« 学区外通学 | トップページ | 心に残った映画 »

2009年3月22日 (日)

アイスキング

水仙・アイスキングのお花が咲きました

Dsc09976

特大の八重咲き水仙です

開花当初はカップの色は黄色ですが

だんだんと白くなってくるそうです

Dsc09975

カップは八重のはずですが一重のものもありました

お花はアイスフォリスに近いかな・・・

でもお花の大きさはやはりキング、王様ですね

Dsc09997

左より開花順に並んでいます

19日開花 20日開花 21日開花

カップの色の変化が良くわかりますね

Dsc00001

今日もお花が咲いていましたので写真を追加しました

11月30日に5つの球根を植え 3月19日から22日まで

毎日1つずつ4つのお花が咲きました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

七つの水仙 Seven Daffodils

I may not have mansion, I haven't any land
Not even a paper dollar to crinkle in my hands
But I can show you morning on a thousand hills
And kiss you and give you seven daffodils

I do not have a fortune to buy you pretty things
But I can weave you moonbeams for necklaces and rings
And I can show you morning on a thousand hills
And kiss you and give you seven daffodils

Oh seven golden daffodils all shining in the sun
To light our way to evening when our day is done
And I will give you music and a crust of bread
And a pillow of piny boughs to rest your head
A pillow of piny boughs to rest your head
                                    

僕には、豪邸も、土地もない。
手の中で皺をなす紙幣一枚さえ無い。
けれど、千もの丘に降りそそぐ朝を、君に見せてあげられるよ。
そして、くちづけと、七つの水仙の花をあげよう。

僕には財産なんて何一つ無く、君に綺麗なものを買ってあげられない。
けれど月の光を紡いで、指輪やネックレスにしてあげられるよ。
千の丘の上の朝をあげよう。
そしてキスと七つの水仙の花を。

ああ、七つの黄水仙が太陽に輝いている。
日が沈んでも宵の道をなお照らしてくれようと…
音楽と一かけのパンと香りの良い小枝で編んだ枕をあげよう。
そこに君の頭を休めてほしいんだ。

« 学区外通学 | トップページ | 心に残った映画 »

ガーデニング」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

アイスキング見ごたえがあってきれいですね。
我が家も何の種類かわかりませんが、さびしく葉っぱだけでてるのがあります。
期待せずに待って見ます^-^
七つの水仙。いい歌ですよね。
大分にいるころの英会話教室では最初にいつも歌を歌ってたんですが
コレも歌いました。
2か月同じ歌歌いますが、覚えられなかったですねcoldsweats01
また書きとめて歌ってみますnotes

おはようございます
 hiroさん昨日は失礼しました
実は平安人もhiroさんやコスモスさんと同じB型です
そそっかしい(hiroさんはそんな事ありませんね)です
 今朝の花の名前はアイスキングと言う名前だったのですか
豪華な花たど 思っていましたが
平安人は植物園で見たのですが・・・
 英語は得意では有りませんが 好きです
英会話は昨年から習い始めました
hiroさんが時々紹介されている英作文結構好きです
歌も下手ですが 「七つの水仙」の歌は知っています
良い歌ですね
 今は生涯教育が盛んですね
hiroさんも絵手紙・ピアノ・英会話など
学んでおられますが
平安人も仏大で学生たちと共に学んだりしています
毎日では有りませんが
お互いに頑張りましょう!?

アイスキング、迫力ありますね。
初めて見ます。
真ん中が八重ですごい存在感なので、庭に咲いていたら、
目がいってしまいそうです。
Seven Daffodils、久しぶりに聴き、胸に響いてくるような声
だな~としみじみです。

hiroさん こんにちは。
今日はアイスキングと共に Seven Daffodils
の歌声を聴きジーンときました。
なんて素敵な歌なんでしょう!

作詞はワーズワースでしょうか?

何回も聞きたい曲です。

Happyさん、こんにちは^-^
「7つの水仙」、英会話教室で習っていたのですね。
英語を学ぶとき歌を取り入れると楽しいし聞き取りや発音の
勉強になるので良いですね。

私は若い頃フォークソングが好きでブラザーズフォーの
この歌も良く聞きました。
水仙を見ているうちにこの歌を思い出してアップしましたが
自分でも懐かしかったです。
ゆっくりなので単語も聞き取りやすくて歌いやすいですよね。

平安人さん、こんにちは^-^
まあ、平安人さんもB型でしたか。
私の友ブログの方はB型の方が多いです。
真面目なのにそそっかしい方が多いですね。
私もその一人です。
平安人さんは仏大で学ばれていらっしゃるのですか。
立派ですね。
私も昔放送大学で好きなことだけ学ぼうと思いましたが
思い付きばかりで実行できませんでした。
英語だけは上達しなくても生涯学習として
続けていこうと思います。
いくら勉強しても(実際は行ってるだけですがhappy02
物が増えませんし老後にはうってつけです。
お互いに頑張りましょうね。


ムムムさん、こんにちは^-^
私は中くらいの水仙が好きなのですが、たまには
大きいのもいいかな、と思って昨年の秋に植えました。
1球は咲きませんでしたが、植えっぱなしにしても
何年かは咲いてくれると思います。
この曲は静かで歌詞が胸に響きますね。
水仙を見ていたら思い出し、アップしました。

oasisuさん、こんにちは^-^
この曲、気に入っていただけたようで嬉しいです。
曲もゆっくりだし、英語も聞き取り易いので、
たまにはこういう曲を聴いて英語のお勉強も良いですよね。

この曲はブラザーズフォーが歌っていたのですが、
詩はワーズワースの「水仙」とは違うようです。
ワーズワースのはこちら↓にのせておきますね
http://pinkchiffon.web.infoseek.co.jp/book-daffodils.htm

こんにちは~
大きなお口をあけているようなアイスキングに
思わず顔もほころびますねhappy01
見ているだけで明るい気分にさせてくれます。
スイセンにも色々と品種があり
それをブログで拝見できてとっても勉強になりますし楽しいですscissors
スイセンの花も好きですが
シュンと立ったスリムな葉も好きな私です。

↓シャガ お持ちなんですね。
大好きなお花のひとつですcatfaceheart04

こんにちは~♪
子供の頃はお花も少なく、水仙が咲くと春を感じました。
とても大きな水仙、同じ種類で違う咲き方もするのですね。
我が家も蕾が見えて来ていますが、花が咲くのが楽しみです♪
七つの水仙、とても良い曲で、心穏やかに聞かせていただきました。

アイスキングとっても綺麗ですね。
名前に相応しいお花です。
我が家は今年は黄色の水仙の
育ちが良くありません。
こんなに素敵なお花が咲いてくれたら
嬉しいでしょうね。
七つの水仙、素敵な歌ですね~
歌詞も素敵ですね。

八重咲きスイセン。見るほどにはまっていまいました。。。
この落ち着きがあって趣のあるお花、我が家でも育ててみたいです。
英語堪能だな~。。。先日、仕事で英会話教室に顔を出しきました。
生徒さんたちを見て、hiroさんを思い浮かべましたよ。
皆さんお上手でした。。。

こんにちは・・春一番は
福寿草か。。クロッカス、、水仙
ですよねshine咲いてますね種類が、
沢山ですね・・・・・特にこのアイスキング
やはり、迫力が違いますね・・・大きい^^
家は。まだまだ蕾がやっとです
つくづく遅いです・・・・

hiroさん、こんにちは。
今日は私は感動で、うるうるしています。
Brothers Four の 七つの水仙 という曲・・・
若い頃、数え切れないくらい聞いて
口ずさんだ曲です。
結婚して、子どもが生まれて、仕事と子育ててに追われる中で
いつのまにか、記憶の片隅に追われていました。
でも、今日久しぶりに聞いたら、
メロディーが自然によみがえって来ました。
大好きな曲を思い出させていただいて
ありがとうございました。
アイスキングは我が家の水仙に似ています。
ちょっと黄色い部分が違っていますが、
一見同じかなと思ってしまいました。

小夏椿さん、こんにちは^-^
水仙は子供の頃から親しんだお花なので
大好きです。一番好きなのはもっとも平凡な普通の大きさの
一重のラッパ水仙です。たまには変わったものも良いと
思って植えました。
シャガは3年前ご近所の方からいただきました。
日陰でもよいと聞いたので、少し目に付きにくいところに
植えたので開花を見逃すところでした。

カコさん、こんにちは^-^
カコさんの水仙・タヒチも綺麗でしたね。
私も植えました。明日あたり一番花が咲くかも知れません。
私もカコさんと同じように子供の頃から水仙はなじみの深い
お花でした。子供の頃実家に良く咲いてたお花は水仙、ゆり
タチアオイでした。今年はタチアオイも種を蒔いたのでみんな
お花が見られそうです。7つの水仙、よい歌でしょうhappy01

すみれさん、こんにちは^-^
我が家でも5年ぐらい咲いていた水仙が今年は2鉢か3鉢
咲かなくなりました。一度鉢から抜いて地におろそうと思います。
もしどうしても植える場所がなければ菜園に
一時的に植えようかと思います。
この歌素敵でしょう・・・大好きな歌です。

まつんこさん、こんにちは^-^
まつんこさんのところにもかわいいミニスイセンが
ありましたよね。私が子供の頃は今のように冬が来る前
からパンジーやビオラを植えませんでしたので、
水仙が咲き出すと春の訪れを感じ喜んだものでした。
ですから今も水仙が大好きです。
ターシャさんの様に庭に勿忘草などと一緒に植えられたら
一番いいのですがお花の期間が短いので鉢植えが多くなります。

めいめいさん、こんにちは^-^
福寿草や水仙、クロッカスが咲くと春が来たな~と
思いますね。春告花と名前をつけたくなりますね。
水仙は小さいのがかわいいのですが、時には大きい
のも良いかな、と思って植えました。
めいめいさんのほうはこれからですね。
楽しみにしています。

tea☆timeさん、こんにちは^-^
うわぁ~tea☆timeさんもこの曲すきだったのですか。。。
またしても共通点がありましたね。
私も独身の頃よく聞いていたのですが、結婚すると
子育てなどで忙しくあまり聞かなくなりました。
水仙のお花を見ていたら思い出してYou-Tubeから
曲を探し出しました。
今は便利な時代になりましたね。
アイスキングは植えて何年かすると先祖がえりをして
カップが一重になるとネットに書いてありました。

水仙のお花が咲くと春が来たよ~と知らせてくれてるみたいです。
スイセンと言っても種類がいっぱいで名前が覚えられないSPです。
でもアイスキングは覚えましたよ。
お花がおおきーい。

我が家はミニスイセンが満開です。
今日は花瓶に生けてみました。

スヌーピーさん、こんばんは^-^
水仙も品種改良でいろいろな種類があるので
名前を覚えるのは大変ですね。
ブログをするようになって名前を気にするように
なりましたので、ブログ前に買った水仙の名前は
ぜんぜんわかりません。
ミニスイセンは可愛くてよいですね。
我が家にも庭に植えてありますが、そろそろ
終りそうです。

hiroさん こんばんは 
アイスキングというのですねflair 
今 店の横の花壇に一つだけ水仙が咲いているんですが それがどうやら一重のアイスキングらしいことがhiroさんのおかげでわかりましたsmile
水仙の種類なかなか覚えられませんcoldsweats01
ブラザースフォア 私も好きで この曲やグリーンスリーブスなどよく聞いていたことを思い出していますnotes

koroさん、こんばんは^-^
水仙の名前まではなかなかわかりませんよね。
ブログをしていなかったら私もぜんぜん気にしていなかったかも
それません。

ブラザーズフオー、よく聞いていらっしゃいましたか。
懐かしいですね。
私も良く聞いていました。
いろいろ良い歌がありましたが、この歌が特に好きでした。

アイスキング、大きな花ですね!
こんな水仙があるなんて知りませんでした
ほんと、水仙の王様という感じですね(o^-^o)

七つの水仙、久しぶりに聴かせていただきました
ブラザース・フォア 懐かしいですnotes

vanillaさん、おはようございます♪
あまり大きな水仙は育てたことなかったのですが
初めて植えてみました。
最初に咲いた水仙のカップの色はだいぶ白くなりました。

水仙を見ているうちに思い出したのがブラザーズフォーの
「7つの水仙」 久しぶりに歌いました。

はじめまして、時々お邪魔させていただいて、お花の写真を楽しませていただいていました。毎日
更新されていらっしゃるのは本当に素晴らしいですね。

私もブラザーズフォーもワーズワースも好きですが、一番好きな水仙の詩はRobert Herricの
To Daffodils です。
Fair daffodils, we weep to see
  You haste away so soon;
As yet the early rising sun
  Has not attained his noon.
      Stay, stay,
 Until the hasting day 
      Has run
 But to the evensong;
And, having prayed together, we
 Will go with you along.

joyさん、はじめまして!
お越しいただいてありがとうございます。
拙いブログですが、どうぞよろしくお願いいたします。

ブログをはじめて1年4ヶ月になりますが
家にいる限りほとんど毎日更新しています。
お花のカタログのようで恥ずかしいのですが
あとしばらく、このスタイルで進めたいと思います。

ロバート・ヘリックの詩ははじめてです。
イギリスの春は水仙とともに始まるそうですので
水仙を扱った詩が多いですね。
美しい水仙ですが咲くのはせいぜい1週間。
はかないものだと思います。
もっとゆっくり咲いて欲しいものだと思います。
素敵な詩をご紹介いただきましてありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508194/44423738

この記事へのトラックバック一覧です: アイスキング:

« 学区外通学 | トップページ | 心に残った映画 »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ