« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

ニゲラ

二ゲラの花が咲きました。

種を蒔いたのは昨年の10月23日。

種はネットフレンドのムムムさんから頂きました。

ニゲラは光を嫌うそうなので、蒔くときはしっかり土をかけました。

Dsc01787_3 

11月14日、やっと発芽しました。

植替えを嫌うそうなので、早めに(11月26日)定植。

定植した時は本葉が出かかっている状態で、ほとんど双葉のままでした。

冬の間、少しずつ成長し、4月になると5㎝ぐらいの苗になっていました。

Dsc05302_2

5月になると成長も著しくなりました。

糸状のやわらかな葉っぱを眺めながら、いまかいまかと、

お花が咲くのを待っていましたが、5月23日、ついに一番花が咲きました。

一番花はプランターに植えたものでした。

Dsc05355

3日遅れて5月26日、庭植えの二ゲラも咲き始めました。

二ゲラが渡来したのは江戸時代。

花びらに見える部分は「ガク」が色ずいたものだそうです。

Dsc05435

ふわっとした優しい姿に心なごみます。

ブルーのほかにも白やピンクのお花を咲かせ、

種が黒いことからクロタネソウとも呼ばれているそうです。

Dsc05488

一つ一つのお花の開花期間は短く、一番花はもう実になっています。

ドライフラワーやアレンジと、これからも楽しめそうです。

花ことば:ひそやかな喜び、当惑、不屈の精神

ムムムさん、ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いま我が家にはニゲラの他にもいくつかの

ブルー系のお花が咲いています。

Dsc05363

カンパニュラ・アルペンブルー

だいぶ前にこれより一回り小さな鉢植えを購入。

いまでは3鉢に増えました。

Dsc05349 Dsc05424

カンパニュラ

ポット苗を買って育てましたが、強風で倒れ側芽からの

お花が折れてしまいました。折れたお花は花瓶に挿して楽しみました。

Dsc05393 Dsc05419

メドーセージ

10年前ごろ近所のお友達から頂きました。

最初は鉢植えで楽しみ、数年前からは庭に植えています。

ベロニカ・パープルエンペラー

数日前にHCで380円で購入しました。

しかし昨日coopで同じものが150円で売られていました。

ちょっとショックです。

Dsc05452

3年目のブルースター

Dsc05456

2年目、冬越ししたエキザカム

2010年5月29日 (土)

自彊術(じきょうじゅつ)

自彊術(じきょうじゅつ)=自分で自分の体を整える術が

老化防止や健康維持のために良いと、

何年か前にテレビで放送されたことがあった。

テレビを1回見ただけでは、覚えられないので

本を買ってみようと、本屋さんに行ったが、本はなかった。

まだパソコンを始めて、間もない頃だったので、ネットでのショッピングは

不安だったが、勇気?を持って取り寄せた。

Dsc05388

自彊術(じきょうじゅつ)とは大正時代に日本人によって作られた

日本人のための健康体操なのだそうだ。

わずか15分でOK!と書かれていたが、本を見ながらの体操は

ゆうに1時間は超えた。

結局、自彊術(じきょうじゅつ)は長く続かなかった。

ひさしぶりにウオーキングを始めたが、以前に比べふくらはぎが

はっているように感じた。老化で筋肉が固まってきたのだろう。

朝起きると自然にふくらはぎをマッサージするようになった。

そんなときふと思い出したのが自彊術。やってみようかな~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Photo

寄せ植えの多肉植物の花が咲きました。

多肉の名前がわからないのが残念です。

小さなお花ですが、よく見ると可愛いでしょう。

Panelimg_3

またオダマキの花(大きな写真・2種)が咲きました。

マッカナジャイアントという名前だったので、赤系の大きなオダマキと

思いましたが、ブルー系の素敵なオダマキが咲いてくれました。

Dsc05281

オレガナム・ロタンダフォーリア

オレガノ・ケントビューティーより小さめでケントビューティーの

親と言われているそうです。白っぽい緑のガクの中に小さなピンクの

可愛い花が咲きます。鉢植2年目。少し葉が少なくなりました。

Dsc05188

ゴテチア

3年前に買った種の残りを蒔きましたが、ちゃんと咲いてくれました。

植物の子孫を残そうとする力は、すごいですね。

Dsc05099

桃色タンポポの綿毛

タンポポの綿毛に少し似ているでしょう。お花の名前に納得ですね。

2010年5月27日 (木)

hiro流ゼラニウムの育て方

Dsc05354_2

私が結婚後、初めて買ったゼラニウムです。

勿論その時の株ではありません。

挿し芽をしながら、株を更新してきました。

娘が生まれたころですので、37年近くたちます。

その間、多くの方に里子に出しました。

一時はプランターに6つも植えたことがありましたが、

現在は2つのプランターだけとなりました。

毎年のようにコガネムシの幼虫に根を食べられ、

枯れる寸前にまでなりますが、

そのたびに虫を取り除き、植えかえてきました。

花付きは他のゼラニウムに比べ良くありませんが、

愛しいゼラニウムです。

Dsc05253

        バイオレットスター(1年目・2月購入)

budゼラニウムbud

フウロソウ科(ペラルゴニウム属、ゼラニウム属)

半耐寒性多年草(0度以上)

学名:Pelargonium spp.

英名:Geranium, garden geranium, zonal geranium

和名:アオイ(葵)、テンジクアオイ(天竺葵)

原産地:南アフリカ

Dsc05254

     アメリカーナ・ライトピンクスプラッシュ(4年目)

ゼラニウムは夏の暑さと寒さが少し苦手です。

長雨に当たると花枯れ病にもなります。

我が家ではプランター植えなど、一部は外に置いてありますが、

ほとんどのものが、年間を通して軒下に置いてあります。

Dsc05225

冬は葉が黄ばみますが、少しですがお花も咲いています。

3月頃に思いきって切り戻すと、新しい芽がでて美しい

姿になるのですが、蕾を見てしまうと切れません。

お花が一段落したら整えてやりたいと思います。

切り戻した枝は挿し芽にすればすぐに根付きますが

梅雨のころから真夏にかけては難しいです。

春か10月以降が良いと思います。

Dsc05257

      アメリカーナ・ホワイトスプラッシュ(4年目)

水やりは年間を通して土の表面が乾いたらたっぷり与えます。

肥料は3月と9月に暖効性の化成肥料を与え、その間にも

液体肥料を適宜与えています。

植え替えは根が張りやすいので、毎年した方が良いそうですが、

我が家は古いものは5年以上植え替えていないものもありますcoldsweats01

Dsc05216

随分増やしたでしょう!

20年ぐらいたっているかも知れません。

もちろん、こちらに移り住んで30年の間には、

たくさんのゼラニウムを駄目にしました。

ゼラニウムの中には挿し芽では育てられない

実生系(種まきで育てる)のものがあります。

最初は何も知らず、何でも挿し芽にしていましたが、

自然と実生系のゼラニウムは減り、

栄養系のゼラニウムだけが残りました。

Panelimg

            現在咲いているゼラニウム

花ことば:愛情

イスラム教創始者マホメットが洗濯物を乾かすために

ラベンダー・マロウという木にかけて干し、洗濯物が乾くと、

木はゼラニウムに変化していたそうです。

このことから、ゼラニウムはマホメットの徳をたたえて

アラーの神がこの世に生み出した花だといわれているそうです。

しかしイギリスでは「偽り」フランスでは「尊敬・信頼」

お国により花ことばも色々です。

2010年5月25日 (火)

2年目のジキタリス

ジキタリスが初めて年を越しました。昨年は1本立ちでしたが、

今年は株が大きくなり、4本立ち(1本はまだ蕾)となりました。

ジキタリスが多年草であったことを、改めて感じました。

Dsc05226_3 Dsc05238_3

ピンクのジキタリスは3年前に植えたジキタリスの

コボレダネから咲きました。

このほかにも、まだコボレダネからの小さな苗が、

庭のあちこちから出ています。来年が楽しみです。

花ことば:熱愛

Dsc05243_2 Panelimg_2

数日前に咲き始めたばかりのニオイバンマツリですが

2~3日で満開になりました。花の色が紫から薄紫、白へと変化し、

花色のグラデーションが素敵です。ジャスミンに似たよい香りがします。

Dsc05224

鉢植えのニオイバンマツリも少し遅れて咲き始めました。

鉢植えを買って10年ぐらいたちますが、植え替えたのは一度だけ、

こんなずぼらなガーデナーですが、お花はよく咲いてくれます。

花ことば:浮気な人 熱心

Dsc05222_2 Dsc05219

ヘリオトロープ

甘いバニラのような香りのするハーブです。

ヨーロッパでは、香水の原料として、栽培されている事から

香水草とも呼ばれているそうです。

紫色の小さな花が、茎の先でまとまって咲き、とても綺麗です。

花ことば:献身的な愛

Dsc05061_3

アゲラタム

この時期になると毎年花壇に植えています。

大株に育ち、霜が降りる前まで、長い間咲き続けてくれます。

病虫害もあまりなく、丈夫で育てやすい花です。

花ことば:信頼 安楽

Dsc05074

矢車草

エジプトでツタンカーメンの棺が発掘されたとき、

埋葬品と一緒に発見された花だそうです。

それほど昔から親しまれてきた花ですが、最近は育てる方が

少なくなったように感じます。

100均で買った種を蒔き、5本の苗が育ちました。

花色はブルーと紫の2色、大きな鉢にまとめて植えています。

(この後、白も咲きました)

花ことば:繊細

Dsc05010 Dsc04926

ヒメウツギ

4月末、花が終わった処分品の小さな鉢植えを、

100円で求めました。咲き忘れた花が思い出したように

咲いてくれました。純白の可愛い小花が素敵ですね。

花ことば:秘密

Dsc05278

2010年5月23日 (日)

朝の散歩

朝の散歩を再開するようになりました。

以前はこの時間を利用して、英会話の勉強をして

いましたが、機材の調子が悪くなってからはできなくなり

散歩からは次第に遠ざかってしまいました。

散歩の途中よく出会った方で、今でも続けられている方は

数人しかいませんでした。どんなことでも継続するって難しいですね。

Dsc05120

大好きな公園

このユリノキの並木の先が、私の一番好きな散歩コースです。

朝6時ごろとだというのにこの明るさ。日が長くなりました

Dsc05122

木々の間から差し込む朝日の美しいこと!

Dsc05125

木の根元には緑カエルが・・・

カエルも小さいと可愛いですね。

Dsc05133_2

               プリンセスアイコ

併設されているバラ園ではバラが見ごろを迎えていました。

Dsc05146_2

夫が借りている菜園にも寄ってみました。

小粒ですがとても美味しいジャムになります。

最盛期は終わりましたが、まだ収穫できます。

Dsc05134

コンフリーの花 

コンフリーは前に菜園を借りていた方が植えられたようです。

この葉を蓋のあるバケツに入れ水を加えると、

2カ月後には液肥として使えるそうです。

Dsc05115

ジャガイモの花

Dsc05142

大豊作のスナップエンドウ。甘くてとても美味しいです。

Dsc05147_2

一時間余りの散歩は終わりました。

サラバンドが朝日を受けて、光り輝いていました。

2010年5月21日 (金)

イチゴジャムとオダマキ

恒例のイチゴジャム作りをしました。

材料は菜園で採れたイチゴ・2キロと砂糖・1キロ

今回はレモンを使わずクエン酸・小さじ2を水で

溶いたものを入れました。

夫は粒粒のジャムが好きなのですが、

私はパンに塗る時、粒がない方が塗りやすいので、

マッシャーを使って粒を潰しました。

まだ何回かできそうなので、粒粒ジャムも作ってみようと思います。

Dsc05199

昨年は市販のジャムを一度も買いませんでした。

庭で収穫できる、枇杷やイチジクでもジャムを作り冷凍しておきました。

頂き物のブルーベリージャムが3缶ありましたが、

最後の1缶を今使っています。無添加、無農薬の自家製のジャムは

安心していただけ、しかも美味しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2年前に蒔いた西洋オダマキ・マッカナジャイアントの花が咲きました。

昨年はお花が咲かず、捨ててしまおうかとも思いましたが、

この春、密集した株をプランターに植えかえました。

Panelimg 

花径7~8センチはありそうな大きな花が、オダマキにしては

やや上向きに咲いています。花弁とガクのコントラスも素敵です。

現在はこの5種類だけですが、まだ蕾のものもあるので

どんなお花が咲くのか楽しみです。

Dsc05021  

光岳(テカリダケ)キリンソウ

どう見ても葉に紅葉のあとがあり、昨年の売れ残りのような株

でしたが、葉が多肉のようなので、先月連れて帰りました。

名前がわからなかったので、ネットで問い合わせたところ

光岳(テカリダケ)キリンソウとわかりました。

やはり多肉植物で、長野県と静岡県の境にある光岳が原産の

ベンケイソウ科マンネングサ属(セダム属)の植物でした。

キリンソウより小型でキリンソウの地域変異種とのことです。

2010年5月19日 (水)

ブルーガーデンに憧れて

Dsc05149

デルフィニュウムが咲きました。

暑くなると

こんな爽やかなブルーの花に

癒されますね。

Dsc05092

一度でいいから

ブルーガーデンを作って

みたいと思っていました。

心安らぐブルーの庭を・・・

Photo_2

上段左より

ベルフラワー(オトメギキョウ) クレマチス 夏ミカンの花

ニオイバンバツリ キャットミント イソトマ

アネモネ・シルベストりス ブルーデージー セラスチウム

2010年5月17日 (月)

ヒューケラの花

昨年の夏から、7種類のヒューケラを寄せ植えで育てていますが

5種類のヒューケラに花が咲きました。

普段は葉っぱが主役のヒューケラですが、今の時期はお花が主役。

どの花も小さくて可愛いです。

Dsc04699

4月ごろまではビオラの横に、初恋草・キャンディリップが

植えてありましたが、冬越しした青紫のエキザカムにかえました。

お花が咲くころは、ビオラを他の花に植え替えることになりそうです。

ノースボールはコボレダネからのものです。

Dsc04812

ヒューケラ・ストロベリースワールの花。

とても元気なヒューケラで、株分けして3ヶ所に植えています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dsc04821_2 

手前に見えるのがドーンバレータイム。

秋に紫色の花が咲くはずでしたが、咲きませんでした。

葉はレモンの香りがします。

現在は真中のギボウシが大きくなってタイムが日陰になって

きました。他の鉢に移してやろうと思います。

Dsc04801

左はヒューケラ・ストップライトの花

Dsc05023

右がヒューケラ・オブシディアンの花

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dsc04672_2 

こちらは三週間前にアップした寄せ植えです。

その時はティアレア・ピンクスカイロケット↓が満開でした。

隣のシナバーシルバーの花が咲きましたので再度登場です。

Dsc04213

後列・左 ティアレア・ピンクスカイロケット

Dsc04635

後列・右 ヒューケラ・シナバーシルバー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dsc01899_2 Dsc04002_2

2009/11/23 撮影              2010/4/8 撮影

植えた当初は小さかったストロベリースワール(手前)でしたが

いつの間にか大きくなり、

ビーチフランバが見えなくなりました。

Dsc04315_2

2010/4/26 撮影

すっかりビーチフランバのことは忘れていましたが、ヒューケラの少ない

ことに気づき、探してみると、他の植物の陰で、ひっそりと生きていました

Dsc04320_3

ヒューケラ・ビーチフランバ

居心地が悪かったのでしょうね。これではお花が咲けないわけです。

寄せ植えから個別に植えなおしました。元気になって欲しいです。

残念なことにヒューケラ・ライムリッキーは、夏を越せませんでした。

2010年5月15日 (土)

庭の花

たいへん、たいへんcoldsweats02 畑のお友達から頂いたシラー・ベルビアナが

ブログにアップできないうちに、お花が終わってしまいました。

今は次から次へとお花が咲くので、お花の説明をする余裕もありません。

Dsc04702

(2010/5/5撮影)

咲いたのは一輪でしたが、青紫の星をちりばめたようなお花が

とても綺麗でした。

ユリ科:シラー属の球根植物 

地下茎部分が有毒であるそうです。

Dsc04568 Dsc04683

(㊧・オーニソガラム・ダビウム )(㊨オーニソガラム)

少し似た咲き方をするオーニソガラムです。

こちらはゆっくりと咲き進みます。

草丈が長いので、切り花に向きのようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お花の写真がたまっています。

今日はピンク・紫特集です

Dsc04552 Dsc04586

シラン:地植え・10年以上

桃色タンポポ:鉢植え・昨秋種まき             

Dsc04539_2 Dsc04538_4

マーガレット:挿し芽・鉢植え・2年目

マーガレット:鉢植え・2年目

Dsc04585 Dsc05060

四季咲きナデシコ:地植え・3年目

ボンザマーガレット:挿し芽・鉢植え・2年目

Dsc04784 Dsc04794

シレネ・ピンククラウド:プランター植え(4鉢・他に地植え)

シレネ・ペンデュラ:プランター植え(4鉢)

Dsc04646 Dsc04721

ジャーマンアイリス:地植え・10年くらい お花は終わりました。

ガウラ:鉢植え・昨年秋より

Dsc04216 Dsc04757 

リビングストンデージー::鉢植え・新入りさん・(秋蒔き一年草)

パンジーゼラニウム::鉢植え・新入りさん・(多年草)

Dsc04690 Dsc04984

リクニス・フロスククリ:鉢植え・新入りさん(宿根草)

アグロステンマ:鉢植え・新入りさん(秋蒔き一年草)

Dsc04843 Dsc05076

ゲラニウム・カンタブリギエンセ・ビオコボ鉢植え・新入りさん(宿根草)

アルストロメリア:プランター植え・だいぶ前(10年以上)・[球根植物)

Dsc04841 Dsc05069

クリービングタイム:鉢植え・新入りさん(多年草)

マーガレット:地植え・挿し芽・2年目

Dsc05077_2

ゴテチア

アカバナ科ゴテチア属・秋蒔き一年草

カコさんよりいただいた種から育てました。

お花がどこか月見草に似ています。

2010年5月13日 (木)

君子蘭とキンギアナム

今年もまた君子蘭が咲きました。

オレンジよりは朱に近い大型の君子蘭です。

33年前、夫が買ってきた一鉢が始まりですが、

これだけ増えると、さすがに家の中には置けず、

外に霜を防ぐぐらいの簡単な温室を作り

冬の間はそこに置いています。

Dsc04837

木の下に置いていますが、夏は西日が当たり、

葉が焼けてかわいそうです。

Dsc04800

地植えができるようになるとよいのですが

ふるさとが南アフリカなので寒さは苦手です。

Dsc04797 

君子蘭は蘭という名前がついていますが、蘭の仲間ではなく

ヒガンバナ科・クリビア属の半耐寒性多年草です。

我が家では花後、発酵済み骨粉入り油粕の固形肥料を1回

10月頃にもう1回、たまに液肥の薄いものを真夏を除いて

与えています。お水は雨の状況などを見ながら適当に与えて

いますが、アバウトな私でも育てられるとても丈夫なお花です。

Dsc04782

こちらも我が家には歴史のある花・キンギアナムです。

25年前ごろ夫が友人から頂いてきました。

鉢増しを繰り返し、ベランダいっぱいに広がっています。

90センチ以上はあるでしょうか。

2年前に植えかえましたが、もうこれ以上大きな鉢には

植えられないので、高芽をとり仕立て直したいと思います。

こちらの管理もほとんど君子蘭と同じです。

Dsc04748

何年か前高芽をとり仕立て直したものです。

このくらいの大きさだと、どこにでもおけるので楽です。

Dsc05013 

薄めのピンクのキンギアナムはあまり咲きませんでした。

かなりの大鉢で、これもどうにかしないといけません。

濃いピンクのキンギアナムもありましたが、駄目になりました。

2010年5月11日 (火)

30年たちました

Dsc04750 Dsc04591

我が家の南側のフェンスに沿って植えられたツツジ。

このツツジは30年前に家を建てた頃、

夫が職場に咲いていたツツジを挿し木で育て植えたものです。

ツツジ以外は庭師さんの手で造られた庭ですが、

30年という長い年月で、すっかり我が家の顔となりました。

Panelimg

画像では似たような色に見えますが、それぞれ違うのですよ。

上の白いツツジは花が大きく所々ピンクの筋が入っています。

Panelimg_3 

まだツツジが小さい頃はクレマチスをフェンスに絡ませていました。

今ではツツジに居場所を占領され、上へ上へと移動し

椿の上や木の中で細々と咲いています。

椿等を剪定する時、蔓を切ってしまうので、クレマチスが出現する

場所は毎年少しづつ変わっています。

Dsc04731

昔はバラもたくさん育てていましたが、今は少なくなりました。

このバラは名前はわかりませんが、とてもよい香りがします。

赤い一重のサラバンドやコクテールが残っていますが、

今年はまだ咲いていません。

Dsc04976 Dsc04979

柑橘類や枇杷やイチジクの果樹も植えました。

㊧が伊予柑、㊨が夏ミカン

いま伊予柑の花が咲きはじめ、柑橘の爽やかな香りが庭じゅう

漂っています。夏ミカンはもう少しすると、開花するでしょう。

今年はどちらも花付きが良く、豊作が見込まれそうです。

温州ミカンは2度植えましたが、木が大きくなると、いつも害虫の

被害を受け、枯れています。もう一度植えたい果樹です。

Dsc04364_2 Dsc04357 Dsc04365

そうそう、かわいい多肉ちゃんを買ってアップするのを忘れていました。

㊧エケベリア・ゴールデングロウ @198

㊥ビアーホップ(新玉つづり)と月兎耳の寄せ植え

「うぎのかくれんぼ」とタグに書いてありました。 @380

㊨エケベリア・霜の朝  @198

2010年5月 9日 (日)

一足早い母の日のプレゼント

「母の日のプレゼントは何がいい?」

金曜日の夜7時、帰宅途中の息子から電話があった。

とっさに「お花がいいわ。」と答えた。

約束の時間だけ決めて電話を切った。

翌日10時頃、息子一家が車で迎えに来た。

私は年に数度利用するお花の量販店に行ってもらうつもりでいた。

そこのお店は蘭なども一般店と比べ格安だ。

息子にそのことを伝えると、

「横浜のサカタはどう?」と誘われた。

「サカタは通販を時々利用するけど、ちょっと高いわよ。」

「じゃあサカタを見てからそこに行こう。」と息子に言われ出発。

明日は小学校一年生になった孫が地元の少年野球チームの

見学に参加するのだそうだ。

Panelimg

(写真左上より桃源郷、ブロンズ姫、夕映え、銘月 @150×4)

途中息子がよく見かけるという、横浜のお花屋さんに寄ってくれた。

嬉しいことに多肉を扱っていた。しかも安い。

もっと買いたかったが、タグがついているのはこれだけ。

多肉初心者はタグが命だ。

このお店は横浜のはずれにあり、車なら我が家からでもそれほど遠くない。

農家のハウス(大きな温室)4棟の中で販売と生産が行われていた。

生産より仕入れはお花の方が多そうだったが、

どのお花も手入れが良く行き届いていた。

他のお花も買いたかったが、

金曜日の英語のサークルの帰りに、たくさん仕入れてきたばかり。

今日のところはこれで我慢することにした。

Dsc04759_2

孫の学校での様子などを聞いているうちサカタについた。

色々見て回ったが、さすがサカタ、

品揃えが豊富で品質も良く、管理が行き届いている。

お客様も多い。(店内撮影禁止)

野菜の苗など比較にならないくらい良い(お値段もよいが)

見るだけのつもりでいたが、「好きなのを選んでいいよ。」

の一言で胡蝶蘭を・・・

葉の枚数が多く、しっかりしたものを選んだ。

Dsc04883

今まで胡蝶蘭は何度も育てているが、咲き終わった茎を

半分くらい切り、その先に新しい花を咲かせたことはあるが、

新しい芽を出させて開花させたことはない。

大切に育てて、一年後もお花を咲かせてみたい。

サカタのある横浜市神奈川区にはラーメンの美味しいお店が

多いので、お昼はラーメンと思っていたが、

孫の反対でファミリーレストランに変更した。

お肉が食べたかったらしい。

孫は200gのハンバーグをたいらげた。

お子様ランチはもう卒業らしい。

Dsc04844_2 Dsc04850

Dsc04884   

家に帰ると宅急便の不在票がポストに入っていた。

北海道の娘夫婦からだった。

すぐに電話を入れ夕方届けてもらった。

大きな段ボールの中からは、真っ赤なカーネーションの鉢植えと

京都の和菓子が入っていた。

みんな、ありがとうheart01heart01heart01

2010年5月 6日 (木)

春のお庭は大忙し

ゴールデンウィークはあっという間に終わってしまった。

少しはのんびりしようと思ったのだが、お天気が良かったので、

庭仕事が忙しくなり、結局いつもと同じような毎日だった。

Dsc04522

(5/2撮影)

白い大輪の牡丹。

牡丹の命は短いが、花びらが真っ白なまま散るのが良い。

今年は花付きが悪く4輪だけだった。

「白い牡丹が一番綺麗だね。」と夫が言った。

Dsc04401

(4/29撮影)

母からもらったミヤマオダマキ。

ひっそりと咲いているところが、おくゆかしくて良い。

三年前の鉢植えはついに咲かなかった。

地植えにしたら放っておいてもどんどん増えるのだろう。

Dsc04380 Dsc04378

(4/29撮影)

自生のクレマチス。

数年前小道と花壇の境目のレンガの脇から芽が出た。

一目でクレマチスと分かったので抜かずに育てていたが

今年初めて咲いてくれた。

蔓が伸びて水仙の葉の上で咲いていたが、

花びらが虫に食べられて可哀そう。

Dsc04419

(4/30撮影)

黄花君子蘭も満開になった。

一昔前まではとても高価で手の出なかったお花。

昨年、未開花株を500円という安価で購入した時は、

ほんとに黄花が咲くのか疑っていた。咲いてくれてほんとに嬉しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

寄せ植え

Dsc04334

(4/27撮影)

スィートアリッサム(手前・白花)

ネモフィラブルー・マキュラータ(中・左)

バージニアストック(中・右ピンクの花)

ホットリップセージ(後・あまり咲いていません)

Dsc04697

(5/5撮影)

寄せ植え

カーペットカスミソウ(手前)

アンゲロニア・3株(中)

ダイヤーズカモマイル(後)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

寄せ植えのリメイク~その後

Dsc01898 Dsc03392

(2009/11/15撮影)        (2010/2/27撮影)

ハボタン・1トスィートアリッサム・1が枯れたので

白のビオラとノースボールのコボレダネを後ろに植えた。

Dsc04540

(2010/5/2撮影)

ハボタンは枯れたがビオラが大きくなりカバーしてくれた。

スィートアリッサムもノースボールもまだまだ大きくなりそう。

もとの寄せ植えの面影はほとんど残っていない。

次回はもうつぎ足しはできないでしょう。

2010年5月 4日 (火)

城ヶ崎海岸・門脇吊橋

帰りは海沿いの国道135号線で帰ることにした。

次回の釣り場探しも兼ねて、何ヵ所かの漁港や町にも立ち寄った。

その中で何年か前、娘と孫・Kと一緒に温泉を楽しんだ熱川にも寄り、

釣りのできそうなスポットをさがした。

Dsc04489 Dsc04490

海沿いの道のつきあたりにはこんな洞窟が・・・

熱川の海辺は堤防あり、テトラポットあり、岩場ありとけっこう楽しめそう。

ここなら泊まりがけできても、私はホテルでのんびりと過ごせそうだ。

この写真の岩場は平らなところが少なく座る場所もなさそう・・・

釣りも命がけだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の希望で立ち寄ったのが伊東市にある城ヶ崎海岸。

伊豆には何度も来ているのに、ここだけはまだ見ていなかった。

駐車場(有料・500円)に車を止め、しばらく歩くと門脇灯台が見える。

灯台は帰りに寄ることにして門脇吊橋に向かった。

Dsc04507

橋長48m、海面からの高さ23mの吊橋。

断崖絶壁の上にかかっており、

揺れる橋の上に立つと足がすくむ思いがする。

Dsc04495 Dsc04496

城ヶ崎海岸は、大室山が約4000年前に噴火したとき溶岩が海に流れ

出し、海の侵食作用で削られてできた、溶岩岩石のリアス式海岸で、

その距離は十数kmにも及ぶそうです。この辺一帯はテレビの旅番組や

ドラマでよく見る場所なので、初めてのような気がしなかった。

Dsc04501_2 Dsc04498

夫と息子は右の写真の岩場の先端で釣りをしたことがあるそうだ。

下までロープで下りたとか・・・話を聞いているだけで身ぶるいがした。

Dsc04493

最後にもう一枚camera

後ろに見える 白い塔が門脇灯台。

Dsc04513 Dsc04516

門脇灯台は中の階段を上って展望台に行くことができる。

展望台まではたった17mなのに、ハァハァと息を切らしながら上った。

夫や息子からは日頃の運動不足と笑われた。

㊧展望台から吊橋方面を眺めた景色。雄大な海が美しかった

㊨展望台から見た正面。この灯台も断崖絶壁の上に立っているのだろう。

また遠くには伊豆七島、伊豆の山々などの素晴らしい眺望があった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

混雑していると思われた国道135線も、ゴールデンウィークとは思われない

ほど空いていた。全長33.1kmの小田急厚木道路では覆面パトロールが多く、

3台の車がスピード違反で捕まっていた。制限速度が70㎞・/hなので

常にメーターを見て慎重に運転せねばと思った。

夕食は隣の市にある回転寿司に寄ったが、1時間も待たされた。

皆さんも安・近・楽がお好きなようです。

釣り・菖蒲沢海岸

5月1日、久しぶりに夫と息子の釣りに同行した。

行先は河津の菖蒲沢海岸。

少し遠いので、朝4:45に我が家を出発したrvcardash

ゴールデンウィークということもあり、混雑を避けるために

ルートは次のようにとった。

○小田原厚木道路 (休日割引700円→350円)

○箱根ターンパイク (850円)

○伊豆スカイライン (社会実験のため960円→200円)

○終点の天城高原からは一般道を南下し、国道135号線へ。

コンビニや箱根ターンパイクの展望台に寄って休憩をとったが、

目的地には9時ごろ着いた。

Dsc04428_3

       箱根ターンパイク・大観山展望台から見た絶景の富士山)

菖蒲沢海岸は河津浜の南に続く屈曲が多い海岸で、釣りの穴場の

ようだが、この日の釣り人は60代くらいのご夫婦と我が家だけだった。

ダイビングスクールもあり、そちらの方が賑やかだった。

Dsc04458_2 Dsc04451_2

駐車場(有料・1000円)の前は海岸で、防波堤もあるが高くて

登ることができない。左手の岩場は防波堤の先にあるので行けず、

右手の山の後ろにある岩場に向かった。

Dsc04438_2 Dsc04457_2

このような崖っぷちの道や、岩が濡れて滑りやすい段差のある道も

歩けたが、問題はこの橋、足がすくんで渡ることができなかった。

トイレもないので、私だけ海岸に戻って待つことにした。

Dsc04452_2 Dsc04446_2

Dsc04454_2 Dsc04445_2

貝殻でも拾ってみようと海岸におりたが、石ころだらけ・・・

貝殻は一つも見つけられなかった。

その代わり磯に打ち上げられたワカメや、岩に生えているヒジキ

(茶色く見える)を少しむしりとって持ち帰った。海水中の岩に

張り付いているアオサのようなものは、さすがにとれなかったcoldsweats01

Dsc04464_2

「本でも持ってくればよかった。」

何もすることがなくなり、時間をもてあましてきた。

勇気を振り絞って釣り場に行った。あのような細い橋は2か所あった。

1メートル以上、下にあるのでしっかり岩につかまり降りて渡った。

息子が海タナゴを1匹釣りあげていた。かなり大きい。

Dsc04486_3 Dsc04460_3

この岩の上が釣り場。

海がとても綺麗だった。こんなに水平線がくっきり見えることはめったにない。

藍より青い海とはこんな海のことを言うのだろうか・・・

Dsc04469_2 Dsc04481

下を見るとぷくぷくと美味しそうなヒジキが見えた。

干潮になり海面が下がると、付近の岩の穴に隠れていたカニたちが

一斉にヒジキめがけて歩き始めた。美味しいご馳走なのだろう。

私も少しだけ釣りをしたが、釣れたのは目が緑とオレンジ色のフグだけだった。

Dsc04471_3

12時ごろから風が強く、波が高くなった。

コンビニ弁当を食べ、引き上げることにした。後ろの山の岸壁に仏像が

奉られていた。後で知ったことだが、何年か前に釣り人が高波にのまれ

死亡したり、ダイビングスクールの生徒が何人か亡くなっているらしい。

本日の釣果は息子が釣った海タナゴ3匹のみ。

ワカメとヒジキは塩洗いして干したが、臭いがいやで食べる気がしない

残念!

2010年5月 2日 (日)

寄せ植えのBefore,After

Dsc01864 Dsc02963

Dsc04074 Dsc04173

写真左上より

2009/11/18 

アメジストセージ ガーデンシクラメン3株 バコバで寄せ植えを作る。

12月頃、種から育てたイオノプシジウムとヘリオフィラを植える。

2010/2/3  

アメジストセージのお花が終わったため、ラナンキュラスを植える。

2010/4/10   

ガーデンシクラメン(赤)が枯れたためエスコルチアを植える。

イオノプシジウムが満開・ヘリオフィラも咲き始める

2010/4/20   

ヘリオフィラが満開。ラナンキュラスはまだ咲いている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dsc01832 Dsc04174

写真左より

2009/11/13

ハボタン、ビオラ・2株 ガーデンシクラメン アイビー(使いまわし)

12月頃、種から育てたイオノプシジウムとヘリオフィラを隙間に植える。

2010/4/11

ハボタンのお花を切り取り、生け花に・・・ 

この写真を撮った後、アイビーを短く切り、すっきりさせた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dsc01899 Dsc04002

写真左より

2009/11/23

ヒューケラ・ビーチフランバ, ヒューケラ・ストロベリースワール

コルジリネ・レッドスター,ゲウム・クッキーで寄せ植えを作る。

2010/4/8 

株分けしたヒューケラ・ストロベリースワールは大きく育ったが、

ビーチフランバがほとんど成長していない。クッキーのお花が綺麗~♪

この寄せ植えはヒューケラ部門で近々再登場する予定だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dsc01824 Dsc04283

写真左より

2009/11/15 

コデマリ、パンジー・2株、ヒベルティア・ハッピーイエロー、バコバ

パンジー以外は春から寄せ植えにしていたものをそのまま使用。

2010/4/27 

ヒベルティア・ハッピーイエローの黄色い花が咲かなかったのは計算違い。

コデマリが咲いているうちに咲いてほしい。

この写真を撮った後、バコバを短く切り、左右の空いた場所に

カロケファリス・プラチーナとベルフラワーを植えた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dsc01829 Dsc04028

写真左より

2009/11/15 

ストック・2株 ガウラ(ピンク) シロタエギク(挿し芽)、アイビー(使いまわし)

2009/4/9 

右側のストックが枯れた。プリムラが満開。

ガウラも下から枝をたくさん伸ばしボリュームのある株となる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dsc01759 Dsc04157

写真左より

2009/11/15

レースラベンダー,宿根ネメシア・2株、よく咲くすみれ、アイビー(使いまわし)

2010/4/17 

満開です。この寄せ植えは4月の初めにもアップしましたが、

大好きな寄せ植えなので、再度登場してもらいました。

このほかにもパンジーなど、昨年11月頃の寄せ植えが

まだ綺麗に咲いています。少し手を加えるだけで長持ちする寄せ植え。

あまり得意ではありませんが、楽しく作っていこうと思います。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ