« 今年の椿は・・・ | トップページ | 1ヶ月早い菜種梅雨 »

2009年2月24日 (火)

栄養系マーガレット

栄養系のお花ってとっても便利

親と同じお花が挿し芽で簡単に増やせるのです

Dsc08875

マーガレット サッシー・ピンク 

一番可愛いピンクだとラベルに書いてありました

このお花も栄養系のマーガレットです

花言葉は 秘めた愛 愛の誠実 恋占い など

Dsc09376

ゼラニウムを挿し芽したとき

挿し芽で簡単につくものと 何度挿しても失敗するものがありました

そのときわかったことは 挿し芽でつくものは栄養系のゼラニウム

つかないものは実生系(種子繁殖系)のゼラニウムだということでした

マーガレットは栄養系のお花が多いですね

Dsc08897_2 

オステオスペルマム

マーガレットのお花に似ていませんか?

それもそのはず どちらもキク科のお花です

挿し芽で増やせるそうですよ~・・・

Dsc09243

この写真のほうが本物の色に近いです

これからは毎年買わないで挿し芽で増やしてみましょう

花言葉は無邪気 健やかな人

« 今年の椿は・・・ | トップページ | 1ヶ月早い菜種梅雨 »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

hiroさん
 おはようございます~♪
栄養系マーガレット
初めて聞きました 初めて知りました
恥ずかしいですが 初めは食べられる花?
差し芽で増やせる便利な花
種類も有るのですね
これなら 平安人も花を増やして 楽しめそうですね
メモさせて頂きましょう
 今朝は得した気分です

挿し芽で増やせるっていいですね~♪私も一つキク科のものを挿し芽しています。
今は水に挿しているので、春になったら鉢に植えてあげようと思います。小さな葉っぱが大きな株になる様子を見る楽しみ・・・私もはまってしまいそうです♪

おはようございます(^O^)/
栄養系、一般的に種からじゃなく挿し芽や挿し葉で
増やしたものの事をそう言いますね。
キク科の植物はそうやって増やすのが多いですね!!
hiroさんも挑戦して!!scissors

おはようございますcat
ピンクのマーガレットはきれいですね。
以前には家にも結構沢山の花や野菜も作っていたのですが
今は息子の家が建って、殆どなくなってしましました。
ピンクのマーガレットも刺し目をして残しておけばよかったです。
近ければhiroさんの花壇を訪ねてみたい・・・
春になるとお花でいっぱいになるのでしょうね。

わ~!元気いっぱいのマーガレット 
栄養系ってまさに健康優良児みたいhappy01 
さすがhiroさんshineなんでもよく研究され実践されて感心してしまいますconfident
さし芽でふやす 今まであまりうまくいったためしがないのですがcoldsweats01 
栄養系ですねgood

tuliphiroさん こんにちわ~!
今日も朝から雨です。
のんびりPCで遊んでいます。
栄養系マーガレット きれいなピンク買われましたね。
うちのは 八重ですが 本当は一重のほうが好きです。
近くだったら 交換して挿し木したいですね~happy01

hiroさん こんにちは。
栄養系マーガレット聞きなれない言葉です。
挿し芽で増やせてよいですね。
菊を栽培している農家は挿し芽で苗を作っていますものね。
栄養系かどうかはラベルに書いてありますか?
見分けるにはどうすればよいのでしょう。

平安人さん、こんにちは^@^
私も始めは栄養系って何のことだろうと
思ったんですよ。
そしたらお花が種をつくらないので
挿し芽で子孫を残していくお花だと
いうことがわかりました。
でも平安人さんの歴史の知識に比べたら
比較にならないほど易しい知識?です。

まつんこさん、こんにちは^-^
挿し芽は種まきのように一度にたくさんの
お花は増やせませんが、簡単でいいですね。
私も水挿し、大好きです。
根っこが見えるのでわかりやすくて良いですね。
今まで知識がなかったのでお花が終わると
処分していたお花もたくさんありますが
これからは一応捨てり前に挿して見ることにしました。

歌まろさん、こんにちは^-^
これからはダメモトでお花が終わったら
捨てないで挿してみます。
私がよくする挿し芽はゼラニウムと
マーガレットですがレパートリーをどんどん
増やしたいです。
キクは難しそうですね。ほっといて枝が分岐
するものが良いです。

catミミさん、こんにちは^-^
我が家もそれほど広い庭ではないのですが
春だけはコボレダネやパンジー、ビオラ
などでお花がたくさん咲きます。
ほんとに近かったらお庭でお茶を飲みながら
お花談義をしたいですね。
私はピアノも教えていただきたいです。

お久しぶりです
やっと遊びにくることが出来ました
こうして、我が家の、雪だらけの庭と
違い、、優しい、お花をみるだけで本当に
癒されます・・・heart04
やはり、パソコンはなくてはならない
存在だとおもいます

koroさん、こんにちは^-^
そうですね。栄養系のお花なら挿し芽でよく
増えてくれると思います。
私はゼラニウムではだいぶ前からそのことに気が
ついていたのですが
他のお花でも同じことがあるということを
あまり知りませんでした。
ダメモトですものね。「捨てる前に挿す」を
いつも念頭に入れておきたいと思います。

ゆきこさん、こんにちは^-^
八重のマーガレットも綺麗ですよね。
我が家ではほとんどが一重です。
昨年は白の八重があったのですが夏越しが
うまくいかず挿し芽をとることが出来ませんでした。
今年は予備のために夏前にも挿し芽を作って
おこうと思いました。
ほんと、近かったらいつでも挿し芽の交換できますね。

oasisuさん、こんにちは^-^
このマーガレットには栄養系とかかれて
いましたが、かかれていないマーガレットも
多いようです。
でもほとんどマーガレットは栄養系だと思います。
ゼラニウムは実生系が多いですが、私はなるべく
栄養系を買っています。
実生系のゼラニウムは花びらがぱらぱらと落ちる
ものが多いです。

めいめいさん、こんにちは^-^
パソコンは百科事典のようにいろいろのことが
調べられて良いですね。
私もパソコンのない生活は考えられなくなりました。
こちらは寒い時もありますが、雪がないだけ
お花も早めに楽しめます。
めいめいさんにお花を見ていただいて 我が家の
お花たちも喜んでいると思います。

hiroさん  こんにちは
栄養系のお花?でした。
いろいろ良くご存知ですね。
冬は如何かしらと思いましたが、
私も挿し芽してみました。蕾が付いてきたので
根付いたのではと思っています。
マーガレット可愛くて大好きです。
同じお花でも挿し芽で増やせたら嬉しいですね。
オステオスペルマム、大好きですが、良く枯らします。
上手に育ててみたいです。

すみれさん、こんにちは^-^
このマーガレットのタグには「栄養系マーガレット」
と書かれていました。今までたくさんマーガレット
を買いましたが このように書いてあるのは初めてです。
マーガレットの挿し芽、ついてよかったですね。
私も一つだけ蕾が出来ました。多分ついていると
思います。挿し芽は夏の前でも良いらしいのですが
成功率は晩秋に挿したほうが高いような気がします。
高温多湿にならないので挿し穂が腐らないのが
良いのかもしれませんね。オステオスペルマムは
枯れないのですが、茎が長くなりすぎ姿が乱れます。
昨年の秋に処分しましたが、挿し芽をしておけば
良かったと少し後悔しています。

今日も一つ勉強になりました。
これまで、何にも考えずに
挿し芽をしていました。
栄養系だったら、失敗が少ないのですね。

マーガレットも大好きですが、枯らすばかり・・・。
自信をなくしていました。
もう一度チャレンジしてみたくなりました。
こんな可愛いピンクや、オステオスペルマムが増やせたら
楽しいですね~。

こんにちは。
ピンクのマーガレット、とてもいい色!
我が家にもピンクがありますが、もっと薄い色です。
マーガレットって、昔そういう名前の少女雑誌がありましたよね。
そういう意味でも、何かとても懐かしいというか、捨てがたいお花ですよね。
オステオスペルマム。マーガレットかと思いました。
これも挿し芽で増やせるとのこと。
私もいつも挿し芽で得した気分になります。

こんにちは~!

きれいなピンクのマーガレットですね。
挿し芽で増やせるって
いいですね。
栄養系って言うのですか。
初めて知りました。
きれいな色のマーガレット、
今度見つけたら手に入れたいです。

栄養系と実生系(種子繁殖系)ですか・・・勉強になりました。初めて耳にする言葉です。違いはどこにあるのでしょう?難しそうですね。
でも、それを知る事によって、今までの謎が解けて、お花が挿し芽で簡単に増やせるという発見!!楽しそうですね。
花壇が賑やかになりましたね。

こんにちは~
栄養系って今まで意味がわからずに
何となく繁殖旺盛なお花の事~?と思っていましたcoldsweats01
挿し芽で増やせるものと上手くいかないものがありますね。
すごく勉強になりました。
我が家のピンクのマーガレットはもう少し薄い色で
ラベルに’コメットピンク’と書いてあります。
ピンクのマーガレット、可愛いですねheart04


tea☆timeさん、こんばんは^@^
マーガレットは夏越しが難しいですね。
私も一昨年の挿し芽から昨年の春にはたくさんの
マーガレットのお花を咲かせたのですが 夏に枯らしました。
枯れる前、慌てて挿し芽にしたのですが、
もともと弱っている芽を挿したので失敗しました。
挿し芽は秋のほうが良いようです。
何でもダメモトで挿してみると以外につくお花もあるようですね。

ムムムさん、こんばんは^@^
マーガレットは可愛いので大好きです。
ピンクのマーガレットも濃淡いろいろの色がありますね。
そうそう、女の子向けの雑誌もありましたね。
私が子供の頃はまだなかったように思いますが
女の子に人気のある雑誌でしたね。
挿し芽でお花を増やせると得した気分でいいですよね。

kazuさん、こんばんは^@^
マーガレットは挿し芽で簡単に増えますが
夏には弱いようです。
私はいつも晩秋に挿し芽をしています。
霜の当たらない場所に置けば外でもOKですよ。
可愛いマーガレットを探したら試して下さいね。

こんばんは~♪
マーガレットも一重や八重、色も沢山あり欲しくなりますよね。
私もマーガレットは好きですが、
去年初めて育てましたが、
夏越しが出来ずに枯れました。
マーガレットの仲間だと思いますが、
ローダンセマムが上手く越せました。
オステオスペルマムも大好きですが、
霜に弱い事を知らず、挿し木苗が枯れたのもあります。
去年は白を買ったので、今年はhiroさんが買った、
色が欲しいと思っていました。
花後の六月位(又は9月頃)に挿し木をすれば、
沢山の苗が出来ますね。

庭花さん、こんばんは^@^
栄養系のお花は種が出来ないので
株分けをしたり挿し芽をして子孫を残し、実生系は
お花の種を種を蒔いて子孫を残す方法だそうです。
挿し芽は親と同じ苗が出来るのでクローンともいうそうです。
種まきからだと親と同じものが出来るとは限らないそうです。
お花一つ増やすにもいろいろな方法があって
面白いですね。

アガパンサスさん、こんばんは^@^
コメットピンク、お花の名前を聞いただけで
可愛い感じがしますね。
マーガレット多年草なのでは植える場所がよいと
とても大株になりますね。我が家の近くでも
朝日の当たる東側で霜の当たらない場所に植えて
見事なマーガレットを育てているお宅があります。
それは見事ですよ~・・・

カコさん、こんばんは^@^
マーガレットはたくさんの種類がありますね。
夏と冬両方越せるような良い場所に植えると
すごい大株になり見事なお花をみることが出来ますね。
ローダンセマムは育てたことありませんので
今ネットで調べてみました。
ピンクの可愛いお花ですね。
うまく越せてよかったですね。
オステオスペルマムも切り戻しした時に
挿し芽をするとよいかも知れませんね。

hiroさん、きちんと上手に増やされるんですね。
手間をかけた分、綺麗に咲いてくれたときの喜び、
あるでしょうね。

それに挿し芽で育てる園芸は、
今の時代にぴったり、トレンディです。
そう、エコガーデニングですよね♪

shizuoさん、こんばんは^@^
エコガーデニングっていい言葉ですね。
挿し芽で増やすと楽しみも多いですが
経済的でもありますよね。
来年はこの一鉢からたくさんのマーガレットが
増えたら嬉しいと思います。
オステオススペルマムはまだ一度も挿し芽を
していませんがこちらも挿し芽で増やしたいです。

こんにちは。
同じ花でも「栄養系」と「実生系」の2つに分かれるのですね。お陰で、一つ賢くなりました。今後の
参考にしたいと思います。

今日の花も色合いがどれも素敵ですが
一番下の、舌を噛みそうな名前の花「オステオスペルマム」が一番私の好みに合います。
「花言葉は無邪気 健やかな人」ですか。
なるほど、「無邪気」なんか私に合っていそうな(笑)
いい年をして「無邪気」はあまり自慢はできません。

栄養系と実生系がお花にはあるんですか?
言葉も初めて聞きました。
マーガレットは茎が固めのものはほとんどが差し芽で育ちました。
これが栄養系なんですね。
今年の春もさし芽のマーガレットで勝負しています(笑)
春は足踏みをしていますね。

栄養系って言葉初めて聞きました。
ありがとうございます~
マーガレットもこんなにいろんな色があるんですね。
とても暖かいいい色ですね。
hiroさんのお庭にはどれだけのお花があるんでしょうhappy01
次から次に魔法のように出てきますね~

kuraさん、こんばんは^-^
種まきをすると必要以上に苗が出来たり
植え替えなどの手間も大変なので
挿し芽で苗が出来るととても助かります。
どんなお花でも挿し芽が出来ると良いのですが
なかなかそうもいきません。
オステオスペルマムはとても好きなお花で
毎年植えています。
次は挿し芽で増やして見ようと思います。

ろこさん、こんばんは^@^
マーガレットやオステオスペルマムはキク科の
植物ですが、キク科の植物は挿し芽が出来る
ものが多いですね。マーガレットは好きなお花
なので毎年何鉢か買い求めますが、挿し芽も
してます。私は冬に入る前に挿し芽をすることが
多いですが今年は春にもしてみたいと思います。

Happyさん、こんばんは^@^
今はパンジーやビオラ、クリスマスローズや
シンビジウムが咲いていますがそれ以外は
あまり咲いていません。同種類のお花で
色違いがたくさんあるのかもしれません。
マーガレットは挿し芽をたくさんしておきましたので
5月から6月頃にたくさんのお花が咲いてくれると思います。
お花がメインのブログなのでこれからはネタ切れになりそうです。

hiroさん おはようございます

一番可愛いピンク、ほんとに可愛い優しい色のピンクですね
栄養系という言葉、はじめて知りました
題見て、一瞬食べられるマーガレットかと思っちゃいました(笑)

hiroさんのブログ読ませていただいてると、ほんとに簡単に挿し芽で増やせそうなので、私にもできそうな気がしてきました^^

vanillaさん、こんにちは^@^
マーガレットなどキク科の植物は挿し芽が
簡単に出来ると思います。
でも夏の暑い時期は腐りやすいのでもっと早くか
秋になってからの方が良いと思います。
私が栄養系について知ったのは、ゼラニウムでも
挿し芽がうまくいかないのがあり、どうしてだろう
と調べたのがきっかけです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508194/44158991

この記事へのトラックバック一覧です: 栄養系マーガレット:

« 今年の椿は・・・ | トップページ | 1ヶ月早い菜種梅雨 »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ