« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月30日 (日)

非日常への旅

今私は小説という非日常の世界を旅しています

きっかけはこの同人誌・照葉樹

Dsc00505

友ブログReiさんの記事から興味をもち取り寄せました

お二人の作家の方の3つの作品が収められ

どの作品も読みやすく 各作品の主人公になったつもりで

楽しませていただきました

Dsc00658

続いて読んでいるのが村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」

図書館で借りてきました

昨日は一日で2巻目を一冊読み上げました

村上作品は「ノルウエーの森」を18年前に読んだだけ

やはり読みやすく 目が離せなくなります

Dsc00656_2

日常に戻って目が離せないのが庭のお花たち

5月に植えたブルーサルビアは 剪定を忘れたため伸び放題に

なっていました あまりに乱れていたため 思い切って処分し 

新しいポット苗を買い 寄せ植えを作りました

コリウスは挿し芽で育てたものです

Dsc00318

観賞用唐辛子も綺麗でしょう

8月7日に買いましたがアップを忘れていました

Dsc00512_2

ご近所のRさんから挿し木で育てたムクゲをいただいたのが6月

待ちに待ったお花が咲きました

ムクゲは「一日花」と言われていますが これは2日位咲いています

Rさんのお宅のムクゲは 花の中央に赤い模様がある種類らしい

のですが 我が家のは白一色、挿し木は親と同じお花が咲くと

思っていましたが こんなこともあるのですね

2009年8月28日 (金)

ハナトラノオ(Obedient plant)

今日は公民館で英語のクラスがある

このクラスにはテキストがない

話題は自分で考えなければならない

特別なことがないと話題を考えるのは難しい

こんなときはテキストが欲しいと思う

I have an English class in the public hall today.

There is not a text in this class

We must think about the topics by ourself

When it is never special, it is difficult to think about the topic.

I want the text at such time.

Dsc00472

ハナトラノオが綺麗だ

この花はしそ科に属する多年草で

北アメリカ東部原産である

丈夫で花期が長い

気がつくと庭はこの花で占領される

花言葉は達成感

Obedient plant is beautiful.

This is a perennial belonging to Lamiaceae

that is native to eastern North America.

It is strong and the flowering season is long.

The garden is occupied in this flower when noticing.

The flower language is a sense of accomplishment.

*Obedient plant  カクトラノオ * perennial  多年草  

*Lamiaceae  しそ科 *sense of accomplishment 達成感

Dsc00406

スクテラリア・ジャワニカはしそ科に属する多年草で

中国原産である

日本に自生するタツナミソウの仲間で

暗紫色の美しい花だ

Scutellaria javanica is a perennial belonging to Lamiaceae

that is native to China.

It is the friend of a Skullcap growing naturally in Japan.

It is a beautiful flower with a dark purple.

*Scutellaria javanica スクテラリア・ジャワニカ 

*Skullcap タツナミソウ

2009年8月26日 (水)

イチジクのジャムと赤ワインコンポート

Dsc00628

今年のイチジクは豊作で 秋の収穫も昨年より2週間位早い

8月中頃から熟し始め 今は毎日6~7個 収穫している

イチジクは北海道に住む 孫②のKが大好きだ

昨年お産で娘が帰省していた時も 毎日喜んで食べていた

9月11日から彼がマレーシアとドイツに1ヶ月ぐらい出張する

のでまた帰る予定だが その頃はどうなっているかな・・・

Dsc00631

まだ実の硬いものもある

娘が帰る頃 熟してくれるとよいのだが・・・

少し冷凍にしてみた

解凍後そのままでも食べられるのだろうか

Dsc00633

イチジクは漢字で「無花果」と書くが お花がないわけ

ではない この赤いつぶつぶがすべてお花だそうだ

歴史は古く 人類最古の栽培植物ではないかと

いわれている 栄養価も高く可食部100g中 

カリウム・170㎎ 食物繊維・1,9g が含まれているそうだ

Dsc00546

たくさん取れたのでジャムとコンポートを作った

ジャムの作り方はこちらからどうぞ

Dsc00561

材料 イチジク 800g

    砂糖   200g

    レモン汁 大匙2

今年は皮つきのままで作った 昨年に比べ出来上がり

が少ない気がする 

煮詰めすぎたのかもしれない 瓶詰の方は冷凍した

Dsc00624

イチジクのコンポート

材料 イチジク 6個 600g

    砂糖       100g

    赤ワイン    100cc

         レモン汁    1個分

赤ワインの量を増やして水の量を減らしたり 

甘さもお好みでどうぞ・・・

Dsc00547

ホーローかステンレスの鍋に 洗ってヘタをとった

イチジクと材料のすべてをいれ 水をイチジクがひたひた

につかる程度まで加え 弱火でコトコトと30分ぐらい煮る 

そのまま冷やして食べても美味しいし 

バニラアイスクリームや生クリームを添えて 

ミントの葉で飾ると素敵なデザートになる

(ミントの葉がなかったのでパセリで飾ったbleah

Dsc00536

クッキーが今年2回目のサマーカットをした

それまでは床にぺタッと寝ていたが おなかが冷えるのか

ソファーで寝ることが多くなった 散歩に行ってもあまり

息切れをしなくなったし 何より食欲が出てきてよかった

 

2009年8月24日 (月)

小田原漁港までランチに~♪

Dsc00617

釣り用のライフジャケット

息子から夫への誕生日プレゼント

夫が誕生日プレゼントは何が良いかと訪ねられ

リクエストしたようだ

昔自分で買ったライフジャケットは

固型式で小物を入れるポケットもなく

ただ身体を水に浮かせるためのシンプルなもので

色もオレンジでいかにも救命用といった感じだった

これは実用性とおしゃれ感があってとても素敵

どうやら息子とおそろいのようである

Dsc00565

小田原漁港

我が家から小田原厚木道路を使うと1時間もかからずに

小田原漁港に着く 

シンボルの白灯台は小田原提灯を模している

昨日は息子家族に誘われ 

お昼を漁港内の食事処ですることとなった

Dsc00574_3 Dsc00567_2

まご茶漬け専門店どん

まご茶漬けとは獲れたてのお魚に

熱々のお茶をかけて食べるこの辺の漁師料理で

短時間でまごまごしないで食べられるので

まご茶漬けと命名されたようだ

Dsc00566 Dsc00568

孫のK君が食べたマグロの漬け丼+カニのお味噌汁

大人用だが残さずたいらげた

Dsc00569 Dsc00572_3

私たちは当店人気NO1のメニュー

「まぐろホホの網焼きステーキサラダ添えセット」

1550円を注文した 

しょうがを添えたアジのたたきの周りに、

三つ葉 大葉 刻み海苔

見るからに美味しそうだ。

特製出汁をたっぷり注ぐと

なんとも言われぬ良い香りが・・・

新鮮なアジのたたきが絶妙なレア状態になり 

たまらない美味しさだった

まぐろホホの網焼きステーキも ほっぺが落ちそうだった

お誕生日だからとランチまでご馳走になった

J君 Y子さん ありがとう

Dsc00575

日曜日の市場は閑散とし・・・

Dsc00578

漁港内は釣り人で賑わっていた

Dsc00619

このあと孫のKが大好きな

神奈川県立生命の星・地球博物館に寄った

(この写真はパンフレットの写真を転写したもの)

入場料は20歳以上510円

中学生以下は無料

高校生・65歳以上は100円

Dsc00581_2 Dsc00588 Dsc00590

マンドタピラいん石 レインボーアンモナイト 石のようになった木

Dsc00594 Dsc00598 Dsc00599

シイラカンスの化石 ナウマン像の骨格標本 動物の剥製

Dsc00601 Dsc00605 Dsc00608

鳥の剥製 蝶の標本 世界最大の昆虫

これはほんの一部の展示物

館内は「地球展示室」「生命展示室」「神奈川展示室」「共生展示室」

「ジャンボブックス展示室」があり 各種展示のほかにも

「ミュージアムシアター」等、子供だけでなく大人も子供時代に

帰ったように楽しめる

時間がなかったので全部を見ることは出来なかったがまた訪ねて

見たいと思った 家に着いたのも遅くなったので夕飯も外で食べた

K君に「何が食べたい?」と聞いたところ お寿司ですって・・・

自宅近くの回転寿司に行き 今度は海老をたらふく食べていた。

                                         

                                       

                                          

                                               

                                               

                                      

                                          

                                                     

                                           

                                                   

                                         

                                                      

2009年8月22日 (土)

夏咲きオキザリス・3種

8月18日(火)ついに私の住む町でも 新型インフルエンザの

集団感染が確認されました

市内公立中学校の部活動のサークルで 20名感染したそうです

校名やサークル名は 公表されていませんが とても心配です 

マスコミなどでも 秋口からまた流行するなどと 報道されています

手洗い うがい等を徹底して 感染を予防するしかありませんね

Dsc00498

オキザリス・トリアングラリス (Oxalis triangularis)

葉色が紫色で葉形が三角形をした 

別名を「紫の舞」と呼ばれるオキザリスです

今年の梅雨は長く 雨も多かったので サビ病にかかり

ましたが 病気の葉を取り除き 軒下に鉢を移したところ

新しい綺麗な葉が出て お花も次々と上がってきました

葉だけ見ていても美しいですよ~heart04

Dsc00301

オキザリス・デッペイ (Oxalis deppei)

しばらく休んでいたお花が また咲き始めました

小さな朱色のお花がかわいいでしょうnotes

四葉のクローバーのような小さな葉の中央には

紫のラインがあります

別名を「ラッキークローバー」呼ばれています

Dsc00193

オキザリス・トリアングラリス (Oxalis triangularis)

私が初めて育てた2年目のオキザリスです 

昨年は12月頃まで咲いていました

葉形が三角形で葉色が緑なので

別名を「緑の舞」と呼ばれています

紫の舞と同じようにサビ病にかかりやすく  

これも病気の葉を取り除き 軒下に移しました

Dsc00517

オキザリス・ボーウィ(Oxalis bowiei)

7月29日に10球植えたました 今8つ芽が出ています

9月の終わりごろは お花が咲くかもしれません

同じ日に植えた ペンタフィラとヒルタの芽は まだ出ていません

2009年8月20日 (木)

16cmのハイビスカス

オレンジ色のハイビスカスが元気に咲いています

何度もブログに登場していますが 今日もご褒美のアップです

Dsc00501

昨年8月初旬に買ったときは お花だけがやけに大きく

葉の密集した小さな株でした 

1年後 株は倍以上の大きさになり 葉も適度な間隔があります

Dsc00504_2 

お花の大きさは相変わらずで ものさしで図ってみると

直径16cmもありました

Dsc00485

暑い夏はお花も一休みするといいますが このハイビスカスは 

エネルギーに溢れ 絶え間なく咲いています

Dsc00012 Dsc00296

オレンジと白のガザニア

春にたくさんお花の咲いているポット苗を買ったのですが

アップするのを忘れていました 3度目の開花でお詫びのアップです

Dsc00430 Dsc00437

Dsc00447 Dsc01840

オキシペルタム(ブルースター)の種

種ができるとサヤがはじけて 綿毛の先についた種が毀れます

白い綿毛は絹のように光沢があり きらきらと輝きとても綺麗です

右下の写真は 種の入っているサヤと花です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月19日は夫のお誕生日でした

苫小牧に住む娘からプレゼントが届きました

Dsc00506 Dsc00507

プレゼントは茶色のコーデュロイのジャケット

メッセージと孫の写真が入っていました

「誕生日おめでとう!! これからも元気でいてね!

プレゼントはちょっと早いけど秋~冬にでも着てください!!」

Mちゃん ありがとう サイズはぴったり とても似合っていましたよ

Dsc00509

夫と私はいつも行くシャブシャブのお店で祝杯をあげました

お肉は牛と豚のロース 食べ放題でした

デザートはアイスクリーム スタミナがつきました

2009年8月18日 (火)

久しぶりの寄せ植え

久しぶりに寄せ植えを作った

少しでも涼しそうな雰囲気にしたいと思い白い花で統一した

Dsc00444_2 

使ったお花は

Dsc00416_3 Dsc00425_2 

 セイロンライティア        初雪草・ユーホルビア

Dsc00418_2 Dsc00439_2

 雪華草               プーミラ

Dsc00480_3

買ったお花は

雪華草 398円 他は 198円×2=396

合計794円のお楽しみでした

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

連日の暑さで お花たちも疲れ気味

我が家は日当たりがよすぎるのか 赤いハイビスカスなどの

色素が抜けてきた ハイビスカスの生育適温は15℃~25℃

どこか涼しいところに移してあげないと いけないかもしれない

Dsc00446 Dsc00479

色が薄い部分は色素が抜けている部分 (写真8/17)

まさか蕾のうちからなんてことはないでしょうね

ちなみにオレンジのハイビスカスは色素が抜けていません

Dsc00450 Dsc00451_2

一見綺麗に見えるアブチロンも お花の裏を見るとこの通り

やはり色素が抜けていた   

買ってきた時はこんなことはなかったのにweep

(追記)

Dsc00482

(今朝8時30分の画像) 

昨日のハイビスカスの蕾は開いていたが

無残にも食害されていた 

こんなことは長いガーデニング暦で始めての事だ

近くにコガネムシがいた ハイビスカスを食べた犯人?

花びらの色素が抜けていたことと関連があるのだろうか

2009年8月16日 (日)

サンタンカ 

真っ赤な花と艶々した緑の葉が美しいサンタンカ。

熱帯のマレーシアや中国南部が原産の、

アカネ科の常緑低木です。

日本へは江戸中期に沖縄を経由して渡来したそうです。

小さな花がたくさん集まって、半球状に可愛く咲きます。

Dsc00335

           イソクラ・コッキニア

サンタンカは別名をイソクラ(Ixora)といい、

サンスクリット語の「シバ神」をポルトガル語に訳した言葉。

この花をシバ神にお供えしたことが名前の由来のようです。

Dsc00314

薬用植物としても知られており、

花は高血圧、月経不順の改善に、

根は咳止めに

茎葉をリウマチなどに

いずれも乾燥したものを煎じて用いるそうです。

染料にも使われ、媒染にミョウバンを用いると

花は青紫色、根は茶色に染まるそうです。

花言葉は喜び 可憐 私を見つめて。

Dsc00400_2

     イチジクに止まっているミンミンゼミ

子供の頃はアブラゼミと同じくらい良く見かけたミンミンゼミ。

最近ではあまり見かけなくなっていた。

羽が透明でアブラゼミより好きだった。先日見たニイニイゼミといい

今年の夏はいろいろな種類のセミを見ることが出来て嬉しい。

お尻から失礼!

2009年8月14日 (金)

ネコノヒゲ(クミスクチン)

ブログを初めて今日で丁度1年半になる

7月までは家にいる限り毎日更新していた

こんなに夢中になって1つのことに打ち込んだのは

生まれて初めてかもしれない

最初は書き続けられるか心配したが

いざ始めてみると何でも素材に見えてきた

庭の花 虫 愛犬 家族 趣味、などなど

拙いブログではあるが 訪ねて下さる方もふえ 

励みになった 外出する時はいつもデジカメ持参だった

おかげで今まで気づかなかったことも 

随分気づくようになった 最近は少しブログ疲れが出て 

1日おきの更新になっている

これからも無理をせず 楽しみながら 続けていこうと思う

Dsc00368  

ネコノヒゲ(クミスクチン) シソ科の非耐寒性多年草 

インド・マレーシア原産 花期・6月~10月

白くて長いオシベとメシベが 猫の髭を思い出させるのが

和名の由来 マレーシアでは利尿剤や血圧降下に利用

されるハーブとして育てられている

寒さに弱いので冬は室内で管理する

Dsc00370_2 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴーヤがたくさん収穫できるようになったので佃煮を作ってみた

材料 ゴーヤ・1kg すりゴマ・大匙3 カツオ削り・6g

合せ調味料 

(酢 100cc 醤油200cc 黒砂糖200g みりん100cc)

Dsc00374 Dsc00377

①ゴーヤは種とワタをとり5~7mmの厚さに切り 

熱湯でさっと湯がく

②合せ調味料を煮立て ゴーヤを入れて煮る

③水分がなくなる前にかつお節・ゴマを入れて更に煮る

(焦げないように)

④水気がなくなったら出来上がり

Dsc00382 Dsc00389

感想

昨年は友ブログさんのブログを見ながら作ったが 

調味料の分量等をメモをしていなかったため 

今回はネットで検索したレシピで作った

今回のは佃煮らしくはあるが 全体的に味が濃すぎた 

好みにもよると思うが 醤油を半分近く減らしても

良いような気がした こちらが昨年のものです

 

2009年8月12日 (水)

百日紅

青空に百日紅が映えます

百日紅は日本の夏の代表的な樹で中国原産の落葉樹です

Crape myrtle shines in the blue sky。.

Crape myrtle is a typical tree of summer in Japan and

a deciduous tree that is native to China.

*Crape myrtle 百日紅の英名 * deciduous tree 落葉樹 

Dsc00348

猿が滑る樹だから猿滑と呼ばれ 

百日花が咲き続けるので百日紅と呼ばれています

It is called 猿滑 in Japanese

because it is a tree where the monkey slips,

and it is called 百日紅 in Japanese

because the flower keeps blooming for 100 days.

Dsc00328

ランタナ (Common lantana)

Dsc00181

アメリカンブルー (Evolvulus)

Dsc00337

オキザリス・ロバータ (Oxalis Roberta)

Dsc00343_2

バッタ (Grasshopper)

カンナの葉を食べていたのはあなただったのね

It was you that ate the leaf of the canna lily.

*Canna lily カンナ 英名

2009年8月10日 (月)

可愛い熱帯の花・アブチロン~♪

早朝から大雨が降っていますrain

娘一家は午後帰りますが お天気が気がかりです

アブチロンというとまずチロリアンランプを

思い出しますが いろいろな種類があったのですね

先日近くのHCで見つけたお花はハイビスカスを小さく

したようなとても可愛いお花でした

Dsc00305_2

それもそのはず このお花は

ハイビスカスと同じアオイ科だったのです

日本のフヨウも同じ仲間 お花の咲き方もみな似ています

Dsc00306

特別価格でお安かったので赤、白の2色買ってしまいました

まだ蕾もたくさん付いていましたよ~・・・

昔育てたことがあるチロリアンランプは外でも越冬しましたが

こちらは冬は室内で管理しないと駄目なようです

Dsc00333

ウツボカズラです この植物は夫のリクエストです

夫は子供が小学生の頃 子供を喜ばせるため 

夏休みになると いろいろな種類の食虫植物を買って来ました

でも本当は自分がほしかったのかな・・・

袋の入り口に蜜腺があり 密に誘われて虫が中に入って

しまい出られなくなる仕組みになっているようです

お花も咲くそうです 私はそちらの方が興味があります

2009年8月 8日 (土)

ユーリクレス・アンボイネンシス

Dsc00244

ユーリクレス・アンボイネンシス(8/4)

ヒガンバナ科 ユーリクレス属の多年草(非耐寒性鱗茎)

マレー半島などの熱帯雨林に分布し

現地では「森の天使」と呼ばれているそうです

Dsc00293

伸びた茎の先端に 白いお花を次々と咲かせます(8/5)

蕾は13個あり 草丈は40cmくらいです 

植えた鉢が少し小さかったかもしれません

Dsc00326

今朝一番の写真です(8/8)

和名は葉っぱがギボウシに似ていることから

ギボウシモドキと呼ばれているそうです

Dsc00184_2

大きなハート型の葉 (ギボウシに似ているかしら?)

真夏の強い日差しは厳禁 葉を傷めるそうです 

日陰に移すの 少し遅かったようですcoldsweats01

Dsc00282

こちらは本物のギボウシの花です

***********************

今日から娘一家が帰省します

今回は娘の元職場のお友達の結婚式に出席するため

急遽帰省することになりました 

昨年9月3日に生まれたMちゃんはもうすぐ1歳になります

お兄ちゃんのK君は3歳3ヶ月 英語を習い始めたようです

孫に会うのは2月に札幌に訪ねて以来・・・大きくなったでしょうね

木曜日と金曜日は彼の実家に行っていました

じいじもばあばも大喜びだったでしょう

いとこのH君 Aちゃんとも仲良く遊んでもらえたでしょうね 

Dsc00313

娘が帰省に先がけてクール宅急便で送って来た

ジンギスカンの冷凍のお肉 凄い量です

我が家の秤ではエラーがでて量れません

息子の家族も呼んでジンビスカンパーティーでもしましょうかnotes

*北海道発のジンギスカンのCMソングを見つけました*

なかなか面白いですよ~・・・

2009年8月 6日 (木)

ヘルスキックでトマトソース

イタリアントマト・ヘルスキックは皮が厚く 水分が少ないので

生で食べてもあまり美味しくない 普段はラタトゥーユ スープ

などに使っているが たくさんたまったのでトマトソースを作った

Dsc00272_3 Dsc00276_2

材料 ヘルスキック 1600kg 玉ネギ 小2個(200g)

    にんにく 大1個(35g) オリーブオイル 塩 胡椒 ローリエ

Dsc00273 Dsc00279

トマトはヘタをとり 熱湯に通し 皮がめくれてきたら 

冷水にとって冷まし皮をむく ざく切りにする

玉ネギとにんにくはみじん切りにする

①鍋ににんにくとオリーブオイルを入れ 弱火にかける

 香りが出たら玉ネギを加え 焦がさないように弱火で

 じっくり炒めて 玉ネギの甘みをだす

②トマトを加えて軽く混ぜる ローリエ 塩 胡椒を加え

 中火で20分煮込む イタリアントマトは赤みが少ないので

 仕上げにトマトケチャップを加えた

Dsc00292

さあ出来上がり 一つは冷蔵庫 一つは冷凍室で保存した

パスタ 煮込み オムライス スープ ピザ等 いろいろ使えそうだ

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ヘレニウム ロトゴールドMix

キク科 Asteraceae 

マルバハルシャギク属 Helenium

耐寒性宿根草 Cold-proof perennial plant 

和名 団子菊 Dangogiku 

英名 Sneeze Weed

原産 北アメリカ North America native.

Dsc00263

ヘレニウムはとても丈夫な植物です

Sneeze Weed is a very strong plant.

草丈は70cmぐらいです

The plant length is about 70cm.

花の中心が膨らんでいるように見えるので団子菊と呼ばれている

Because the center of the flower seems to swell、

it is called the Dangogiku in Japanese.

花言葉は上機嫌です

The flower language is cheerful.

こちらがヘレニウム・ロトゴールドmixの昨年の記事です

Dsc00294

庭のルドベキア・タカオが咲き始めました

The black-eyed-Susan in the garden began to bloom.

この花からいつも元気をもらっています

I am always getting vigour from this flower.

花言葉は正義です

The flower language is a justice.

(ルドベキア・タカオ:The black-eyed-Susan )

Dsc00051

久しぶりにニイニイゼミをみました

I saw a kaempher cicada after a long time.

あなたはこのセミを見つけることができましたか?

Were you able to find it in this photo?

(ニイニイゼミ  kaempher cicada )

             

2009年8月 4日 (火)

グラジオラス・ワインアンドローズ

待ちに待ったグラジオラスの花が咲いた

植えてから約3ヶ月 芽が出るまで1ヶ月かかった

長い間ガーデニングをしているが

グラジオラスを植えるのは初めて・・・

期待していたように美しい花を咲かせてくれた

グラジオラス(Gladiolus)は,アヤメ科グラジオラス属に属し

熱帯アフリカや南部アフリカ原産の園芸植物の総称のようだ

これも非常に多くの園芸品種があるらしい

Dsc00227 

お花は2本咲いただけ

お花が少なかった原因は雨のようである

グラジオラスは 本葉4~6枚の頃花芽ができるので

この時期に良く日光があたらないと花が咲かないそうだ

花言葉は たゆまぬ努力 ひたむきな愛 満足

Dsc00194

ヒョロヒョロで頼りない姿だが

ピンクのホリホック・サマーカーニバルも咲いた

これで先に咲いた黄色と2色になった

子供の頃に見たホリホックは見上げるような高さで

たくさんのお花が下から上へと咲いていた

草丈が高くなることを見越して 

花壇後方の植木の近くに植えたので

土も固く栄養が行き届かなかったのかもしれない

Dsc00173

二度目に咲いたカラー

葉の色もお花の色も薄くなった

Dsc00245

ハマナスは バラ科の落葉低木 香りも良くお花も可愛いのだが 

棘が多いのでもてあましていた 庭で鉢植えを楽しんでいたが

大きくなりすぎたので 菜園の隅に植えた

菜園ではさらに大きくなり 昨年根元からバッサリ切った

枯れたと思っていたが また可愛いお花を咲かせてくれた  

Dsc00141

最近マウスの調子が悪く 止まったまま動かないので

何をするにも時間がかかって困る

そろそろ新しいものに換えないといけないかな・・・

2009年8月 2日 (日)

朝鮮朝顔 (Datura metel)

Dsc00203

八重咲きの朝鮮朝顔です

This is a double-flowered Datura metel.

夕方から早朝にかけて咲き あまい香りがします

It blooms from the evening to early morning and has a sweet fragrance.

Dsc00209

葉や茎に短くて柔らかい毛があるので 葉は白っぽく見えます

The leaf looks like white because there are short, soft hairs

on the leaf and the stalk.

Dsc00213

全草が有毒です

All part of Datura metel are poisonous.

口にすると幻覚を起こし時には死に至るそうです

The illusion is caused when it eats it and it seems to die at times.

Dsc00216

ペンステモンが再び咲きました

The penstemon bloomed again.

庭に植えてから三年になりました

Three years had passed since it had planted it in the garden.

赤と白の可愛い花です

It is a flower with a lovely red and white

Dsc00075 Dsc00077

カコさんからいただいた3種類のオキザリス、

ペンタフィラ、ヒルタ、ボーウィ を鉢に植えました (7/29)

Three kinds of Oxalis, polyphylla, hirta, and bowiei

gotten from Kako-san were planted in the pot.

私は花が咲くのを楽しみにしている

I am looking forward to the bloom of the flower.

カコさん、ありがとうheart04

Thank you, Kako-san!

2009年8月 1日 (土)

小田原城・登城

Dsc00009

馬出門

二の丸正面に位置する門で 二の丸を守る重要な門

2009年春 復元された

Dsc00013

馬出門をくぐり枡形内へ入る

馬出門と内冠木門の二つの門と周囲を石垣と土塀で四角に囲んだ

「枡形形式」の門で 枡形はかなりの広さがある

右側の内冠木門をくぐると馬屋曲輪へと入ることができる

Dsc00018

銅門(あかがねもん)枡形

二の丸の正門にあたり 銅門(櫓門やぐらもん) 内仕切り門と土塀で

周囲を囲む「枡形門」の構造をとる

かかっている橋は住吉橋 橋から入る門は内仕切り門

左奥に見えるのは銅門の屋根部分

Dsc00022

銅門(あかがねもん)

扉の飾り金具に銅を使用していたことから その呼び名がついた

当時の工法により平成9年に復元された櫓門(やぐらもん)

Dsc00121

この階段を登ると最後の常盤木門がある

Dsc00052

常盤木門

小田原城本丸正面にあり、最も大きく堅固に作られている

周囲の多門櫓と渡櫓を配した「枡形門」の構造を持つ

そばにある巨松になぞらえてその名がついたそうだが

写真はこれだけしか撮れなかった

Dsc00059_2

小田原城・天守閣

江戸時代に造られた雛型や引き図を基に昭和35年に復元された

内部には甲冑・刀剣・絵図・古文書  武家文化にかかわる資料の

が展示室となっている

入場料400円を払って入場した 場内は撮影禁止だった

Dsc00071

最上階から見た石垣山一夜城

大きな建物の後ろの山の鉄塔辺りに豊臣秀吉の建てた一夜城跡

があり 今は歴史公園となっている

一夜城とは天正18年 豊臣秀吉が北条氏を打ち落とすために一夜に

して築いた城だといわれている 築城にあたり、山頂の林の中に塀や

櫓の骨組みを造り、白紙を張って白壁のように見せかけ、一夜のうちに

周囲の樹木を伐採し それを見た小田原城中の将兵が驚き志気を失った

と言われている。しかし、実際にはのべ4万人が動員され

天正18年4月から6月まで約80日間が費やされたそうだ。

この様子は先週の「天地人」でも放送されていた

Dsc00122

秀吉は水陸15万の大軍を率いて小田原城を包囲した

その本拠地が一夜城だったわけだ

Dsc00074

相模湾 

薄く写っている半島が真鶴半島

Dsc00146

最後に学橋から馬出門 二の丸隅櫓を見てお別れです

 

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ