« 座右の銘 | トップページ | ホシカミキリ (ゴマダラカミキリ) »

2008年7月28日 (月)

絵本からのプレゼント

Dsc04775

シロクマくんは ちいさいけれど、いろんなことをしっています。

おいしい さかなが どこに いて、

どうやって つかまえたら いいか、よくしっています。

こおりの やまに よじのぼって、

シューッと すべったら、とてもたのしいことも、

もしも わからないことが あったら

かあさんに ききます。

かあさんは なんでも こたえてくれます。

でも シロクマくん かあさんが、いちばん つたえたかった、

たいせつな ことは、だれに きかなくても ちゃ~んと しっていました。

それは・・・

Dsc04776

心温まる シロクマ親子のお話でした。

シロクマくんは 毛羽立っていて 触るとふわふわした 感触があります。

白と青を基調とした配色のイラストが とても素敵です。

シロクマくんは おかあさんに 「どうしてシロクマは白いの?」

「もしボクが青くてもボクのこと好き?」などと質問します。

「もちろん 好きよ 青くても 赤くても、あなたはあなただからよ」。

おかあさんは シロクマくんが お利巧だからとか 優しいから好きではないのです。

あなたは あなただから 好きなのです。

この安心感 充足感 

たくさんの愛情を受けて育った子は 

おかあさんの思いがちゃんと伝わっているようですね

 

« 座右の銘 | トップページ | ホシカミキリ (ゴマダラカミキリ) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

シロクマの親子の会話に、ほのぼのとしたものを感じました。
「もしボクが青くてもボクのこと好き?」
「もちろん 好きよ 青くても 赤くても、あなたはあなただからよ」
きっと、子供はお母さんの愛情を確かめたかったのです。心温まる会話です。このような会話が人間の親子にも必要ですね。

hiroさん おはようございます。
朝からぬくもりのある素敵なお話を聞き嬉しいです。
愛情ほど素晴らしいものはないですね。

週末を休ませてあげる娘さんの配慮に
思いやりのあるご家族でなんて素敵でしょう。

↓座右の銘 納得です。

hiroさん おはようございます。
いい絵本ですね~note
次の読み聞かせで 子供たちに読んであげたいと思います。
絵本は 大人が読んでも 心惹かれるものがたくさんありますね~flair
絵を見て お話を聞いて 子供たちはお話の世界に入り込んで 
眼をきらきらさせます~happy01

おはようございます。

素敵な絵本ですね。
大人が読んでも心が温かくなります。
きっと子供達の心も、
ほのぼのとして豊かになるでしょう。
愛情があふれた物語ですね。

hiroさんおはようございます^-^
K君に読んでらっしゃるのでしょうか?^^
娘が小さい頃は
なかなか眠らなくて
毎晩10冊以上読んで聞かせていました~^^:
この本は知りませんでした。
絵本って
絵も可愛らしいですけど、
この本のように子育てのヒントが
たくさんありますよね。
ランの事を
ランはランのままでいいのよ~と
言えるまで葛藤の日々でした^^:
この本とおりですね^^
子育てで自分の我がままも随分治りました^^;
昨日は甥っ子が福岡から遊びに来ていたのです。
可愛くて可愛くて~
トロケそうでした^-^

おはようございます。
心あたたまるお話ですね・・
hiroさんがこの絵本を紹介された気持ちも
また温かく伝わります・・・。
蝉が鳴いてうだるような暑さですが
何となく心が和み元気になりなした。
気持ちだけは涼やかに過ごしたいですね。
ありがとうございますwink

こんにちは
素敵な絵本、読む方も、それを聞いてる
お子様も心安らぎ、優しい気持ちに成れるでしょうね。
シロクマさんだけでなく、人間の世界にも
このような会話、愛情は必要ですね。
子供の成長と共に、絵本を見る機会は無くなりました。
素敵な絵本のご紹介ありがとうございましたheart04

庭花さん、こんにちは~
愛情を口にすることは日本人は苦手ですが
常日頃から、好きだよっていう態度や言葉を
示すことは必要かもしれませんね。
赤ちゃんや動物には簡単に態度で示せますが
いつの間にか忘れていますね。
かくいう私もそうですが・・・

oasisuさん、こんにちは~
愛情深く子供を育てていれば間違った
方向には進まないでしょうね。
私も愛情ほど素晴らしいものはないと
思います。
娘の嫁ぎ先のご両親はとても優しい方なので
娘も幸せです。

ゆきこさん、こんにちは~
絵本を見るのはいくつになっても楽しいですね。
子育てを卒業してからはそういう機会は
少なくなりましたが、孫が出来てまた読むことが
増えてきました。
ゆきこさんは読み聞かせボランティアを
なさっているのですよね。
取り上げていただければ、嬉しいです。

kazuさん、こんにちは~
絵本はほのぼのとした、愛情溢れる
お話が多いですね。
大人が読んでも胸を打たれる作品が
たくさんあります。
少し空いた時間に気軽に読めるのも
よいと思います。
孫が出来て読む機会もまた増えました。

hiroさん、こんばんは。
 今日はお稽古?満載の日でした。
今戻ってきました。
 hiroさん宅へお邪魔して
うわ~可愛いheart
思わず叫んでしまいましたよ。
 hiroさんが、この本を気に入られて
紹介されたお気持がとてもよく解りましたよ。
絵も勿論可愛いけど、シロクマの親子の会話に仄々心打たれましたheart
 今、とても絵本に興味が湧いています。
hiroさん、紹介して下さって、
有難うございます。

センジュさん、こんにちは~
孫に読むこともありますが幼いので
最後までじっくり聞いてくれることは
ありません。でも途中まででも読んで
あげています。
センジュさんもたくさん
絵本を読んであげていたんですね。
ランちゃんもモンコちゃんも
それぞれ個性があり、よいお嬢さんに
育ちましたね。
甥っ子さん、かわいかったでしょうね。

アガパンサスさん、こんばんは~
絵本っていいなぁ~と思います。
絵を見ているだけでも心がほのぼのとしてきます。
孫が生まれてまた読む機会が増えて
良かったなぁ~と思いました。
毎日暑い日が続いていますのでお体に
気をつけてくださいね。


すみれさん、こんばんは~
まだ孫は幼くて、絵本を喜んで
見るほどではありませんが良い絵本に
接することはとても大事だと思います。
この絵本は娘の嫁ぎ先のお義母様から
娘がお借りしているものです。
お義母さまは絵本が大好きでたくさんの
コレクションがあるそうです。

コスモスさん、こんばんは~
今日もお忙しかったようでしたね。
私も今日の午後は絵手紙のお教室でした。
今日ははがき位の大きさの桐の箱にアクリル
絵の具でツバキの絵を描いてきました。
今日はべた塗りだけです。次回に仕上がります。
絵本、良いでしょう。
絵を見ているだけでも心が柔らかく、ほのぼの
としてきますよ。

素敵なメッセージの絵本ですね
きっと小さなお子さんだけでなく
幾つになっても、親の愛情は同じですよね
沢山の愛情を貰って育った子は、やはり同じ様にお子さんに愛情を注げるのでしょうね
幸福になる為の秘訣は好きなことをすることではない
するべきことを好きになることだ
なかなか難しいことですが、今しなくてはいけないこと・・
好きになって、幸福をかみしめたいですね
シルクジャスミン、素敵なお花ですね
赤い実は、アイの実と言うんですね
とっても素敵!!
クワズイモのお花も、興味をそそられますね
もう切られたのでしょうか?
これから又どんな風に変化するのかも気になります(*^。^*)
シルクジャスミン、クロトン100均で、こんなに綺麗なお花が咲き
大きくなるって、嬉しいですね

いい絵本ですね。
私もたくさん読んであげましたし、
娘も孫にたくさんの本を読んであげていました。
さて、この絵本は読んだことあるのでしょうか?
今度聞いてみます。
読んであげると本好きの子供に育ちますね。
本を知る喜びもあり、お母さんを独り占めにしている喜びもありでとってもいい時間だったようです。
子供はいつも親の愛情を確認したくなりますが、
そう言う時にごまかさずに、きちんと大好き!と言うことを伝えてあげてほしいですね。

ふくさん、おはようございますsun
とても温かみのある良い絵本だと思いました。
子供のシロクマくんのところだけが、特殊な
加工がされていて、触るとふわふわしていて
その感触を味わうのも子供にとっては楽しいようです。
すべきことを楽しむのはなかなか難しかったです。
クワズイモのお花はそのままになっていますが
白い部分は枯れて下のふくらみが大きくなりました。
多分この中に種が入っているのでしょうね。
今年はお花を咲かせてしまったので新しく出る葉がすこし
少ないように思います。
シルクジャスミンは100円でしたが100均の
お店で買ったわけではないので100均のミニ観葉より
もともとの大きさが大きかったです。
今後の成長が楽しみです。

Happyさん、おはようございます♪
私が子供に読んであげた絵本や童話などは
収納に場所を取るので処分してしまいましたが
今思うと残しておけばよかったと思います。
私が少しだけ残してある自分の本よりも
再読する可能性は何倍もありそうです。
Happyさんが本好きなのでお嬢さんも本好きに
なられましたね。
親の思いはちゃんと引き継がれていますね。
私もいくつになっても恥ずかしがらずに愛情を示すことは
とても大事なことだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508194/41990567

この記事へのトラックバック一覧です: 絵本からのプレゼント:

« 座右の銘 | トップページ | ホシカミキリ (ゴマダラカミキリ) »

フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ