« 春、花いっぱい~♪ | トップページ | デンドロビウム »

2010年4月22日 (木)

4月20日 

母から電話があり、腰の痛みを訴えていたので

夫とともに実家に向かった。実家は東京の西部。

我が家から車で2時間以上かかる。

途中でファミレスに入り、昼食を済ませた。

実家に着いたのは午後1時ごろ。

Dsc04195_4 Dsc04199_2

           父が生前植えた八重桜・開花したばかり

玄関は鍵がかかっていたが、母の部屋のガラス戸はあいていた。

母は一人でベットに寝ていた。私の顔を見るなり涙ぐんだ。

腰を痛めたのは、お彼岸に実家のお墓参りに行きたくなり、

一人でバスに乗って出かけたが、終点の車庫から実家まで

重い荷物を持って、長い間歩いたかららしい。

Dsc04202 Dsc04181

Dsc04204_2

     そろそろ終わりの枝垂れ桃(白)・ アセビ ・庭桜(写真・下)

寝てばかりいては気分も滅入るだろうからと、着替えさせ、

お土産の和菓子でお茶を飲んだ。

腰を痛めてから毎日のようにベットの中で過ごしていること。

今朝から何も食べていないこと。(食欲がない)

下の弟が腰に湿布を張ってくれたり、

食べ物を買ってきてくれて、とても優しくしてくれていること。

お嫁さんは働いているのだから面倒を見られないのは仕方のないこと。

体はどこも悪いところがないので、入院の必要はない。

足や腰の痛みは老人性のものなので治る見込みのないこと、などなど。

Dsc04180 Dsc04187

                カタクリとミヤマオダマキ

母は家族と暮らしながら孤独だった。

我慢に我慢を重ねたうえで、私のところに電話をかけてきたのだ。

思いのたけをぶちまけて少しは気が楽になったのだろう。

腰が痛い痛いと言いながらも、楽しそうに庭に出た。

野菜を作ったり、お花を植えるのが大好きだった母だが、

今ではたまに草むしりをする程度だと言った。

新じゃがが食べたいが誰も種を蒔いてくれないと嘆いた。

いまジャガイモの種を蒔くのは遅すぎるが、

夫が昨年の残りの小さなジャガイモに芽が出ているのを

物置で見つけ、庭の隅に少し植えた。

母は「芽が出るのが楽しみ」と言って目を細めた。

少しの時間だったが、庭に出て草花や、夫のジャガイモを

植える姿を見ているうちに、ベットの中で寝ていた母とは

見違えるように元気になった。

ご無沙汰続きでめったに実家に帰らない親不孝を反省した。

Dsc04245 Dsc04246

         お土産の花・ミヤマオダマキと株分けしたカタクリ

« 春、花いっぱい~♪ | トップページ | デンドロビウム »

ガーデニング」カテゴリの記事

家族」カテゴリの記事

コメント

 おはようございます~♪
hiroさん、↓のコメントにお母さまの事を少し触れられていましたが、
母の姿をダブらちせながら
読ませて頂きました。
 お母さまのお心がよく解って、切ないですが、
hiroさんとご主人の顔を見られて、ご自分の思いの話されて、
元気になられて好かったですね。
身体の痛みは勿論辛いですが、孤独程辛いものは有りませんね。
特に一人暮らしでは無いのに孤独を感じるは。
お母さまの気持も限界だったのですね。
親の「子供に心配をかけまい」の気持ちはとてもよく解ります。
 多分、私と暮らしていた母も晩年は孤独だったと思います。
もっと、母に目を心を注げば好かったと
後悔しても後のまつりですね。
 誰も何時か老いてゆく、hiroさんも私も皆が1日1日
時を刻んでゆく・・・
 hiroさん、時々お顔を見せてあげてくださいね。
母も月に1度訪れる兄の姿を1日千秋の思いで待っていたようです。
その日は朝から落ち着かず・・・・
 優しいお花達に癒されながら
今朝は私にとってもしみじみ反省のひと時です。
 
 

おはようございます(^O^)/
幾つになっても母は母ですから、子供の顔が
見たいものですね!
顔を見せるだけでも親孝行」でしょう。。。
これからも機会を見つけては顔を見せてあげたら
と思います。
親子で花談義もイイかもねっ!happy01

hiroさん おはようございますcat
お母様、お寂しかったのですね。
2時間以上も掛かれば、毎日行って様子を見るわけにもいかないですし
hiroさんも気がかりですね。
一人暮らしより、家族がいるのに気持ちが孤独なのはとっても
辛い事だと思います。
腰痛が辛いのもですが、「病は気から」と言いますが、
hiroさんのお顔が見れてお元気を取り戻されて良かったですね。
私の母は元気ですし、2年前から兄夫婦と同居ですが、
兄夫婦もとても良くしてくれますが、歳を取るとひがみっぽくなって
除け者にされた思いを抱く時が時々あるようです。
お母様のお庭にも沢山の花がありますね。
カタクリの花も・・・いいお土産ですね。

コスモスさん、おはようございます♪
府立植物園のベコニア、堪能させていただきました。
カメラが曇って困っても、カメラがその状態に慣れる
ということ、初めて知りました。
これからはむやみにレンズを拭く事はやめます。
私は箱根や伊豆に行くとよくベコニア園に行きます。
家では育てられないような珍しいベコニアを
見ることができるのが楽しみです。
昔球根ベコニアを育てたことがありますが、お花を綺麗に
咲かせることができず、お☆さまにしてしまいました。
お写真、どれもとても綺麗でした。ありがとうございました。

歳をとると誰でも孤独感に苛まれるのかも知れませんね。
私の顔を見て、くしゃくしゃな顔をさせて泣いていました。
もともと長男が好きで、私のことはほとんど気にかけ
て貰えませんでしたが、私は母の第一子、記憶にない
昔には溺愛されていたのかもしれません。
車で行けば母の実家までは15~20分で着きます。
私が近くに住んでいれば、いつでも連れて行って
あげられたのに、と思うと残念です。
これからは月に一度でも顔を見せてあげようと思います。

 

hiroさん、おはようございます

7年前に亡くなった母のことを思い出しました。
若い頃、私が実家に子供たちをつれて帰ると長女の
名前をうれしそうに呼んでニコニコと待っていてくれました。
今の私くらいの年だったのでしょうね。
何かにつれ金銭的にも応援してくれました。
ありがたかったですね。
でも親孝行らしいことは何もしてなくて・・・・。
今頃反省しても遅いですね。

お母さま、hiroさんとご主人さまの顔を見て
お話できてうれしかったことと思います。
お母さまがhiroさんのブログをいつも見られたら
ずいぶん気持ちが癒されるのにと思います。
私は母がしばらく我が家に居たときにパソコンを
教えようとしたことがありましたがあまり興味を
しめしてもらえませんでした。
無理もありませんね。

なんだかとりとめもないコメントになってしまい
ました。hiroさんのちょっとせつない気持ちと
お母さまの優しさが伝わってきました。

ご実家の八重桜 グラデーションになっているのですね。
こちらは八重桜もすっかり葉桜になっています。

歌まろさん、おはようございます♪
確かに母にとっては私はいつまでも子供ですね。
突然の訪問でしたが、とても喜んでくれました。
弟たちはボケ始めたと言っていましたが、
私にはそうは見えませんでした。
私は今のところ体も動きますし、時間もあるので
近くに住んで、もっと面倒を見てあげられたら
良いのですが、経済的にも無理な話です。
これからはせめて月に一度でも
顔を見せに帰ってあげねば、と思いました。

ほっろときました。朝から優しい気持ちになりました。老いは誰にもやってくるもの・・・。今できることをしておこうとつくづく思いました。
そうだ!連休は親に会いに行こうっと。

catミミさん、おはようございます♪
母は健康だけが取り柄のような人でしたので、
私ものんびりと構えていました。
せめてお彼岸に帰っていればこういう事態になって
いたことがわかったのですが・・・
最近はわが子のほうばかりに目がいって、
実家に足が遠のいていたことを反省しました。

実家の弟やお嫁さんには言いたいこともありますが、
長女の私があまり口出しをしても良くないと思い
遠慮しすぎていた面もあります。
幸い近くの弟が気を配ってくれているようで、
母もそれがとても嬉しいようです。
これからは遠慮せず、ちょくちょく顔を出そうと思います。

お母様の喜んでいらっしゃるお顔が浮かんできます。
体の不調は気持ちも落ちこみますから、よ~くわかります。
hiroさんのお花好きはお母様譲りですね。

でも2時間は遠いです。
hiroさんのご主人様もなんてお優しい方!

おはようございます。
先日我が家に遊びに来た親子ほど違う姉と、
だぶらせて読ませて頂きました。
お母様もhiroさんの顔を見て、
元気になられたことでしょうね。
お母様に月に一度顔を見せたら、
合える楽しみを励みに長生きなさると思いますよ。
私は早く亡くなったので、
まだ元気なお母様がいるhiroさんがうらやましいです。
姉は認知症ですが、姉が私をあまりにも慕うので、
姪がこちらに来る時に連れてきますが、
私も年六回くらい顔を出します。
私は親と同居をしなかったので、
子供為と両親の為に月に一度里帰りをしましたが、
親孝行は出来なくても、
顔を見せるのが親孝行かな~と思って・・・
主人の母を見て家族が居ながらの孤独ほど、
寂しいのではないかと思いました。
姉を見ていると私にも言えますが、
老いるという事は大変な事のような気がします。

chisayobaabaさん、こんにちは^-^
chisayobaabaさんはよいお母様をもたれて幸せでしたね。
私は一人娘の割には親子関係がさっぱりしていました。
思春期の頃は、口にこそ出しませんでしたが、
母に反発していました。
でも子供を産んでからは、よく実家に帰り
母のお世話になっていました。
子供も大きくなり弟が結婚してからは、だんだんと実家から離れました。
孫が生まれてからは、子ども多の家族が我が家に
集まるので、お正月も帰らなくなりました。
便りがないのは元気な証拠とばかりに、母のこと
を放っておいたのは私かも知れません。
母はいま90歳、耳が悪くこちらから電話をしても出られません。
年に数度、寂しくなると自分から補聴器をかけて
電話をしてきます。
パソコンができたら良いのでしょうが、まず無理だと思います。
今ではテレビもあまり見なくなったようです。
これからは電話がかかってくる前に、顔を見せてあげようと思います。

rosemaryさん、こんにちは^-^
ブログってあと一歩踏み込んで書きたくても
書けないことがありますね。
特に身内のことは・・・
母は90歳ですが、いつの間にか腰が曲がり、
ますます小さくなっていました。
若いころはよくケンカもしましたが、その姿を見ると
涙が出そうになります。
rosemaryさんは遠いのに、よくお母様のところに
帰られて、本当に親孝行で偉いと思います。
私も実家に姉か妹がいたら、もっと気軽に帰れていたかもしれません。
でもそれは言い訳…これからは電話がかかってくる前に
顔を見せてあげようと思います。

Reiさん、こんにちは^-^
好きなことができなくなるのは、本当につまらないようですね。
母の元気の源はお花や野菜を育てることでしたが、
数年前から足腰が弱りそれもままならなくなりました。

私の夫は園芸好きで母と気が良く合いますので、
私が母と暮らしたらうまくいくのかもしれませんね。
世の中はままなりません。

hiroさんに、植物を育てる楽しさの種をいっぱい蒔いてくださったお母さんのことですね。
お嫁さんにあまり口を出せないhiroさんの立場も、実の娘に愚痴をこぼすお母さんの気持ちも、すべてとってもよくわかるし経験してもいます。
「言いたいことを言ってしまうと、今度会うとき笑顔で会えない」
亡くなった父は、いつもそう言って、自分のほうから要求を出すことを一切しませんでした。
若いときは、兄夫婦に何もいえない両親をじれったく思ったりもしましたが、この年齢になってとてもよく理解できます。
家とか家長制度とか、もう崩壊しつつある言葉に振り回されて、しがみついていると、いろんな不幸がおこります。
どんな形が、お母さんにとって一番心落ち着けるのか?
そのお年になられてからの気苦労は、かけさせたくないですね。
介護は、できる者が、したい者がしてあげるのが一番と思います。
それにはいろんなしがらみを打破する必要がありますね。
それぞれに違う家庭環境なので、うまく書けなくてごめんなさい。
これから、いろんな体の不調が出てくるかもしれませんが、hiroさんが元気でいてあげることが一番だと思います。

hiroさん    お早うございます
お母様大変でしたね。
お大事になさっててください。
お腰の痛さは大変にお辛いことと思います
私も数年前に腰痛で病院に通いました。
とても辛かったです。
お母様を大切になさってくださいね。
突然のご訪問でどんなにか喜ばれたことでしょうね。
いつまでもご一緒でいられてうらやましく思います。
三十代で両親をなくし子育て真っ最中で親孝行もできなかったのが心残りです。
孫を見せてあげれたことだけはよかったと思っていますが・・・・・

お母さんのお庭にはカタクリの群生があるんですね。
お花は本当に癒されますね。
我が家は今年初めて一輪咲いてとても嬉しかったです。
弱そうですが来年も増えてくれたらいいのですが~~~

ジャガイモの新芽を心待ちにしていらっしゃるお母様のお気持はとてもよくわかります。
綺麗なお花も見れて美味しい新じゃがが食べれると良いですね。


カコさん、こんにちは^-^
カコさんのお姉さまはカコさんのことをお母様と
思って慕っているのですね。
それをいつも優しく受け止めてあげられて、
お姉様もお幸せですね。
月に一度の里帰りも、できるようで、できないものです。
カコさんに比べたら私の実家なんて目と鼻の先です。
もっとちょくちょく顔を見せてあげないといけませんね。

母は90歳。体は昔のように動きませんが、
植物への執着は並々ならぬものがあります。
弟は遊ぶことが好きで、庭仕事はあまり興味がありません。
母はいろいろしてほしいようですが、弟にとって
その要求はまるで自分への愚痴を聞かされているよう
に感じるらしく、ますます避けたくなるようです。
夫がジャガイモを植えてあげたときの母の嬉しそうな
顔は忘れられません。


こんにちは~
お母様へのお気持ちが伝わってきました。
父を亡くした母のことを思い出しています。
親が年老いていくと回りで色々と気遣う事など出てきますが
母が一番安らぐ事を優先させたいと思っています。
心が穏やかになられて体の痛みも和らいで
お母様も喜ばれた事でしょう。
丹精込めて育てられたお土産のお花も癒されますね。
私も連休は実家に帰って母と過ごしてきます。

ネモフィラブルーさん、こんにちは^-^
「言いたいことを言ってしまうと、今度会うとき笑顔で会えない」
というのは一般的な人間関係でも当てはまるかもしれませんね。
でも歳をとるとこらえ性がなくなるもの、ブルーさんの
お父様は偉いと思います。
現在は家長制度などがなくなっていることはよくわかりますが、
母自身がどんなことがあっても長男の家から出たくないようです。
もう少し若い時、私の家に泊まりに来たことがありますが、
あまり長居をすると、いないほうが良いと思われるかもしれない
と言って1泊以上泊まったことがありませんでした。
信心深く、先祖のお墓も守らなければと思っているようです。
いまはよいのですが、いろいろな病気が出てきたら、兄弟でよく話し合い、
母が希望するようにしてあげたいと思っています。
色々アドバイス、ありがとうございました。

えつままさん、こんにちは^-^
私も30代で父を亡くしましたが、えつままさんは
ご両親を亡くされたのですね。さぞ悲しかったことでしょうね。
私も父に二人の子供を見せてあげられたのが
親孝行だったと思います。
母は90歳、いまが親孝行の最後のリミットかも知れません。
これからは電話がかかる前に顔を見せに行ってやりたいと思います。

カタクリは2年前に母が植えたそうです。
土があったのか、みるみる大きくなって直径20㎝位の
塊になっていました。お花も8本くらい咲いたようで
写真は最後の一花です。
我が家はハナミズキの下に何年も前植えたのですが、
今年はとうとう芽が出ませんでした。
今回は鉢植えに出育ててみようと思います。

ジャガイモは蒔いた時期が遅いので、食べられる
かどうかわかりませんが、できれば実って、
母を喜ばせてあげられたら良いと思います。
できなかったら我が家で収穫できたものを、
持って行ってあげようと思います。

アガパンサスさん、こんにちは^-^
誰もが老いは避けられませんが、歳をとるのって
こんなに悲しいものかと思いました。
母は何と言っても昔気質なので、長男との暮らしを
望むでしょうが、体の調子が良い時はこちらに遊びに
来てもらったり、私もこれからはちょくちょく顔を
見せに行ってあげようと思います。

連休はお母様のところに行かれるのですね。
お母様もさぞ喜ばれるでしょう。

hiroさん、こんにちは。
hiroさんに電話をかけたお母様の気持ちは
それまで、押さえに押さえていただろうと思うと
胸がジーンとしてきます。
私の両親も随分年をとりましたが
何とか2人で暮らしてくれているので
今の所ありがたいなと思います。
私は車で10分ほどの所に暮らしていながら
よほど用事がないと、実家には出かけません。
そろそろ、時々は、用事がなくても
顔を見に行くようにした方か、いいかなと思ったりします。
お土産の花も素敵な花ですね。 ^^

こんにちは

「ご無沙汰続きでめったに実家に帰らない親不孝を反省した。」ドキッですね。私も。
家内と妹夫婦にまかせっきりで、ここ半年、会っていません。それも、去年の10月、母が宮古に来て会ったというぐらいで。親不孝ですね。

それにしても、お母上、大変でしたね。
「足や腰の痛みは老人性のものなので治る見込みのないこと」

私の母と同じです。膝の具合が悪いのですが、同じような
意味の事を言われたらしいのです。

人間の苦は生老病死。自然の流れとはいいながら
つらいことですね。

しかし、それ以上にお辛かったのは「母は家族と暮らしながら孤独だった」の心の部分。

これはきつい。
一人でも、自分の思いを真に受け止めてくれる人がいるならばそれなりの幸福感があります。

しかし、考えてみれば、私たちもいずれ、そういう問題に
直面するのでしょうね。

老人は嫌われます。
その覚悟を持って、しかし、周りには順応する
知恵を持ちたいと思います。

お母上の、庭仕事程度ができる快癒を祈っています。


お母様、寂しかったのでしょうね。
腰のお具合も悪かったでしょうが、もっと心の孤独が
大きくて心置きなく話せるhiroさんを
お待ちだったのだと思います。
拝見しながら、自分自身の親不孝を反省しています。
お顔を見せるだけでも親孝行ですものね。
これからもお顔を見せにお出かけくださいね。
そして沢山お話を聞いてあげてくださいね。
お花がお好きなhiroさんはお母様に似ておられるのでしょうね。
お母様、ジャガイモの生長を楽しみにお過ごしに成れますね。
これも親孝行ですね。
ご実家も素敵なお花が一杯咲いていますね。
庭桜綺麗ですね。黄色のカタクリは珍しく拝見しました。

tea☆timeさん、こんばんは^-^
tea☆timeさんのご両親はお二人で元気に
暮していらっしゃるとのこと、何より幸せですね。
私の父は私が30代のころになくなりましたので、
母にとってはこれから二人の生活を楽しもうと思って
いた矢先のことでした。
昔は私が車で一人で帰ったりすると、危ないから
来なくてもよいよ、なんて言っていましたが、
今は寂しくて仕方ないようです。
経済的な援助はあまりしてもらいませんでしたが、
今でも行くと、年金で生活していけるのか心配してくれます。
tea☆timeさんはご両親がお近くで良いですね。
ぴー君もあずかって頂けるしね・・・
ご両親を大切になさってくださいね。
私もこれからはなるべく顔を見せに行きたいと思います。

kuraさん、こんばんは^-^
奥様と妹さんご夫婦が近くにいらしたら
お母様も安心ですね。
それにkuraさんのお母様は絵を描く楽しみも
持っていらっしゃいますものね。
母は家の中で楽しむ趣味をあまり持っていません。
昔は着物をほどいてブラウスなどを作って楽しんで
いましたが、今ではそれもできなくなったようです。
体が悪くなってもできるような趣味を持つことは、
老後の生活を楽しむうえでとても大切だと思いました。

母はもう90歳なので体が回復しても無理はできません。
なるべく顔を出して、慰めてあげようと思います。
私自身は誰からも愛される可愛い老女に・・・
でもそれは無理・・・
なるべく迷惑をかけないように生きたいです。

今晩は
hiroさんのブログを読んでつい、、
自分と、だぶらせてしまいました
私も、3月の始めに訪ねたっきり行ってません
・・・・・寂しいとわかっていても、ついつい、
私も娘に会いたい、母だって同じ気持ちなのにね

私の母なんて、まだ、70代なんですよ
ほとんど、歩けず家の中にこもりきりです
大勢の家族と一緒に暮らしてますが、、やはり
孤独なようです、私から見れば、実の娘と暮らしている
から、いいかと、思うのですが
お互い言い分があるんでしょうね・・
私も、息子が帰ってきたので、一緒に行こうと思って
ます。。。。。顔みせてあげないとね

すみれさん、こんばんは^-^
体の具合が悪くなると心まで風邪をひいてしまうの
かも知れません。80歳ごろまでは私以上に元気だった
母も足腰が弱り始め、最近では好きな庭仕事も
あまりできなくなったようです。
お花も前に比べると減っていましたが、チューリップが
咲いていたので、昨年の秋まではまだ球根を植えたり
ガーデニングを楽しんでいたのだと思いました。
今日のように寒いとまたベットの中に入ったままかも
知れませんが、暖かくなれば少しずつ草むしりでも始めるでしょう。
私は便りがないのは元気な証拠などと思わず、これからは
月に一度でも顔を見せに行かなければと思いました。

こんばんは。
同じような状況の方がブロ友さんにいらっしゃいますが、そちらはお母様とは近くにお住まいなので、充分のことをなさっていらっしゃるようです。

一人の寂しさは耐えられますが、ご家族が一緒なら余計に寂しく辛いこともありましょう。
少し遠くて大変でしょうが、お出でになって差し上げてください。
お顔を見せてあげることが何よりの慰めになるのですから。
寂しさのあまり病気が出ることもあるようですよ。

私も他人事ではない年齢になりましたが、娘が時折来たり、メールや電話で話す時は安心できることが最近解ってきました。
お母様と会話をなさってくださいね。

めいめいさん、こんばんは^-^
やはり歳をとると誰でも同じですね。
実の娘さんと暮らしていても寂しさはあるのですね。
子供は結婚してしまえば、血のつながった他人ぐらいに
考えたほうが良いのかもしれませんね。
(実際のところ、今はとてもそんな風に考えられませんが…)
でもめいめいさんはよいですね。
実のお姉さんのお宅なので、気軽にお母さまに会いに
いけますね。息子さんと帰られたらお母様も喜ばれるでしょう。
私も親孝行だと思ってこれからはもっと顔を見せに
行きたいと思います。

Hello Hiro-san,
I hope your mother is getting better and you get to see your mother more often.

I had a Japanese debate about 単身赴任 and I was in the proponent team.

仕事は大切ですけど、家族はもっと大切だと思いますね。家族の愛はお金で買えないでしょう。

It's true that family is the most important to me. I have to try to go home more oftern to see my family in Malaysia.

hiroさんこんばんは。
皆さんそれぞれご自分のお母さまとだぶらせて読まれているようですね。
どんなにお嫁さんによくしていただいても母親にとって娘と言うのはかけがえのないものなんだと思います。
気を許せるものなのでしょう。
わが家でもギリギリまで一人で頑張っていましたが、
最後は兄夫婦にお世話になりました。
お嫁さんにも私たちにも愚痴を言わない母でしたが
顔を合わせるだけで、気持ちがはずんでるようすがとてもよくわかりました。
一人で耐えていたのでしょう。
ちょっと切ないですね。
hiroさんのお母様もhiroさんの突然の訪問に
とても喜ばれたことと思います。
寂しさも痛みも薄らいだことでしょう。
時々お顔を見せて差し上げて下さいね。

hiroさん こんばんは。
子供は親に会いに行った方が喜ばれますが
あまり頻繁に行くと 同居なさっている
ご家族には迷惑のこともあるので 難しいと思います。

私も主人の両親と同居しましたので どちらの立場もよく分かります。
私の母も 姉夫婦と住んでいますが 子供に会うことを
楽しみにしています。

これから自分もどう生きるべきか 考えさせられます。
老いるとは 大変なことですね、私は母が
携帯が使えたら気軽に話せるのにと思うのですが
それも出来ません。

車で20分で行けますので 元気な時に
少しでも会いに行かねばと思います。

身内のことは書くのには限界がありますね。

松風さん、こんばんは^-^
母は耳が遠いので私が電話をしても出ることができません。
本当に辛い時だけ、補聴器を付けて私に電話をしてきますが、
それでもよく聞き取れないようです。
家の中でもあまり大事にされていないようです。
私もそれはわかっているのですが、あまり長男の家庭に
首を突っ込みたくありません。
言いたいことはたくさんありますが、言ってしまえば
終わりと思い何も言いません。
近所のお友達からは「長女なんだから、もっと言っても
いいんじゃない。」とよく言われます。
これからはせめて顔だけでも見せて親孝行をしようと思います。

hi London Caller-san!
I understand what you say well.
I think that the daughter is an irreplaceable person for mother.
I think that I want often to visit my mother from now on.
Thanks.

Happyさん、こんばんは^-^
娘が母親にとって、いかにかけがえのない存在かは
よくわかります。自分のおなかを痛めた子供ですものね。
私は母の欠点もよくわかりますが、昔のように喧嘩を
したり、責める気持ちはなくなりました。
ただただ可哀想と思うだけです。

お友達からは、「長女なんだから、弟さんにもっといろいろ言っても
いいんじゃない」とよく言われますが、弟たちも大変だと
思うのであまり言いたくありません。

みなさんが言われるように、これからはちょくちょく、
せめて顔だけでも母に見せて親孝行したいと思います。

oasisuさん、こんばんは^-^
めいめいさんのおっしゃること、よくわかります。
やっとお嫁さんの立場でおっしゃってくださる方が現れました。
私も母がよほどひどい病気にでもならない限り、
あまり頻繁に行って、弟家族に迷惑をかけたくありません。
姉か妹が同居だったら、そんなに気にしないかもしれません。
母もお嫁さんの立場は分かっているので、それほど私には
愚痴を言いません。

でもあまりにも私はご無沙汰しているので、
これから少しは会いに行く回数を増やしたいと思います。

hiro さん、こんばんは♪
お母様大変でしたね・・・
去年亡くなった実家の母と、お姑さんがだぶりました。
お母様は、とても我慢強いんですね~
hiroさんにご心配を掛けたくなかったんでしょうね~
私は実家の母を見送った時、後悔がいっぱいでした・・・
丁度、こちらの母の介護もあったので中々お見舞いに行かれなかったんですが・・・
今、こちらの母の介護をしながら後悔が少しでも
残らないようにと思っています
今、義姉たちが週4回位は来ますがご自分達の時間が許すなら
親孝行をして欲しいなぁ~と思います。
でも、hiroさんに来てもらい、お母様もすごくお喜び
だと思いますよ~お顔が違ったのでしょぉ~?!
娘さんは、いくつになっても娘さんですものね♪
な~んて、年上のhiroさんにとっても生意気な事を
言ってるますね~すいませ~んcoldsweats01

下のお花も、この欄のお花もとっても美しいですねぇ~
心が綺麗になっていきます♪
花泥棒など、いるのですか?!ビックリです・・・
東京の今日は、とても寒かったですが、しちらはいかがでしょうか?!
寒暖がまだあるようなので、どうぞお体ご自愛くださいませ♪

みちこさん、おはようございます♪
みちこさんのお姑様はとても幸せだと思います。
みちこさんも優しく、よくお世話なさるし、
お義姉様たちもよくお手伝いに来てくださいます。

母が腰を痛めたと聞いたときはとても驚きました。
実家には長男夫婦、近くには次男夫婦がいて全員車に
乗れるのに、誰ひとり送ってあげなかったのだと知って・・・
母も頼まなかったのかもしれませんが、車で行けば
母の実家は15~20分の距離なんですよ。
私が近くに住んでいればすぐに送ってやれたのに、と思いました。

母もよほどお墓参りがしたかったのでしょうね。
足腰は前から痛んでいましたが、
寝込むようなことはありませんでした。
私が行ったときは1ヶ月経過していたのでだいぶ
良くなっていました。
その日は寒かったこともあってベットで過ごしていたようですが、
暖かい日には、また元のように少しぐらいの庭仕事なら
できるようになると思います。
でもこれからは時々行って、好きな庭仕事のお手伝
いをしてやろうと思います。

母は精神的には我がままの言える、私たちと住むのが
一番幸せと思いますが、たぶん長く住みなれた家は離れ
たがらないと思います。それに息子たちが大好きなのです。
本当に具合が悪くなった時は弟たちと相談して、
最善の方法をとりたいと思います。

大好きなオダマキが元気ですね〜
私は何度も枯らしてしまいました。
ベランダの風通しが悪いせいのように思ってますが..。

お母様〜hiroさんの顔を見て、涙ぐまれたのですね〜
余程、嬉しく思われたのでしょうね。
心細い気持ちや、寂しさやいろんなことも、おありだったのだと
思います。
老いるとだんだんと身体も思うようには動けなくなり
気持ちも細りますね〜
hiroさんのブログ読んでて、私も母を思い出してしまいました。
同じように庭で土をいじっていることが大好きな母でしたから...。

そして、住み慣れた家からはやはり離れることはできない
と思いますね〜。
hiroさんもきっと辛い思いで帰路につかれたかと〜

ryoさん、こんばんは^-^
2年前もミヤマオダマキを貰ってきたのですが、
鉢植えのまま放っておいたので、今年は咲くかどうかわかりません。
数株ありましたので1株もらってきました。
近いうちに咲きそうなのでとても楽しみです。

昔はよく実家に帰り、いいたいことを言って親子喧嘩を
したことがありますが、腰が曲がりすっかり年老いた母を
見ると、ただ黙ってなんでも聞いてあげようと気持ちになります。
耳が遠いことと、足腰以外はどこも悪いところがなく
健康診断の数値は私より良いです。
心安らかに暮らせればよいのですが、いろいろあるようです。
これからはちょくちょく顔をだし、一緒に庭仕事でもしようと思います。

こんばんは。
お母様、体の具合がよくないと、やはり心細くなってきますよね。なんだかんだといっても、娘のhiroさんのことが一番頼りなのでしょうね。会いにいかれてよかったですね。
自分が年老いた時のことも考えながら、なかなか気軽に助けを頼めないで、無理して腰を痛めてしまったお母様の気持ちもちょっと分かるような気がしました。
やっぱり、時々顔を見せてあげて、いろんな話を聞いてあげるのが一番の親孝行かもしれませんね。
私の母も、明日久しぶりに家に遊びに来ます。弟一家と一緒に東京の実家に住んでいるのですが、もう母一人で埼玉の私の家に来るのは心配と、弟が一緒に連れてきてくれます。実家には私も時々母に会いに行っていますが、母が私の家に来るのは、もう3年ぶりくらいです。私もいろいろ、母の話を聞いてあげようと思ってます。

ポエポエさん、こんばんは^-^
腰を痛め何もできずベットの中で過ごしていたので
心細かったのでしょうね。
私の顔を見て、よほどうれしかったのだと思います。
私が近くに住んでいれば、仕事もしていないので、なんでも
してあげられるのですが、今更引っ越すわけにもいきません。
これからは少しでも多く、顔を見せに行ってあげようと思います。

お母様、明日遊びにいらっしゃるのですね。
弟さんが送ってくださるので安心ですね。
私の母も我が家に来るときはどちらかの弟が送ってきますが、
もう3年くらい来ていないかもしれません。
そろそろこちらから迎えに行ってもよいのかもしれませんね。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508194/48148830

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 春、花いっぱい~♪ | トップページ | デンドロビウム »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ