« スカシユリの記録 | トップページ | 父の日 »

2010年6月19日 (土)

オリエンタルリリー・ミュゼットピンク

一昨年の秋、小型のオリエンタルリリー2種を求めた。

オリエンタルリリーは香りも良く、花姿が美しいので大好きなのだが、

大型のものが多いので、新しく植えるのは躊躇していた。

しかしタイミング良く、通販のカタログで、小型のユリを

見つけることが出来たので、注文した。

Dsc05581_3

                                 (2010.6.6撮影)

ユリはミュゼット・カサブランカとミュゼット・ッピンクという名前だった。

期待に胸を膨らませて、初めての開花を待った。

Dsc05786_2
                                (2010.6.12撮影)

昨年の5月、最初に咲いたのがミュゼットピンクだった。

花の咲く時期も、形も、5年前ごろから育てている、

オリエンタルリリーととてもよく似ていた。

Dsc05861  
                                (2010.6.16撮影)

そのオリエンタルリリーは昨年、突然変異を起こし八重の花が咲いた。

しかし、突然変異と思っていたのは病気だったようだ。

5年間咲いてたオリエンタルリリーは今年は芽も出なかった。

Dsc05863  
                                (2010.6.16撮影)

そして今、2年目の開花を迎えたミュゼット・ピンクも、

昨年のオリエンタルリリーと同じような八重の花をたくさん咲かせている。

Dsc05867  
                                (2010.6.16撮影)

昨年からウイルス病には気がついていたが、球根も高いし

初めての開花だったので全部処分できずにいた。

今年こそはお花が終わったら処分しよう。

因みに、ミュゼット・カサブランカは芽も出なかった。

オリエンタルリリーはこの他にカサブランカ(庭植え)、

ディープインパクト(鉢植え)、ニンフ(鉢植え)があるがニンフを除き

みなウィルス病の症状が、葉に出ている。

オリエンタルリリーは切り花を買って楽しんだ方が良さそうだ。

« スカシユリの記録 | トップページ | 父の日 »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

 hiroさん、おはようございます~♪
期待に胸を膨らませて開花を待たれたミュゼットピンク爽やかでとても綺麗ですね。
八重の花が豪華ですhappy01
hiroさんの思いが伝わったのでしょうか?
 オリエンタルリリーを改めて拝見しました。
本当ですね。形がよく似ています。
突然変異を起こしたは病気だったのですか?
 お花を育てるのは経験の積み重ねも大きいのですね。
お花にもウイルス病が有るのですね
私も幾ら切り戻しても、殺虫剤をまいても、かけても
一向に良くならない花が有ります、
処分した方が好いのかも知れませんね。

拙いコメントでごめんなさい。

 hiroさん、実は私の友達がhiroさんのブログのファンです。
「お気に入り」に入れて毎回拝見しています。
そして、お花の成長記録を参考にしています。
もし、差支えなかったら今までのも幾つかコピーさせて欲しいと言っていますが・・・。


hiroさん    おはようございます。
今朝も雨です。
見事なゆりのお花に素敵な朝になりました。
たくさんのお花をつけて素晴らしいです。
お世話が良いんですね。
八重のゆりははじめてみました。
ウイルスなんですか?知りませんでした。
いろいろ病気があるんですね。

ゆりのお庭は綺麗でしょうね。
育ててみたくなりました。

この梅雨空のなか、こんなにカラフルにたくさんのユリが咲いていると、明るい気持ちになりますね。
さてさて、オリエンタルリリーとスカシユリとはどう違うのでしょう?
カサブランカしか育てたことがないので、今年白い花の球根を植えてみましたが、名前を忘れました。
せっかくおおきくなっていたのに、みどりに倒されて折れてしまい、そのあと数本細い花茎がでてきて、蕾もついています。
きっと小さい花が咲くのでしょう。
地植えで、たくさん育ててみたいのですが、毎年掘りあげたほうがいいでしょうか?

hiroさん、おはようございます。

ウィルスのせいで一重の花が八重になるなんて
そんなことがあるのですね。
せっかくhiroさんのところに来てくれたのに
残念ですね。
それにしても見事に豪華に数え切れないほど
のお花が咲いていますね。
なんだか悲しくなります。

こんにちは、
今日は、一段と、華やかな豪華な百合ですね
さぞかし、香りも良い香りなんでしょうね
やはり、八重は見ごたえもあります
育てたいといつも、思ってますが、お庭には球根を
食べる敵がいるので、諦めてます
。。。。。今携帯にコメントの通知が、、hiroさんから
のコメントでした、偶然で、思わずにやり^^

さて、今から、面接、やはり、仕事する事にしました
この歳で??かなとも思いましたが家で十分ゆっくり
出来ましたし、自分のこずかいもほしいし
、、、、と言ってもフルタイムでなく、一日4
時間のパートです、何よりかいぼんにも、何か
買って挙げたいし、、、、では、行ってきます(o^-^o)

ミュゼット・ピンクの八重が見事に咲いていますのに
それが突然変異とは、しかもウィルスに侵されたためとは・・・。
きれいに咲いていたのに、処分せざるを得ないことは
どんなに悔しく、悲しいことでしょう。
口蹄疫と同様に他に蔓延させないためにはそれも必要な処置なのでしょうね。
残念ですね。

オリエンタルリリー、素敵ですね~♪
勝手なイメージなんですが、
ほんのり頬染めながら、見つめられてるようです。
その花姿、気高さを感じます。
期待に胸ふくらませたhiroさん、わかる気がします。
花の管理って難しいですね~。

んん?ディープインパクト。
数年前に観た映画を^^。

こんにちは♪
ジメジメ梅雨であっつい東京です^^;

やはり”ユリ”は華やかですねぇ~
八重でステキ!!でも病気なんですか?!
薄ピンクのミュゼットピンクも?!
この頃、”趣味の園芸”を見てるんですが、色々と
育てるのは大変なんですねぇ~
愛情がないと出来ないですね♪
でも、こんなに美しく咲いているのに処分なんて
寂しいでしょうね~weep

オリエンタルリリー・ミュゼットピンクは
可愛いお花ですね。
香りも素敵なのでしょうね。
一球で沢山のお花が咲いていますね。
私には経験が無く、やはり上手にお育てなのだと
感心して拝見しています。
一重が八重に成るのは、ウイルス病なのですね。
処分しなければいけないとは残念ですね。
私は昨年の鉢植えをそのままで育てていますが、
蕾も小さくてお花が咲いてくれるのか?です。

見事にきれいな花が咲いていますが
ウイルスがついているのですか?

処分されるのですね〜
最近の私の狭いベランダにも、何だか、病気になる花が
多いのです。咲いているけど生気がありません〜
処分しないと、別の花がやられますよね〜

百合は丈夫に見えますが、やるせないですね..

オリエンタル系にも小型種があるんですね!
オリエンタル系は、大大大好きなんです!!

オリエンタル系も5年ですか!
特にオリエンタル系は次の年の開花は難しくなかったですか?
毎年掘り上げなくてはいけないと
オリエンタルリリー農家の方がおっしゃっていました。

私も掘り上げていた2年くらいはお花を咲かせていましたが
ほっておいた3年目
お花も小さくなり、そのままなくなってしまいました。


ピンクのカサブランカも可愛くて綺麗ですね~
それに豪華!
hiroさんのお庭はユリの香りでいっぱいなんでしょうね~

コスモスさん、こんばんは^-^
今日は息子家族が遊びに来て夜は外でお食事を
しました。その後TVでサッカーを応援して、お返事を
するのが、こんなに遅くなってしまいました。
サッカーは、残念ながら1-0でオランダに負けました。

専門家ではないのではっきりしたことは言えませんが、
突然変異を起こしたのは病気だと思います。
葉も汚くなりウィルス病の症状が出ています。
ウィルス病はどんな薬もきかないそうです。
他にうつさないためにも、捨てるよりほかないようですが、
それを植えてあった土の処分に困っています。

コスモスさんのお友達が拙ブログを見て下さって
いるのですね。ありがたいですね。
もしお役に立つようならコピーしてくださるよう
おっしゃってくださいネ。よろしくお願いいたします。

病気とは思えないくらい立派に育っていますね♪管理が行き届いていて感心します!
ユリ、私もいくつか育ててみたいのですが、なかなか勇気と時間がありません。。。

えつままさん、おはようございます♪
昨年八重のユリを見たときは、綺麗だったので
喜びましたが、まさか病気だとは思いませんでした。
最初は普通の花が咲くのですが、咲き進むに従い、
八重の花が出てくるのも同じ症状でした。
ユリは「歩く姿はユリの花』と言われるぐらいなので、
庭に植えたら、とてもよく目立つと思います。
ただ連作を嫌うようなので、2~3年に一度は
場所を変えて植えかえないと駄目のようです。

ネモフィラブルーさん、おはようございます♪
オリエンタルリリーとスカシユリは品種名の違いですが、
オリエンタルの方が花、草丈ともに大きく良い香りが
します。一番有名なのがカサブランカだと思います。
私が買ったのは改良種で50㎝ぐらいの丈になるような
ものでしたが。2年目の今年は、1メートル以上になっていました。
今年は通販で売られていないようなので、
評判がよくなかったのかもしれません。
色は白、ピンク 赤系が多いと思いますが、近所では
黄色(クリーム色に近い)のオリエンタルリリーを
上手に育てている方がいます。
私も昨年HCで黄色のオリエンタル(鉢植え)を買いましが、
今年は芽も出ませんでした。

スカシユリはアジア産のユリを親として作られたユリで、
お花の形が花びらが重ならず、隙間があるのが特徴です。
香りもなく、オリエンタルに比べると小ぶりなものが
多いです。(大きいのもあります。)
花色もオリエンタルに比べ多く、球根のお値段も
オリエンタルに比べお安いです。
ウィルスにもオリエンタルに比べかかりにくいと
聞きましたが、我が家のは3回目の開花で
半分くらい病気になっています。

山などに自然に生えているものを除き、
連作をすると病菌の蓄積で徐々に衰退し枯れてしまうと
ネットで読んだことがあります。
ユリ好きのネットフレンドさんは毎年掘り上げて
いらっしゃいます。
鉢植の場合は2~3年で植え替えたほうがよいと
聞きました。(スカシユリの場合)
庭のカサブランカは2年目ですが、葉に筋が出ているので
ウィルス病ではないかと思います。来年は多分咲かないでしょう。

chisayobaabaさん、おはようございます♪
多年草と言われているお花でも、何年も植えていると
自然に絶えるので、お花にも寿命があるのでしょうね。
ほとんどのユリはもともと病原菌を持っているそうです。
栽培環境がよければ症状が出ないだけだとネットで
読んだことがあります。
人間も抵抗力があれば発病しないと言われているので同じですね。
お花が咲かなくなるのは残念ですが、仕方ないかと思います。

めいめいさん、おはようございます♪
携帯にコメントの通知が入るのですか。
私も携帯は使っていますが、そんなことができるなんて
知りませんでした。
この八重は綺麗ですが、病気ですので残念ですが、
来年は咲かないのではないかと思います。
めいめいさんのところでは、球根を食べる動物
がいるのですね。困ったものですね。
 
お仕事なさるのですね。
一日4時間なら無理なく勤められてよいですね。
頑張ってくださいね。

Saas-Feeの風さん、おはようございます♪
すでにウィルスが蔓延しているかもしれませんが、
お花が終わったら、このユリは処分しようと思います。
昨年すでに少し症状が出ていたのですが、処分できずにいました。
綺麗なお花を見ると忍びないですが仕方ないですね。

shizuoさん、おはようございます♪
もともとユリはウィルスを持っているものが
多いらしいです。私は球根を植えたときに多肥にも
影響があったように思うのですが、過ぎたるは及ばざるがごとしです。

ディープインパクト、
そういえばそんな映画もありましたね。
そんな日がきては困りますね。

みちこさん、おはようございます♪
昨年3つの球根を植え、一つは病気ですぐに
処分しましたが、他のものは処分できずにいました。
秋に球根を消毒して植えかえれば少しは症状が
おさまったかもしれませんが、そのままにしていました。
今年は1本が八重咲きが多くなり、あと1本は
写真に写していませんが、きれいには咲いていません。
お花が終わったらすぐに処分したいと思います。

すみれさん、おはようございます♪
一見綺麗に咲いているようですが葉は、黄色い斑点が
できていて病気だとすぐにわかります。
処分するのは忍びないですが、病気では仕方ないです。
お花が小さくても、病気でなければ、来年も咲いて
くれるかもしれませんね。今年は丈夫なものだけを
秋になったら地植えして、それで自然消滅したら諦めます。

ryoさん、おはようございます♪
昨年のオリエンタルリリーと同じ症状が出たので、
多分病気だと思います。
昨年は葉が今年のようにきたなくなかったので、
病気とは思わず、突然変異だと思っていました。
まだ綺麗に咲いているのでお花が終わったら、
処分しようと思います。アブラムシを媒介に他の
ユリに病気がうつるそうです。

laverodogさん、おはようございます♪
オリエンタルを小型にしたものは、何年か前サカタで
品種改良して売り出されましたが、今年のカタログでは
扱っていませんでした。
きっと評判が悪かったのでしょうね。
大型のカサブランカなどは香りも良いし存在感がありますよね。
laverodogさんのように広いお庭ならぜひ植えてみたいところです。

laverodogさんはちゃんと掘り上げていたのですね。
たいていの方は庭植えだとそのままで,自然消滅
ということが多いようですね。
私は残ったスカシユリだけでも地植えにしようと思います。
それで絶えたらもう十分楽しんだということで諦めます。

まつんこさん、おはようございます♪
一見綺麗なのですが、葉を見ると黄色っぽいしみが多く
病気に間違いないです。
このままにしてもたぶん来年は咲かないと思うので、
処分しようと思います。
ただ鉢の土をどう扱ってよいのかわからず困っています。
土には病原菌がいるので捨てるわけにはいきませんよね。
とりあえず鉢に入れたままにして庭の隅に置きますが、
鉢が大きいので邪魔になりそうです。

hiroさん
 ありがとうございます♪
やはり私も病気では無いか?と
土の処分ですね
どうすればよいのか
私の場合はマンションですから特に困りますね。

それから友人にコピーのお許しが出たと
申しておきます。
もしかしたら、hiroさんのコメントを読んで喜んているかも知れませんね
既にコピーしていたりして・・・(^_-)-☆
 友達は元同僚なのですが
「千代ちゃんに似ていないか?」
と言ったら、「似ている(^^♪」
不思議でしょ
お会いしていないのにブログを通してイメージが出来るのですね
 お返事は結構です。

hiroさん こんばんは。
目の覚めるような立派な百合に感動しています。
何を育てられても凄いですね。
八重の百合は豪華です。

百合にウイルス病があるとは知りませんでした。
知識豊富なhiroさんから教えられとても勉強になります。
今日は夏のような暑さでしたね、でもセカンドハウスは涼しく居心地が良かったですよ。
衣類の整理に行ったにもかかわらず 処分できず帰ってきました。
物のない時代を経験していると決断がつかず
困っています。
もしも と考えるから捨てられないのです。
でも元気なうちに自分でしなければと思います。

oasisuさん、おはようございます♪
私も整理しなければいけないものが山のように
あるのですが、なかなか処分できません。
古いスーツなどは二度と着ることはないとわかって
いても傷んでいないのでもったいなくて・・・
色々なものを処分すればすっきりした生活ができると
わかっているのにね。
体がよく動くうちに決断しないといけませんね。

hiroさん
 ごめんなさい。
メールの画面で書いてさて、貼り付けで
閉じておられるのに気付きました。
「つれづれ日記」は平安人さんの記事で
牛若丸の鞍馬山です。
ご覧戴ければ嬉しいです(●^o^●)
 
hiroさん、おはようございます~♪
まず最小に友達から「コピーさせて戴きました。
ありがとうございます。
これからも宜しくお願いします」の伝言です。
 昨日は”父の日”だったのですね。
父は35年前に亡くなって、
それ以来無縁になっています。
”父の日”は”母の日”に比べて影が薄いと言われていますが、
hiroさんの娘さんも息子さんも優しくて親孝行ですね。
ご主人の嬉しそうなお顔が目に浮かぶようです。
hiroさんからもプレゼントされたのですね
ええ奥さまですね(^_-)-☆
 インパチェンスは丈夫で日差しも好まなくて
”隙間に咲く花”ですね(^^♪
 ハイビスカス、本当!浅丘ルリ子さんを思い出しました。
夏の花ですね
綺麗ですよ~♪
 今朝もたくさんのお花を拝見していますが、
初登場のソバナ、カラー、千鳥草
特にソバナの雰囲気が爽やかで優しくてええですね(●^o^●)
 私の病気のお花達、思い切って処分しました。
さて、土をどうしょうか??
とりあえず真夏の太陽の光で消毒してから
石灰が有れば混ぜれば??

追記です
 ↑のコメントのお返事は結構です

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508194/48646471

この記事へのトラックバック一覧です: オリエンタルリリー・ミュゼットピンク:

« スカシユリの記録 | トップページ | 父の日 »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ