy01
嬉しく拝見しています。
 コメントのお返事はお互いさまでお願いします。

「皮膚と心」
http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/267_34632.html
昔読んだ記憶がありますが、今一度ネットでみて、
太宰治の感性と独特の表現を思い出させてくれました。

この炎暑のなかお宅のお花は元気で生き生きしていますね。
お花は勿論ですが、葉っぱもとてもきれいです。

太宰治の「皮膚と心」
じっくり読み直してみようと思います。
大きな文字で読み易いですね。

ひまつぶしの青空文庫も早速お気に入りに追加しました。

ピンクの花で統一ですね。
サルビアのピンク、はじめて見ました。かわいいですね〜

ピンクのお花が可愛く咲いていますね。
暑い時期に上手にお育てで、とっても綺麗です。
名前はフロックス・ライトピンクフレームの方が
素敵なお花に感じますが、
オイランソウの方が記憶に有ります。
サルビア・コクネシアは同じですね。可愛い花色で大好きです。
我が家も外で冬越しをしました。
沢山咲いたら素敵だろうなぁ~と思っています。
ミソハギ・パープルストライフはあまり見かけませんが、
耐寒性多年草だとお聞きして
我が家にもお迎えしたいと思います。
出合いが有ったら良いですが・・・

太宰治の「皮膚と心」読みましたbook
パソコンで小説を読むのは初めての経験です。
短編だと読みやすいですね。
「ひまつぶし青空文庫」お気に入りに入れました。

こんにちは~。
フロックス、綺麗なピンク色で可愛いですねnote
ミソハギとサルビア・コクネシアと一緒にピンクの花壇が出来るのが楽しみです~heart04

パソコンで小説を読むのは初めてなんですよ。教えてくださってありがとうございますheart02これから読ませてもらいますね~happy01

Reiさん、こんばんは^-^
「皮膚と心」は「女性徒」と共に私の好きな作品でした。
久しぶりに読んで、こんなに短編だったのかしらと
思うくらいサッと読めました。
これからはちょっとした時間がある時、パソコンを
利用して短編小説を読んでみたいと思います。

ryoさん、こんばんは^-^
今まではパソコンで小説を読むなんて、
味気がなくて考えても見ませんでしたが、
実際読んでみると文字が大きくて、読みやすかったです。
新しいページを開く時のような感動はありませんが、
これからは短編小説を中心に時々読んでみようと思います。

すみれさん、こんばんは^-^
このフロックスは品種改良して草丈を短く
したようです。庭に植えると草丈がもう少し
高くなるようなので来年は庭に植えようと思います。
ミソハギは簡単に挿し芽でつくそうです。
お近くならさしあげられるのですが・・・
「皮膚と心」はよく女性心理をとらえていますね。
私もこれからは時間がある時パソコンで小説を読んでみようと思います。

ポエポエさん、こんばんは^-^
フロックスは色々な色があるようですね。
また出会いがあったら他の色も育ててみたいです。
ポエポエさんのように、お庭に多年草をたくさん植えて
次々と咲かせられるようになったら良いな~と思います。、
私もパソコンで小説を読むのは初めてなんですよ。
簡単に読めるものなら、これからもどんどん読んでみようと思います。
パソコンなしでは過ごせない毎日になってしまいました。

ピンクのお花♪かわいいですね!どれもかわいいけど、私の目に留まったのがミソハギ♪
わさわさと茂っていく様子を毎年楽しめるのはいいですね!hiroさんのミソハギは2年目ですか、来年はまだまだわさわさになるのでしょうね。。。
楽しみです!

まつんこさん、おはようございます♪
ミソハギ、たくさん増えて、わさわさと茂って
くれると良いな~と思います。
夏の暑い時意外と長期間咲くので、とてもうれしいお花です。
ミソハギだけでなく、たくさんの多年草を植えて、
素敵なペレニアルガーデンを作るのが私の夢です。

おはようございます
フッロッカスと思ってました
フロックスっていうんですね^^
恥ずかしいーーーーー
でも・このお花華やかで、大好きな、お花の一つ
お庭をあかるくしてくれますよね猛暑で元気がないお花たちですが・・・・この子は特別元気です^^

hiroさん    お早うございます。
風もなく暑い一日の始まりでクーラーずけになりそうです。
フロックス ライトピンク フレーム、素敵な名まえなんですね。
子供の頃に良く見かけたお花です。
鮮やかな花色ですね。
きりもどしで長く楽しめるおはなは良いですね。
ミソハギはUPで見たことがありませんでしたが
一つ一つのお花はとても可愛いですね。
サルビアも花色がいろいろありますが
二色咲きのコーラルピンクはとっても可愛いいheart04

hiroさん、おはようございます。

パソコンで読書。
私も初体験です。
字が大きくて、短編だったのですんなり
読めました。
「皮膚と心」ずいぶん、大人っぽい内容で
高校生で読むのとこの年になって読むのとでは
受け取り方が全然、違うでしょうね。
若い頃に読んでみたかった気がします。

ところで、最近、すっかり早寝、早起きに
なって今日で朝の散歩も4日目ですconfident
ipodで基礎英語を聞きながら歩いています。
いつまで経っても基礎英語です(^-^;

サルビア・コネクシア、淡いピンクが可愛いですね。
ミソハギはあの萩とはちがう仲間なのでしょうか?
野の花のようで素敵ですねnotes


「斜陽」と「走れメロス」くらいしか読んでいなかった太宰作品、今「皮膚と心」を読みました。繊細で正直で、感受性豊かな、おたふく顔の女性がなんと素敵なんだろうと、読み終わって清清しさを感じました。若いときに読んでおきたかった本です。ありがとう。無料(ただ)で読ませてもらいました。

めいめいさん、こんばんは^-^
私もずうっとフロッカスと思っていましたが
このお花についていたタグを見たら
フロックスと書いてありました。
今でも何かの拍子にポンとフロッカスという言葉が出そうです。
フロックスはいろいろな色があるようなので
少しづつそろえたいです。

えつままさん、こんばんは^-^
私も最近はクーラーづけになっています。
夜の睡眠不足が続くので、お昼寝をしすぎて
体の調子がくるっています。
フロックスもミソハギもお盆のころ咲くので、
昔はどこの家にも植えられて仏壇やお墓に供えられて
いましたね。最近はこんな昔から咲いている
お花に魅力を感じるようになりました。
サルビア・コーラルピンクは優しそうな色合いがよいですね。

chisayobaabaさん、こんばんは^-^
皮膚と心は高校生の頃読んだのですが、
すっかり内容を忘れていました。
私は容貌に対してコンプレックスが強かったので、
主人公に共感できるところが多かったのだと思います。

私も昔は基礎英語を聞きながら早朝散歩をしていたのですよ。
今はすっかりサボっていますが、できたらまた再開したいと思います。

萩はマメ科の植物なのでミソハギとは違うようです。
ミソギは水辺が好きなようで、川のほとりに咲いていることもあるそうです。

rosemaryさん、こんばんは^-^
皮膚と心は高校生の時に読んだだけで
すっかり内容は忘れていましたが、なぜ高校生の頃
この本に魅かれたのか、よくわかりました。
おたふく顔の女性が私そのもののように思われたからです。
太宰治は女性の心理描写が実に上手いと思いました。
パソコンには無料で楽しめるサイトが他にも
いろいろあり、私のおもちゃ箱のようになって、
今ではなくてはならないものになってしまいました。
音楽やゲーム、小説もたくさん読めます。
でもあまりパソコン漬けの生活は良くありませんね。
外に出て汗も流さなくてはね…

hiroさん、今日は。
2枚目はサルビア・コネクシアなんですか。
私は先々週公園を散歩する時、見つけました。
その時、花の名前はよく分かりませんでした。
今日、hiroさんに教えてくれて嬉しかったです。

私の日本語はもし何かおかしいところがあったら、是非直していただけませんか。

London Callerさん、こんばんは^-^
公園を散歩している時サルビア・コネクシア
を見つけられたのですね。
群生して咲いていたのでしょうか?
さぞ綺麗だったでしょうね。
 
London Callerさんの日本語ですが、
私がわかる範囲で(完全に英語が理解できているか
どうかわからないので)直せるところがあったら
お知らせしたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508194/48918939

この記事へのトラックバック一覧です: フロックス・ライトピンクフレーム:

« トロピカルな花 | トップページ | 2年目のアセロラ・ルージュイワタ »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ