« ネコノヒゲ(クミスクチン) | トップページ | 久しぶりの寄せ植え »

2009年8月16日 (日)

サンタンカ 

真っ赤な花と艶々した緑の葉が美しいサンタンカ。

熱帯のマレーシアや中国南部が原産の、

アカネ科の常緑低木です。

日本へは江戸中期に沖縄を経由して渡来したそうです。

小さな花がたくさん集まって、半球状に可愛く咲きます。

Dsc00335

           イソクラ・コッキニア

サンタンカは別名をイソクラ(Ixora)といい、

サンスクリット語の「シバ神」をポルトガル語に訳した言葉。

この花をシバ神にお供えしたことが名前の由来のようです。

Dsc00314

薬用植物としても知られており、

花は高血圧、月経不順の改善に、

根は咳止めに

茎葉をリウマチなどに

いずれも乾燥したものを煎じて用いるそうです。

染料にも使われ、媒染にミョウバンを用いると

花は青紫色、根は茶色に染まるそうです。

花言葉は喜び 可憐 私を見つめて。

Dsc00400_2

     イチジクに止まっているミンミンゼミ

子供の頃はアブラゼミと同じくらい良く見かけたミンミンゼミ。

最近ではあまり見かけなくなっていた。

羽が透明でアブラゼミより好きだった。先日見たニイニイゼミといい

今年の夏はいろいろな種類のセミを見ることが出来て嬉しい。

お尻から失礼!

« ネコノヒゲ(クミスクチン) | トップページ | 久しぶりの寄せ植え »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます~♪
 hiroさん、今朝は見事な真っ赤なサンタンカ、葉っぱの緑色も鮮やかで、文字通り、目が覚めるように綺麗ですね♪
花言葉もロマンチックでheart
hiroさんや私にピッタリですねhappy01
薬用植物なのですね。
 実は、私は膝の痛みが強くて、明日の整形外科受診を待っています
理由はプールで動き過ぎたのかも・・・
痛みに効く薬用植物は無いのかなぁ
coldsweats02
 お尻から失礼のミンミンゼミ、羽根の美しさに免じて、許しましょうgood
 京都は「五山の送り火」です。
私はいつもの通り、ベランダから撮りますが。
平安人さんは、近くまで行かなければ見え難い、「鳥居形」を撮りに行かれます。
楽しみにしていますheart04
多分、拘って撮って来られるかも・・・good


 

早上好!(おはようございます!)
まずはお礼から・・・
ryoさんからメールで私にまで「照葉樹」購読の
お礼がきました。厚くお礼申し上げます。
高興極了!(嬉しい!)

サンタンカ!今朝は美しい南の国の花に目覚めました。
「私を見つめて」と言われなくても
見つめたくなります。
きれいなだけでなく、薬用に染料に役立っているなんて、表彰ものですね。

おはようございます
真っ赤なサンタンカ鮮やかな色ですね
hiroさんの、お庭は本当に珍しい、お花
ばかりです一生懸命手塩に掛けて大切に育ていますね・・・・私も見習わなくてはといつも思います中々ズボラな私には。。。。^^ですが

コスモスさん、こんにちは^-^
膝の痛み、お辛いでしょうね。
良く効く薬草ですか・・・今ネットで調べた
のですがにんにくの生汁を蜂蜜に混ぜて
飲むのが良いそうです。でもお医者さんに診て
いただくのが一番良いでしょうね。
プールにはいると体が良く動くので動きすぎという
ことはありえるでしょうね。私も張り切りすぎで
筋肉痛になることは良くあります。

この時期、京都にいるといろいろな灯りを
見入ることができますね。
我が家は35年ぐらい前に開発された住宅地なので
核家族が多く、お盆の雰囲気は殆んどありません。
コスモスさんのブログからそれを実感しています。
えんま堂のお精霊迎えはお堂に灯されたたくさんの鐘が
幻想的で荘厳な雰囲気をかもし出していますね。
閻魔大王の像も睨みをきかせて、怖いですね。
こんな顔で見られたら嘘もつけませんね。

Reiさん、こんにちは♪
「照葉樹」はReiさんのブログを拝見して
興味を覚えたので、昨日申し込みました。
よい同人誌を紹介していただいたと喜んでいます。
最近は読む本といえば 園芸に関する本とか
雑誌ばかりで、反省していました。
Reiさんに刺激を受けて昨日図書館で村上春樹の
「ねじまき鳥クロニクル」を借りてきました。
(まだ読んでいませんがcoldsweats01
村上作品は20年近く前「ノルウエーの森」を読んだだけ、
この小説は長編なので読み通せるか不安ですが
あれだけ感動した村上作品なので大丈夫かと思いました。

Reiさんの雑記帳は殆んど読ませていただきまして。
私もReiさんのように元気なアクティブシニア
を目指したいと思いました。

サンタンカは沖縄では垣根に使われているそうです。
夏らしいお花で綺麗でしょう。
染物に使えるのも魅力がありますね。

めいめいさん、こんにちは^-^
お花屋さんの前を通ると素通りできなくて、
ついついお花を買ってしまいます。
冬のことも考えず、衝動買いばかりです。
あとからお花を調べて冬に室内に取り込まなければ
ならないことがわかるのですが
もし枯らしても、お安いので一年草扱いで良いかな
と思っています。
私の性格はズボラですよ。ズボラガーデニング大好きです。

loveletterhiroさん こんにちわ~!

サンタンカ きれいですね。
時々花売り場でオレンジ色のものを見かけますが
まだ1度も育てたことありません。
元気な 夏らしいお花ですね~eyegood
私も ブログ しんどくなって 大分前から 隔日です~happy01

hiroさん こんにちは
サンタンカ、可愛い小花がとっても素敵ですね。
以前買い求めて枯らした記憶があります。
上手な育て方教えて欲しいです。
「サンタンカ」の名前の響きも好きです。
薬用植物だったのですね。何も知らないで育てていました。
染料が凄く興味あります。染められた色
見てみたいものです。
蝉の種類、良くご存知ですね。
近くの公園には、沢山いますが、名前がさっぱり分かりません。


サンタンカ(サンダンカ 山丹花)もお庭に咲いているのですかeye
いつもビックリしますよ。
何でもありますね。

沖縄三大名花のひとつでした。

一昨年の9月に沖縄で撮りました。
トラックバックできませんので、ここに・・
  ↓
https://iiiro.jp/blog/srt101/29869.html

後で知ったのですが“ベニテマリ”という
花の先の尖った品種だったようです。
でも、突っ込んで詳しく調べておりませんので
もしかしたら名前を間違っているかもわかりません。

ゆきこさん、こんばんは^-^
私もどちらかというと似た花のペンタスの方を
買うことが多く、サンタンカを買うのは二度目です。
冬越しはしたことありませんが、今年は室内に
取り込んでみようと思います。
私は目の調子が悪くあまりながい間パソコンに
触れない方が良いと思ったのですが、毎日あけています。
でも一日おきだと楽ですね。

すみれさん、こんばんは^-^
私もサンタンカを買うのは2度目なんですよ。
似た花のペンタスを買うことが多く
まだ越冬させた事はありません。今年も駄目だと思いますが
ダメモトで室内に取り込んでみたいと思います。
お花で布を染めると青紫になるそうですが綺麗でしょうね。
私も染色には少し興味があります。
セミは小学生の頃よく蝉取りをして遊びました。
夏休みの宿題に標本を作ったこともあります。

Saas-Feeの風さん、こんばんは^-^
サンタンカは先日お花屋さんで買ってきました。
いま鉢植えで育てています。
昨年9月のブログ、見せていただきました。
サンタンカが沖縄三大名花だとは知りませんでした。
私も沖縄に行ったことがありますが、まだブログ
をする前でしたので、人物の写真ばかり撮ってきて
お花にはあまり気がつきませんでした。
デイゴはよく沖縄民謡にも出てきますね。
沖縄県の県花だったのですね。

hiroさん、こんにちは!
懐かしいサンタンカを見てから、嬉しかったですね!
子供の頃、サンタンカの蜜は食べたことありますよ。
とっても甘かったです!

hiroさんのガーデンで養蜂しますか。

hiroさん今晩は~
サンタンカはとても鮮やかな赤い色をしていますね。
初めて見ました!!
山丹花と書くらしいですね。
我が家に新入りで入ったペンタスに似ていますね。
でもいろいろ薬用になるなんて優れものですね。

サンタンカ
初めて見ました。

ずいぶん、たくさんの花や果実や木がお庭に
あるようですね。お野菜も。confident

我家はマンションでベランダにゼラニュームだけがやけに
たくさん咲いてます。(涙・・・)
春にはいつも寄せ植えをするのですが旅行から
帰るといつもゼラニュームだけが残っています。

それでも今までは気を取り直して(^-^;
作り直していたんですが今年はホントに
ゼラニュームだけのベランダになってしまいました。

それだけにいっそうhiroさんのお庭の緑が
うらやましいです。


hiroさん、こんばんは。
サンタンカというお花は初めて見ました。
咲いた感じはペンタスに似ていますが
大きそうな株ですね。
庭で咲いていたら、存在感がありそうです。
シバ神にお供えしたというと
神聖な感じもしますね。 ^^

London Callerさん、こんばんは^-^
サンタンカから蜂蜜がとれるのですね。
一度食べてみたいです。
私の庭は狭くて養蜂は無理です。
もしマレーシアに行くことができたら
サンタンカの蜂蜜をお土産に買ってみたいです。

Happyさん、こんばんは^-^
サンタンカとペンタスのお花はよく似ていますね。
サンタンカは木でペンタスは草だそうです。
私もペンタスは毎年買いますがサンタンカは
2度ぐらいしか買ったことはありません。
ペンタスはお薬にも染料にもなる魅力的な植物ですね。

chisayobaabaさん、こんばんは^-^
私もお花をはじめたきっかけがゼラニウムなんですよ。
今でもたくさんのゼラニウムが咲いています。
旅行するとお水がやれないので乾燥に強い
ゼラニウムはベランダに最適なお花かもしれませんね。
ヨーロッパでも窓辺にゼラニウムの花を飾っている
お宅が多いですよね。chisayobaabaさんもベランダを
たくさんのゼラニウムで飾ってくださいね。

夏はお花が少なくなり木々の葉が生い茂るので
緑が急に増えたような感じがします。

tea☆timeさん、こんばんは^-^
サンタンカはペンタスよりも開花期間が
短いかも知れませんが、庭にまとめて植えると
存在感がありそうですね。
寒さに弱いので翌年も咲かせたかったら
室内に取り込まないといけないのが少し
面倒ですね。今までは一年草と割り切って
育てていました。

さんたんか、以前実母にプレゼントしました。
数年まえでしたが、まだ今年も咲いていて嬉しかったです♪
夏らしくて素敵なお花ですよね。

おはようございます。

サンダンカ(書籍「亜熱帯沖縄の花」アクアコーラル企画)の名称で紹介されていますが、サンタンカ
が正しいと主張するサイト(沖縄植物図鑑:
http://qjy.web.infoseek.co.jp/okinawaplants/akaneka/sandanka.htm)もあります。
どちらが本当なのかよくわかりませんが
宮古島の道路に沿って咲いているのを時々見かけたり、園芸店でも売られています。
沖縄の3大名花の一つとして取材したことがあります。
http://1120kura.at.webry.info/200709/article_23.html
よければ見てください。
この色のサンダンカもいいなぁと思っています。

Sorry!
↑コメントkuraでした。

まつんこさん、おはようございます♪
お母様にプレゼントされたサンタンカ、まだ咲いて
いるのですね。温室に入れていらっしゃるからでしょうが、
木も大きくなったでしょうね。私は一度も冬越し
させたことはありません。
今年は室内に取り込んでみようと思います。

kuraさん、おはようございます♪
サンタンカが沖縄の三大名花であることは
今回のブログで初めて知りました。
前に沖縄に行った時、植物園にも行ったのですが
人物写真ばかりで、お花はあまり写してきませんでした。
今だったら、人物写真よりもブログにのせられそうな
写真をたくさん撮ってくるかもしれません(笑)
kuraさんのブログを拝見しましたが
サンタンカは赤や濃いオレンジ色ばかりではないのですね。
優しい色のサンタンカですね。初めて見せていただきました。

hiroさん こんにちは。
サンタンカ初めて見るお花です。
少し疲れ気味な私ですので 元気が出ました。

蝉が元気よく鳴いていて夏らしくて好きです。

朝早くから胡瓜7キロ刻み疲れて休んでおきました。
野菜もとれ過ぎても捨てるわけにもいかず
考え物です。
これから トマトソース、ゴーヤの佃煮をします。

hiroさんこんにちわ~
サンタンカ  真っ赤な花の色 濃い緑の葉の色が サン(太陽)の名前にピッタリなんですね 薬草なのですね  
もしかして 花の色違いもありますか~ お花屋さんで見たような・・・   違ってたらごめんなさい

イチジクの木にミンミンゼミ お尻からでもかわいいよ^^

oasisuさん、こんにちは^-^
セミの鳴声は暑苦しくもありますが
夏らしくて良いですね。
お嬢さんがお帰りになられて、少しホットされて
いらっしゃる頃と思いきや、朝から7キロの
キュウリを刻んでいらしたのですね。
トマトとース、ゴーヤの佃煮と休む暇が
ありませんね。終ったらゆっくりなさってくださいね。

グランドマザーさん、こんにちは^-^
サンタンカが薬草であることはネットで調べて
わかりました。マレーシアではこの花から
蜂蜜もとれるそうです。甘くて美味しいそうです。
染物にも使えるのでたくさんお花があると重宝しそうですね。
花の色違い、あるそうです。
私は実物は見たことありませんが友ブログのブログで
見せていただきました。
ミンミンゼミ、鳴声は聞いていたのですが
なかなかス肩を見ることができませんでした。
何十年かぶりで見ることが出来ました。

赤と緑、鮮やかな組合せです。
hiroさん、可愛い花ですねサンタンカ。
観るだけでなく、薬用としても価値有るんですね。

騒々しく鳴く蝉、我が家の庭にも。
間もなく静かに。
そうそう、無花果。
子どもの頃、近所の木からよく失敬しました^^。

shizuoさん、こんばんは^ー^
サンタンカは赤とグリーンの対比が美しい
ですが、赤以外にもいろいろな色のお花が
あるようです。でも本土に出回っているのは
赤と橙色に近い赤の花が多いようですね。
 
子供の頃、男の子達がよく柿をとって逃げている
姿を見かけましたが、イチジクもそうだったのですね。
それだけどこにでも植えられていたのでしょうね。

シバ神は、漢訳仏典で大黒天となり、神道の大国主と同一視されるようになったのだそうです。

サンタンカ(賛嘆花に聞こえます)を見ると、荒ぶる破壊神も大国様の笑顔になったことでしょう。
○サンタンカ荒ぶる神も大国に

joyさん、おはようございます♪
インドでもサンタンカはたくさん咲いていたのでしょうね。
グリーンと赤の対比が美しいのでシバ神に供えられていたのでしょうか。
シバ神が仏教では大黒天になったのですね。
イメージがぜんぜん違うような気がします。
日本の大黒天は福の神、お顔も優しいですよね。
賛嘆花、こんな名前を付けてもらえたらサンタンカも嬉しいでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508194/45940476

この記事へのトラックバック一覧です: サンタンカ :

« ネコノヒゲ(クミスクチン) | トップページ | 久しぶりの寄せ植え »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ