« 赤い花 | トップページ | 赤い鳥小鳥~♪ »

2009年10月30日 (金)

バビアビリス

Dsc01392_3

バビアビリス・ラベンダー 10/22 撮影

Dsc01491

バビアビリス・イエロー 10/27 撮影

2年目のオキザリス・バビアビリスの2種が開花した

バビアビリスは南アフリカ原産の帰化植物で

芙蓉かたばみともいわれる

オキザリスの中では比較的花が大きく芙蓉に似ている

ところからつけられたのだろうか・・・

クローバーのような葉の中から 可愛い花が咲く

Dsc01419

昨年の秋に挿し芽をして育てたマーガレットが

秋になって再び咲き始めた(10/24撮影)

春の花壇には欠かせない優しく可憐な花だが

庭での越冬は無理かもしれない

清楚なマーガレットの花を見ると少女の昔を思い出す

また挿し芽をしなくては・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子供の頃から大好きだったスコットランド民謡

でもなぜかロッホ・ローモンドは知らなかった

何年か前に買ったヒーリングのピアノ曲集の

CDの中で初めて聞き とりこになった

you tubuで素敵なロッホ・ローモンドを見つけた

独特の節回しが何ともいえず郷愁をそそられる

そこには美しき岸辺があり

そこには美しき丘が広がる

ローモンド湖に太陽の光輝く

過ぎ去りし陽気な日々

美しき岸辺 美しき丘 ローモンド湖

君は高い道を行き 僕は低い道を行く

一足先にスコットランドの土となろう

悲哀を胸に 再び会う日まで

美しき岸辺 美しき丘 ローモンド湖

« 赤い花 | トップページ | 赤い鳥小鳥~♪ »

ガーデニング」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

おはようございます~♪
 hiroさん、”ロッホ・ローモンド”私もこの哀愁を帯びた歌声に思わず聴き入ってしまいました。
このメロディーは知っていましたが、
言葉は解らなくても、心に沁みる歌は有るのですね。
今、改めて思っています。
 今朝のお花、三つとも可憐ですね。
特にバビアビリス・ラベンダーの優しい紫は綺麗です。
 私も少女を思わせる可憐なマーガレットは大好きな花です。
 今日もええ天気ですね。
hiroさんはお花たちのお世話でお忙しいのでしょうかhappy01
 

hiroさん、おはようございます。

いいお天気が続きましたが来週は寒く
なるみたいですね。

ロッホ・ローモンド 懐かしいメロディーです。

スローなテンポなので英語で覚えてみたいなあと
思って探したらとてもいいサイトが見つかりました。confident
http://eigouta.com/2007/03/loch_lomond_1.php
聞いて、読んで、歌って解説付きです。

他にもいい曲がたくさんあるので聞いて
みたいと思います。

バビアビリス・ラベンダー
芙蓉とかたばみ、両方に似てますね。
まさに“芙蓉かたばみ”ですね。
花やさんでは見たことがないような気が
しますがもし見つけられたら育ててみたいです。

おはようございます(^O^)/

バビアビリス、舌を噛みそうな名前ですねぇ~bleah
”芙蓉カタバミ”の方が覚えやすいです。(笑)
you tubu、カントリーウェスタンみたいですね!
               …(^y^)b

コスモスさん、こんにちは^-^
この歌は方言が多く使われているらしく
歌はなかなか覚えられませんが、
聞いているだけで癒されます。
ホント、言葉はわからなくても心に沁みる音楽ですね。

考えながら庭仕事をしているのでなかなかはかどりません。
時々止めてしまおうかと思うときもありますが、
翌日にはまた庭に出ています。
元気なうちは出来ますが、あとどれくらい出来るでしょうね。

京都府立植物園のバラ展を拝見しました。
バラは、お花の女王ですね。
あまりの美しさにうっとりですheart04
会場は良い香りで一杯だったでしょうね。
伊東ゆかりと京都フィルハーモニーのコラボによる
コンサートも楽しかったでしょうね。
私もガーデニングばかりでなく、どこかに出かけたくなりました。

chisayobaabaさん、こんにちは^-^
ロッホ・ローモンド、ご存知でしたか。
良い曲ですよね。
私も英語で覚えようと思ったのですが、
スコットランドの方言が多いようなので聞くだけにしました。

良いサイトを紹介していただきました。
早速覘いてみましたよ~
ロッホ・ローモンド以外にも懐かしい曲が一杯・・・
曲の説明や時代背景などもわかりやすくて良いですね。
好きな歌、やさしい歌から始めようと思います。
ありがとうございました。

オキザリスはブログを始めてから好きになって
育て始めたんですよ。
最近は園芸店でも取り扱われるようになりましたね。
小さな花がとても可愛いんですよ。

歌まろさん、こんにちは^-^
バビアビリス、舌を噛みそうですか。
昨年から育て始めたお花なので、私もなかなか
覚えられません。
記事を書くときもバビリアビリスと打ってしまいましたcoldsweats01
保存する前に気がついて良かったです。
 
ロッホ・ローモンド、お酒を飲みながらこんな
ところで聞いてみたいですね。

hiroさん  こんばんは
バビアビリス可愛く咲いていますね。
バビアビリス、ラベンダーは大好きです。
大きなお花と素敵なピンクがお気に入りです。
バビアビリス・イエローも可愛いですね。
マーガレット、綺麗に咲いていますね。
私は殆ど駄目にしました。一鉢頑張っていますが
お花は咲いていません。
外での冬越しは無理なのでしょうか?
ロッホ・ローモンド素敵ですね~
心に優しく届き癒されます。
メロディーは耳したことが有るような気がしますが・・・
素敵な歌のご紹介ありがとうございました。

hiroさん こんばんは。
バリアビリス・ラベンダー同じお花があって嬉しくなりました。
黄色もきれいですね。

歌 聞きほれてしまいました。
聞いたことがあるメロディーです。

暖かくて庭仕事もはかどることでしょう。
あまり無理をなさいませんように。

すみれさん、こんばんは^-^
バビアビリス、ラベンダーはお花も大きく可愛いですね。
植え替えをしなかったので、いまとても窮屈そうです。
葉が茂りすぎているので、一部地植えにしよう思っています。
イエローは殆んど球根が増えなかったのでちょうど良かったです。

やはり白のマーガレットは丈夫ですね。
これは地植えですが、プランターに植えたものもとても元気です。
ボンザマーガレットとピンクは夏の暑さで
殆んど駄目になりました。
マーガレットは地植えをしたのが初めてなので、
冬越しはよくわかりませんが、鉢植えのものは
冬は越しましたが、葉が落ちて見た目が悪くなりました。
思い切って切り戻しをすれば良いのかもしれませんね。

ロッホ・ローモンドはコーラスなどでよく歌われるようですね。
私は学校で習わなかったので、知りませんでした。

oasisuさん、こんばんは^-^
oasisuさんもバリアビリス・ラベンダーをお持ちでしたね。
一足早く見せていただきました。
私は鉢植えですが、球根が増え過ぎて窮屈そうなので
一部を地植えにしようと思っています。

oasisuさんはコーラスをなさっているので、
発表会などでいろいろな歌を聞く機会が多いでしょうね。
ロッホ・ローモンドは聞いたことがある方が多いようです。
私はヒーリングのCDを買うまでは、知りませんでした。

hiroさん、こんばんは。
オキザリスのピンクと黄色、マーガレットの白
まるで春のようだな~と思いました。
可愛い花が、これからしばらくは楽しめそうですね。
今日は疲れて、頭がジーンとしそうでしたが
お花に癒されました。
ロッホ・ローモンドも聞かせていただきましたよ、
どこかで聞いたことがあるような気がしました。
スコットランド民謡に特に感心がなかったのですが
良い曲がたくさんありそうですね。 ^^
心に響く曲でした。
私は、南米のフォルクローレが好きで
CDを買って相当聞きました。
「灰色の瞳」など、素敵な曲がたくさんあります。
その土地から生まれた民謡は、懐かしい響きがありますね。 ^^

お久しぶりです コメントをいただき遅くの伺いですみません・・・
あ”  オキザリスの花と思いながら見させていただきましたら バビアビリスと名前が付いてるのですね ピンク、 黄色のかわいいお花とてもきれいに撮っていらっしゃる 拍手でーす
マーガレットは冬越しが手をかけて上げねばいけないのですね ノースボールと似てますが葉が全然違いますね こちらもかわいいです
スコットランド民謡 ロッホ、ローモンド聞かせていただきました 初めての曲ですが 日本の民謡とどこか響きが重なるような気がします 民衆の歌だからでしょうかしら

tea☆timeさん、こんばんは^-^
今日は暑かったですね。
私は午前中はパソコンと庭仕事、疲れましたが
午後は市の外れにある公園まで秋を探しに行ってきました。

オキザリスは小さな花ですが咲いている姿
をみるとホッとします。
皆さんのブログを見せていただくと鉢一杯に
咲いている写真を見かけますが、私はなかなか
沢山は咲かせられません。

スコットランド民謡は心に沁みるやさしい歌が
多いです。小学校や中学校で習った歌も多く
聞いてみるとあぁ、この歌・・・と思われる
歌が多いと思います。

私もフォルクローレ、好きです。
以前路上で南米のグループの方がライブをしており
引き寄せられるように聞き入りました。
CDも買ってしまいました。
民俗音楽はどんなものでもたいてい好きです。
『灰色の瞳』は私も好きです

グランドマザーさん、こんばんは^-^
お久しぶりです。
オキザリスは種類が多いので、なかなか名前が
覚えられません。でもお花を見るとすぐにわかりますね。

白のマーガレットは外で冬越しは出来ますが、株が大分痛みます。
霜が降りず、冬暖かい場所に植えて、生き生きとした花を
毎年咲かせている方もいらっしゃいますが、
そんなよい場所に植えても、ある年突然枯れることもあるようです。
お花はノースボールに似ていますね。
ノースボールの方が気楽に楽しめるかもしれません。

ロッホ、ローモンド、確かにこの歌い方は
日本の民謡に似ているかもしれませんね。


オキザリス!!かわいいですねぇ~♪
私も新しい種類のオキザリスを探していますが、なかなか出会いがなくて・・・
葉っぱだけでもかわいいですものね~♪
たくさん種類があってうらやましいです!!

ロッホローモンド、今年の定演でうたいました。名誉革命(1688~89)後のスコットランドを中心とするカトリック勢力ジャコバイトの反乱で、イングランド軍に捕らえられた兵士の中にローモンド湖付近出身の若者2人がおり、一人は処刑され、一人は許されたそうです。上の道は現実の道、下の道はあの世の道で、故郷にたどり着くと、処刑された兵士の亡霊が先についていたと言う中身の詩だそうです。ボニーは方言で、本当に美しく素晴らしいという意味です。アニーローリーにも出てくる言葉ですね。

おはようございます。
初めて聞きましたが心地良い歌声ですね。
歌を聴きながら、コメント入れてます~notes
オキザリスは名前を知っていると、一層可愛らしく思えますね。
我が家は「紫の舞」があちこちに・・・
可愛い色のオキザリスも欲しくなりました~happy01

スコットランド民謡 独特の節回しに哀愁が漂いますね。
joyさんのコメントで、「ロッホローモンド」の内容に
そんなストーリーがあると知り、もう一度聴きました。
良い曲ですね〜。

マーガレットは大好きです。
春はスィートピーと併せて飾ります。これも懐かしい花です。

hiroさん こんにちは。cat
黄色のバビアギリスは珍しいのではありませんか?
ロッホ・ローモンドはいい曲ですね。
メロディーは聴いたことがありましたが、詳しい事は知りませんでした。
メロディーもいいですが、歌手の歌声がぴったりで
心に染みるような曲ですね。
私も英語を勉強をやり始めたので、優しい英語の曲を歌ってみたいと
思っていましたがchiyobaabaさんのご紹介のサイトはいいですね。
優しい知っている曲が多くて解説も丁寧で、私にも歌える歌がありそうです。

こんにちは~!

とても素敵な曲ですね。
どこかで聞いたことがあります。
癒しの曲ですね。
歌い方もいいです。

マーガレット、可愛いですね。
私も好きな花です。

loveletterhiroさん こんばんわ~!

ロッホローモンド懐かしく聞きました。
hiroさんもお好きだそうですが スコットランド民謡には
いい歌がありますね。
蛍の光や 夕空晴れて 麦畑など~~~~
バリアビリス 黄色もあるのですか~?
はじめてみました~happy01

まつんこさん、おはようございます♪
オキザリスはブログをはじめてから育て
はじめたお花ですが、可憐で可愛いお花です。
今年は植え替えをしなかったので、中には
窮屈出そうでかわいそうな種類もあります。
やはり手間をかけないと駄目なようですね。

joyさん、おはようございます♪
ロッホローモンドの歌詞は方言が多いようなので、
意味がわからないところもありましたが、
言葉はわからなくても心に沁みる音楽だと思っていました。
詩の内容、教えていただきありがとうございました。
ボニーという言葉は、他の曲でもよく聞いたような気がします。
アニーローリーも大好きな歌です。

アガパンサスさん、おはようございます♪
紫の舞は葉だけでもも美しくて良いですね。
クリスマスローズだけ咲かせているお宅の
オープンガーデンを見せていただいたことが
ありますが紫の舞が地植えされていて、葉だけ
でしたが庭のアクセントになっていてとても綺麗でした。
植える場所があったら庭植えも良いと思いました。

ryoさん、おはようございます♪
私もロッホローモンドの内容はブログで調べて
初めて日本語の歌詞がわかったのですが、
このような内容とは知りませんでした。
わたしのCDはピアノで演奏されていますが、
素朴な笛(名前はわかりませんが)で演奏されたものも
とても素敵です。昔の一般の人はこのような楽器で
演奏し、歌っていたのでしょうね。とても癒されます。

catミミさん、おはようございます♪
黄色のバビアビリスは珍しいかもしれませんね。
他の球根はみな増えたのですが黄色は夏場に傷んだのか、
数が減ってしまいました。咲き方も花茎があまり伸びず、
根元の近くで咲きます。
ロッホローモンドは良い曲でしょう。
chiyobaabaさんのご紹介してくださったサイトは、
私もお気に入りに入れました。
英語の勉強にもとても役に立ちそうですね。
chiyobaabaさんも今年の春から英語の勉強を始められたそうです。

kazuさん、おはようございます♪
ロッホローモンドを聞いていると癒されますね。
オペラ歌手などがたっぷりとした声量で朗々と歌い
あげるのも良いですが、この歌のように哀愁を
帯びた歌い方も良いと思います。
静かな夜更けに聴くととても癒されます。

ゆきこさん、おはようございます♪
スコットランド民謡には良い曲がありますね。
アニーローリー(もしかしたらアイルランド民謡かも・・・)
やツリガネソウ、も大好きです。
バリアビリスの黄色は、珍しいようですね。
球根も他のバリアビリスと違い増えないです。
咲き方も根元の近くで咲き乱れなくて良いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508194/46604042

この記事へのトラックバック一覧です: バビアビリス:

« 赤い花 | トップページ | 赤い鳥小鳥~♪ »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ