« 支笏湖~苔の洞門 | トップページ | イチジクがなりました~♪ »

2010年7月 4日 (日)

2年目のオリエンタルリリー・ニンフ

Dsc06128

私の大好きな、香りのよいニンフ(妖精)が咲きました。

「歩く姿はユリの花」と、言われているように、

スラリとしてとても美しい姿です。

Dsc06130

昨年は1本立ちで6つのお花が咲きましたが、

今年は球根が増え2本立ちとなり、

各々8つの蕾が付きました。

Dsc06133

オリエンタルリリーはウイルス病になり易いそうですが、

ニンフだけは例外であってほしいな~・・・

Dsc06112

アルストロメリアが咲きました。ちょっと薄めのピンクです。

切り花にちょうど良い長さ、沢山増えてほしいな~・・・

Dsc05985 Dsc06109

Dsc05986 Dsc06110

今年最後に咲いた八重のガクアジサイです。

ピンク系のお花とブルー系のお花が、1本の木から咲いています。

Dsc06116

紫陽花は七変化   

色を変えて最後は綺麗なブルーになりました。

Dsc05763_2

2週間前頃はこんな色でしたよ。

 

« 支笏湖~苔の洞門 | トップページ | イチジクがなりました~♪ »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

hiroさん
 おはようございます(^^♪
もしかしたら、今朝はコスモスのご紹介でしょうか?
「歩く姿はユリのはな」と言われているのですよconfident
ニンフ(妖精)の言葉も素敵ですね。
それ以上にユリの美しさに魅了されています。
少し俯き加減の花姿に淑やかさも感じられますねlovely
素晴らしい香りが何とかパソコンの前のコスモスに届かないか・・・
2本立ちとなって夫々に8つの蕾が付いた
好かったですね!(^^)!
hiroさんのお手入れの賜物ですね
どうかウイルス病に罹りませんように・・・・
 八重のガクアジサイ可憐ですね
私も大好きです。
1本の木に2色の花がそれもピンク系とブルー系が咲いて好かったhappy01
 紫陽花の七変化もご自宅で育てておられるからこそ
実際に解るのですね

 コメントのお返事はお互いさまで

 

Good morning, Hiro-san,

Wow, amazing lilies!
They're so tall and elegant!
Really like the idiom you mentioned.

Your hydrangeas are so beautiful too!
Aout two weeks ago, I posted some hydrangea photos too.
They were really special because they had two colours on the same plant.
It's hard to explain here, but if you visit the link below, you will understand me. What do you think could caused the colour to change? Soil acidity?
Here's the link:
ttp://1ondoncalling.wordpress.com/2010/06/17/bi-coloured-hydrangea-双色绣球花-bunga-tiga-bulan-dwiwarna-バイカラーな紫陽花/

About the pelicans in the park, I am not sure if it's related to Darwin's "Survival of the fittest". Those pelicans are fed everyday by the park, so they have plenty of food and they don't starve.

But there's another flock of pelicans that live in South Africa has developed the habit of eating cape gannet chicks, instead of fish. That, on the other hand, could be argued as the survival of the fittest. Having said that, I think it's more related to cannibalism. But you know what? Pigeons in London eat KFC chicken too! Ha ha... Really strange world!

こんにちは♪
オリエンタリーリリー・ニンフ、とっても見事に咲いて素敵ですね~shine
八重のガクアジサイは、ピンク系とブルー系のお花が一緒に咲くなんて、嬉しいですねheart02蕾の時から、この子はどちらの色の子かしら~って、楽しめますものねnoteshappy01

ニンフ、かわいいですね~♪私も育ててみたいな~♪
いつもお上手に育てていらっしゃって感心します!!

アジサイの色の変化て、ほんとうつくしいですよね!
ドライにしてもかわいいものがたくさん・・今年はたくさんドライにしてみたいな~。。。

ウワ~good見事にきれいな花が咲きましたね。
妖精のように可愛らしく美しいheart02
ティンカーベルは悪戯好きでしたから、
このニンフとは少しイメージが異なるでしょうか。
我が家のピンク系カサブランカは今朝には21輪咲いています。
白色は相変わらずまだ蕾みの状態です。

Hi London Caller!!!
I learned a lot by your comment.
One is a use of mention.
I have known only the idiom of "Don't mentoin it.どういたしまして" so far.

I used "Survival of the fittest" in a meaning of "弱肉強食" in Japanese.
Your comment was a chance to think about "The Origin of Species" of Darwin.

I read your blog June 17.
The hydrangea of the bi-color was very beautiful.

ポエポエさん、こんにちは^-^
一昨年植えたオリエンタルリリーはカサブランカも
ピンクも病気になってしまいましたが、ニンフだけは
今のところ大丈夫です。
ニンフはオリエンタルリリーとトランペットリリーの
交配種らしいので丈夫なのでしょうね。
大好きな花なので、どんどん増えてほしいです。

ガクアジサイは咲き始めほど色の変化が大きいようですが、
最後はみなピンク系のお花になるようです。
昨年はピンクのみだったので、面白い変化だと思いました。

まつんこさん、こんにちは^-^
ニンフは香り良し、姿良しで、とても素敵ですよ。
まさか球根が増えているとは思わず、とてもうれしかったです。

紫陽花のドライフラワーは、昨年友ブログさん
で、沢山見せていただきました。
皆さんお上手に作っていらっしゃいますね。
私もできたらドライフラワーに挑戦したいです。

Saas-Feeの風さん、こんにちは^-^
風さんのように綺麗なお写真が撮れると、
もっとニンフにも喜んでもらえそうなのですが、
私の写真は工夫が足りなくて・・・

わぁ~ピンク系カサブランカが21輪も咲いたのですか。
素晴らしいでしょうね。
香りもニンフより強いでしょうね。
白色のカサブランカはこれからですね。
楽しみにしています。

オリエンタルリリー・ニンフ、沢山
綺麗に咲きましたね。
我が家も少しだけ咲いています。
大きなお花が見応え有りますね。
花後のお手入れは、如何されているのでしょうか?
球根を掘りあげて管理されるのでしょうか?
私は植えたままでした。
アルストロメリアは良く増えますよ~
八重咲きのガクアジサイ、綺麗ですね。
出会いが有ったら買い求めたいと思います。


風不死岳,ふっぷしだけ.。ありがとうございました。
北海道は独特の地名が多いですね、アイヌ語からきてるのでしょう。

ニンフ、まさに妖精の美しさですね、
ご丹精の賜物でしょう。
手をかければお花は必ず報いてくれると思います。
なのに私にはなかなかできなくて・・・

すみれさん、こんばんは^-^
ユリは花後球根を育てるため、薄い液肥をたまに与えて、
鉢のまま管理し、葉が枯れても掘り上げず、
10月の終わり頃、同じ鉢に腐葉土や肥料を
足して植えなおしていたのですが、
今年は元気の良いものは土を全部変えようと思います。
4年目を迎えるユリもあるので、駄目になって
いる球根もあるかもしれません。

アルストロメリアも地植えしたいのですが、植える場所
がないので、当分鉢植えのままになりそうです。

Reiさん、こんばんは♪
おっしゃるように北海道はアイヌ語にちなんだ言葉が
多いので、読み方も特殊なものが多いですね。
苫小牧の由来も「トマコマナイ」、
「沼の奥にある川」の意味だそうです。

ユリは病気になり易いので、いつの間にか絶えて
しまうものが多いのですが、
今年も元気に咲いてくれて嬉しいです。
本当は地植えにしたいのですが、
庭が狭いのでみな鉢植えにしています。

hiroさん、こんばんは。
hiroさんの所には、素敵なユリがたくさんあるみたいですけど
ニンフは素晴らしくきれいですね。
白い花の中に、赤い花があるように見えますね。
ずっと咲き続けてほしいですね。
アジサイの色の変化は、面白いし
美しいですね。 ^^
↓北海道に行かれてたんですね。
私は冬しか行ったことがないので
夏の北海道にも行きたいな~と思います。
私も旅行中水切れの心配はなかったのですが
湿気でだめになった花が増えていました。 ^^;

tea☆timeさん、こんばんは^-^
ニンフはオリエンタルリリーとトランペットリリーの
交配種のようです。そのためかどうかわかりませんが、
他のオリエンタルのユリより丈夫のような気がします。
白というよりはオフホワイトかアプリコットの花びらに
赤のラインが入っている感じです。
紫陽花は咲き始めはブルー系の色とピンク系の色の
差がはっきりとわかるのですが、咲く進むとみなピンク系
のお花になるみたいです。

我が家も留守にしている間、多肉が蒸れて、いくつか
駄目になっていました。
ベランダに置いてあったのですが、あわてて軒下に移しました。

目が覚めるようなお花たちが咲きましたね。hiroさんの愛情の賜ですね。ひとつひとつのお花に限りない愛おしさを感じられているのでしょうね。うちにはたった1本だけ頂き物の百合が・・・今2つ蕾を。それだけでもワクワクしているのに。なんてhiroさんは・・・すてきね~

ののはなさん、こんばんは^-^
今年は病気になったユリも多くニンフも少し不安
でしたが、元気に咲いてくれました。
香りも良く庭に出ると幸せな気分になります。
ユリは鉢植より木々の緑の中で咲いていた方が映えます。
ののはなさんのお庭に咲くユリはさぞ素敵だろうと思います。
ブログで拝見できる日を楽しみにしています。

紫陽花のコメント

>紫陽花の下の土が酸性とアルカリ性、両方あるのでしょうか?
そうですね。その可能性もあるかもしれませんね。
でも、酸性とアルカリ性があれば、中性になったでしょう?
中性の土で育ったら、一般にクリームの花が咲くでしょうか。
それも面白いですね!

弱肉強食のコメント

ああ、はるほど。
「弱肉強食」の場合は普通に「Kill or be killed」と言います。
「Survival of the fittest」も表現できますが、みんなはすぐダーウィンさんの「進化論」を思い出しますね。ダーウィンさんはとても有名なイギリス人ですから、£10の札の後ろはに彼の肖像も描いてありますね。

先々週、「弱肉強食」のジョークを聞きました。
日本の小学生についての話です。
四字熟語のテスト、ある小学生は「O肉O食」を答えようとしました。
「焼肉定食」を書きました。happy02


hiroさん おはようございます。
ニンフがお見事ですね。
「歩く姿は百合の花」とはいきませんがhappy01

八重のガク紫陽花アップして拝見しました。
特に右下のお花がお気に入りです。

紫陽花は色の変化を楽しめて良いですね。
セカンドハウスで蕾を見つけましたので
もうすぐ咲くことでしょう。

hiroさん    お早うございます。
朝から素敵なお花たちにあえて嬉しいです。
一本に8個の花姿は素晴らしいですね。
香が漂ってきそうです。
球根は毎年掘り返すんでしょうね。

がく紫陽花は大好きです。
我が家の城が崎ににているようにおもいます。
同じ木から咲いたお花とは思えません。
とっても綺麗です。
紫陽花は花色の変化を楽しめて良いですね。
切花で飾っています。

London Callerさん、おはようございます♪
我が家にはこの他にも紫陽花がありますが、
隣同士に植えてあっても紫陽花の色は違います。
それで土の酸性、アルカリ性で花色が決定するのは
おかしいと思い少し前のブログに書いたことがあります。
今日のガクアジサイは咲き進むとすべてピンク系の
色に変わりました。
中性の土で育ったらクリーム色になるという考えは
面白いと思いました。実際クリーム色の紫陽花が
咲いたら大ヒット間違いなしだと思います。

「弱肉強食」の場合は「Kill or be killed」
というのですね。ありがとうございました。

ダーウィンの進化論は高校の生物の授業で少し勉強
しただけで、ほとんど忘れていました。
イギリスでは紙幣に印刷されるほど偉人なのですね。
日本の今西錦司という生物学者は「棲み分け」と
いう形で進化論を唱えています。ダーウィンと比較して読むのも面白そうです。

小学生にとっては弱肉強食よりも焼肉定食の方が
身近に感じられるのでしょうね。
私も初めて聞いたときは笑ってしまいました。

oasisuさん、おはようございます♪
私もずんぐりむっくりで「歩く姿は百合の花」とは
ほど遠いのですよ。
自分にないものに憧れるのでしょうか。ユリは大好きです。

ガクアジサイは咲き進むとほとんどピンク系に変わりました。
咲き始めのブルーはとても好きだったのですよ~
 
oasisuさんの方ではこれからが紫陽花の咲く季節なのですね。
咲いたらブログで見せて下さいね。楽しみにしています。

えつままさん、おはようございます♪
球根は植えたままです。
10月の終わりころ、鉢はそのままですが肥料や
腐葉土を足して球根を植替えます。
でも最近ユリは連作を嫌うと何かで読んだので、
鉢の土はすべて新しいものにしようと考えています。

この紫陽花は昨年買ったのですが、名前が付いていませんでした。
城が崎、検索して調べてみました。確かに似ていますね。
城が崎と命名しちゃおうかな~・・・
私もたくさん咲いている紫陽花は切り花にしていますhappy01

こんにちは!
ニンフって本当に「歩く姿は百合の花」のごとく
すらりとスマートですね。

八重のガクアジサイも本当にきれいです。

紫陽花は少しずつ色を変えているようですね。

猫のことで何だか気持ちが落ち着かない日々となっておりますが
hiroさんのブログで、心がなごみました。

ryoさん、こんばんは^-^
ユリはスラリとしてとても美人さんです。
私もあやかりたいですが、こればかりは・・・
 
紫陽花は色の変化が楽しみですが、
江戸時代は挿し木で簡単に増やせるという理由で
園芸店で嫌われ、その色の変化が「節操がない」と、
武士にも嫌われていたそうです。

そんなそ紫陽花の季節ともそろそろお別れです。

ネコちゃん、早く里親さんが見つかると良いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508194/48790798

この記事へのトラックバック一覧です: 2年目のオリエンタルリリー・ニンフ:

« 支笏湖~苔の洞門 | トップページ | イチジクがなりました~♪ »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ